2020年5月20日更新会社を売る

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは、株式を譲渡することによって経営権を売買する手法です。他のM&A手法と比べて事務手続きが容易なため、中小企業のM&Aで最も活用されています。株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。

目次
  1. 非上場企業で増加する株式譲渡
  2. 株式譲渡とは?株式譲渡の意味
  3. 株式譲渡のメリット
  4. 株式譲渡のデメリット
  5. 株式譲渡の手続き
  6. 株式譲渡の税務(株式譲渡で課税される税金)
  7. 株式譲渡契約書とは?株式譲渡契約書の意味
  8. 株式譲渡価格の算定
  9. 株式譲渡後の社員
  10. 非上場企業の株式譲渡
  11. まとめ
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

非上場企業で増加する株式譲渡

非上場企業で増加する株式譲渡

近年、会社売却を検討する非上場企業が増加していることをご存知でしょうか?理由は様々ですが、特に事業承継問題や経営の先行き不安からの売却が多いようです。この際、M&Aで最も用いられているのが株式譲渡です。

では、株式譲渡とは、一体どのような手法なのでしょうか?この記事では、株式譲渡のメリット・デメリットや完了までの手続きの手順、税金について解説していきます。また、非上場の中小企業が株式譲渡を行ううえで、気をつけるべきポイントも解説します。

株式譲渡を検討している人は、ぜひ参考にしてください。
 

株式譲渡とは?株式譲渡の意味

株式譲渡とは?株式譲渡の意味

ここでは、株式譲渡とはどのようなM&A手法なのかについて解説していきます。また、中小企業が好んで株式譲渡を活用する理由についてもあわせて解説していきます。
 

⑴M&A手法としての株式譲渡

株式譲渡とは、売り手側が第三者に株式の譲渡を行うM&A手法です。売り手側が株式の譲渡を行うのに対し、買い手側は対価として現金を支払います。ではなぜ、株式の譲渡を行うと、会社売却が可能なのでしょうか? 

一般的に株式会社は、株式の過半数を所持すると、経営権を掌握することが可能です。取締役や監査役の選任や役員報酬等、会社の重要事項を独力で決定できるようになります。さらに、株式保有率が3分の2以上を超えると、社名等の根幹的な部分も変更可能となります。

つまり、株式の所持率が高いほど、多くの権利を得ることができるのです。株式譲渡では、売り手側が所持する全株式を売却し、経営権をすべて買い手に譲渡するので、会社を売却したことになるのです。
 

⑵株式譲渡が非上場企業のM&Aで好まれる理由

非上場企業のM&Aで、株式譲渡が好まれる最も大きな理由は、複雑な手続きがなく、現金化が早いことです。株式譲渡以外の場合、特別決議や債権者保護手続きが必要となります。決議や手続きには、当然かなりの時間がかかります。

その上、反対株主が多い場合には、M&A自体実行できないリスクがあることも無視できません。一方で、株式譲渡はそのリスクがありません。前述の通り、非上場の中小企業は、事業承継等の理由でM&Aを実施します。

当然、売り手としては手続きが早く終わることに越したことはありませんので、株式譲渡はそんな非上場企業にとって最も活用しやすい手法です。

税金計算は簡単だが専門知識は必須

他のM&A手法と比較すると、発生する税金の計算も株式譲渡は比較的簡単である点も、非上場企業にとって活用しやすい理由の一つです。ただ、M&Aである以上は税金や手続きが簡単でも、様々な知専門識が必要になる場面が多々あります。

そのため、株式譲渡においても専門家の協力は不可欠だといえるでしょう。もしも株式譲渡等のM&Aを検討中の場合は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

株式譲渡のメリット

株式譲渡のメリット

数あるM&A手法の中でも、株式譲渡が特に非上場企業のM&Aに多く利用される理由については、先ほど解説しました。今度は、株式譲渡にはどんなメリットが存在するのかについて解説していきます。株式譲渡では、特に売り手側にとってのメリットが大きいので詳しく見ていきましょう。
 

株式譲渡をする売り手側のメリット

まずは、大きな効果が得られる売り手側のメリットには、以下のことが挙げられます。

  • 手続きが簡単で迅速である
  • 売り手側が受け取る売却利益が多い
  • 事業継承問題を解決できる
  • 会社のさらなる発展が期待できる
  • 従業員の雇用維持ができる

では、これらのメリットについて、これから詳しく解説していきます。

①手続きが簡単で迅速である

株式譲渡は、契約書の作成手続きのみで完了できます。 基本的には、株主総会の承認が不要なので、手続きを迅速に進行できます。もちろん、株式を買ってくれる会社が現れることが前提条件とはなりますが、相手が見つかってしまえばスピーディーに売却まで進めていくことができます。

