2021年5月5日更新事業承継

サービサー(債権回収会社)とは?意味や業務内容、M&Aにおける注意点について解説

サービサー(債権回収会社)とは不良債権の処理場であり、金融機関やノンバンクに代わって債権の請求や回収を行うことを主な業務としています。M&Aにおいて債務超過の会社を整理する際、サービサーが一部加担しているケースも見られるため留意しておきましょう。

目次
  1. サービサー(債権回収会社)とは?
  2. サービサー(債権回収会社)の意味は?
  3. サービサー(債権回収会社)への債権譲渡と債務免除益
  4. サービサー(債権回収会社)の業務状況
  5. サービサー(債権回収会社)の市場
  6. サービサー(債権回収会社)の地方進出
  7. M&Aにおけるサービサー(債権回収会社)と注意点
  8. サービサー(債権回収会社)のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

サービサー(債権回収会社)とは?

サービサー(債権回収会社)とは?

サービサーと聞いて、即座にその意味を理解できる経営者の方は決して多くありません。サービサーとは、簡単にいうと債権回収会社のことです。サービサーは債権の回収に関する業務を行うため、金融業界の人間であれば頻繁に耳にする言葉のひとつといえます。

しかし、上記の分野以外の方は、サービサーの意味や具体的な業務内容などを詳しく知らないケースが多いです。そこで本記事では、サービサーの意味・業務内容・M&Aとの関係などを中心にわかりやすく紹介します。

【関連】事業譲渡における債権者保護手続きとは?事業譲渡の流れも解説

サービサー(債権回収会社)の意味は?

サービサー(債権回収会社)の意味は?

はじめに、金融業界以外の方にとってなじみの薄い言葉である「サービサー」とはどのような意味なのか、詳しく紹介します。

サービサー(債権回収会社)の業務は金融機関の代わりに債権の請求・回収を行うこと

サービサーとは債権回収会社をさす言葉であり、英語では「Servicer」と表記される和製英語です。サービサーとは簡単にいうと「不良債権の処理場」のことであり、金融機関・ノンバンクに代わって債権の請求や回収などを行うことを主な業務としています。

もともと債権回収は弁護士しか行えませんでしたが、1997年頃に銀行をはじめとする金融機関において不良債権の処理が問題視されたことを受けて、1999年にサービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)が施行されました。

これにより、弁護士法の特例として、民間でも取締役に弁護士を1人設置することでサービサー業務を実施できるようになりました。現在では、債権回収を主な事業とする民間企業が増加傾向にあります。

民間のサービサー(債権回収会社)の多くは金融機関の関連会社

2021年3月現在、民間のサービサー(法務大臣により債権管理回収業の営業が許可された株式会社)は75社存在します。ただし、民間といっても、金融機関の関連会社であるケースが多いです。こうした機関では、金融機関とは別会社として扱われ、債権回収に特化した業務を手掛けています。

金融機関の関連会社以外では不動産業者の関連会社がサービサーとなり、特に担保付きの債権に対して金融機関関連のサービサーにない強みを生かして事業を手掛けているケースも多いです。そのほかにも、ノンバンク系サービサー・投資銀行/投資ファンド系サービサー・政府系/独立系サービサーなどが存在します。

サービサーのニーズが高まっている理由には、金融機関・ノンバンクなどが抱える不良債権の扱い方が深く関係しています。

参考:債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧(法務省)

サービサー(債権回収会社)活用のメリット

不良債権は、金融機関やノンバンクからすると大きな悩みの種です。金融機関やノンバンクは、資金力がなく長く返済を滞らせているような債務者が発生させた不良債権をいつまでも抱え込んでおけません。

金融機関やノンバンクは数十年にわたり回収を続けるだけの体力を持っていないうえに、多少の金額が回収できただけでは利益にならず、何よりも不良債権が積もってしまえば自己資本比率が低下するデメリットがあります。

また、最も大きなデメリットは、「不良債権は債権放棄したくても行いにくい」点です。不良債権を債権放棄する場合、税制がネックとなります。つまり、回収不能になったと判断された不良債権を債権放棄する場合、税金が発生するのです。

しかし、サービサーに債権回収を任せると、金融機関やノンバンクでは課税に関する対策が可能となる場合があります。いうなれば、自己資本比率が低下する原因を排除できるうえに、税金面のメリットも期待できるのです。

