2021年2月18日更新会社・事業を売る

M&Aのディールとは?ディールサイズ・取引規模を把握しディールの成功へ

M&Aにおけるディールとは、M&Aの取引という意味をさすビジネス業界用語です。本記事では、M&Aディールの定義、M&Aのディールサイズおよび取引規模、M&Aのプレディール、M&Aディールの最新ニュース、プロセス、流れ、失敗要因・成功要因などを幅広く解説します。

目次
  1. M&A分野で使われるディールはビジネス用語の一つ
  2. M&Aディールとはどういう意味?M&Aディールの定義を解説
  3. M&Aのディールサイズと取引規模
  4. M&Aディールの最新ニュース5選
  5. M&Aのプレディール
  6. M&Aディールのプロセス・流れ
  7. M&Aディールの注意点・キャンセル要因
  8. M&Aディールを成功させるテクニック
  9. M&Aディール相談にオススメの仲介会社
  10. M&Aディールまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&A分野で使われるディールはビジネス用語の一つ

M&A分野で使われるディールはビジネス用語の一つ

M&Aシーンで用いられるディールとは、ビジネス業界ではなじみ深い用語の一つです。しかし、ディールについて詳しく把握できている経営者は多くありません。中には、ディールという言葉をトランプなどのカードゲームやオンラインゲームで用いられるワードとして記憶している方もいます。

そもそも本来の意味のディール(Deal)は、売買・取引などをさす英単語です。この他にも、取り扱う・関わる・対処する・分け与えるという意味も持っている言葉なので合わせて覚えておきましょう。

上記の中でもとりわけ日本では、売買行為や取引を意味する言葉として、主にビジネス・金融・M&Aの分野で用いられるケースが多いです。例えば、ディールを実施する・スピーディーなディールを実現するといった使われ方をします。

そこで今回は、M&Aでよく聞かれるディールというワードに関する基本的な知識を解説します。M&Aの実施を検討している経営者の方や、M&Aついて学びたい方にとって必見の内容です。

【関連】ビジネスマン必見!M&Aの基礎知識、代表的手法、メリット

M&Aディールとはどういう意味?M&Aディールの定義を解説

M&Aディールとはどういう意味?M&Aディールの定義を解説

M&A分野で使われるディールは、「M&Aの取引」という意味を持っています。つまり、M&Aの交渉からクロージングに至るまでの取引の総称であり、多くの経営者にとってなじみ深い言葉です。なお、M&A実務では、プレディールと呼ばれるワードも用いられています。

プレディールとは、M&Aの戦略作りからストラクチャーの検討に至るまでのプロセスを意味するワードです。「ディールの前(プレ・Pre)に実施する」という意味合いを持っているので覚えておきましょう。

起用するM&Aアドバイザリーや仲介会社によっては取引という言葉を使わずにディールという言葉を使って説明を行うケースもあるため、知っておいて損はありません。すでにM&A実施を検討しているなら、M&A仲介会社を利用しましょう。

数あるM&A仲介会社の中でも実績面・費用面で最適な機関は、M&A総合研究所です。M&A総合研究所にご相談いただければ、会社のM&Aが成功するように、経験豊富なアドバイザーが金額の算出や条件交渉などを通じてM&Aのディールをフルサポートいたします。

また、一般的にM&Aのディールは交渉から成立まで半年から1年程度の期間が求められますが、M&A総合研究所ではスピーディーなクロージングを目指しており、最短3カ月での成約実績を誇っております。

相談料は無料となっておりますので、「円滑にM&Aディールを済ませたい」場合にはM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aのディールサイズと取引規模

M&Aのディールサイズと取引規模

M&Aシーンでは、ディールサイズという言葉も使われているため、合わせて把握しておきましょう。M&A分野で使われているディールサイズとは、M&A取引の規模(取引金額)という意味を持っています。ディールサイズは、下記のとおり分類されるケースが多いです。