ただ、譲渡制限がかかった非上場株式の譲渡では、手続きが若干面倒になります(株式譲渡の手続きについては後述します)。とはいえ、この場合でも他のM&A手法と比べると簡便に完了できます。また、迅速に手続きできるので、株式公開をするケースと比べて早く現金を得ることが可能です。

後継者不足の中小企業にとって、スピーディーに株式譲渡できるのは、大きなメリットでではないでしょうか。

②売り手側が受け取る売却利益が多い

株式譲渡を活用して会社を売却した際、売却代金には「のれん」が含まれます。「のれん」とは、独自のノウハウやブランド、優良顧客との取引関係等の目に見えない資産(無形資産)の価値です。株式譲渡手続きの過程で、買い手側が「のれん」の価値を評価した場合、その分の価値が売却価格に上乗せされます。

つまり、この「のれん」の価値が大きいほど、株式譲渡した際に受け取れる金額は多くなるというわけです。上記に加えて特許やノウハウ等の無形資産を強化すれば、それが「のれん」として評価されます。加えて、不要な在庫等の処分によっても、企業価値を高めることが可能です。

税引き後に残る利益が多い

税金の観点から見ても、株式譲渡は手元に残る利益が多くなる可能性が高いです。例えば、事業譲渡と呼ばれるM&A手法では、会社に対して約30%の法人税が課税されます。さらに、課税資産に対して消費税も課税されます。

株式譲渡における税金については後述しますが、株式譲渡では基本的に20%の所得税のみが課税されます。つまり、株式譲渡を用いてM&Aを実施したほうが、税引き後に残る利益は多いのです。加えて、事業譲渡で課税される資産には「のれん」が含まれます。

「のれん」が多いほど、事業譲渡では支払う税金の額が多くなりますので、「のれん」の価値が大きい場合には、株式譲渡によるM&Aの方が有利となります。

③事業継承問題を解決できる

中小企業において、後継者がいないことは深刻な問題です。実際に、子息などの親族が事業を継ぐ割合というのは、年々減少しているのが現状であり、それによって廃業した会社や、廃業を予定している会社が多く存在します。

また、ある中小企業経営者へのアンケートでは、廃業予定と答えた約6割の会社が、事業に成長性や将来性はまだあると回答しています。成長性・将来性があるのに、後継者がいないという理由で会社をたたむことは、経営者にとって心苦しい決断です。

株式譲渡は、そんな後継者問題を解決できるだけでなく、事業を継続することも可能です。そのため、もしも「親族や社内に後継者がいない」という場合でも、外部に売却することによって会社をたたまずに済むのです。

④会社のさらなる発展が期待できる

株式譲渡を行うと、売り手企業は買い手企業の子会社となり、事業を継続させていくことになります。株式譲渡の売り手側は、買い手企業の様々なリソースを活用することができます。そのため、その企業のブランド力はもちろん、技術力や人材などによってさらに成長することも可能です。

さらに、金銭的な理由等から着手できなかった事業や、より広い分野の事業を行うことができるようになる可能性もあります。特に、大手企業への譲渡が成功すれば、双方にとって大きなメリットを得られるでしょう。

⑤従業員の雇用維持ができる

売り手側の経営者が、第三者への事業承継で心配する点に、従業員の存在が挙げられます。従業員の雇用を継続するかどうかは買い手側に権利があるので、心配になるのも当然のことです。しかし、株式譲渡をしても従業員の雇用は引き継がれ、権利があるからといって簡単に解雇はできません。

整理解雇などを行う企業もたしかに存在しますが、手荒な行いは買い手側企業の社会的評判を落とすことに繋がります。そういった理由もあるので、売り手側の経営者は安心して譲渡することができます。

ただし、ファンドを行う企業など、利益第一の買い手であればその限りではありません。そのため、株式譲渡の際は信用に足る相手か、きちんと調査して見極めることが重要であり、専門家と相談のうえで相手を慎重に選ぶと安心感を一層得られます。

これが、株式譲渡における売り手側のメリットなのですが、M&Aにはケースによって最もメリットが大きくなる手法が異なります。M&Aを行う多くの場合で、仲介会社やコンサルティング会社等の専門家がついているのも、最もメリットがある手法のアドバイスやサポートが受けられるからです。

M&A仲介会社であるM&A総合研究所にも、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しております。これまでに培ったノウハウを活かし、M&Aをサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

