2021年3月28日更新会社・事業を売る

売渡請求とは?経営者は知っておきたい、特別支配株主の株式等売渡請求によるスクイーズアウト

会社法改正で新たに設定された株式等売渡請求は、少数株主排除(スクイーズアウト)を可能とする制度です。そこで、株式等売渡請求の概要やメリット・デメリットとともに、スクイーズアウトの具体的な各種プロセスなどについてまとめました。

目次
  1. 株式等売渡請求は経営者に必要な知識
  2. 株式等売渡請求とは?
  3. 平成27年施行改正会社法・株式等売渡請求制度について
  4. 株式等売渡請求のメリット・デメリット
  5. 相続人に対する株式等売渡請求
  6. 株式等売渡請求を用いたスクイーズアウト
  7. M&Aにおける特別支配株主の株式売渡請求
  8. 株式等売渡請求の通知を受けた対象会社の取締役会の役割
  9. 売渡請求まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

株式等売渡請求は経営者に必要な知識

株式等売渡請求は経営者に必要な知識

事業承継M&Aが増えてくるなか、経営権の分散を防ぐことは経営者にとって重要な課題です。「株式等売渡請求」は経営権の集中につながるため、この課題に対して非常に有効な解決策となります。

したがって、株式等売渡請求に関する知識は、事業承継やM&A実施における必須の知識ともいえるでしょう。この記事では、その株式等売渡請求について、わかりやすく解説します。

【関連】経営権

株式等売渡請求とは?

株式等売渡請求とは?

まずはじめに、株式等売渡請求の意味と使用場面について解説します。使用場面にはいくつか種類がありますので、それぞれのケースに合った使用ができるように、基本的な事項を押さえておきましょう。

株式等売渡請求の意味

株式等売渡請求とは、少数株主に対して、当該株式を売り渡すことを請求できる制度です。しかも、同意を得ずとも強制的に取得できる点が、株式等売渡請求の特徴となっています。

2014(平成26)年の会社法改正により新たに導入され、2015(平成27)年5月より施行されました。

株式等売渡請求の使用場面

株式等売渡請求は、相続(事業承継)や100%子会社化、少数株主の排除などの場面で活用されます。特に、完全子会社化の手段として、株式等売渡請求は有効性が高いものです。

従来(会社法改正前)は、上場企業を完全子会社化するためには、二段階買収を実施するケースが一般的でした。

二段階買収とは、TOB(公開買付け)により、株主総会における特別決議を可決できるだけの株式を取得し、全部取得条項付種類株式または株式交換を用いて買収することです。

平成26年度の会社法改正により、全部取得条項付種類株式や株式交換の代わりに、株式等売渡請求を活用すれば完全子会社化を実現できるようになりました。株式等売渡請求によって、従前に比べ、容易に完全子会社化を実行できるようになったのです。

【関連】事業承継と株式の関係とは?自社株の承継や株価対策、株式譲渡について解説します
【関連】企業買収における株式交換

二段階買収と比べて容易に完全子会社化を実行できるとはいえ、株式等売渡請求には実施のための要件があり、また、一定のプロセスを踏まなければなりません。もし、何も知らずに株式等売渡請求を実行しようとしても、失敗してしまう可能性が高いでしょう。

したがって、M&Aの一環である、株式等売渡請求を用いた完全子会社化を行う場合は、専門家のサポートが欠かせません。株式等売渡請求を熟知しているM&Aの専門家としては、全国の中小企業のM&Aに数多く携わっているM&A総合研究所がおすすめです。

M&A総合研究所では、豊富な経験と知識を持つM&Aアドバイザーが専任となり、株式等売渡請求をはじめM&Aを徹底サポートします。随時、無料相談を受けつけておりますので、株式等売渡請求やM&Aを検討される際には、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

平成27年施行改正会社法・株式等売渡請求制度について

平成27年施行改正会社法・株式等売渡請求制度について

ここでは、株式等売渡請求制度の概要として、その根幹である「要件」と「対象となる株式」について掲示します。

株式等売渡請求制度の要件

株式等売渡請求を実施できるのは特別支配株主に限られています。したがって、これが株式等売渡請求制度の要件です。特別支配株主とは、90%以上の議決権分の株式を所持している株主を意味します。

特別支配株主の定義には注意が必要です。複数の個人や会社が合意して、90%以上の株式(議決権)を持つグループを形成しても、そのグループは特別支配株主にはなれません。特別支配株主は、1人または1社と規定されています。

