2021年5月31日公開事業承継

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説します。

目次
  1. 事業承継で代表権を後継者に移転するとは
  2. 事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法とケース
  3. 事業承継の際に行う株式の承継パターン
  4. 経営承継円滑化法による事業承継支援
  5. 事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ際の注意点
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業承継で代表権を後継者に移転するとは

事業承継で代表権を後継者に移転するとは

事業承継の課題の1つに代表権の引継ぎがあります。代表権の引継ぎが適切に行わなければ、経営体制を保てなくなり経営意思を統一することも難しくなります。

また、事業承継の税金負担を軽減できる事業承継税制という制度がありますが、要件に代表権の移転が定められているので、引継ぎが行われてなければ利用することはできません。

健全な体制を構築するためには、適切な手続きで代表権を後継者に引き継ぐことが大切です。この章では、事業承継で引き継ぐ代表権の意味、事業承継税制との関係を解説します。

事業承継で引き継ぐ代表権とは

事業承継で引き継ぐ代表権は、取引や業務等の会社の決定を行う法律上の権限のことです。会社の定款に代表取締役として登記されている者が、代表権を有していると認められます。

代表権の任命は取締役の互選や株主総会・取締役会の決議で行われ、任命された者は会社の代表として会社の重要な意思決定を行えるようになります。

なお、代表権のことを経営者のリーダーシップと捉えることもあります。この意味としての代表権は、法的な手続きを伴うものではないので引継ぎは必須ではありませんが、従業員からの信頼や求心力が高いリーダーシップも代表権の要素の1つです。

代表権の移転と事業承継税制の関係

事業承継税制とは、事業承継で自社株を承継した際の相続税や贈与税の納税義務について猶予措置を受けられる制度です。

平成30年の改正により利便性が大きく向上しており、要件を満たして適用を受ければ全額猶予措置を受けたうえで、最終的には全額免除措置を受けることができます。

事業承継税制の要件は、経営者・後継者・会社など対象別に定められており、経営者に対しては「会社の代表権を有していたこと」と「贈与時点で会社の代表権を有していないこと」が定められています。

この要件からは、前任の代表者から事業承継で後継者に代表権が引き継がれたことが条件であることが分かります。

事業承継税制の目的は、税金負担の軽減により次世代への引継ぎを円滑化することなので、法的な代表権の引継ぎが行われていない場合は対象外となります。

事業承継で代表権を後継者に移転するタイミング

事業承継税制を活用する際は、代表権の後継者への引継ぎは株式の贈与時点までに終えている必要があります。

代表権の移転タイミングを誤ると、事業承継税制の要件を満たせなくなります。適用を受けられないと不都合が多いため、代表権の移転をケース別に把握しておくことが大切です。

【関連】【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法とケース

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法とケース

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法は、大きく3ケースに分けられます。ケースによっては事業承継税制の要件を満たせなくなるので注意が必要です。

1.代表権を移転して退任と就任した後、株式を贈与するケース

こちらは代表権の移転後に株式の贈与を行うケースです。事業承継は親から子への親族内承継が多く、こちらのケースが採用されることが一般的となっています。

事業承継税制の要件判定

こちらのケースでは、株式の贈与以前に代表権の移転が完了しているので要件はクリアしています。

後継者が1人の場合は、同族関係者のなかで最も多くの議決権数を有している必要があり、後継者が2人あるいは3人の場合は、各後継者が10%以上の議決権を有し保有割合が上位2名あるいは3名である必要があります。

なお、前任者は前任者の退任と後継者の就任後も会社に残り続けることは可能です。代表権の移転さえ行えていれば、前任者が役員や従業員として在籍することは認められています。

前任者の退任後のポジションには、会長や役員、従業員などがあります。事業承継が会社に与える影響は大きいので、安定するまでは前任者が会社に残って後継者をサポートする形をとる企業も多いです。

2.代表権を親族外移転を経て、後継者に移転し株式も贈与するケース

後継者に代表権を移す前に一度親族外を経由しているケースです。こちらのケースでは、親族外移転の際に株式の贈与を行わずに代表権の移転のみを行っています。

一度親族外を経由するメリットとしては、後継者育成の時間を確保できることが挙げられます。後継者が経営者に必要なスキルや覚悟を養うまでの一時的な措置として、親族外の役員や従業員に代表者に就任してもらいます。

