M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月27日更新
この記事は、約分で読めます。

資金調達方法について解説します

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

経営者や個人事業主が活用できる資金調達方法は様々あります。資金調達方法といっても、手法は複数あり、メリット・デメリットがあります。活用する資金調達方法によって、背負うリスクや調達が成功する可能性も変わります。是非参考にしてみてください。

目次
  1. 資金調達方法
  2. 資産の売却による資金調達方法
  3. 投資を用いた資金調達方法
  4. 負債による資金調達方法
  5. 補助金・助成金による資金調達方法
  6. クラウドファンディングによる資金調達方法
  7. まとめ

資金調達方法

事業を継続していくためは資金が必要になります。
法人だけではなく、事業という観点から個人事業主の方も例外ではありません。
事業投資、人材への投資、資金調達が必要なケース様々ですが、どんな資金調達方法あるのかしっかり把握している方は少ないと思います。
資金調達方法を知ることで、ビジネスの幅が広がり、資金調達の失敗を防ぐことにも繋がります。
経営者として、資金調達方法、種類に精通することのメリットは大きいです。
資金調達方法は、大きく分けて下記の5種類に大別できます。

  • 資産の売却
  • 投資
  • 負債
  • 補助金/助成金
  • クラウドファンディング

今回は、ビジネスで有効活用できる上記5つの資金調達方法について、詳しく解説します。
資金調達方法ごとに、メリット・デメリットや手続きが異なります。
自社の目的や状況に合わせて、実現可能性の高い方法を選択することが大切です。
経営者や個人事業主の方必見です。

資産の売却による資金調達方法

まず初めに、資産の売却による資金調達方法を3つご紹介します。
一言で表すと、持っている資産を売却し、現金に換える方法です。

⑴資産の売却による資金調達

①資産売却とは

最もシンプルかつ、迅速に実行できる資金調達方法です。
資産を売ることで、その分の現金を獲得できます。
ある程度の金額になる資産でなければ、ビジネス面での資金調達とはなりません。
資金調達の為に売却できる資産には、主に下記があります。

  • 車両
  • 不動産
  • 有価証券(他社の株式など)
  • 機械設備
  • ゴルフ会員証

②資産売却による資金調達のメリット

あくまで不要な資産を売却する為、余計な出費を伴いません。
加えて、迅速な資金調達を実現できます。
即日で現金が必要な場合、非常に効果的な資金調達方法です。

③資産売却による資金調達のデメリット

多額の資金調達を行う場合、目標額に及ばない可能性があります。
あくまで中古品を売却する為、思ったほどの金額にならないケースが殆どです。
また、不要な資産を有していなければ、この資金調達方法は活用できません。
ビジネスに必要な資金ではあるものの、無理して売却をすることで、その後の事業に悪影響が生じる恐れもあります。
どうしても売却手法を活用する場合には、売却後も使えるリース契約を結びましょう。
資産の売却後もリース料を支払うことで、引き続き資産を使用できます。

⑵ファクタリングによる資金調達

①ファクタリングとは

ファクタリングとは、売掛債権の売却による資金調達方法です。
売掛債権とは、販売した商品の代金を顧客から受け取る権利です。
売掛債権の回収には、通常約1〜2ヶ月かかります。
ファクタリングは、売掛債権を債権回収よりも前に現金化出来るサービスです。
銀行で行う手形割引と類似する資金調達方法です。
またファクタリングには、下記二つの方法があります。

  • 三社間ファクタリング
  • 二社間ファクタリング

三社間ファクタリングでは、売掛先会社の同意を取ります。
一方で二社間ファクタリングは、同意を得ずに資金調達する方法です。
当然同意を取る前者の方が、資金調達までに時間がかかります。
よって、即日で資金調達する場合には、二社間ファクタリングを用いなくてはいけません。

②ファクタリングのメリット

ファクタリング最大のメリットは、最短でその日に資金調達できる点です。
気軽に保有している売掛債権を売却すれば、その日に現金を確保できます。
加えて、債務超過や赤字企業でも活用できる資金調達方法です。
何故なら、資金調達する企業ではなく、売掛債権の信用力が審査されるからです。
銀行に取り合って貰えなくとも、ファクタリングを利用すれば資金調達できます。
上記の通りファクタリングは、メリットの多い資金調達方法です。

③ファクタリングのデメリット

銀行を利用する場合と同様に、ファクタリングの利用には手数料がかかります。
ただしその手数料は、銀行金利よりも高額となる場合が殆どです。
簡単かつすぐに資金調達出来るので、このデメリットは仕方ないと考えましょう。
二社間ファクタリングの場合、売掛債権の1〜3割程度が手数料の相場です。