  1. 大規模案件
  2. 中規模案件
  3. 小規模案件

これら3つの規模に分かれるM&Aのディールサイズを押さえておけば、用語について十分に把握可能です。それぞれ順番に紹介します。

①大規模案件

ディールサイズが数百億円以上となるM&Aを大規模案件と呼んでおり、大企業同士の合併や大企業によるクロスボーダーM&Aを実施する場合などが該当します。また、とりわけサイズが大きいM&Aは「メガディール」という呼ばれ方をするケースもあるため、覚えておきましょう。

なお、大規模案件は、外資系投資銀行がM&Aアドバイザリーとなり実務を執り行うケースが多いです。

②中規模案件

数億円〜数十億円程度のM&Aをさすのが一般的です。具体例を挙げるならば、有力なベンチャー企業や地方の有力中小企業のM&Aなどが該当します。主として独立系のM&Aアドバイザリーや国内証券会社などが実務を取り扱う点を把握しておきましょう。

なお、中規模程度以下のディールであればシンプルというイメージがあり、自分自身で進められると考える経営者の方もいますが、実際はそう甘くありません。たとえ中規模程度以下のディールであっても、スキームによっては複雑であり専門的な知識が必要です。

そのため、M&Aの実施を検討しているのであれば、できる限りM&A仲介会社などの専門家からサポートを得ると良いでしょう。もしもM&Aの専門家選びでお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。

M&A総合研究所では、M&Aに関する専門的な知識を持つアドバイザーがディールをフルサポートしております。国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。

相談料は無料となっておりますので、M&Aディールに関して不明点・不安がある場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

③小規模案件

取引金額が1億円に満たないディールサイズのM&Aは、小規模案件やスモールM&Aという呼ばれ方をします。例えば、地方の一般中小企業・個人事業主・サイト売買などのM&Aが該当するグループです。一般的には、スモールM&Aを専門とする仲介会社やサイトでマッチングできるサービスなどを利用します。

【関連】スモールM&A

M&Aディールの最新ニュース5選

M&Aディールの最新ニュース5選

本章では、世界のM&Aディールの最新ニュースとして、以下5つの事例を取り上げます。

  1. ブリストル・マイヤーズスクイブによるセルジーンの買収
  2. セールスフォースによるTableauの買収
  3. ロンドン証券取引所によるリフィニティブの買収
  4. CBSによるバイアコムの買収
  5. LVMHによるティファニーの買収

それぞれの事例からポイントをつかんで、自社のM&Aディールの方針策定に役立てましょう。

①ブリストル・マイヤーズスクイブによるセルジーンの買収

ブリストル・マイヤーズスクイブ

ブリストル・マイヤーズスクイブ

出典:https://www.bms.com/jp

1つ目のM&Aディールの最新ニュースは、ブリストル・マイヤーズスクイブによるセルジーンの買収です。2019年11月、ブリストル・マイヤーズスクイブ(以下、BMS)は、セルジーンの買収を完了したと発表しました。本件M&Aのディールサイズは約740億ドルです。

買収側のBMSは、アメリカの医薬品会社です。抗生剤・抗腫瘍薬・HIV治療薬に有力な製品群を保有しており、中でも「バファリン(解熱鎮痛薬)シリーズ」が広く知られています。売却側のセルジーンは、がんや炎症・免疫性疾患の領域における医療用医薬品の研究開発・販売を手掛けるバイオテクノロジー企業です。

本件M&AディールによってセルジーンはBMSの完全子会社となり、BMSのがん免疫療法薬とセルジーンの血液がん治療薬レブラミドとの相乗効果が期待されています。

②セールスフォースによるTableauの買収

セールスフォース

セールスフォース

出典:https://www.salesforce.com/jp/

2つ目のM&Aディールの最新ニュースは、セールスフォースによるTableauの買収です。2019年6月、セールスフォースは、株式交換の手法を用いてTableauを買収しました。TableauとSalesforceの株式交換比率は「1対1.103」であり、M&Aのディールサイズは金額が約157億ドルと発表されています。

