2022年6月6日更新事業承継

事業承継ネットワークとは?事業概要、中小企業が利用するメリット【事例あり】

事業承継ネットワークとは、地域の機関・団体が事業承継支援のネットワークを構築することで、中小企業・小規模事業者の事業承継を促す取り組みです。本記事では、事業承継ネットワークの事業概要や、事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリットなどについて解説します。

目次
  1. 事業承継ネットワークとは?
  2. 事業承継ネットワークの事業概要
  3. 事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット 
  4. まとめ 
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業承継ネットワークとは?

事業承継ネットワークとは?

事業承継ネットワークとは、地域のさまざまな機関や団体が連携することで、中小企業・小規模事業者の事業承継を促す取り組みです。

中小企業経営者は、事業承継ネットワークの取り組みを知っておくと、いざというときに役立ちます。本章では、事業承継ネットワークの成り立ちや構成機関・団体を紹介します。

事業承継ネットワークはなぜ誕生した?

事業承継ネットワークは、中小企業の事業承継を後押しするために、平成29年度から各都道府県での事務局運営が始まりました。

事業承継の準備が必要な中小企業は増加しているにもかかわらず、実際に事業承継の準備に取り掛かっている中小企業は少ないのが現状です。

そこで、中小企業庁は各都道府県に地域事務局を運営する事業者を置き、事業承継の支援を開始しました。

中小企業へプッシュ型の情報提供を行うことで、事業引継ぎ支援センターやよろず支援拠点などへの橋渡し役となっています。

事業承継ネットワークを構成する機関・団体

事業承継ネットワークは、以下の機関・団体などから成り立っています。

  • 運営事務局
  • 都道府県・市区町村
  • 金融機関、商工会・商工会議所、中央会、士業等専門家
  • 中小機構地域本部
  • 事業引継ぎ支援センター
  • よろず支援拠点・再生支援協議会など
  • 経済産業局・財務局
  • 信用保証協会

運営は中小企業庁から委託された機関が行い、都道府県・市区町村では地域の事業承継支援の立案やとりまとめを行います。

また、中小機構地域本部は支援機関への研修などを実施し、信用保証協会は事業承継ネットワークと連携して金融支援を行なっています。

そして、事業引継ぎ支援センターやよろず支援拠点・再生支援協議会は、M&A案件のフォローや再生支援などを事業承継ネットワークと連携して行っています。

事業承継ネットワークの事業概要

事業承継ネットワークの事業概要

事業承継ネットワークでは中小企業に対して以下の支援を行っています。ここでは、各支援内容について解説します。
  • 各都道府県の事業承継を支援 
  • 各企業の事業承継診断 
  • 事業承継支援のサポート・連携関係の構築

各都道府県の事業承継を支援

事業承継ネットワークは、各都道府県で事業承継支援体制を整えており、事業承継支援を行うために各機関や団体との連携構築、事業承継支援に関する情報発信などを行っています。

地域の事業承継支援を関係機関・団体が単独で行うことは簡単ではなく、地域の事業承継をスムーズに行うためには、さまざまな関係機関・団体が協力していく必要があります。

そのため、各都道府県では事業承継の支援体制を整備することで、円滑な事業承継を推進しています。

各企業の事業承継診断 

各事業承継ネットワークでは、地域の企業の事業承継診断を行っています。事業承継診断を受けることで自社の事業承継における課題をみつけることができ、具体的な準備を始めることができます。

事業承継ネットワークでは事業承継診断の実施のほか、事業承継診断の結果を集約して公表し、結果をまた事業承継診断の作成と実施に活かすといったサイクルを回しています。それによって、事業承継の支援体制をブラッシュアップしています。

事業承継支援のサポート・連携関係の構築

事業承継ネットワークでは、各地域内での機関・団体間の連携体制を構築しています。

具体的には、専門家派遣制度と連動した支援体制の構築や、地域の事業承継支援専門家の発掘・リスト化・情報の共有、経営改善計画策定支援事業を活用した経営改善の環境整備などです。