⑶事業売却(M&A)による資金調達

①事業売却(M&A)とは

会社が営んでいる事業も立派な資産です。
事業を丸ごと売る事業売却によって、多額の資金調達が可能となります。
どの範囲まで売却するかは、資金調達の目的や金額によって変えます。
特許や商標等の営業権のみ売却する場合もあれば、会社丸ごと売却することも可能です。

②事業売却(M&A)のメリット

売却する範囲が大きいほど、多額の現金を獲得できます。
特に会社丸ごと売却する事業売却の場合、数百万円から数億円もの資金調達が可能となります。
スムーズに事業転換を図る上で、非常に効果的な資金調達方法です。

③事業売却(M&A)のデメリット

事業の売却が完了するまでには、比較的時間がかかります。
早くて1ヶ月程度、遅くて一年以上かかるケースもあります。
その為、今すぐ現金が欲しい場合、不向きな資金調達方法です。
加えて、M&Aの実行自体に費用がかかります。
アドバイザー(専門家)を起用するには、着手金や成功報酬の費用を支払います。
加えて、事業売却で獲得した金額には、税金が課税されます。
上記の通り、多くの時間や費用がかかる点は、事業売却のデメリットです。
ただ、M&A総合研究所であればリーズナブルにサポートを提供することができます。
M&A総合研究所はM&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって短期間でマッチングを行い、人件費の削減を可能にしているため、他社よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができます。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

※関連記事
即日で資金調達する方法

投資を用いた資金調達方法

次に、投資を用いた資金調達方法を三つご紹介します。
第三者からの投資を募る形態の資金調達方法です。

⑴第三者割当増資による資金調達

①第三者割当増資とは

第三者割当増資とは、第三者に新株を売却する形で実施する資金調達方法です。
通常の増資が不特定多数に投資を募りますが、こちらは特定の人物に投資を募る方法です。
この資金調達方法は、友好関係を築いている取引先を対象とします。
出資してもらう為には、自社の成長性や収益性を相手に理解させる必要があります。
その為、将来性の高い企業が用いる資金調達方法です。

②第三者割当増資のメリット

第三者割当増資は、あくまで第三者に投資してもらう資金調達方法です。
したがって、資金の返済義務は発生しません。
返済リスクを負わずに資金調達できる点は、第三者割当増資の大きなメリットです。
加えて投資する側にもメリットがあります。
投資した人は株式を保有する為、会社経営に関わる事が可能となります。

③第三者割当増資のデメリット

第三者割当増資を多用すると、経営者の権利が失われる恐れがあります。
株式会社の場合、保有する議決権株式数によって、行使できる権限が決まります。
この資金調達方法を用いる毎に、経営者の保有割合が減少します。
その結果、会社を乗っ取られるリスクもあります。

⑵ベンチャーキャピタルによる資金調達

①ベンチャーキャピタルとは

ベンチャー企業の資金調達方法としてメジャーな方法が、ベンチャーキャピタル(VC)からの出資です。
ベンチャーキャピタルとは、成長が期待できる企業に投資し、キャピタルゲインを得る投資会社です。
VCから資金調達を行う際には、それと引き換えに一定割合の株式を渡します。
将来性のあるベンチャー企業が利用する資金調達方法です。

②ベンチャーキャピタルのメリット

ベンチャーキャピタルは、投資先企業からのキャピタルゲインを得る目的で投資します。
つまり、投資先企業が成長しないと困ります。
その為、VCは専門的なアドバイスやサポートを最大限行ってくれます。
資金調達以外の面でもサポートを受けられるのは大きなメリットです。

③ベンチャーキャピタルのデメリット

この資金調達方法では、一定割合の株式をVCに渡します。
その為、経営者の株式保有割合が低下します。
低下により生じるデメリットは、第三者割当増資と同様です。
加えて、この資金調達方法に特有のデメリットもあります。
VCは自身に有利な条件で契約を結ぼうとしてきます。
知識や経験に乏しいベンチャー企業は、VCの要求に丸め込まれる恐れがあります。
VCから資金調達する際には、よく検討した上で契約を結びましょう。

⑶エンジェル投資家による出資

①エンジェル投資家とは

エンジェル投資家とは、個人で投資を行っている投資家を指します。
既に自身が事業売却やIPOに成功した、富裕層である場合が多いです。
エンジェルからの資金調達は、欧米では盛んに行われています。
近年は日本でも、エンジェル投資家による出資が盛んになりつつあります。

②エンジェル投資家のメリット

第三者割当増資と同様に、返済が不要の資金調達方法です。
その為、借金を背負うリスク無しに資金調達できます。
加えて、エンジェル投資家は既にビジネスで成功した経験を持っています。
その為、必要に応じて有益な助言を受けられるメリットもあります。

