M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
事業資金の借り入れを成功させるポイント

事業資金の借り入れを成功させるポイント

目次

    事業資金の借り入れ

    事業運営には運転資金が必要です。

    創業したてや資金繰りが苦しい時、自社のみで運転資金をつくることは難しいです。

    運転資金を補う目的で、多くの中小企業や自営業の方は借り入れによる資金調達を実施しています。

    一口に借り入れと言っても様々な機関が融資を実施しています。

    今回の記事では、事業に必要な資金を借り入れる際の手段やポイントを紹介します。

    事業資金の借り入れ先としてメジャーな「銀行」と「日本政策金融公庫」に関して、特徴やメリット・デメリットを解説します。

    事業資金の調達方法と種類

    そもそも事業に必要な運転資金は、借り入れ以外の方法でも調達できます。

    この項では、事業資金の調達方法を説明します。

    ⑴投資による事業資金の調達

    株式会社であれば、株式に投資してもらう形で事業資金を調達できます。

    上場企業でなくとも、第三者割当増資やベンチャーキャピタルからの投資による方法であれば、中小企業も利用できます。

    第三者割当増資とは、第三者に新株を発行・売却する資金調達方法です。

    投資による事業資金は返済不要であり、返済による資金繰り悪化の恐れもありません。

    返済不要である点は借り入れと異なり魅力的に見えますが、投資によって事業資金を調達することにはデメリットもあります。

    経営に介入され、最悪の場合、会社を乗っ取られるリスクもあります。

    魅力ある会社でなければ投資して貰えないため、確実に事業資金を調達したい場合は不向きです。

    ⑵負債による事業資金の調達

    負債額を増加させる形で行う事業資金の調達は、企業規模に関係なく広く実施されています。

    負債による調達は「借り入れ」と「社債の発行」があり、特に借り入れは中小企業や自営業の方にとっては馴染みある方法です。

    中小企業であっても「少人数私募債」という形で社債を発行できるものの、事業に必要な金額を集めることは困難です。

    自営業・中小企業にお馴染みの借り入れですが、借り入れ先は様々存在します。

    銀行、消費者金融、国の機関が自営業者や中小企業の借り入れに対応しています。

    どこから借り入れるかによって金利や審査の条件が異なるため、事業資金を借り入れる際には目的や条件に合致する相手を選びましょう。

    借り入れ先の種類や事業運転資金を借り入れる際のポイントに関しては、後ほど詳しくご説明します。

    借り入れ、社債に関係なく、負債増加によって資金調達する場合には、必ずお金を返済しなくてはいけません。

    毎月の返済や利子の支払いによって、資金繰りが悪化するリスクがあります。

    一方で中小企業や自営業者でも、審査に通れば確実に事業資金を調達できるメリットもあります。

    借り入れたお金は事業内であれば自由に活用できる点もメリットの一つです。

    ⑶補助金・助成金による事業資金の調達

    補助金や助成金も、事業に役立つ調達方法の一つです。

    近年の景気悪化により多くの中小企業や自営業者が苦境に立たされています。

    中小企業や自営業者の事情を踏まえ、国では様々な補助金・助成金を交付しています。

    条件に合致すれば、数百万円規模で事業資金を調達可能な上に、返済の必要はありません。

    各補助金や助成金ごとに交付対象や交付金額・条件が異なっています。

    事業の為に交付を受ける際には、各制度の概要を把握することが大切です。

    国が交付する補助金としては、下記があります。

    • 創業・第二創業促進補助金
    • 小規模事業者持続化補助金
    • 再就職手当
    • 事業承継補助金

    中小企業や自営業者の多様なニーズを幅広く網羅している為、是非一度利用を検討しては如何でしょうか?

