2020年12月1日公開事業承継

事業承継ネットワークとは?事業概要、中小企業が利用するメリット【事例あり】

事業承継ネットワークとは、地域の機関・団体が事業承継支援のネットワークを構築することで、中小企業・小規模事業者の事業承継を促す取り組みです。本記事では、事業承継ネットワークの事業概要や、事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリットなどについて解説します。

目次
  1. 事業承継ネットワークとは?
  2. 事業承継ネットワークの事業概要
  3. 事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット 
  4. 事業承継ネットワークを活用した事例
  5. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業承継ネットワークとは?

事業承継ネットワークとは?

事業承継ネットワークとは、地域のさまざまな機関や団体が連携することで、中小企業・小規模事業者の事業承継を促す取り組みです。

中小企業経営者は、事業承継ネットワークの取り組みを知っておくと、いざというときに役立ちます。本章では、事業承継ネットワークの成り立ちや構成機関・団体を紹介します。

事業承継ネットワークはなぜ誕生した?

事業承継ネットワークは、中小企業の事業承継を後押しするために、平成29年度から各都道府県での事務局運営が始まりました。

事業承継の準備が必要な中小企業は増加しているにもかかわらず、実際に事業承継の準備に取り掛かっている中小企業は少ないのが現状です。

そこで、中小企業庁は各都道府県に地域事務局を運営する事業者を置き、事業承継の支援を開始しました。

中小企業へプッシュ型の情報提供を行うことで、事業引継ぎ支援センターやよろず支援拠点などへの橋渡し役となっています。

事業承継ネットワークを構成する機関・団体

事業承継ネットワークは、以下の機関・団体などから成り立っています。

  • 運営事務局
  • 都道府県・市区町村
  • 金融機関、商工会・商工会議所、中央会、士業等専門家
  • 中小機構地域本部
  • 事業引継ぎ支援センター
  • よろず支援拠点・再生支援協議会など
  • 経済産業局・財務局
  • 信用保証協会

運営は中小企業庁から委託された機関が行い、都道府県・市区町村では地域の事業承継支援の立案やとりまとめを行います。

また、中小機構地域本部は支援機関への研修などを実施し、信用保証協会は事業承継ネットワークと連携して金融支援を行なっています。

そして、事業引継ぎ支援センターやよろず支援拠点・再生支援協議会は、M&A案件のフォローや再生支援などを事業承継ネットワークと連携して行っています。

【関連】事業承継のタイミングはいつが最適?計画をはじめる3つのタイミングを紹介

事業承継ネットワークの事業概要

事業承継ネットワークの事業概要

事業承継ネットワークでは中小企業に対して以下の支援を行っています。ここでは、各支援内容について解説します。
  • 各都道府県の事業承継を支援 
  • 各企業の事業承継診断 
  • 事業承継支援のサポート・連携関係の構築

各都道府県の事業承継を支援

事業承継ネットワークは、各都道府県で事業承継支援体制を整えており、事業承継支援を行うために各機関や団体との連携構築、事業承継支援に関する情報発信などを行っています。

地域の事業承継支援を関係機関・団体が単独で行うことは簡単ではなく、地域の事業承継をスムーズに行うためには、さまざまな関係機関・団体が協力していく必要があります。

そのため、各都道府県では事業承継の支援体制を整備することで、円滑な事業承継を推進しています。

各企業の事業承継診断 

各事業承継ネットワークでは、地域の企業の事業承継診断を行っています。事業承継診断を受けることで自社の事業承継における課題をみつけることができ、具体的な準備を始めることができます。

事業承継ネットワークでは事業承継診断の実施のほか、事業承継診断の結果を集約して公表し、結果をまた事業承継診断の作成と実施に活かすといったサイクルを回しています。それによって、事業承継の支援体制をブラッシュアップしています。

事業承継支援のサポート・連携関係の構築

事業承継ネットワークでは、各地域内での機関・団体間の連携体制を構築しています。

具体的には、専門家派遣制度と連動した支援体制の構築や、地域の事業承継支援専門家の発掘・リスト化・情報の共有、経営改善計画策定支援事業を活用した経営改善の環境整備などです。

経営改善計画策定支援事業とは、中小企業・小規模事業者が金融機関から金融支援を受ける際に必要となる経営改善計画の作成を認定機関がサポートする事業です。

各機関・団体がお互いに連携を深めることで、中小企業・小規模事業者が抱える事業承継の課題をさまざまな角度から支援できるようになっています。

【関連】事業承継と廃業のメリット・デメリットを解説!5割が黒字でも廃業!?