経営改善計画策定支援事業とは、中小企業・小規模事業者が金融機関から金融支援を受ける際に必要となる経営改善計画の作成を認定機関がサポートする事業です。

各機関・団体がお互いに連携を深めることで、中小企業・小規模事業者が抱える事業承継の課題をさまざまな角度から支援できるようになっています。

事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット 

事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット

中小企業が事業承継ネットワークを活用する場合、以下のメリットが得られます。本章では、事業承継ネットワークを中小企業が活用するメリットについて解説します。

事業承継ネットワークを中小企業が利用するメリット
  1. 後継者問題の円滑な解決 
  2. 事業の存続と発展 
  3. 地元経済の維持・発展

1.後継者問題の円滑な解決 

事業承継の準備が必要な段階にある中小企業は数多くありますが、後継者問題を抱えていることで事業承継の準備が進まないケースも少なくありません。

親族内に事業承継候補がいないケースもあり、経営者に子どもがいないパターンと、子どもはいるものの子どもが会社を継ぎたがらないパターンがあります。

親族内に事業承継候補がいない場合は、従業員から事業承継候補を探したり、外部から事業承継候補を迎え入れたりするパターンがあります。

親族内事業承継・親族外事業承継のいずれでも候補がいない場合は、M&Aによって第三者へ事業承継を行うパターンもあります。

近年はM&Aによる第三者事業承継の数が増え続けており、事業承継ネットワークでもM&Aによる第三者事業承継の相談やM&Aの成立事例が年々増加しています。

事業承継ネットワークに相談することで自社の課題を探り出し、後継者問題の円滑な解決方法をみつけることが可能です。

2.事業の存続と発展

事業承継ネットワークを活用する大きなメリットは、事業を存続させることができるうえ、うまくいけば事業の発展も望める点です。

自身で創業から会社を育ててきた経営者にとっては、自分の子どものような会社をできれば潰したくないと考える方も多いでしょう。また、代々継いできた会社の場合、自分の代で会社を潰したくないという思いもあるでしょう。

しかし、実際には、十分な事業承継の準備ができなかったことが原因で、廃業に至ってしまった会社も多くみられます。

事業承継ができず廃業に至ってしまう原因として、事業承継の準備に取り掛かるのが遅かったことが挙げられます。

事業承継の準備を始めようにも、何から始めたらよいかわからないという経営者や、日々の業務が忙しくて事業承継の準備になかなか時間が割けないという経営者も少なくありません。

事業承継ネットワークはプッシュ型のサポートを行っているので、経営者自身ではできなかった事業承継の準備が事業承継ネットワークの後押しによりできるというメリットがあります。

3.地元経済の維持・発展

事業承継ネットワークの大きな目的は、地元企業の廃業による地域経済の衰退を防ぐことです。地元企業の廃業は雇用の減少へ、雇用の減少が地域の衰退へとつながっていきます。

また、高齢化が進む地方では、地元企業の廃業が生活にも大きな影響を与えます。各地域が事業承継ネットワークを構築することで中小企業の事業承継を促進し、地域経済の衰退を食い止めようとしています。

地元企業の廃業による地域経済の衰退を食い止めるには、事業承継ネットワークの関係機関・団体や、中小企業の事業承継を中心に支援しているM&A仲介会社などのサポートが必要です。

近年は、M&A仲介会社やマッチングサイトなど、第三者事業承継を専門に支援する環境が整ってきているので、適切に専門家を選ぶことができれば円滑に第三者事業承継が行えるようになってきています。

M&Aによる事業承継はM&A総合研究所へご相談ください

M&A総合研究所には、M&Aの知識・豊富な支援経験を持つアドバイザーが多数在籍しており、M&Aによる事業承継を丁寧にサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)

お電話・メールによる無料相談は随時承っておりますので、事業承継をご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご連絡ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ 

まとめ

事業承継ネットワークは、地域企業が廃業することによる経済の衰退を防ぐことが大きな目的であり、さまざまな機関や団体がネットワークを構築することによって、中小規模事業者の事業承継の促進・支援を行っています。

いざという時に役立つ存在であるため、中小企業経営者はどのような支援を受けられるのかなどを知っておくとよいでしょう。
 
【支援内容】
  1. 各都道府県の事業承継を支援 
  2. 各企業の事業承継診断 
  3. 事業承継支援のサポート・連携関係の構築
 
【メリット】
  1. 後継者問題の円滑な解決 
  2. 事業の存続と発展 
  3. 地元経済の維持・発展

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きは、会社と個人事業主で異なります。本記事では、廃業の手続きを会社と個人事業主とに分けて解説するとともに、倒産や経営破綻などの関連用語との意味の違いや、廃業のメリットデメリット、廃業の...

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?事業承継に活用するメリットを解説!

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?事業承継に活用するメリットを解説!

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継のに関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリッ...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では、合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)