    ※関連記事

    資金調達方法について解説します

    銀行からの事業資金借り入れ

    事業で必要な運転資金は、どこから借り入れるかによって、借り入れの成功可能性や借り入れ後の資金繰りが左右されます。

    ⑴銀行から借り入れる際の特徴

    多くの自営業者や中小企業は、銀行から事業資金を借り入れています。

    全国各地にある銀行では、事業者向けに融資を行なっています。

    低金利である一方、審査は厳しく、返済可能性が低い事業者は借り入れ出来ない可能性があります。

    銀行から事業資金を借り入れたい場合、可能な限り業績を改善し、信用保証協会の保証を得ることが大切です。

    銀行金利は他の借り入れ手段を用いた場合よりは低く、工夫すれば更に低い金利で事業資金を借り入れる事が出来ます。

    前述した信用保証協会の保証獲得や業績向上により、金利を引き下げて貰えるケースもあります。

    複数の銀行を比較検討し、他の銀行に乗り換えることで、金利が結果的に下がるケースもあります。

    ⑵銀行から事業資金を借り入れるメリット

    銀行から事業資金を借り入れる最大のメリットは、何と言っても金利の低さです。

    他の借り入れ手段と比べても群を抜いて低金利であり、1%以下の金利で借り入れできる事業者も存在します。

    ⑶銀行から事業資金を借り入れるデメリット

    銀行から事業資金を借り入れるに際して、デメリットはほぼありません。

    強いて述べるとすれば、審査が厳しい点です。

    債務超過で返済能力に乏しい中小企業や自営業者は、銀行から借り入れ出来ない可能性があります。

    ※関連記事

    銀行融資の金利

    日本政策金融公庫からの事業資金借り入れ

    ⑴日本政策金融公庫から借り入れる際の特徴

    日本政策金融公庫とは国が全額出資している金融機関であり、社会の需要に合致する様々な資金提供を実施しています。

    中小企業や自営業者向けにも様々な借り入れ制度を提供しており、目的に応じて事業資金を借り入れできます。

    金利は銀行とほぼ同程度か少し高い程度となっており、安心して事業資金を借り入れる事ができます。

    低金利である上に、銀行よりも借り入れ出来る可能性が高いです。

    ⑵日本政策金融公庫から事業資金を借り入れるメリット

    日本政策金融公庫から借り入れるメリットは、銀行よりも借り入れ可能性が高い点です。

    保有資産や収益性はさほど見られない為、銀行に融資を断られた事業者でも借り入れ出来る場合があります。

    更にもう一つの大きなメリットは、保証人や担保が不要で借り入れできるケースがある点です。

    無担保無保証で借り入れ出来る点は、事業者にとっては非常に魅力的なメリットです。

    ⑶日本政策金融公庫から事業資金を借り入れるデメリット

    日本政策金融公庫は国の機関である為、銀行よりも資金を調達するまでに時間がかかります。

    緊急で事業運転資金が欲しい場合、銀行からの借り入れを目指す方が良いでしょう。

    ※関連記事

    日本政策金融公庫による事業承継支援

    事業資金借り入れの注意点とポイント

    最後に、事業運転資金を借り入れる際のポイントを紹介します。

    今回は、銀行と日本政策金融公庫に共通するポイントを解説します。

    ⑴借り入れ目的の明確化

    借り入れ目的が明確でなければ、事業運転資金を融資してもらえません。

    「とりあえず資金が必要」「資金が沢山欲しい」といった理由では、どこも貸してくれません。

    「仕入れ費用が増加した」「売り上げ増加を図る」といった目的を明確に伝えましょう。

    融資する側が納得して初めて、事業資金の借り入れに成功します。

    ⑵返済期間の計画をしっかり立てる

    何となく、◯◯年以内に返済すると言っても、融資は実行できません。

    運転資金の種類や利益計画に基づき、根拠を持たせた計画を立てる必要があります。

    再び借り入れを実施する見込みがあれば、再度借り入れる時点迄にある程度借り入れ残高を減らす事が大切です。

    返済期間の計画は、長期的な目線で策定する事が望ましいです。

    ⑶返済財源を明確に示す

    融資を実行する側は、返済の見込みがある相手にしかお金を出さない為、返済見込みがある旨を示す事が必須です。

    利益目標や担保の返済財源を、数字的な根拠を持たせた上で明確に示す必要があります。

    ご自身で返済可能性を事前にシュミレーションしてみる事がオススメです。

    返済財源を考え、何年以内に確実に返済できるかシュミレーションすることで、融資担当者に根拠ある説明を出来ます。

    シュミレーションの結果、返済見込みが低い場合、借り入れできる可能性は低くなります。

    あくまで融資する側もビジネスのため、確実に返済できる相手にしかお金を出しません。

    確実な返済財源を確保するか、もしくは業績改善に取り組み、借り入れ可能性を高くしましょう。

    ※関連記事

    融資を会社が受けるためには?

    まとめ

    今回は、事業資金の借り入れに関して解説しました。

    事業資金調達方法の中でも、借り入れは中小企業、自営業者、個人事業主にとって馴染みのある方法です。

    事業資金として自由に活用できる一方、毎月の返済によって資金繰りが悪化するリスクには注意しなくてはいけません。

    銀行や日本政策金融公庫が主な借り入れ先となりますが、確実に返済できる旨を示す事が大切です。

    事業資金の借り入れを実施する際は、綿密な計画を立てる事が不可欠です。

    要点をまとめると下記になります。

    • 事業運転資金の調達方法

    →投資、負債、補助金・助成金

    • 銀行からの事業資金借り入れ
    1. メリット→圧倒的な金利の低さ
    2. デメリット→審査が厳しい
    • 日本政策金融公庫からの事業資金借り入れ
    1. メリット→借り入れの可能性が高い
    2. デメリット→事業資金を調達するまでに時間がかかる
    • 事業運転資金を借り入れる際のポイント

    →借り入れ目的の明確化、返済期間の計画をしっかり立てる、返済財源を明確に示す

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    お電話でのご相談
    03-6427-8841
    WEBから無料相談