サービサー(債権回収会社)により不良債権の無税償却が可能になる

不良債権を債権放棄することで発生する税金は、回収できるお金よりも多額になる可能性があります。そのため、債権放棄をすると、かえって多くのコストが発生するケースもあるのです。こうした状況において、サービサーは役立つ存在といえます。

サービサーに不良債権を売却すると、不良債権を税務上の損金として処理できるため、無税償却が可能です。これにより、自己資本比率を高められます。とはいえ、最大のメリットは、不良債権を回収する時間・手間を省略できる点です。

正常の債権に関しては履行期を待たず現金化できるため、新たな投資などの資金に速やかに充てられます。

サービサー(債権回収会社)は不良債権になる前の債権も回収する

サービサーの業務は、不良債権となった債権を金融機関・ノンバンクなどから買い取り・回収を行うのみではありません。不良債権となる前の債権も、金融機関・ノンバンクから回収の委託を受けるケースがあります。

特に金融機関では、それほど利益にならない融資金の取立てのために職員の時間と労力を使うのは無駄と考える傾向にあり、取立ての大部分をサービサーに委託する金融機関が少なくありません。そのため、従来は金融機関が取立てていたものの、最近ではサービサーが取立てるケースが増加しています。

【関連】無税償却とは?有税償却との違いや種類、要件を解説

サービサー(債権回収会社)への債権譲渡と債務免除益

サービサー(債権回収会社)への債権譲渡と債務免除益

金融機関・ノンバンクはサービサーに対して不良債権を売却(債権譲渡)しますが、このときに売却した不良債権が回収不可能(返済しないことが確定している)である場合、債務者側では債務免除益の計上が必要です。債務免除益が発生する原理は、DPO(Discounted Pay Off)と呼ばれています。

サービサーは金融機関・ノンバンクから債権譲渡を受けますが、売却額は債権金額の1%~5%程度が多く、債権者は非常に安価な額で不良債権を処分します。その後、サービサーは債務者に対して金融機関・ノンバンクが売却した金額以上の金額で一括弁済を求める段取りです。ここで、具体的な例を挙げます。

例えば、A氏が金融機関に対して1,000万円の債務を持っており、金融機関がその債権をサービサーに10万円で債権譲渡したケースを想定します。このケースにおいて、サービサーは10万円以上の金額でA氏に一括弁済を求めるのです。

ここで仮にA氏が20万円で一括弁済した場合、サービサーは利益として10万円を獲得して、A氏には980万円の債務免除益が発生します。

申し出によっては一部弁済のみにできる可能性もある

もしもサービサーに利益のある申し出であれば、一部弁済のみで残りの債務を免除してもらえる可能性もあります。これは、債務者と債権者の双方にとって非常に有利な制度です。しかし、債務者については、債務免除益は利益として見られて課税対象となる点に注意しましょう。

とはいえ、債務者が債務超過を解消するために債務免除を行った場合は非課税です。また、債務者が直接債権を弁済するのではありません。一度親族にサービサーから債権を買ってもらい、新たな債権者となった親族に対して無理のない範囲で弁済を続けていく形式を採用すると、節税効果を得られる可能性があります。

返済の延滞回収は債権譲渡とはならない

金融機関・ノンバンクからサービサーに債権譲渡されるのは、不良債権となった債権です。つまり、その前段階(1ヵ月や2ヵ月の延滞で不良債権になっていない状況)であれば、債権の譲渡ではなく回収の委託として扱われます。

なお、融資を受けた場合、返済日には返すのが当然ですが、さまざまな事情により延滞してしまうリスクは存在します。このときに、金融機関・ノンバンクからではなくサービサーから取立てられてしまうと、危機感を持つ人が多いです。

とはいえ、サービサーから債権回収の電話や郵便が届いたからといって、それが債権譲渡を意味しない点は認識しておきましょう。

【関連】会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

サービサー(債権回収会社)の業務状況

サービサー(債権回収会社)の業務状況

サービサーの意味や債権譲渡などに関して把握したところで、本章ではサービサーの業務状況を取り上げます。

民間のサービサー(債権回収会社)が増加傾向に

近年、民間のサービサーの数が急速に増加しています。金融機関・ノンバンクなどにとって、不良債権は時間・労力・コストばかりがかさむモノです。そのため、自力での回収が難航すると判断した場合、無税償却できるサービサーは非常に重宝される存在だといえます。