つまり、上記の例のような場合は、1人または1社に株式の所有権を集約させる必要があるのです。ただし、1人または1社が100%の株式を保有している別の会社(特別支配株主完全子法人)が関連する場合は、例外規定があります。

1人または1社が特別支配株主完全子法人と合わせて、当該会社の株式を90%以上所有している場合は、特別支配株主と見なされるのです。なお、特別支配株主の必要所有議決権数については、定款において90%超に定められることも可能になっています。

株式等売渡請求制度の対象となる株式

株式等売渡請求制度においては、これを実施する際に、特別支配株主が所有する以外の全ての株式を対象としなければなりません。複数の少数株主がいる場合に、相手を選んで株式等売渡請求は行えないのです。

これもある意味で要件といえるでしょう。ただし、当該会社が所有する自己株式と、特別支配株主完全子法人が所有する株式は、対象から除外されることになっています。

【関連】商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説
【関連】株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説

株式等売渡請求のメリット・デメリット

株式等売渡請求のメリット・デメリット

この章では、株式等売渡請求のメリットとデメリットを解説します。それぞれを踏まえて、株式等売渡請求検討の際の参考にしてください。

株式等売渡請求のメリット

株式等売渡請求のメリットには、主に以下の4つがあります。

  1. 経営者に経営権を集中できる
  2. M&Aの実行期間を短縮できる
  3. 税制上、有利な条件で自社株を取得可能
  4. 新株予約権も強制取得できる

①経営者に経営権を集中できる

株式等売渡請求の最大のメリットは、経営者が経営権を集約できる点です。相続(事業承継)時点で株主が親族間で分散している場合、後継者に経営権を集中できない恐れがあります。

相応数の議決権株式を保有していなければ、意思決定の際に遅れが生じてしまうでしょう。しかし、株式等売渡請求を行使すれば、強制的に経営権を集中させることが可能です。

また、M&Aの場面においても、自社にとって不都合な株主を強制的に排除(スクイーズアウト)できるメリットがあります。

②M&Aの実行期間を短縮できる

株式等売渡請求には、完全子会社化などのM&A実行期間を短縮できるメリットもあります。完全子会社化のために、全部取得条項付種類株式や株式交換を実施する場合、株主総会決議の実行が必要です。

そこで、株式等売渡請求を活用すれば、取締役会の決議のみで実行できるうえに、株式の端数処理も不要となるため、大幅に期間を軽減できます。スクイーズアウト目的のM&Aを短期間で実行できる点は、株式等売渡請求の大きなメリットです。

ただし、相続場面での株式等売渡請求では、株主総会の特別決議が必要となるため、注意が必要です。

なお、M&Aそのものをできるだけ短期間で実施したいとお考えの場合は、早期成約を得意とするM&A仲介会社を探す必要があります。おすすめは、M&A総合研究所です。

M&A総合研究所はこれまでの実績を駆使し、通常は10ヶ月~1年以上かかるとされるM&Aを、最短3ヶ月でスピード成約する機動力を強みとしています。無料相談まで、いつでもお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

③税制上、有利な条件で自社株を取得可能

非上場企業の経営者が自社株を取得する際、基本的にはみなし配当課税が生じます。みなし配当課税では最高で50%の課税が生じるため、自社株取得の負担は大きなものです。

しかし、株式等売渡請求により相続人から取得した場合は、みなし配当ではなく「譲渡所得」と見なされます。譲渡所得は一律で20.315%の課税となるため、軽い税負担で自社株を取得可能です。非上場企業の事業承継において、この点は魅力的なメリットになります。

なお、譲渡所得の税率20.315%中の0.315%分は復興特別所得税であり、2037(令和19)年までの時限措置です。

④新株予約権も強制取得できる

株式等売渡請求では、新株予約権も強制取得できます。新株予約権の強制取得は、他の手法にはない独自のメリットです。

全株式を取得しても新株予約権が残っている場合、完全子会社化は実現できません。新株予約権を発行している企業を完全子会社化する際には、株式等売渡請求を実行する必要があります。