買収側のセールスフォースはアメリカに本社を置く企業で、顧客関係管理ソリューションを中心としたクラウドコンピューティング・サービスを提供しています。売却側のTableauは、BIに特化したインタラクティブなデータの視覚化ツールを提供しているソフトウェア会社です。

本件M&Aディールによって、セールスフォースは大企業向け販売のさらなる拡大を図っています。

③ロンドン証券取引所によるリフィニティブの買収

ロンドン証券取引所

ロンドン証券取引所

出典:https://www.londonstockexchange.com/

3つ目のM&Aディールの最新ニュースは、ロンドン証券取引所によるリフィニティブの買収です。2019年8月、ロンドン証券取引所は、リフィニティブ社を買収すると発表しました。本件M&Aのディールサイズは、約270億ドルです。

買収側のロンドン証券取引所は1801年に設立されたイギリスの証券取引所であり、世界における主要な取引所の一つで世界経済中枢の一角を担っています。売却側のリフィ二ティブは、金融情報やリスク管理などのサービスを提供する企業として2018年10月1日に誕生しました。

本件M&Aディールの目的としては、生き残りのための戦略やデータ分析部門の強化による競合への対抗などが考えられています。

④CBSによるバイアコムの買収

CBS

CBS

出典:https://www.cbs.com/

4つ目のM&Aディールの最新ニュースは、CBSによるバイアコムの買収です。2019年8月、CBSはバイアコムを買収すると発表しました。これにより、10年以上前に分割した2つの企業が再統合しています。本件M&Aのディールサイズは非公開です。

買収側のCBSは、アメリカ最大級のテレビ・ラジオ・ネットワークを有する放送局です。売却側のバイアコムはアメリカのメディア・コングロマリットで、MTVをはじめケーブルテレビ局向けチャンネル事業およびパラマウント映画を傘下に持っていました。本件M&Aディールの目的は、事業規模の拡大です。

⑤LVMHによるティファニーの買収

LVMH

LVMH

出典:https://www.lvmh.co.jp/

5つ目のM&Aディールの最新ニュースは、LVMHによるティファニーの買収です。2019年11月、LVMHはティファニーを買収すると発表しました。本件M&Aのディールサイズは、約162億ドルです(最終的には総額158億ドルで、2020年12月末に買収が完了しました)。

買収側のLVMHはフランス・パリを本拠地とするコングロマリット(ユーロネクスト・パリ上場企業)で、 世界最大のファッション業界大手です。売却側のティファニーは、世界的に有名な宝飾品および銀製品のブランドで、ロンドン・ローマ・シドニー・東京など世界20カ国にブランドショップを持っています。

本件M&Aディールの目的は、北米におけるジュエリー小売業界のブランド地位の再興にあります。

【関連】買収ニュースとは?事例20選、買収の注意点をご紹介

M&Aのプレディール

M&Aのプレディール

本章で取り上げるのは、プレディールに該当するM&Aプロセスです。M&Aプレディールのプロセスについて、以下3つに分けて取り上げます。

  1. M&A戦略策定
  2. ディール相手の選定とロングリスト・ショートリストの作成
  3. バリュエーション・ストラクチャーの検討

これら3つのプロセスを押さえておけば、円滑にM&Aプレディールを済ませられます。それぞれのプロセスを順番に把握していきましょう。

①M&A戦略策定

プレディールでは、まずM&Aの戦略を策定します。ここでは、M&Aの目的を明確化したうえでターゲットとする業界や企業を選定する必要があるため、ターゲット決定と同時にM&A後の目標を決定しておくのが理想です。

M&Aの戦略を策定する際、SWOT分析や3C分析などのオーソドックスなフレームワークを活用すると円滑に進められる点を覚えておきましょう。

②ディール相手の選定とロングリスト・ショートリストの作成

無事にM&A戦略を策定した後は、実際に相手企業を選定しましょう。ここで行う主なプロセスは、ロングリストとショートリストの作成です。

ロングリストの作成とは、大まかに条件を設けたうえでM&Aの相手候補を選定する作業です。その後にシナジー効果やM&A戦略との適合性を考慮しながら、数社ほどに相手を絞り込むショートリストが作られます。