事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット 

事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット

中小企業が事業承継ネットワークを活用する場合、以下のメリットが得られます。本章では、事業承継ネットワークを中小企業が活用するメリットについて解説します。

事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット
  1. 後継者問題の円滑な解決 
  2. 事業の存続と発展 
  3. 地元経済の維持・発展

1.後継者問題の円滑な解決 

事業承継の準備が必要な段階にある中小企業は数多くありますが、後継者問題を抱えていることで事業承継の準備が進まないケースも少なくありません。

親族内に事業承継候補がいないケースもあり、経営者に子どもがいないパターンと、子どもはいるものの子どもが会社を継ぎたがらないパターンがあります。

親族内に事業承継候補がいない場合は、従業員から事業承継候補を探したり、外部から事業承継候補を迎え入れたりするパターンがあります。

親族内事業承継・親族外事業承継のいずれでも候補がいない場合は、M&Aによって第三者へ事業承継を行うパターンもあります。

近年はM&Aによる第三者事業承継の数が増え続けており、事業承継ネットワークでもM&Aによる第三者事業承継の相談やM&Aの成立事例が年々増加しています。

事業承継ネットワークに相談することで自社の課題を探り出し、後継者問題の円滑な解決方法をみつけることが可能です。

2.事業の存続と発展

事業承継ネットワークを活用する大きなメリットは、事業を存続させることができるうえ、うまくいけば事業の発展も望める点です。

自身で創業から会社を育ててきた経営者にとっては、自分の子どものような会社をできれば潰したくないと考える方も多いでしょう。また、代々継いできた会社の場合、自分の代で会社を潰したくないという思いもあるでしょう。

しかし、実際には、十分な事業承継の準備ができなかったことが原因で、廃業に至ってしまった会社も多くみられます。

事業承継ができず廃業に至ってしまう原因として、事業承継の準備に取り掛かるのが遅かったことが挙げられます。

事業承継の準備を始めようにも、何から始めたらよいかわからないという経営者や、日々の業務が忙しくて事業承継の準備になかなか時間が割けないという経営者も少なくありません。

事業承継ネットワークはプッシュ型のサポートを行っているので、経営者自身ではできなかった事業承継の準備が事業承継ネットワークの後押しによりできるというメリットがあります。

3.地元経済の維持・発展

事業承継ネットワークの大きな目的は、地元企業の廃業による地域経済の衰退を防ぐことです。地元企業の廃業は雇用の減少へ、雇用の減少が地域の衰退へとつながっていきます。

また、高齢化が進む地方では、地元企業の廃業が生活にも大きな影響を与えます。各地域が事業承継ネットワークを構築することで中小企業の事業承継を促進し、地域経済の衰退を食い止めようとしています。

地元企業の廃業による地域経済の衰退を食い止めるには、事業承継ネットワークの関係機関・団体や、中小企業の事業承継を中心に支援しているM&A仲介会社などのサポートが必要です。

近年は、M&A仲介会社やマッチングサイトなど、第三者事業承継を専門に支援する環境が整ってきているので、適切に専門家を選ぶことができれば円滑に第三者事業承継が行えるようになってきています。

M&Aによる事業承継はM&A総合研究所へご相談ください

M&A総合研究所には、豊富な経験を持ったM&Aアドバイザーが多数在籍しており、さまざまな業種や規模の第三者事業承継に迅速かつ丁寧にサポートいたします。

また、M&A総合研究所は、M&Aが成立するまで手数料をいただかない完全成功報酬制の手数料体系となっているので、第三者事業承継が成立するまで安心して手続きを進めていくことができます。

お電話・メールによる無料相談は随時承っておりますので、事業承継をご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

事業承継ネットワークを活用した事例

事業承継ネットワークを活用した事例

本章では、実際に事業承継ネットワークを活用した5つの事例を紹介します。

【事業承継ネットワークを活用した事例】

  1. 千葉県の事業承継支援事例
  2. 神奈川県の事業承継支援事例
  3. 群馬県の事業承継支援事例
  4. 愛知県の事業承継支援事例
  5. 岐阜県の事業承継支援事例