株式譲渡をされる買い手側のメリット

次に、株式譲渡における買い手側のメリットには、以下のようなものがあります。

  • 迅速にM&Aができスムーズな営業の開始が可能
  • 「のれん」を獲得することによる事業の拡大

では、こちらについてもこれから詳しく解説していきます。

①迅速にM&Aができスムーズな営業の開始

先ほどの売り手側のメリットと同じく、買い手にとっても手続きが簡単なことがメリットです。買い手側は取引先や従業員との再契約が不要ですので、登記変更申請などの手続きも必要ありません。また、株式譲渡では許認可における各種権利なども引き継がれます。

事業譲渡や新設合併の場合、買い手が許認可申請などを再申請しなければいけない場合がありますが、株式譲渡にはそれがありません。許認可申請を事前にする必要が無く、株式譲渡後円滑に事業を行えます

さらに、売り手と買い手の交渉がスムーズに進めば、短期間でM&Aが完了する可能性があります。非上場の中小企業では、売り手側の経営者個人がすべての株を所持していることも少なくありません。その場合、交渉や手続きは二者間だけで済みますので、かなり短期でM&Aを完了させることができます。

交渉が長引くことは、双方にとってあまり良いことではありませんので、時間をかけずに済むのは大きなメリットです。

②「のれん」を獲得することによる事業の拡大

先ほども説明したように「のれん」とは、独自のノウハウやブランド、優良顧客との取引関係等の目に見えない資産の価値です。これらを引き継ぐことによって、少ない労力で技術や顧客を一気に入手できます。特許や販売ルートが手に入ることで、自社の利益をさらに増やすことができるでしょう。

また、経営権を獲得しているので、自社のノウハウや技術も、買収した企業に利用させることができます。買収した企業の経営状況を改善したり、自社の販売ルートを提供したりと、株式譲渡前よりも売り上げを伸ばすことができるでしょう。

※関連記事

ファンドとは?ファンドの種類と事業承継・M&Aについて

株式譲渡のデメリット

株式譲渡のデメリット

続いては、株式譲渡のデメリットについても、売り手側と買い手側に分けて紹介していきます。株式譲渡はメリットの大きい手法ですが、少なからずデメリットも存在します。

株式譲渡を行うことが適切かを判断するためにも、詳しく知っておきましょう。

株式譲渡をする売り手側のデメリット

売り手の主なデメリットに、税金の支払いがあります。株式譲渡では、株式を買い手側に売却することになり、その対価を得ます。これも会社にとっては利益となりますので、課税対象となるのです。

株式譲渡によって発生する税金については後述しますので、まずは税金が発生することを認識しておきましょう。

株式譲渡をする買い手側のデメリット

株式譲渡では、以下のように売り手側よりも買い手側にデメリットが多くありますので、買い手側となる場合には十分に検討したうえで株式譲渡を行うようにしましょう。

  • 問題点を引き継いでしまう
  • 多額の「のれん」が後々利益を圧迫する可能性がある

では、これらのデメリットについて見ていきましょう。

①問題点を引き継いでしまう

株式譲渡では、会社を丸ごとを買い取ります。したがって、自社の経営戦略には不要な経営資源や、賠償義務、簿外債務までも引継いでしまう可能性があります。会社全部を引き継ぐ以上、リスクは遮断できません。

「よく調べないで買ったら欲しいものがなかった」等、きちんと調査もせずに株式譲渡を行った結果、簿外債務等のマイナスのおまけまでついてきた事例は決して少なくありません。後から後悔しないためにも、買収前の調査を丁寧に実施しましょう。

また、仮に問題があった際、問題点を踏まえたうえで買収するメリットがあるかどうかを再度考えましょう。もしも「リスクを負いたくないが買収したい」という場合は、事業譲渡等の別の手法を活用すると良いでしょう。

②多額の「のれん」が後々利益を圧迫する可能性がある

「のれん」を高く見積もった場合、株式譲渡の実施後に悪影響が出る可能性があります。会計上「のれん」は、毎年少しずつ費用へ振り替えていく減価償却が必要です。「のれん」に多額の資金を支払っても、当面は資産に計上できます。

しかし、この金額が収益と比べて過大だと判明した場合、減損処理を行う必要があります。減損処理を行うということは、投資の失敗を意味します。投資額を回収できないばかりか、投資の失敗によって株価の下落等を招く可能性があります。

したがって、買い手側は買収したい企業の収益性を見極めたうえで、株式譲渡を実施しなくてはいけません。以上のとおり株式譲渡は、売り手側にメリットが多い一方で、買い手側にとってはリスクがあるM&A手法です。