【関連】新株予約権とは?新株予約権の仕組みをわかりやすく解説

株式等売渡請求のデメリット

株式等売渡請求を検討する際は、メリットだけでなくデメリットも把握しておくことが大切です。ここでは、株式等売渡請求の主なデメリットを3点、紹介します。

  1. 実行要件が厳しい
  2. 税務上の非効率が生じる恐れがある
  3. 裁判などの手続きが生じるリスクがある

①実行要件が厳しい

株式等売渡請求の最大のデメリットは、実行するための条件が厳しい点です。スクイーズアウトや完全子会社化を目的として株式等売渡請求を行使するためには、前章で述べた特別支配株主として、総議決権のうち90%以上を有している必要があります。

逆にいえば、株式が分散していて経営者が90%未満の議決権しか持っていない場合には、株式等売渡請求を行使できないのです。

②税務上の非効率が生じる恐れがある

株式等売渡請求によるスクイーズアウトを実施する際、税務上の非効率が生じる恐れがあります。

スクイーズアウト後も株主として残したい相手がいる場合、一旦は全株式を特別支配株主に譲渡し、その後に再度、株式を戻す必要があるからです。二度手間となるうえに、課税がその都度、発生してしまいます。

 

③裁判などの手続きが生じるリスクがある

株式等売渡請求の実施にあたり、少数株主が裁判を起こして対抗してきた場合、売渡請求を実行した側は、裁判手続きに着手する必要があります。本来、必要ない手間が発生し得る点は、株式等売渡請求のデメリットです。

【関連】株主間契約とは?議決権や効力、株主間契約書の作成における注意点を解説

相続人に対する株式等売渡請求

相続人に対する株式等売渡請求

この章では、相続人に対する株式等売渡請求について解説します。

制度の概要

この制度は、経営者である被相続人が死去し、その後継者が事業承継する際に、複数の相続人の間で株式が分散する事態を防ぐ目的で制定されました。相続によって株式が分散すると、後継者の事業承継後、経営が円滑に進まなくなる恐れがあります。

複数の相続人がいて、それぞれに遺産として株式が渡ってしまった場合、後継者は各相続人に売渡請求を行えば、強制的に後継者に株式を集中させられます。

事業承継後の円滑な経営体制を確立するためには、後継者以外の相続人への株式等売渡請求は不可欠な手続きといえるでしょう。

相続人に対する株式等売渡請求の条件

相続人に対する株式等売渡請求には、いくつかの条件があります。まず1つ目は、相続の事実を知ってから1年以内に請求することです。1年を過ぎると、株式等売渡請求は実行できなくなります。

2つ目の条件は、分配可能利益の範囲内で株式買取を実行する点です。分配可能利益とは、貸借対照表における「その他資本剰余金」と「その他利益剰余金」の合計となります。この規定があるため、株式等売渡請求の実施には、ある程度の資金力が必要です。

3つ目の条件は、株式等売渡請求の対象は、譲渡制限株式になります。譲渡制限株式とは、株式譲渡の際に会社側の合意が必要となる株式です。なお、ほとんどの中小企業は譲渡制限株式になっているでしょうから、この点はほぼ心配ありません。

相続人に対する株式等売渡請求の手続き

相続人に対して株式等売渡請求を実施する場合には、基本的に以下のような手続きを踏むことになります。

 

  1. 定款にて相続人へ売渡請求が実行できる旨を定めておく
  2. 株式等売渡請求を行う株式数と対象者の氏名(または名称)について株主総会で特別決議を取る
  3. 特別決議の可決後、対象者に売渡請求の通知を行う
  4. 対象者と会社側で協議し株式の売買価額を決める
  5. ※売買価額が協議で決まらない場合、株式等売渡請求から20日以内に裁判所に申し立てることにより裁定を受けられる
  6. 売買価額決定後、株式の売渡を実行する

【関連】自社株の事業承継について解説します
【関連】自社株の相続に関する基礎知識や相続税対策を解説!

株式等売渡請求を用いたスクイーズアウト

株式等売渡請求を用いたスクイーズアウト

この章では、株式等売渡請求を用いたスクイーズアウトについて解説します。

スクイーズアウトを実施するメリット

株式等売渡請求によりスクイーズアウトを実施すると、さまざまなメリットが得られます。スクイーズアウトの結果、経営者が全株式を保有することで、あらゆる決定を自身の一存でできるようになるからです。

そのため、経営に関する意思決定が迅速化します。株主間で意見が食い違うと面倒な紛争が生じますが、スクイーズアウトの実施後は、その心配もありません。

株主が経営者1人になることで、株主の管理に伴う事務作業も削減できます。株式等売渡請求を用いたスクイーズアウトでは、このとおり多種多様なメリットを享受できるのです。

