2020年12月21日公開事業承継

事業承継・M&Aエキスパート協会とは?試験や資格の特徴について解説

事業承継・M&Aエキスパート協会とは、中小・零細企業の事業承継・M&A支援に携わる人たちに対して、事業承継・M&Aに関する専門性を身につけてもらうために設立された組織です。本記事では、事業承継・M&Aエキスパート試験の受験方法や試験の特徴などをご紹介します。

目次
  1. 事業承継・M&Aエキスパート協会とは?
  2. 事業承継・M&Aエキスパート試験
  3. 事業承継・M&Aエキスパート協会が与える資格の特徴
  4. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業承継・M&Aエキスパート協会とは?

事業承継・M&Aエキスパート協会とは?

事業承継・M&Aエキスパート協会とは、中小・零細企業の事業承継・M&A支援に携わる人が事業承継・M&Aに関する専門性を身につけ、事業承継・M&Aを通して中小・零細企業の維持・発展に貢献する人材を生み出す目的で設立された組織です。

事業承継・M&Aエキスパート協会は、株式会社日本M&Aセンターと一般社団法人金融財政事情研究会によって立ち上げられました。

日本M&Aセンターは国内大手仲介会社として、M&A・事業承継の豊富な支援実績があります。また、金融財政事情研究会も、金融機関向けの資格試験で豊富なノウハウを持っています。

事業承継・M&Aエキスパート協会では、事業承継・M&Aの専門性を持った人材を多数生み出すために、事業承継・M&Aエキスパート試験を実施しています。試験は2012年から始まり、有資格者となった人数は2020年9月で3万人を突破しています。

M&A支援には国家資格がないので、事業承継・M&Aエキスパート試験は事業承継・M&A支援の能力を示せる資格として有力な民間資格となってきています。

【関連】【入門編】事業承継の本おすすめ人気ランキングTOP15

事業承継・M&Aエキスパート試験

事業承継・M&Aエキスパート試験

事業承継・M&Aエキスパート試験には以下の3つがあり、内容と難易度が異なります。本章では、事業承継・M&Aエキスパート試験の内容を紹介します。

【事業承継・M&Aエキスパート試験】

  • M&Aシニアエキスパート 
  • 事業承継シニアエキスパート 
  • 事業承継・M&Aエキスパート 

事業承継・M&Aエキスパート試験のコース

事業承継・M&Aエキスパート試験は、事業承継・M&Aの基礎知識が身につけられる「事業承継・M&Aエキスパート」と、事業承継の実務ノウハウに関する「事業承継シニアエキスパート」、上級認定資格の「M&Aシニアエキスパート」に分かれています。

M&Aシニアエキスパート

M&Aシニアエキスパートは上級資格とされており、試験を受けるためには受講資格を満たしたうえでM&Aシニア養成スクール」を受け、スクールを修了後試験に合格する必要があります。

M&Aシニアエキスパート受講資格】
  • 事業承継・M&Aエキスパート試験に合格
  • 税理士・公認会計士弁護士・司法書士
  • 銀行・証券会社・生命保険会社・信用金庫・信用組合での法人営業経験が5年以上で現職
  • 会計事務所などで5年以上の実務経験がありかつ現職
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士

事業承継シニアエキスパート 

事業承継シニアエキスパートでは、実務に関する専門的な技能を身につけることができます。

試験を受けるためには、受講資格を満たしたうえで養成スクールを受け、スクールを修了後試験に合格する必要があります。

事業承継シニアエキスパート受講資格】
  • 事業承継・M&Aエキスパート試験に合格
  • 税理士・公認会計士弁護士・司法書士
  • 銀行・証券会社・生命保険会社・信用金庫・信用組合での法人営業経験が1年以上で現職
  • 会計事務所などで1年以上の実務経験かつ現職
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士

事業承継・M&Aエキスパート

事業承継・M&Aエキスパートでは、中小企業の事業承継・M&Aに関する基礎知識を身につけることができます。

事業承継・M&Aエキスパートの受験資格は特になく、養成スクールの受講も必要ありません。

事業承継・M&Aエキスパートに合格すると、M&Aシニア養成スクールと事業承継シニア養成スクールの受講資格が得られます。

【関連】TRANBI(トランビ)はM&A・事業承継プラットフォーム!実績や競合との比較あり

事業承継・M&Aエキスパート試験の流れ 

事業承継・M&Aエキスパート試験の流れはコースによって違います。事業承継・M&Aエキスパートコースの場合は養成スクールの受講がなく試験は通年行われています。

事業承継・M&Aエキスパートコースの正式な試験名は「金融業務2級事業承継・M&Aコース」です。事業承継・M&Aエキスパートコースの試験は、受験者が申し込んだ日時に指定したテストセンターで受けることができます。

テストセンターは各都道府県にあるので最寄りのテストセンターで受けることができ、他都道府県のテストセンターで受けることも可能です。テスト時間は120分で、四答択一式の問題が30問、事例問題が10題出題されます。

 
事業承継・M&Aエキスパート試験の出題範囲
  • 事業承継関連税制等
  • 事業承継関連法制等
  • M&A基礎知識・関連会計
  • M&A関連法制等
  • 総合問題
     
事業承継・M&Aコースは100点満点中70点以上で合格です。試験結果は受験後その場で確認することができ、合格していた場合は試験日の翌日以降Web上から認定証を発行できます。
 