③エンジェル投資家のデメリット

他の投資による資金調達方法の例に漏れず、経営者の持株比率が低下します。
また、盛んになってきたとはいえ、エンジェル投資家からの資金調達は未だ発展途上です。
出資してくれるエンジェル投資家を見つけることは、中々困難であるのが現状です。

負債による資金調達方法

負債を用いた資金調達方法は、貸借対照表の負債額を増額させる形で実施します。
つまり、借金する形で資金調達する方法です。
その為、基本的には返済する義務が発生します。

⑴銀行借り入れによる資金調達

①銀行借り入れとは

経営者の方が真っ先に思い浮かぶ資金調達方法かと思います。
銀行から融資を受けることは、古くから行われてきた資金調達方法です。
特に個人事業主の場合、株式を用いた資金調達方法を使えません。
よって個人事業主の多くは、銀行からの融資を受けています。

②銀行借りのメリット

よく知っている資金調達方法のため、安心度が高いです。
金利も法外ではないですし、経営権が脅かされるリスクもありません。
また一度返済実績を作れば、それ以降の資金調達がしやすくなります。

③銀行借りのデメリット

銀行は低金利で融資する代わりに、融資先の信用力を厳格に審査します。
収益力や返済実績、事業継続年数、様々な要素で判断します。
立ち上げたばかりのベンチャー企業には、銀行は融資しない可能性が高いです。
真っ先に思いつくものの、立ち上げ初期の企業は活用できない資金調達方法です。
加えて、赤字企業や債務超過の企業も、銀行から融資を受けられません。

⑵社債の発行による資金調達

①社債の発行とは

社債発行も、立派な資金調達方法の一つです。
社債とは、会社が発行する債権です。
発行した社債を第三者に売却して、資金調達を実行します。
その代わりに会社側は、社債権者に対して元金の返済と利息を支払う必要があります。
一般的には、大企業が活用する資金調達方法です。
この資金調達方法を用いる大企業としては、ソフトバンクが有名です。
一方で中小企業では、「少人数私募債」と呼ばれる社債を発行します。

②社債の発行のメリット

魅力的な会社であるほど、多くの金額を集められる資金調達方法です。
また消費者金融や銀行からよりも、低コストで資金調達できます。

③社債の発行のデメリット

中小企業の場合、社債を引き受けてくれる人物が現れにくいです。
魅力に乏しい企業の場合、社債を引き受けてもらう為には、金利を高くするしかありません。
一般的な中小企業には、不向きの資金調達方法です。

⑶国の公的融資による資金調達

①国の公的融資とは

国が関与している金融機関から、資金を調達するのも可能です。
具体的には、下記機関の融資制度を活用できます。

  • 日本政策金融公庫
  • 商工中金中央金庫

銀行等から融資を受けられない企業や、起業予定の方を対象に融資しています。

②国の公的融資のメリット

国が実施している融資なので、低利子で資金調達できます。
特にオススメなのが、日本政策金融公庫が実施している「新創業融資制度」です。
低金利なだけでなく、無担保・無保証で資金調達を実行できます。
その他にも、様々な企業を対象とした融資制度が揃っています。

③国の公的融資のデメリット

あくまで国の制度なので、資金調達の手続きが面倒です。
加えて、制度によっては条件も厳しいです。
※関連記事
商工会議所の融資の審査、相談はどうする?開業やマル経融資についても解説

補助金・助成金による資金調達方法

返済不要で行える資金調達方法の一つに、国が実施している補助金制度の利用があります。
条件を満たせば、資金を獲得できる制度です。

⑴創業・第二創業促進補助金

①創業・第二創業促進補助金とは

創業・第二創業促進補助金とは、これから創業する方、もしくは創業後間もない方が対象の補助金です。
実務上は単に「創業補助金」と呼ばれるのが一般的です。
創業する(した)方にとっては、非常にありがたい資金調達方法です。
この制度を活用すれば、最大200万円の補助金を得られます。
ただし制度を活用する為には、認定支援機関の確認書が必要です。
認定支援機関とは、中小企業支援に関して、高い専門性を持つと認定された支援機関を指します。
認定支援機関には、金融機関や税理士等の多くが該当します。
よってこの資金調達方法を用いる際には、税理士等の協力が不可欠です。

②創業・第二創業促進補助金のメリット

補助金として受け取れるので、返済不要なのが最大のメリットです。
創業時に最大200万円も資金調達できるのは、非常に魅力的な制度です。

③創業・第二創業促進補助金のデメリット

常に補助金を交付している訳ではなく、期間内に申し込む必要があります。
また申し込みしても、必ず補助金を貰える訳ではありません。
むしろ近年は、全申し込み企業のうち、約3割しか補助金が採択されていません。
つまり、補助金を受け取れる確率が低い点が、この資金調達方法のデメリットです。