本来の後継者の育成が完了次第、親族外の代表者から後継者に代表権の移転と前任者から後継者への株式の贈与を行い、後継者が就任する流れになります。

事業承継税制の要件判定

親族外移転を経た代表権の移転は要件をクリアしています。ポイントは「会社の代表権を有していたこと」なので、一度でも代表者の座についていたなら移転したと認められます。

なお、使用例の紹介のために親族外移転を挙げましたが、一時的な移転先は親族・親族外を問いません。事業承継税制においては、あくまでもポイントは株式の贈与前に代表権の移転を行っているかどうかです。

3.株式の贈与を経た後、代表権を移転して退任と就任したケース

適切な手続きで、代表権の引継ぎを行う前に株式の贈与を行ったものです。実務的には、定款の代表取締役の変更を行う前に株主名簿の書き換えを行ったケースが該当します。

前任者の死亡等で引き継ぐを急ぐと、起きてしまいがちな失敗パターンとなっています。株式贈与以前に代表権の退任と就任を済ませておくことが重要です。

事業承継税制の要件判定

株式贈与を代表権移転前に行った場合、要件は満たせません。事業承継税制を活用して税制上の優遇措置を受けるためには、株式贈与の前に代表権の移転を行っておかなくてはなりません。

要件を満たせないと事業承継税制を活用できません。相続税・贈与税の猶予措置を受けられないので、全額納めなくてはならなくなります。

納税資金の確保が難しい場合は延長や物納を検討します。しかし、利子税の問題がある他、延納は最大期間が設けられており物納は財産の種類によって優先順位が定められています。

延納や物納が難しい場合は、最終手段として株式や事業用資産の売却や担保を検討します。最悪の場合は事業を行うために必要な財産も手放すことにもなりかねません。

【関連】経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

事業承継の際に行う株式の承継パターン

事業承継の際に行う株式の承継パターン

代表権を移した後の株式承継は大きく分けて3パターンあります。それそれの承継方法を使って後継者へ引き継ぐことで事業承継の手続きが完了します。

【事業承継の際に行う株式の承継パターン】

  1. 生前贈与
  2. 相続承継
  3. 売買承継

生前贈与

生前贈与は、現経営者の存命中に後継者に株式を贈与することをいいます。事前に経営者と後継者で話し合いをできるので、代表権や節税対策の準備を綿密に練ることができます。

生前贈与で発生する税金は贈与税です。贈与財産の価値に応じて最大55%の税率になるため、自社株を承継する際は事業承継税制の活用が大前提となります。

なお、相続人が複数いる場合は、代表権の移転前に後継者以外への分配も決めておくとトラブルを避けやすくなります。対策していないと、株式の分散で法的に代表権を有することが難しくなる場合があります。

相続承継

相続承継は、現経営者の死亡後に後継者に株式を相続することをいいます。事業承継を行う前に現経営者が病気や事故等で急死すると相続が発生します。

相続承継で発生する税金は相続税です。相続する財産価値に応じて最大55%の税率がかかるため、相続が発生した時は事業承継税制の活用を検討することになります。

相続人が複数いて遺言が残されていない場合は、財産の相続分配について協議を行うことになります。事業用資産や株式以外の財産が少ない場合は、後継者に代表権を移転させることが難しくなります。

売買承継

売買承継は、現経営者から第三者に株式を有償で譲渡して代表権を移転させることをいいます。代表権の移転は、親族内承継は無償譲渡、親族外承継やM&Aによる承継は有償譲渡が主流となっています。

売買承継で発生する税金は、所得税・住民税・復興特別所得税です。事業承継税制の適用外ですが、税率は20.315%と負担が軽くなっています。

注意点は、代表権の移転前に後継者に株式買取資金を用意させておく必要があることです。資金が不足している場合は、代表権を持つだけの株式を承継することが難しくなります。

なお、資金不足が原因で譲渡価格を引き下げた場合は贈与とみなされて後継者に贈与税が課せられることがあります。

【関連】事業承継の方法

経営承継円滑化法による事業承継支援

経営承継円滑化法による事業承継支援

複数の相続人がいる場合、生前贈与や相続承継は相続人間で株式が分散する可能性があります。株式分散の問題とは、後継者以外の相続人からの干渉を受けると、一貫した経営体制を維持しづらくなるというものです。

