2020年10月6日更新会社・事業を売る

会社分割と事業譲渡 5つの違い

M&Aの手法として混同されやすい会社分割と事業譲渡には大きな違いがあります。買収対価支払い、税金、簿外債務や不要資産の引き継ぎ、契約と許認可の移転、手続き方法の5点において異なる会社分割と事業譲渡の内容を明らかにします。

目次
  1. 会社分割と事業譲渡5つの違い
  2. 会社分割とは
  3. 事業譲渡とは
  4. 違い①買収対価支払い:会社分割の場合
  5. 違い①買収対価支払い:事業譲渡の場合
  6. 違い②税金:会社分割の場合
  7. 違い②税金:事業譲渡の場合
  8. 違い③簿外債務や不要負債の引き継ぎ:会社分割の場合
  9. 違い③簿外債務や不要負債の引き継ぎ:事業譲渡の場合
  10. 違い④契約と許認可の移転:会社分割の場合
  11. 違い④契約と許認可の移転:事業譲渡の場合
  12. 違い⑤手続き方法:会社分割の場合
  13. 違い⑤手続き方法:事業譲渡の場合
  14. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

会社分割と事業譲渡5つの違い

会社分割と事業譲渡5つの違い

昨今、M&Aは企業の経営戦略手段として広く浸透してきました。レコフデータの調べでは、2019(令和元)年には上場企業において、過去最高の4,088件のM&Aが成立しています。ただし、ひと口にM&Aといってもその手法には、さまざまな種類があります。

一般的に行われているM&Aの各手法を、ざっと書き出してみましょう。

大枠としては以上6種類ですが、さらにそこから細分化される種類も存在します。実際には、経営戦略の主旨や目的に沿ったM&A方法が選択され実行されていくので、あまり種別にこだわる必要はないかもしれません。

しかし、その中で似通って見えるM&Aの手法があった場合は、どうでしょう。どちらが自分たちの方針に合っているのか、どちらを選ぶべきなのか迷ってしまっては先に進めません。実は、そのような混同が起きやすい手法として、会社分割と事業譲渡があります。

会社分割と事業譲渡、まず言葉としては全く違う両者ですが、外部からM&A後の結果だけを見た場合、確かにその違いはわかりづらく似通って見えてしまうかもしれません。ところが、その手続きプロセスや当事者として取る対応内容には、全く異なる点が5つもあるのです。

会社分割と事業譲渡、その5つの違いを明らかにする意味でも、まずはそれぞれの手法の概要について掲示します。

※関連記事
M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説
M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

会社分割とは

会社分割とは

ある会社(分割会社)が事業の全部または一部を分割し、他社に移転するM&A手法が会社分割です。そして、その事業を承継する会社(承継会社)が、新規に設立された会社の場合は新設分割、既存の会社の場合は吸収分割という呼び方で区分けされています。

さらに、それとは別の観点で、物的分割(または分社型分割)、人的分割(または分割型分割)という区分もあります。物的分割とは、承継会社から交付される対価の渡し先が分割会社の場合です。人的分割では、承継会社の対価の渡し先は分割会社の株主という違いがあります。

少しわかりづらいかもしれませんが、物的分割は親会社が子会社を設立するような縦の会社関係構築です。一方の人的分割は、同一グループ内に兄弟会社が増えていくような横の会社関係構築に用いられます。それゆえに会社分割は、企業の組織再編手法とも呼ばれています。

また、物的分割・人的分割は、それぞれ新設分割・吸収分割どちらの場合でも用いられますので、会社分割の最終的な種類は、新設物的分割、吸収物的分割、新設人的分割、吸収人的分割の4種類です。

なお、物的分割・人的分割は法律用語としての呼び方であり、会計・税務用語としては分社型分割・分割型分割という言い方が使われます。いずれにしても、会社分割が組織再編行為として活用される場面としては、以下のようなケースが該当するでしょう。