そして、ショートリストの優先順位に沿って各企業とのM&Aディールを進めていく手順です。これらのプロセスでは多くの手間を費やすことが予想されますが、豊富なM&A案件が集まるM&A仲介サイトを活用すればショートリスト作成は円滑に進みます。

③バリュエーション・ストラクチャーの検討

ここまでのプロセスが無事に終了すれば、いよいよディール候補のバリュエーションを実施します。M&Aで使われるバリュエーションとは、自社の財務情報から取引価格の目安額を算出する作業のことです。

M&Aにおいては、DCF法や類似会社比準法など状況に合わせてさまざまな手法を採用して実施するのが一般的です。なお、バリュエーションとあわせてM&Aのストラクチャーを検討する必要がある点も忘れてはなりません。ここでは株式譲渡事業譲渡などの中から、自社に最適なM&A手法を決定します。

【関連】M&Aにおけるバリュエーション

M&Aディールのプロセス・流れ

M&Aディールのプロセス・流れ

これまでのプロセスでM&Aのプレディールが完了したら、M&Aディールを開始します。M&Aディールのプロセスは、以下のとおりです。

  1. 基本合意書締結
  2. デューデリジェンス
  3. 最終契約の締結
  4. クロージング

これら4つのプロセスを押さえておけば、M&Aディールを円滑に済ませることが可能です。それぞれのプロセスを順番に紹介します。

①基本合意書締結

1つ目は、基本合意書を締結するプロセスです。ここでは、当事者企業が基本的条件に合意したうえで結ばれます。書類の主な記載内容は、求めているディールサイズ(売買価格)・独占交渉権・秘密保持義務などです。

なお、基本合意書には法的な拘束力や義務がないため、ディールサイズの小さいM&Aではスキップされる場合もあります。

②デューデリジェンス

2つ目は、デューデリジェンスの執行プロセスです。これは、企業の財務・財務・法務状況をくまなくチェックする最も大切な段階となります。チェック範囲は財務・法務・税務・IT・ビジネスなどの分野など幅広いため、簿外債務などをいかに発見できるかがM&Aの成否に大きく関わります。

③最終契約の締結

3つ目のプロセスは、最終契約の締結です。これまでのプロセスを反映させたうえで、お互いの合意が取れれば最終的な契約が締結されます。なお、将来的なトラブルを防ぐためにも、表明保証や補償条項などを設けておくと良いでしょう。

④クロージング

4つ目のプロセスは、クロージングです。株式移転や対価の支払いが終わった段階で、M&Aディールは終了します。ディールサイズが小さいM&Aであれば最終契約と同日にクロージングまで到達するケースが多いですが、規模の大きいM&Aの場合は多くの時間がかかる傾向があるため注意しましょう。

【関連】M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aディールの注意点・キャンセル要因

M&Aディールの注意点・キャンセル要因

M&Aディールは途中でキャンセルされてしまうケースもあります。M&Aディールがキャンセルされる要因は、主に以下の3つです。

  1. デューデリジェンスによるリスクの発見
  2. 価値観の不一致
  3. 業績・財務状況の悪化

これら3つの要因を押さえておけば、M&Aディールがキャンセルされるリスクを事前に回避可能です。それぞれの要因を順番に把握しておきましょう。

①デューデリジェンスによるリスクの発見

1つ目の要因は、デューデリジェンスによるリスク発見にあります。デューデリジェンスにより大きな損失につながるリスクが見つかると、M&Aディールはキャンセルされやすいです。

この段階でキャンセルされてしまうと、多くの時間・手間・コストを無駄にしてしまいかねません。確実に成功させるためにも、売り手側は事前に自社の抱えるリスクを可能な限り伝えると良いです。

【関連】M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

②価値観の不一致

2つ目の要因は、価値観の不一致にあります。とりわけ従業員や経営理念に重きを置く中小企業では、この理由でディールがキャンセルされやすいです。そのため、中小企業を相手とするM&Aでは価値観を尊重すると良いでしょう。