また、サービサーを利用するたびに、債務者に了解を取ったり債権に関する売却額の告知を行ったりする必要はなく、スピーディーに実行できる点も魅力です。もともとサービサーは、国から不良債権の半減を命じられた銀行が不良債権の処理を急速に行うために、民間に解禁された経緯があります。

そのため、解禁当初、金融機関・ノンバンクは不良債権の処理をサービサーに依頼し急速に処理を進めました。不良債権の処理が一段落した後は、競売手続きの手間を省くために不動産担保付きの債権をサービサーに任せたり、サービサーが利益になる債権を確保すべく債権を買い漁ったりするような状況が見られます。

つまり現在では、銀行が不良債権の処理以外で面倒な手続きが発生する債権をサービサーに委託するようになったほか、サービサー側でも自ら利益になる債権を積極的に求めるように変化しました。しかし、後者に関しては、債務者からすると喜ばしい状況ではありません。

サービサー(債権回収会社)と債務者

特にファンド系のサービサーでは、自ら利益になる債権を積極的に求める傾向が目立ちます。こうしたサービサーは消滅時効を迎えている債権も買い漁っており、その結果として消滅時効を迎えた債権の債務者や保証人に請求・訴訟などを行っているケースも増加中です。

もともと日本では債務の管理がずさんな債務者が多いため(これは不良債権が増えた原因でもあります)、サービサーから減額や分解の了解を得て時効を援用すれば良い債権も、請求や訴訟がきっかけとなり復活してしまう事態が発生しています。

とはいえ、サービサーは二束三文で買いたたかれている債権を扱っているため、交渉次第では債務の多くを免除できます(債務免除益が大きいと税金も大きくなるため、節税対策は必要です)。

サービサー(債権回収会社)に訴訟を起こされたら専門家に相談を

サービサーに請求・訴訟を起こされた場合は、可能な限り弁護士などの専門家に依頼して交渉を進めると良いでしょう。サービサーへの交渉を専門的に手掛けている弁護士は多いうえに、サービサー側もすべての債権を回収できるとは考えていません。

そのため、交渉すれば、資金力がない状態でも問題を解決できる糸口を見いだせる可能性があります。しかし、債権の内容によっては交渉に多くの時間が発生するほか、ある程度は譲歩しなければならない場面も存在する点は理解しておきましょう。

請求・訴訟に関する交渉は、個人またはひとつ会社のみで対応できるものではありません。サービサーは債権回収のプロであり素人のみでは太刀打ちできないため、同様にプロである弁護士などの専門家に依頼することをおすすめします。

【関連】M&A仲介会社の年収とは?業務や激務の内情を解説

サービサー(債権回収会社)の市場

サービサー(債権回収会社)の市場

本章では、サービサーの市場の動向を詳しく取り上げます。

サービサー(債権回収会社)の市場動向

1999年の解禁以降、サービサーは金融機関・ノンバンクの不良債権の処理に貢献するほか、自ら利益になる債権を求めることでその数を増やしていきましたが、2008年のリーマン・ショックに端を発する金融危機が原因となり不良債権自体が減少しました。

これにより、不良債権に依存していたサービサー市場は非常に厳しい状況に追い込まれており、実際にサービサーの数は2008年前後である程度減少しています。現在ではサービサーの数がある程度持ち直しており、新たなビジネスチャンスに目を向けている状況です。

【関連】M&Aの市場規模

サービサー(債権回収会社)の地方進出

サービサー(債権回収会社)の地方進出

現状の日本では、地方銀行における不良債権の処理が進んでいません。しかし、地方銀行の不良債権の処理は地方経済活性化につながるため、サービサーの新たな活躍の舞台として注目されています。また、近年では、事業再生・資金調達などに貢献できる存在としてもサービサーが注目されている状況です。

サービサーを最大限に利用すると、債権者・債務者双方の債権の負担を軽減させられるだけでなく、地方銀行におけるイメージ・信頼などが損なわれることを回避できます。

さらに、サービサー側から債務者である会社に対して融資を行ったり売掛金を買収したりすることを通じて、会社の負担が大きく軽減されて資金調達を実現できれば、会社が再生するきっかけにもなるのです。

これにより、リストラや資産売却以外の方法による事業再生も可能となるため、会社からすると新たな選択肢を見いだせるようになります。このように、サービサーは、単純な「不良債権の処理場」から一歩進んだ存在になりつつあるのです。