  • 一部の重点事業を切り離して分社化する
  • グループ内の他社に一部の事業を移転することで経営資源の再配分を行う
  • 複数の企業間で経営統合を実施する

ただし、事業譲渡や合併の代替手段として用いられるケースもあります。

※関連記事
承継会社とは
新設分割計画書とは?新設分割計画書作成の注意点や新設分割と吸収分割の違いを解説

事業譲渡とは

事業譲渡とは

会社の中の事業について、その一部または全部を他社に売買するM&A手法が事業譲渡です。ある会社で今まで行っていた事業が、別の会社に移るという形式だけを見ると、会社分割との差が見分けられないほど似ています。

しかし、事業譲渡が行われるとき、そこには会社分割のような組織再編という意思は皆無です。純粋に、事業とそれに紐づく資産を売買するためのM&A手法として、事業譲渡は用いられています。それを如実に示すのが、会社分割にはない事業譲渡独特の法規制である競業避止義務です。

競業避止義務とは、事業譲渡した売り手側の会社は、譲渡した事業と同一の事業を、同一市区町村および隣接市区町村内で20年間行えません。ただし、事業譲渡時の契約で何らかの定めを交わせば、その契約内容が法律よりも優先されます。

事業譲渡は、中小企業のM&Aにおいて株式譲渡に次いで多く活用されている手法です。事業譲渡がよく用いられるシーンとしては、以下のようなケースが多いでしょう。

  • 後継者不在で事業承継できない(売り手)
  • 不要な事業や資産を売りたい(売り手)
  • 事業売却益を獲得したい(売り手)
  • シナジー効果が狙える事業を取得したい(買い手)

ただし、実務上では、結果的に組織再編手法として事業譲渡が活用されるケースもあり得ます。

※関連記事
事業譲渡における競業避止義務
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

違い①買収対価支払い:会社分割の場合

違い①買収対価支払い:会社分割の場合

組織再編行為である会社分割は、一般的に事業移転への対価は現金ではなく自社株式の交付です。これは、後述する税金に関する重要な要素になります。組織再編行為として認められれば、組織再編成税制に則り、法人税上の優遇措置を受けられるのです。

組織再編行為と認知されるためには、法令で定められている適格要件を満たさなければなりません。この適格要件の内容は、分割会社と承継会社との資本関係の有無または内容によって、3種類に分かれています。

その3種類のいずれの場合でも共通する要件として挙げられているのが、対価を株式交付によって行うことです。対価を現金で支払うことも不可ではないので、そのようなケースもなくはありません。

ただし、その実施によって、組織再編行為としての会社分割という認定を失ってしまいます。また、対価が株式交付ということは、事業譲渡のように買い手が買収資金を用意しなくてすむというメリットもあります。

※関連記事
会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説
新設分割と資本金の引継ぎ

違い①買収対価支払い:事業譲渡の場合

違い①買収対価支払い:事業譲渡の場合

事業譲渡は、事業および資産の売買目的で活用されるのが常です。したがって、対価は現金で支払います。売り手企業(譲渡企業)は、単に現在の事業の収益性だけでなく、ノウハウや技術力などのいわゆる「のれん」分を上乗せした対価を受け取れます。

組織再編の意図を持たない中小企業の一般的なM&Aでは、会社分割が選択される余地はほとんどありません。つまり、事業を譲受する側の企業としては、対価の現金を用意できなければM&Aが成立しないことを意味します。

※関連記事
事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説
M&A・会社売却・事業譲渡が増えている理由を解説!最も多い理由は?