M&Aシニアエキスパートコースと事業承継シニアエキスパートコースの場合は、受講資格を満たしたうえで養成スクールへの申し込みを行い、「M&Aシニア養成スクール」または「事業承継シニア養成スクール」を3日間受講します。

養成スクールを修了したら、養成スクール最終日の翌日に行われる認定試験を受けます。試験時間はどちらも120分で、四答択一式・記述式などで合計50題が出題されます。試験に合格すると、1ヶ月ほどで合格証が送付されます。
 
なお、現在は新型コロナウイルスの影響により、養成スクール・試験の変更や中止の可能性があります。養成スクール・試験のスケジュールについては事前に確認してください。

事業承継・M&Aエキスパート試験の難易度

事業承継・M&Aエキスパートコースの難易度はそれほど高くありません。試験内容はほとんどが事業承継・M&Aに関する基礎的な知識を問うものです。

そのため、事業承継・M&A業務に携わったことのない受験者がゼロから勉強を始めても、しっかりと参考書を理解できれば十分合格することが可能です。

M&Aシニアコースと事業承継シニアコースでは、事業承継・M&Aエキスパートコースよりも実務的な問題が出題されます。養成コースの内容をしっかりと身につけたうえで受験対策を行う必要があります。

【関連】事業承継ネットワークとは?事業概要、中小企業が利用するメリット【事例あり】

事業承継・M&Aエキスパート協会が与える資格の特徴

事業承継・M&Aエキスパート協会が与える資格の特徴

 事業承継・M&Aエキスパート協会の資格は、コースによって特徴が違います。本章では各コースの特徴を紹介します。

M&Aシニアエキスパートの特徴 

M&Aシニアエキスパートコースでは、事業承継・M&Aの現場で即役に立つ実務能力を身につけることができます。

M&Aシニアエキスパートコースのカリキュラムには以下の内容が含まれており、事業承継・M&Aの現場で働く人が知っておきたい内容を中心に身につけることができます。

M&Aシニアエキスパートコースに含まれるカリキュラム(一例)
  • 初期相談時のヒアリングポイント
  • 顧客との信頼関係を深めるインタビュー方法
  • トラブルケースの紹介
  • トラブルを防ぐための注意点
  • 中小企業の評価で注意する点

事業承継シニアエキスパートの特徴 

事業承継シニアエキスパートコースでは、事業承継の現場で即役に立つ実務能力をケーススタディーとともに身につけることができます。

例えば、以下のようなケーススタディーを学ぶことができ、
知識だけではない実践力を養うことが可能です。

事業承継シニアエキスパートのケーススタディー(一例)】
  • 自社株対策の事業承継事例
  • 不動産オーナーの事業承継事例
  • 医療法人のケースや廃業・清算のケース

事業承継・M&Aエキスパートの特徴 

事業承継・M&Aエキスパートコースでは、事業承継・M&Aに関する知識を幅広く網羅することができます。

事業承継・M&Aエキスパートコースの受験者は金融機関の従業員や士業専門家が多いですが、事業承継・M&Aに携わっていない人でも身につけておいて損はない内容となっています。

M&Aシニアエキスパートコースと事業承継シニアエキスパートコースのように実務能力を身につけることはできませんが、基礎を効率よく身につけることが可能です。

なお、経営者がM&Aを行うために資格取得を目指すケースもありますが、M&Aには高度な専門知識が必要となるため、専門家によるサポートは不可欠といえるでしょう。

M&A総合研究所には、豊富な経験を持つM&Aアドバイザーが多数在籍しております。案件ごとに担当アドバイザーがつき、ご相談からクロージングまでを丁寧にサポートいたします。

M&Aが成立するまで手数料が一切発生しない完全成功報酬制の手数料体系となっておりますので、安心して手続きを進めていただけます。

無料相談も随時受け付けておりますので、M&Aをご検討の際はM&A総合研究所までお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

事業承継・M&Aエキスパート協会とは、中小・零細企業の事業承継・M&A支援に携わる人が事業承継・M&Aに関する専門性を身につけ、事業承継・M&Aを通して中小・零細企業の維持・発展に貢献する人材を生み出す目的で設立された組織です。
 
事業承継・M&Aエキスパート試験は3種類あり、内容と難易度がそれぞれ異なります。事業承継・M&Aエキスパートコースには受験資格がなく、M&Aアドバイザーを目指す人だけでなく経営者にとっても学んでおいて損はない内容になっています

事業承継・M&Aエキスパート試験のコース
  1. M&Aシニアエキスパート 
  2. 事業承継シニアエキスパート 
  3. 事業承継・M&Aエキスパート
【事業承継・M&Aエキスパート協会が与える資格の特徴】
  1. M&Aシニアエキスパート・・・事業承継・M&Aの現場で役に立つ実務能力を身につけられる
  2. 事業承継シニアエキスパート・・・事業承継の現場で役に立つ実務能力を身につけられる
  3. 事業承継・M&Aエキスパート・・・事業承継・M&Aの基本的な知識を幅広く身につけられる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

廃業する会社を買うには?相場や買い方・成功ポイント・注意点を解説

廃業する会社を買うには?相場や買い方・成功ポイント・注意点を解説

廃業する会社を買うと、通常よりも安価で事業やノウハウを獲得することができるなど、新規で起業する労力と比較するとメリットもたくさんあります。本記事では、廃業する会社を買う方法、相場・成功ポイント・...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)