経営コンサルティングもできるサービサー(債権回収会社)もある

特に事業再生の分野に関しては、他のサービサーと差別化を図るべく、会社の収益能力自体を向上させるための踏み込んだ経営コンサルティングに対応できるよう、体制を強化するサービサーが増加しています。

この傾向が継続すれば、サービサーは単なる不良債権の処理場ではなく、不良債権の処理を主軸にしながら包括的な経営コンサルティングも実施できる存在として生まれ変わる可能性があります。

もともとサービサーは弁護士の有資格者を1人取締役として設置しなければならないため、法務・財務・税務に関する専門的な知識に長けています。この強みを生かせば、サービサーがさらに発展していく道を切り開くことが可能です。

【関連】地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

M&Aにおけるサービサー(債権回収会社)と注意点

M&Aにおけるサービサー(債権回収会社)と注意点

サービサーが直接主導するわけではありませんが、銀行が債権回収を行う手口としてM&Aを勧めるケースが存在します。この手法では、銀行が自身の風評を損なうことなく、債務超過会社を整理することが可能です。とはいえ、新たな融資先を確保するためにM&Aを勧めてくるケースも存在します。

つまり、銀行は本気で事業再生を考えているわけではないため、M&Aにより会社の経営権を別の会社に乗っ取られてしまうおそれがあります。また、売り手となった会社の経営者は、借入金などを押し付けられた状態で追い出されてしまいかねません。

もちろん、すべての銀行がこうした強引な手口でM&Aを勧めてくるわけではありません。しかし、一部の銀行においては、強引なM&Aを勧めてくるケースもあるため注意が必要です。なお、債務超過を解消する方法について詳しく知りたい場合は、関連記事もチェックしてみてください。

【関連】債務超過とは?債務超過を解消する方法

銀行主導のM&Aにサービサー(債権回収会社)が加担しているケースにも注意

近年では、銀行が債権回収のために主導するM&Aにサービサーが加担してくるケースも見られます。銀行主導のM&Aにおいて、サービサーは残ったわずかなプロパー融資を買い取る形で関わるケースが多いです。

これにより、銀行は債権回収におけるリスクを最小限にできるうえに、サービサー側は残った甘い汁を吸えるため、債務者を除いて銀行とサービサーが「Win-Win」となる関係を構築できます。

銀行の中には、自身の手を汚さずに債務超過の会社を整理するためにM&Aを行わせたうえで、サービサーを一部加担させるような機関が少なからず存在する点に留意しておきましょう。

しかし、債権が絡んでいることから、銀行の要求に答えないのは気が引けるうえ、なるべく早くに解決しなければならない問題であることに違いはありません。

こうしたお悩みをお抱えの場合は、ぜひ一度M&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ってきたノウハウを生かしてM&Aをフルサポートいたします。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。相談料は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

サービサー(債権回収会社)のまとめ

サービサー(債権回収会社)のまとめ

サービサーは、資金力のない債務者や不良債権を処理したい金融機関にとっては有益な存在になり得ます。しかし、サービサーによっては、過去の債権を掘り出して債務者に請求や訴訟を行ってくるケースもある点に注意しましょう。

不良債権ばかりに依存できないことから、今後のサービサーのあり方は変化すると想定されます。とはいえ、サービサーに何らかの請求や訴訟を起こされた債務者の方は、弁護士などの専門家に相談すると良いでしょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・サービサー(債権回収会社)とは?
→金融機関の代わりに債権の請求・回収を行う会社

・サービサー(債権回収会社)活用のメリット
→自己資本比率が低下する原因を排除できるうえに税金面のメリットも期待できる

・サービサー(債権回収会社)の業務状況
→近年はサービサー側でも自ら利益になる債権を積極的に求めるように変化

・サービサー(債権回収会社)の市場
→サービサーの数は2008年前後である程度減少

・サービサー(債権回収会社)の地方進出
→地方銀行の不良債権の処理は地方経済活性化につながるためサービサーの新たな活躍の舞台として注目

・M&Aにおけるサービサー(債権回収会社)と注意点
→自身の手を汚さずに債務超過の会社を整理するためにM&Aを行わせたうえでサービサーを一部加担させるような機関が少なからず存在する点に注意

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株価算定...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では、合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)