違い②税金:会社分割の場合

違い②税金:会社分割の場合

先述したような適格組織再編行為と認められる会社分割の場合、通常であれば法人税の課税対象となるところが繰り延べられ、実質的に課税を受けません。どういうことかというと、分割会社から移転してきた資産について、通常は時価換算し簿価との差額が益金と見なされ課税されます。

しかし、適格組織再編と認められれば、移転資産は分割会社の簿価のまま計上してよいのです。つまり、差額が生じる余地はなく課税対象になりません。また、組織再編行為としての絶対的な要件である対価の株式交付は、消費税の非課税対象であり、この点も会社分割の有利な点です。

※関連記事
組織再編税制
会社分割と消費税の関係

違い②税金:事業譲渡の場合

違い②税金:事業譲渡の場合

事業譲渡では、売り手に対して法人税、買い手に対して消費税が課されます。法人税は、譲渡する事業の資産および負債額の合計と売却金額の差額が、益金と見なされ課税対象です。2020(令和2)年4月現在の法人税の実効税率は、約33%前後となっています。

消費税に関しては、対象は課税資産だけです。消費税非課税資産もあるので注意してください。課税対象資産には、以下のものがあります。

  • 土地以外の有形固定資産:建物、設備、機械、工具、備品など
  • 無形固定資産:ソフトウエア、商標権、特許権、営業権(のれん代)など
  • 流動資産:棚卸資産など

上記資産の中で、営業権と棚卸資産には注意が必要です。事業そのものの評価額ともいえる営業権は、場合によっては高騰化しかねません。そうなると、そこに課される消費税額も高額です。税額次第では、会社分割に切り替えた方がよいかもしれません。

棚卸資産の注意点は不確実性です。棚卸資産はその性格上、日々変動します。したがって、譲受側企業に引き渡される当日にならないと、正確な価額が特定できません。また、当日対応のため、計算ミスにも留意しましょう。

※関連記事
事業譲渡で発生する税金は?税務について徹底解説!
事業譲渡における消費税

違い③簿外債務や不要負債の引き継ぎ:会社分割の場合

違い③簿外債務や不要負債の引き継ぎ:会社分割の場合

会社分割を実施する場合、切り離した事業がそっくりそのまま移転する形となります。そのため、簿外債務や不要な負債を引き継ぐリスクがあります。簿外債務とは、貸借対照表に記載されていない債務です。例えば、下記のものが簿外債務に該当します。

  • 未払い給与
  • 退職給付引当金
  • 未払い残業代
  • 回収可能性の低い売掛金

通常の負債だけでも負担増となるところに加えて、簿外債務によって、さらに多額の支出が発生する可能性があります。この点は、会社分割のデメリットです。

※関連記事
新設分割とは?メリット・デメリット、手続きやM&Aでの活用について解説
会社分割における適格要件

違い③簿外債務や不要負債の引き継ぎ:事業譲渡の場合

違い③簿外債務や不要負債の引き継ぎ:事業譲渡の場合

事業譲渡における譲渡対象資産は、契約の中で個別に特定可能です。したがって、不要な負債はその段階で選ばなければ引き継ぐリスクはありません。包括的な承継ではないため、簿外債務が偶発する余地も基本的にはないでしょう。この点は事業譲渡のメリットといえます。

ただし、包括的ではない個別契約のため、一つひとつの資産評価の見極めや、譲渡側との交渉など、頼れるM&A仲介会社の存在は不可欠です。その点、全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所であれば、安心して任せることができます。

M&A総合研究所では、豊富な経験と知識を持つ公認会計士がM&Aを徹底サポートします。国内最安値水準の成功報酬制により、無料相談後もM&Aが成約するまで一切、費用は発生しません。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
簿外債務
偶発債務とは?M&Aで問題となる種類、対策を解説

違い④契約と許認可の移転:会社分割の場合

違い④契約と許認可の移転:会社分割の場合

契約や許認可などの移転に関するメリットでは、事業や資産を丸ごと承継することになる会社分割に軍配が上がります。債権債務、従業員との雇用契約、行政機関から取得する許認可の3点に分けて内容を確認してみましょう。

①債権債務の移転

会社分割の場合、債権債務の移転については、その相手方の同意を個別に得ることなく実行可能です。ただし、債権者保護手続きは行わなければなりません。債権者保護手続きとは、法令により定められている債権者の利益を守るための決まりです。