1.千葉県の事業承継支援事例

金融機関で事業承継診断を行っていた製造業経営者のAさんは、今後について事業承継ネットワークに相談をしました。

相談内容は、事業承継を検討しているが親族内に後継者がおらず、取引先から業務提携の打診ももらっているがどうしたらよいか、というものです。

千葉県事業承継ネットワーク事務局は、まず事業承継ネットワークのコーディネーターとアンケートを実施した金融機関、製造業経営者のAさんで話し合いを行いました。

製造業経営者のAさんは、先代から事業承継する際に株式が分散したままになっており、工場も賃貸借契約になっていました。

そこで、千葉県事業承継ネットワーク事務局は、株式の買取を行うことと、土地の賃貸借契約について地主と交渉することを提案しています。

その結果、製造業経営者のAさんは紹介された専門家の支援を受けながら株式のほとんどを集約し、土地の賃貸借契約も継続できることとなりました。

取引先との業務提携も成立したことから、今後は取引先とのM&Aも進めていく方向で話が進んでいます。

2.神奈川県の事業承継支援事例

酒販店経営者のSさんは、事業承継ネットワークを通じて事業承継診断を受けました。その結果、酒販店経営者のSさんが円滑な事業承継を行うには、会社の強みや課題の見える化と、会社の磨き上げが必要との判断に至ります。

事業承継ネットワークはコーディネーターを派遣し、酒販店の現状を分析、強み・魅力を洗い出しました。

酒販店の後継者は事業承継に消極的でしたが、会社の現状分析によって酒販店の将来性がみえたことで、後継者となることに前向きになりました。

今後は事業承継計画を策定することで、酒販店の事業承継を具体的に進めていく計画となっています。

3.群馬県の事業承継支援事例

金属加工会社を経営するDさんは、60代後半で経営者の平均引退年齢を迎えていましたが後継者がおらず、社員の雇用維持のためにもよい事業承継先があれば引き継ぎたいと考えていました。

そこで、事業承継ネットワーク事務局は事業引継ぎ支援センターを紹介し、事業承継先を探すよう提案します。

Dさんも第三者への事業承継に興味を示したことから、事業引継ぎ支援センターでの相談を行い、事業承継の準備を進めることとなりました。

Dさんの会社は社員の技術力が高く設備も整っており、今後10年以上事業を継続できる体制が整っています。

しかし、親族内や社員に後継者候補がいなかったため、事業引継ぎ支援センターがネットワークのなかから事業承継相手を探し、候補をみつけることができました。

4.愛知県の事業承継支援事例

経営者のFさんは70代になり、娘婿への事業承継を検討していましたが、それまで事業承継対策をしてきませんでした。

そのため、事業承継の際に自社株式や事業用資産が分散するリスクがあることから、Fさんは譲渡価額ネットワーク事務局へ全面的なサポートを依頼します。

Fさんは事業承継ネットワークを通じて、生前贈与の準備や事業承継計画書の策定など、事業承継に向けた準備をスタートさせました。

事業承継ネットワークの各専門家が分野ごとにサポートを行ったので、Fさんが抱えていた課題は整理され、具体的な事業承継にスムーズに移れる体制が整っています。

5.岐阜県の事業承継支援事例

廃業予定だったキャンプ場運営を、もし事業承継先があれば引き継ぎたいと考えていた経営者のGさんは、キャンプ場の従業員が事業を引き継ぎたいという意思を示したことから、事業承継について商工会を通じて相談しました。

事業承継ネットワーク事務局は、Gさんの相談に対して新たな経営計画の策定や事業計画の作成、税務や法務などさまざまな視点からアドバイスを行いました。また、アウトドア事業コンサルタントを派遣し、キャンプ事業の具体的な戦略を構築していきます。

その結果、Gさんは事業承継について明確なイメージを持つことができ、事業承継に向けて計画的な準備を行うことができました。

【関連】M&A・事業承継は地方創生の最善策?動向・現状も解説!

まとめ 

まとめ

事業承継ネットワークは、地域企業が廃業することによる経済の衰退を防ぐことが大きな目的であり、さまざまな機関や団体がネットワークを構築することによって、中小規模事業者の事業承継の促進・支援を行っています。

いざという時に役立つ存在であるため、中小企業経営者はどのような支援を受けられるのかなどを知っておくとよいでしょう。
 
【支援内容】
  1. 各都道府県の事業承継を支援 
  2. 各企業の事業承継診断 
  3. 事業承継支援のサポート・連携関係の構築
 
【メリット】
  1. 後継者問題の円滑な解決 
  2. 事業の存続と発展 
  3. 地元経済の維持・発展

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)