株式等売渡請求を用いたスクイーズアウトの手続き

特別支配株主がスクイーズアウトのために行う株式等売渡請求を実施する場合、その手続きは以下のような流れとなります。

  1. 特別支配株主が会社に対して株式等売渡請求を実行する意思を通知
  2. 会社は取締役会を開き株式等売渡請求の承認を決定
  3. 会社は特別支配株主に取締役会結果を通知
  4. 会社は株式等売渡請求の対象株主に株式売渡請求の通知・公告(取得予定日の20日前までに行う)
  5. 会社は株式等売渡請求に関する事前備置資料を本店に備え置く(前項と同一日に実施し取得日から1年間)
  6. 取得日当日になることで株式は強制的に取得される
  7. 会社は株式等売渡請求に関する事後備置資料を本店に備え置く(取得日から1年間)
  8. 特別支配株主が取得代金を対象株主に支払い

なお、この株式等売渡請求手続きは、最短20日で完了します。株式等売渡請求であれば、短期間でのスクイーズアウトが実行可能です。

【関連】スクイーズアウトとは?手法や注意点、メリットやデメリットについて解説!
【関連】組織再編税制

M&Aにおける特別支配株主の株式売渡請求

M&Aにおける特別支配株主の株式売渡請求

ここでは、M&Aにおける特別支配株主の株式等売渡請求に関する注意点をお伝えします。特別支配株主とは、対象会社の議決権の90%以上を保有する株主です。特別支配株主がM&A目的で株式等売渡請求を実施する際は、下記の点に注意しましょう。

90%要件の確認タイミング

M&A目的の「特別支配株主の株式等売渡請求」では、90%以上の議決権保有が条件となりますが、満たすタイミングが複数設定されています。

具体的には、「株式等売渡請求時」、「承認時」、「取得日」の各々のタイミングで、90%以上の議決権保有を満たす必要があるのです。任意の時点で90%以上の議決権を保有していればよいわけではないため、十分、注意しましょう。

条件の妥当性

特別支配株主から通知を受けた会社は、株式等売渡請求を承認するか否かを決議します。決議の際には、「株式等売渡請求の条件が、対象株主にとって適正であるか」という観点から、実行可否を判断しなければなりません。

対象となる株主からすると、株式を失うことによって重大な損失を被るリスクがあるため、妥当な条件や対価の金額が設定されている必要があります。

種類株式発行会社における株式等売渡請求

種類株式発行会社の場合も、株式等売渡請求に際して注意点があります。種類株主に損害をおよぼす恐れがある場合は、種類株主総会の決議が必須です。

種類株主総会の決議を経なければ、取締役会による承認の効力が発生しません。株式等売渡請求を実行する際は、種類株主の有無と損害の有無について、慎重に確認する必要があります。

【関連】種類株式とは?意味や一覧、活用事例をわかりやすく解説
【関連】事業承継における種類株式の活用方法

株式等売渡請求の通知を受けた対象会社の取締役会の役割

株式等売渡請求の通知を受けた対象会社の取締役会の役割

特別支配株主の株式等売渡請求の通知を受けた会社が行う妥当性の判断とは、会社の取締役会が行う判断になります。

特別支配株主は経営者であり、取締役会でも中心的な存在ですが、各取締役は、具体的に以下の2点の妥当性をきちんと検証し、株式等売渡請求の適正性を判断しなければなりません。

  • 対価の妥当性
  • 対価の支払い見込み

対価の妥当性とは、特別支配株主が少数株主に対して支払う予定の売渡対価額が適切であるかどうかです。

対価の支払い見込みとは、特別支配株主が支払う予定の売渡対価額の資金の準備ができているかどうかです。この確認のためには、最新の預金通帳の写しや預金残高証明書などの提出を求め、その内容を検証します。

【関連】株主総会と取締役会の違い

売渡請求まとめ

売渡請求まとめ

株式等売渡請求は、相続による事業承継時や完全子会社化、少数株主排除などの場面で活用されます。

完全子会社化のM&A実行期間を短縮化できる点や、税制上、有利な条件で自社株を取得可能のメリットがある一方、株式が分散している場合には、株式等売渡請求を行使できない可能性もあるため注意が必要です。

株式等売渡請求の実施を考える際には、専門家であるM&Aアドバイザーなどに相談し検討するとよいでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)