具体的には、官報に債権者が1ヶ月以内に異議を述べられる旨を公告し、かつ各債権者に対して個別の催告を実施しなくてはいけません。債権者が異議を述べた場合、分割会社は債権者に対して、債務の弁済や担保の提供などを行う必要があります。

②雇用関係の移転

会社分割では、従業員の移籍および雇用契約について、従業員からの個別同意は不要です。ただし、労働承継法で定められている手続きが必要となります。手続きとは、話し合いや書面での通知などの簡易なもので、具体的な労働承継法の内容は以下のとおりです。

承継される事業に従事する者との契約

分割契約書(吸収分割の場合)または分割計画書(新設分割の場合)の中に従業員との雇用契約も承継される旨が定められている場合は、従業員は分割会社から承継会社に移籍となります。分割契約書または分割計画書に承継される旨が定められていない場合は、原則的には分割会社に残留です。

ただし、従業員が異議を申し出た場合には、承継会社に移籍できます。

承継される事業に従事する者以外との契約

分割契約書または分割計画書の中に従業員との雇用契約も承継される旨が定められている場合は、原則として従業員は分割会社から承継会社に移籍となります。ただし、従業員が異議を申し出た場合には、分割会社に残留可能です。

分割契約書または分割計画書に承継される旨が定められていない場合は、従業員は分割会社に残留します。なお、パートやアルバイト従業員に対しても上記の手続きは必要です。

③許認可の移転

会社分割においては、一部を除いて許認可もそのまま承継できるか、または簡易な手続きですぐ事業活動を開始可能です。例外なのは宅地建物取引業の免許と貸金業の登録で、この2つの場合は承継が認められていません。したがって、承継会社が新たに許認可を得る必要があります。

※関連記事
会社分割と債務超過
会社分割のメリット

違い④契約と許認可の移転:事業譲渡の場合

違い④契約と許認可の移転:事業譲渡の場合

事業譲渡では、会社分割と比べた場合、各種契約と許認可の移転手続きは、ひと言でいうと面倒なものがあります。事業譲渡の場合も、債権債務、従業員との雇用契約、行政機関から取得する許認可の3点に分けて内容を確認してみましょう。

①債権債務の移転

事業譲渡で債権や債務を移転する際には、それぞれの相手方に対し個別に同意を得る必要があります。具体的には、売掛金などの債権の移転では債権譲渡の手続きが必須です。一方、借入金などの債務の移転では、債権者からの同意を得なければいけません。

ただし、事業譲渡では債権者保護手続きは不要です。しかし、全ての債権債務について個別交渉をして同意を得るという作業を行わなければなりませんから、会社分割よりも圧倒的に手続きは煩雑になります。

②雇用関係の移転

事業譲渡では、従業員の雇用契約を移転する際にも、各従業員から個別に同意を得なければなりません。このときに、仮に従業員が移転先企業に悪い印象を持っているなどすれば、雇用契約締結を拒否される可能性があります。つまり、優秀な従業員を引き継げないリスクがあるのです。

業績を伸ばすために行うM&Aにおいて、取得したいのは事業そのものだけではなく、それを担う優秀な従業員も含まれています。優秀な従業員が流出してしまった場合、M&Aが失敗となる可能性すら起こり得ます。事業譲渡では、そのリスクが会社分割よりも高いといわざるを得ません。

③許認可の移転

事業譲渡の場合、許認可の移転は不可能です。買い手側企業で全て新たに再取得するしかありません。許認可の種類によっては、長い時間がかかるものもあります。事業譲渡を実施する場合、この点についても理解したうえで進める必要があるでしょう。

※関連記事
事業譲渡が従業員に与える影響
事業譲渡のメリット・デメリット

違い⑤手続き方法:会社分割の場合

違い⑤手続き方法:会社分割の場合

事業譲渡でも会社分割でも、これを実施する場合、法令で定められている手続きに則らなければなりません。会社分割の場合は、さらに新設分割か吸収分割かによって、手続きの出発点が異なります。吸収分割の手続きのスタートは、分割会社と承継会社間での吸収分割契約締結です。