③業績・財務状況の悪化

3つ目の要因は、業績・財務状況の悪化にあります。交渉中に業績や財務状況が急激に悪化した場合、M&Aは即座にキャンセルされるケースが多いです。そのため、あらかじめ相手企業の業績や財務状況を調べる作業が重要視されています。

M&Aディールを成功させるテクニック

M&Aディールを成功させるテクニック

最後に、M&Aディールを成立させるテクニックとして、以下の3つを取り上げます。

  1. M&Aアドバイザリーの起用
  2. M&Aディール対価の現金化
  3. 誠意ある対応

これら3つのコツを押さえておけば、自社のM&Aディールを成功につなげることが可能です。それぞれのコツを順番に紹介します。

①M&Aアドバイザリーの起用

1つ目のコツは、M&Aアドバイザリーの起用です。M&Aアドバイザリーを起用すれば、ディール成立の可能性を高められます。なぜなら、自社では解決できない問題について専門家からアドバイスしてもらえるためです。M&Aの際には、信頼できるM&Aアドバイザリーにサポートを依頼すると良いでしょう。

②M&Aディール対価の現金化

2つ目のコツは、M&Aディール対価の現金化です。そもそも売り手側におけるM&Aの第一目的は売却資金の獲得にあるため、もしも株式を対価にしてしまうと妥当な価値がわからずにディールのキャンセルを求めてくる企業も多く存在します。つまり、売り手を納得させたいなら、現金を対価にすると成功しやすいです。

③誠意ある対応

3つ目のコツは、誠意ある対応にあります。例えば、「いい加減」「見下す」といった相手を不快にさせる態度で接すると、いかなる条件のM&Aディールでもキャンセルにつながります。M&Aディールでは、機械的ではなく人と人による血のかよった取引である点を忘れてはいけません。

誠意ある対応を適切に実施するためにも、不安があればM&Aアドバイザリーなどの専門家の協力のもとで手続きを進めると良いでしょう。

【関連】M&A失敗例から学ぶ成功のポイント

M&Aディール相談にオススメの仲介会社

M&Aディール相談にオススメの仲介会社

本記事で紹介したように、M&Aではプレディールからメインのディールに至るまでさまざまなプロセスの進行が求められます。また、キャンセルを防ぐための注意点や成功を目指すポイントも多くあり、経営者自身で執り行うのは非常に困難です。

そこでM&Aディールを進める際は、ディールの各プロセスに幅広く対応できるM&A仲介会社に相談することをオススメします。もしも専門家選びでお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。

M&A総合研究所には、M&Aに関する知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを生かしてM&Aディールの各プロセスをフルサポートしております。

また、国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、M&Aディールがすべて完了し成約に至るまで費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aディールを円滑に成功させたい場合はお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aの依頼は誰にすれば良い?仲介会社/銀行/税理士の特徴を解説

M&Aディールまとめ

M&Aディールまとめ

この記事では、M&Aのディールについて幅広く紹介しました。M&Aディールには、キャンセルにつながる要因・成功につながるコツがそれぞれ存在します。ディールの実施に不安があるなら、信頼できるM&Aの専門家に相談しましょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・M&Aディールとは
→M&Aの交渉からクロージングに至るまでの取引の総称

・M&Aのディールサイズ
→大規模案件、中規模案件、小規模案件 など

・M&Aのプレディール
→M&A戦略策定、ディール相手の選定とロングリスト・ショートリストの作成、バリュエーション・ストラクチャーの検討

・M&Aディールのプロセス・流れ
→基本合意書締結、デューデリジェンス、最終契約の締結、クロージング

・M&Aディールの注意点・キャンセル要因
→デューデリジェンスによるリスクの発見、価値観の不一致、業績・財務状況の悪化

・M&Aディールを成功させるテクニック
→M&Aアドバイザリーの起用、M&Aディール対価の現金化、誠意ある対応

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)