2020年3月26日更新資金調達

ストックオプション税制とは?税制適格/非適格ストックオプションも解説

ストックオプションの効果を最大限活用するためには、税制で定められた適格要件を満たす必要があります。そこで、ここでは、ストックオプションの税制や適格要件について解説していきます。また、税制適格、税制非適格、有償ストックオプションの種類についても解説します。

目次
  1. はじめに
  2. ストックオプションと税制
  3. ストックオプションの種類
  4. ストックオプション税制の適格要件
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

はじめに

サラリーマンの方も経営者の方も、「ストックオプション」という言葉を一度は耳にした経験があるでしょう。ストックオプションとは、従業員のモチベーションを上げる手段として、多くの企業で活用されています。

また、近年では、退職給付金の代替手段としても利用されています。しかし、ストックオプションを有効活用するためには、税制上の取り扱いについて把握していなければなりません。なぜなら、税制上の取り扱いを把握していなければ、想定していたメリットを享受できない恐れがあるからです。

ストックオプションのメリットを最大限に高めるためには、適格要件を満たす必要があります。また、ストックオプションの適格要件にはさまざまな条件があるため注意が必要です。

この記事では、適格要件を定めたストックオプション税制について詳しく解説します。ストックオプションの活用を検討している方、付与される予定の方は必見です。

※関連記事
ストックオプションとは?行使時の会計処理や仕訳をわかりやすく解説

ストックオプションと税制

ストックオプションとその税制の概要についてご説明します。

ストックオプションとは

ストックオプションとは、予め定められた価格(権利行使価格)で株式を購入できる権利をさします。

ストックオプションの取得後は、株価が上がるほど、得られるメリットが大きくなります。なせなら、株価と権利行使価格の差が広がるほど、株式売却によって得られる利益が増えるからです。一方、仮に株価が下がったとしても、権利行使しなければ損失は被らずに済みます。

このように、ストックオプションは、社内で働く人の意欲を向上させる目的で活用されます。もしくは、役員退職金の代替手段として用いるケースもあります。

ストックオプションのメリット

ストックオプションを付与されると株式の売買益を獲得できます。一方、ストックオプションを会社側が活用する最も大きなメリットは、従業員のモチベーション向上でしょう。

株価が上がるほど、ストックオプションを保有するメリットが増大します。基本的には、業績が良くなるほど株価は上昇します。そのため、ストックオプションを付与された社員は、株価を上げるために以前より努力するはずです。

したがって、ストックオプションを付与することで、費用をかけずに従業員の意欲向上を図れます。

ストックオプション税制とは

ストックオプション税制とは、ストックオプションの税務の取り扱いについて定められた税制をさします。

通常のストックオプションでは、給与所得と譲渡所得が二重に課税されるため、所持しているだけではメリットがあまりありません。しかし、一定の適格条件を満たせば、税金の支払いタイミングを1回に減らせます。このように、税制の適格要件を満たすものを、税制適格ストックオプションと呼びます。

ストックオプション税制では、適格となるための条件を定めており、ストックオプション制度を活用する際には、税制の内容を確認する必要があります。ストックオプション税制で定められた適格要件については、後ほど詳しく解説します。

※関連記事
ストックオプションと株価の関係性
ストックオプション制度とは?導入の手続きとメリット・デメリット

ストックオプションの種類

ここでは、ストックオプションの種類について説明します。

①税制適格ストックオプション

先述したように、税制要件を満たす場合は税制適格ストックオプションと呼ばれます。従業員の意欲を上げる目的で用いる際には、税制適格ストックオプションとして設計されるのが一般的です。なお、従業員の意欲を上げる目的で付与されるものは、通常型ストックオプションと呼ばれます。

また、税制適格ストックオプションに認められると株式の売却時にのみ課税が発生します。具体的には、売却時の株価と権利行使価格の差額分が譲渡所得と見なされます。

さらに、譲渡所得に対して、所得金額とは無関係に20.315%の税率で課税されます。イメージ的には、通常の株式取引と同じです。つまり、どれだけ譲渡所得が高額であっても、一定の税率で課税が生じます。

一方、税制非適格ストックオプションでは課税のタイミングが2回あります。加えて、適格税制ストックオプションと比べると、税率の面でも不利な仕組みです。よって、基本的には、税制の適格要件を満たすようにストックオプションを設計することが望ましいでしょう。

②税制非適格ストックオプション

税制適格ストックオプションに対し、ストックオプション税制の適格要件をクリアしていないものを税制非適格ストックオプションといいます。

退職金制度の代替目的で利用する場合は、権利行使価額を極めて低い金額に設定します。極めて低い価格といっても、基本的には一株あたり1円に設定されます。よって、ストックオプションの保有者は、「権利行使時の株価×持ち株数の金額分」の利益を獲得可能です。

なお、退職金制度の代替目的で付与されるものは、株式報酬型ストックオプションと呼ばれます。株式報酬型とする場合、必然的に税制適格要件を満たせません。なぜなら適格要件の一つに、「権利行使価額は、契約締結時の株価以上」という条件があるためです。

加えて、税制非適格ストックオプションでは、売却時と権利行使時の2度も課税が発生します。権利行使時には、行使時の株価と権利行使価格の差額が給与所得と見なされます。

また、給与所得は、累進課税によって課税されます。つまり、差額が大きいほど、発生する税負担も大きくなります。その際の税率は、最高で55%にも上り、税金によって半分程度も失ってしまいます。加えて、株式の売却時に獲得した譲渡所得に対しても、20.315%の税金が生じます。