この問題の対策として、経営承継円滑化法で遺留分に関する特例が定められています。以下の2つの合意を活用することで、株式の承継を円滑に行うことができます。

【経営承継円滑化法による事業承継支援】

  1. 除外合意
  2. 固定合意

除外合意

除外合意とは、全ての相続人と後継者の合意により、贈与された自社株式を遺留分から除外する制度です。全ての相続人は現経営者の兄弟姉妹とその子は除くとされています。

遺留分とは、法律で保障されている一定割合の相続分のことです。保障分より少ない割合の分配しか受けられなかった相続人は、遺言に従った相続であっても遺留分を侵害されている箇所の内容を覆すことができます。

除外合意を活用することで、ほかの相続人からの遺留分減殺請求によって自社株式が分散することはなくなります。

後継者は、除外合意をした日から一ヵ月以内に、経済産業省又は地方経済産業局に申請書及び添付書類を提出します。

固定合意

固定合意とは、遺留分算定のための財産価格を合意時の価格に固定する制度です。除外合意と同様、後継者の利益を確保するための制度です。

事業承継後、後継者の働きによって会社の業績が向上すると株式評価額も高まりますが、遺留分額の増加という問題も付きまといます。

固定合意を活用すれば会社の業績が向上しても遺留分額は固定となるので、遺留分増加による経営者の経営意欲の阻害を回避することができます。

基本的な手続きは除外合意と同じですが、固定合意で定めた価額は弁護士等の専門家の証明書を添付する必要があります。

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ際の注意点

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ際の注意点

事業承継の代表権引継ぎはいくつかの注意点があります。代表権に関して特に注意すべきポイントは以下の2つです。

【事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ際の注意点】

  1. 代表権を移転する後継者の育成について
  2. 社長から会長になった場合について

代表権を移転する後継者の育成について

後継者には経営者としてのスキルが求められます。代表権の移転段階で経営スキルが身についていない場合は、引継ぎ後に経営がうまくいかなくなる恐れもあります。

場合によっては、社内の役員や従業員に一時的に代表権を移転して、後継者育成の時間を確保することも有効な選択肢となります。

【関連】後継者育成とは?課題、準備、育成のポイントを解説!

社長から会長になった場合について

代表権の移転後に会長の座につくケースが多いですが、社内の肩書として社長から会長に変更しただけでは要件を満たせないため注意が必要です。

事業承継税制の要件は、あくまでも法律上の代表権の移転がポイントとなります。法律的に代表権が移転したと認められるためには、定款の代表取締役を変更する必要があります。

そのため、事業承継税制を利用する際は、定款の代表取締役の変更を行って代表権を移転した後に株式の贈与を行うことになります。

事業承継のご相談はM&A総合研究所へ

代表権の移転は、株式の承継方法によって注意すべきポイントがあります。特に、生前贈与や相続承継は株式贈与以前に代表権の移転を行っておかなくてはなりません。

また、売買承継で代表権を移転する場合は、相続税・贈与税の代わりに住民税や所得税が課せられます。代表権の移転手続きも複雑化するので、M&Aの専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A総合研究所は、M&A・事業承継の仲介サポートを手掛けるM&A仲介会社です。中堅・中小規模の事業承継に関して豊富な実績を有しておりますので、事業承継や代表権の移転のサポートも安心してお任せいただけます。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

事業承継や代表権の移転に関して無料相談をお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

事業承継の際は代表権の移転タイミングが重要です。タイミングを誤ると相続税・贈与税の猶予・免除措置を受けられなくなり、後継者の税金負担が増大します。

代表権の移転や株式の承継はパターン別の注意点もあります。代表権の移転は事業承継の専門家に相談しておくとスムーズに準備を進められるようになります。

【事業承継での代表権移転のまとめ】

  • 事業承継で引き継ぐ代表権は取引や業務等の会社の決定を行う法律上の権限のこと
  • 事業承継税制は前任者から後継者に代表権が引き継がれることが条件
  • 代表権の移転タイミングは株式の贈与以前

【事業承継の際に行う株式の承継パターン】
  1. 生前贈与
  2. 相続承継
  3. 売買承継
【経営承継円滑化法による事業承継支援】
  1. 除外合意
  2. 固定合意
【事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ際の注意点】
  1. 代表権を移転する後継者の育成について
  2. 社長から会長になった場合について

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

【2021】事業承継税制の特例措置のメリットや適用要件を解説!

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継税制の特例措置...

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)