⑵再就職手当による資金調達

①再就職手当とは

再就職手当は、雇用保険の受給資格者が再就職した際に受け取れます。
雇用保険の受給資格者には、会社を辞めたサラリーマンが該当します。
また、再就職には創業も含まれます。
つまり脱サラして起業した際に、活用可能な資金調達方法です。

②再就職手当のメリット

退職から一年以内に起業する方ならば、誰でも手当の受給を申請可能です。
また条件さえ満たせば、ほぼ確実に手当を受け取れます。

③再就職手当のデメリット

ご自身の都合で退職した方は、待機期間満了後から1ヶ月を経過しないと起業できません。
正確に言うと、一ヶ月以内に起業しても再就職手当を受け取れません。

⑶小規模事業者持続化補助金による資金調達

①小規模事業者持続化補助金とは

小規模事業者持続化補助金とは、一定条件を満たす場合に、上限50万の補助金を受けられる資金調達方法です。
補助金を受ける条件は下記になります。

  • 卸売業、小売業、サービス業→従業員5人以下
  • 宿泊業、娯楽業、製造業、その他→従業員20人以下

②小規模事業者持続化補助金のメリット

他の補助金と同様に、補助金の返済が不要な点がメリットです。
また近年は、採択率が高くなっています。
条件さえ満たせば、比較的資金調達しやすい方法です。

③小規模事業者持続化補助金のデメリット

補助金申請に際して、様々な点を注意しなくてはいけません。
また、補助金がすぐ振り込まれる訳ではありません。
よって今すぐ資金が欲しい企業にとっては、利用しにくい資金調達方法です。
※関連記事
事業承継補助金とは?採択率やM&Aでの活用を解説

クラウドファンディングによる資金調達方法

最後に、クラウドファンディングによる資金調達について解説します。

⑴クラウドファンディングとは

近年大きな注目を集めている資金調達方法が「クラウドファンディング」です。
クラウドファンディングとは、インターネット上で不特定多数の人から、お金を集める資金調達方法です。
BtoCの資金調達方法として、中小企業や個人事業主に対して革命をもたらしています。
今後情報技術の進展に伴い、さらにクラウドファンディングのニーズは高まると予想されます。
クラウドファンディングには、「投資型」と「商品購入型・寄付型」の二種類があります。
ここでは、種類別にクラウドファンディングについて解説します。

⑵投資型クラウドファンディング

①投資型クラウドファンディングとは

投資型クラウドファンディングとは、株式を交付する形で行う資金調達方法です。
インターネットを使って、出資を募る方法です。

②投資型クラウドファンディングのメリット

第三者割当増資やVCの利用と同様に、返済リスクを負わないメリットがあります。
インターネットを用いるため、より簡単かつ幅広い範囲から投資を募ることが可能です。

③投資型クラウドファンディングのデメリット

基本的には、「投資を用いた資金調達方法」で述べたデメリットがそのまま当てはまります。
持株比率の低下には、十分に注意する必要があります。

⑶商品購入型クラウドファンディング

①商品購入型クラウドファンディングとは

商品購入型クラウドファンディングでは、新商品・サービスを作る費用を募ります。
その代わりに、投資金額に応じて実際に商品やサービスを提供します。
従来の資金調達方法では、リターンとして利子や株式等を用いています。
一方で商品購入型クラウドファンディングでは、商品やサービスをリターンとして提供します。
これまでの資金調達方法とは、画期的に異なる点が特徴です。

②商品購入型クラウドファンディングのメリット

株式の交付や資金の返済が全く不要な点が、最大のメリットです。
面白い取り組みならば、目標金額かそれ以上の資金を集められる可能性もあります。

③商品購入型クラウドファンディングのデメリット

商品購入型クラウドファンディングでは、画期的な取り組みや商品開発であるほど、資金調達出来る可能性が高いです。
言い換えると、共感を得られなければ全く資金が集まらないです。
よって、設備の修復費用等単純な目的では、資金調達できる可能性は低いです。
※関連記事
資金調達の方法

まとめ

今回は、資金調達方法についてご紹介しました。
資金調達方法といっても、様々なアプローチがあります。
用いる方法によって、背負うリスクや調達可能性も変わります。
どの資金調達方法が最適かを、しっかりと検討するのが重要です。
要点をまとめると下記になります。

  • 資産の売却による資金調達方法

→不要な資産を売却する、ファクタリング、事業売却(M&A)

  • 投資を用いた資金調達方法

→第三者割当増資、ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家による投資

  • 負債を用いた資金調達方法

→銀行からの借り入れ、社債の発行、国の公的融資

  • 補助金・助成金による資金調達方法

→創業・第二創業促進補助金、再就職手当、小規模事業者持続化補助金

  • クラウドファンディング

→投資型クラウドファンディング、商品購入型クラウドファンディング

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)