つまり、税制非適格ストックオプションでは二重で税金が課されます。税制適格ストックオプションと比べると、圧倒的に取り分が減ってしまうため注意が必要です。

③有償ストックオプション

有償ストックオプションとは、付与者がお金を支払った上で、ストックオプションを受け取る制度のことで、近年活用件数が急増しています。

本来無料で交付されるストックオプションを、有償で買い取る点はデメリットとなりますが、有償ストックオプションには、税金面で大きなメリットがあるため、知っておいて損はないでしょう。具体的には、課税のタイミングが株式売却時のみとなり、権利行使時点では課税されません。

つまり、お金を払う代わりに無条件で税制適格ストックオプションの恩恵を得られます

※関連記事
税制適格ストックオプションとは?メリットや有償・非適格との違い

ストックオプション税制の適格要件

ストックオプションを交付する場合は、税制適格要件をクリアする必要があります。ここでは、ストックオプション税制で定められた適格要件を解説します。

①取得者の適格要件

取得者の適格要件には、以下の要件があります。

  • 交付対象者
  • 株式の保有数

交付対象者

交付対象者は、自社もしくは関連会社で働く人であることが要件です。つまり、自社やその子会社の役職員、および株主が付与対象者でなくてはならず、無関係の第三者に交付した場合は適用外です。

株式の保有数

付与が決定した時点で、自社株式のうち、持ち株数が3分の1を超えていないことも要件の一つです。ただし、公開会社の場合には10分の1となります。

②発行内容・行使の適格要件

発行内容・行使の適格要件には以下のものが該当します。

  • 権利行使の期間
  • 権利行使価格
  • 年間の権利行使価格制限
  • 譲渡制限
  • 発行方法

発行方法

税制適格ストックオプションは、企業の役員などの労働対価として無償で付与するものをいいます。したがって、税制適格ストックオプションとなるためには、無償で交付しなければなりません

譲渡制限

ストックオプションは他人に譲渡できません。つまり、他人名義で行使した場合でも税制適格とはなりません。

権利行使の期間

権利行使期間は、ストックオプション付与の決定後2年から10年までの間に権利行使する必要があります。

権利行使価格

税制適格ストックオプションとなるためには、権利行使価格が契約締結時の株価以上になるように考慮しなくてはなりません。そのため、株式報酬型のストックオプションは税制非適格となるのです。

年間の権利行使価格制限

権利行使価格の合計は1,200万円未満に抑える必要があります。年間1,200万円を超えると、適格税制の資格を失うことになります。万が一、1,200万円を超える権利行使を年間で一度でも実施した場合は、税制適格の対象から除外されます。

③その他の税制適格要件

①取得者の適格要件②発行内容・行使の適格要件以外にも、下記の税制適格要件があります。

  • 証券会社と契約している
  • 会社法に違反しない形での付与
  • 株式売却時に必要な書類を提出
これまで見てきたように、ストックオプション税制の適格要件は設定が細かいです。導入する際はきちんと把握しておきましょう。

※関連記事
ストックオプションでかかる税金

まとめ

今回は、ストックオプション税制について解説しました。ストックオプションとは、予め定められた権利行使価格で、自社株を買える権利をさします。

従業員のモチベーションを向上させる手段として、ストックオプションは大変有用ですが、ストックオプションを従業員に交付する際には、税制適格要件をクリアすることが大前提です。税制適格か否かで、ストックオプションによって得られる利益は大きく異なります。

なお近年は、有償ストックオプションを活用する事例も増えています。有償ストックオプションの活用により、税制面で大きなメリットを得ることも可能です。有償ストックオプション制度を活用する際には、必ずストックオプション税制を参照しましょう。

要点をまとめると下記になります。

・ストックオプションとは
→予め定められた価格で株式を購入できる権利

・ストックオプションの交付側のメリット
→従業員のモチベーション向上

・ストックオプションの保有側のメリット
→株式の売却による利益獲得

・ストックオプション税制とは
→ストックオプションの税務の取り扱いを定めた税制

・ストックオプションの種類
→税制適格ストックオプション、税制非適格ストックオプション、有償ストックオプション

・ストックオプション税制の適格要件
→取得者の要件、発行内容・行使の要件、その他の要件

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

M&A
第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

M&A
バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

中小企業M&A
中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資は、家賃収入や売却益を目的として、中古マンションに投資することを意味します。安定した収入を積み重ねていくために、不動産投資の仕組みも踏まえて中古マンション投資の特徴を知り、様々...

M&A
ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

近年は日本でも活発化している企業間の買収ですが、海外では日本以上に積極的に買収が行われており、その事例から学べることは多くあります。ここではアメリカの半導体関連企業であるザイリンクスの事業動向を...

M&A株式譲渡株式交換事業譲渡
事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる場合、融資を受ける方法が一般的です。融資の種類は多く、それぞれで特徴や強みは異なるので、きちんと比較検討が必要です。返済計画も含めて長期的な視点を持ち、タイミングを見極め、効率的...

中小企業
ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

近年活発化しているM&Aの手法の一つが、事業売却です。M&Aも含めた今後の事業戦略や業界に与える影響など、ソニーの事業展開や動向は大きく注目されています。またソニーの幅広い事業展開は、それぞれの...

M&A事業譲渡
跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

近年、中小企業の後継者不足が深刻です。跡取りがいない会社にとっては、後継者を見つけるか、廃業するか、重要な選択を迫られることになります。昨今では、M&Aによる事業承継を行うケースも増加傾向にあり...

中小企業M&A株式譲渡
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)