新設分割の場合は、共同で新設分割計画を作成しなくてはいけません。その後、吸収分割契約や新設分割計画について、株主総会での特別決議による承認が必要です。また、会社分割の内容などを記載した書面について、本店に一定期間備え置く義務も発生します。

例外的に株主総会を省略できるケースもなくはありませんが、通常は大原則として必須の手続きです。また、前述した債権者保護手続きなども法令で定められた手続きであり、全般的に会社分割の方が手続きは多いといえるでしょう。

※関連記事
会社分割の手続きとは?吸収分割・新設分割の手続きを解説
会社分割と株主総会

違い⑤手続き方法:事業譲渡の場合

違い⑤手続き方法:事業譲渡の場合

事業譲渡における手続きとして以下のケースに当てはまる場合、譲渡企業と譲受企業のいずれにおいても、株主総会での特別決議による事業譲渡契約の承認を受ける必要があります。

  • 事業の全部譲渡(譲渡側)
  • 事業の重要な一部の譲渡(譲渡側)
  • 事業の全部譲受(譲受側)

重要な一部の譲渡とは、譲渡する資産が譲渡企業の総資産額の5分の1を超える場合の事業譲渡のことです。つまり譲渡側は、事業の全部もしくは重要な一部を譲渡する場合には、特別決議によって株主からの同意が必要となります。

譲受側の場合は、事業の全部を買収するケースでのみ、特別決議が必要です。また、事業譲渡の契約に関する書面に関しては、備え置き・閲覧などの義務はありません。この点も会社分割とは異なります。

※関連記事
特別決議とは?拒否権や普通決議との違いを解説
事業譲渡の手続きとは?全体のスケジュールや手続きの注意点を解説

まとめ

まとめ

会社分割と事業譲渡の5つの違いを指摘しました。当初は同じように見えた会社分割と事業譲渡において、その内容には大きな違いがあったとおわかりいただけたでしょう。自分たちにとって、会社分割と事業譲渡のどちらが適しているのか十分に見極めてから実行してください。

本記事の要点は、以下のとおりです。

・M&Aとしての目的
→会社分割は組織再編、事業譲渡は資産や事業の売買

・買収の対価支払い
→会社分割は株式交付、事業譲渡は現金

・課される税金
→会社分割は適格であれば優遇措置、事業譲渡は法人税と消費税

・簿外債務や不要負債の引き継ぎ
→会社分割はリスクあり、事業譲渡は選別できる

・契約や許認可の移転
→会社分割は包括的に承継、事業譲渡は要個別手続き

・法務上の手続き
→会社分割は手続きが多い、事業譲渡は手続きが少なめ

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着...

割引現在価値とは?簿記に必要な計算方法や割引率をわかりやすく解説

割引現在価値とは?簿記に必要な計算方法や割引率をわかりやすく解説

M&Aを検討するにあたって割引現在価値は非常に重要です。ここでは割引現在価値の理解を深めるとともに、例題を含めた計算式にて解説します。また企業価値を求める方法として割引現在価値を換算しない方法も...

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&A仲介会社を利用するとさまざまな手数料が発生しますが、中でも中間金は発生のタイミングや料金体系が分かりづらく、仲介会社に相談する際のネックとなることがあります。そこで本記事では、M&Aの中間...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aが活発に行われている中で、他社を子会社化したり、逆に規模の大きな会社の子会社になることは、会社経営の選択肢のひとつになっています。本記事では、M&Aで子会社化するメリット・デメリットなどを...

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法・会社法とは、営利を目的とする個人・企業の活動や手続に関してルールを定めた法律です。商法・会社法はビジネスシーンでかかわる機会が多いので、事業活動を行う上で欠かすことができません。今回は、商...

MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

株式を買い上げて経営者を送りこみ経営の立て直しによって資産価値を高めるのがMBIです。当記事はMBIの大まかな解説をはじめ、MBIの意味や、比較されるMBO・TOB・LBOとの違い、MBIに見ら...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)