とはいえ、買い手側にとっても、簡単な手続きで会社丸ごと買収できる点はメリットです。もし「のれん」の価値を適切に見極めたいのなら、売り手となる会社の状況なども踏まえて慎重に候補を選定すべきでしょう。なお、その際はM&A総合研究所のM&Aプラットフォームを活用してください。

M&A総合研究所のM&AプラットフォームはAIを駆使することにより、買収ニーズを登録するだけで条件の合う売り手をマッチングします。

>>買収ニーズ登録はこちら

※関連記事

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

非上場の株式譲渡とは?手続きや課税される税金の仕組みを解説

株式譲渡の手続き

株式譲渡の手続き

冒頭で、株式譲渡の手続きは簡単だと述べました。しかし、株式に譲渡制限がかかっている場合は、株主総会の承認等の手続きが必要となります。現在、多くの非上場中小企業は、株式に譲渡制限がかかっています。したがって、多くの企業は以下の手続きが必要となります。

  1. 株式譲渡承認の請求
  2. 取締役会または株主総会での承認
  3. 決定内容通知
  4. 株式譲渡契約
  5. 株主名簿の書き換え

このように、簡単と言われる株式譲渡でも、これだけの手続きが必要となります。それでも、事業譲渡など他のM&Aの方法と比べると簡単です。とはいえ、専門家のアドバイスやサポートもなく独力でできるわけではありません。

株式譲渡等のM&Aを検討している場合は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には会計士も在籍しており、M&Aや財務の知識が豊富なアドバイザーがフルサポートをお約束します。また、M&A総合研究所はスピーディーなサポートを実践しており、平均3ヶ月という期間で成約を実現します。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

⑴株式譲渡承認の請求

まずは、会社に対して株式譲渡を承認してもらうための手続きを実施します。具体的には、株式譲渡承認請求書と呼ばれる書類を作成・提出します。この書類は、インターネット上にあるテンプレートでも良いですし、サポートしてくれるM&A仲介会社等に用意してもらってもいいでしょう。

株式譲渡承認請求書には、以下の項目を明記する必要があります。

  • 譲渡する株式の種類と数
  • 株式譲渡を受ける人の氏名と住所

なお、この手続きは原則として株式譲渡する側とされる側が共同で実施しなくてはいけません。シンプルな手続きではあるものの、株式譲渡の中でも重要なプロセスです。よって、税理士等の専門家の協力を得たうえで、手続きを実行するのがベターです。

また、有限会社では例外なく株式に譲渡制限がかかっていますので、無条件でこの手続きが必須です。

⑵取締役会または株式総会での承認手続き

次に、所定の機関で株式譲渡の承認手続きを実行します。社内に取締役会がある場合は取締役会、ない会社では株主総会で承認手続きを行います。ただし、定款の定めにより取締役会設置会社でも、株主総会で当該手続きを実施できます

この手続きで株式譲渡が承認されると、株式譲渡が正式に認められます。

株式譲渡を認めないケース

株式譲渡の承認手続きに際し、会社側は株式譲渡を承認しないことも可能です。この場合には、会社側が制限株式の買取手続きを遂行しなくてはいけません。具体的には、企業側が株を買い取るか、買取人を指定して買収してもらう必要があります。

企業側が買い取る場合には、株主総会にて「株式を買い取る旨」と「買い取る株式数」に関する決議手続きを実行します。一方で、買取人を指定するケースでは、取締役会または株主総会にて、決議手続きを完了する必要があります。

⑶決定内容通知

株主総会や取締役会で決まった事項を、請求した人に通知します。この手続きは、承認請求の日から2週間以内(定款で変更可)に実行する必要があります。もしも2週間以内に実行しない場合、決定内容に関係なく株式譲渡を承認したとみなされます

また、株式譲渡を承認しないケースでは、誰が株式を買い取るのかを通知しなければいけません。企業が買い取る場合は40日以内、指定買取人が買い取る場合は10日以内に通知しましょう。期間内に通知しないと場合は、株式譲渡を承認したこととなります。

⑷株式譲渡契約

株式譲渡の承認や通知が完了すると、今度はトップ面談やデューデリジェンス等の手続きを経て、売り手買い手双方が合意したら、株式譲渡契約書の作成手続きを行います。株式譲渡契約書は、株式と現金の交換を保証する目的で締結されます。

なお、株式譲渡契約書に記載する内容は後述しますので、詳細を知りたい人はそちらをご覧ください。

⑸株主名簿の書き換え

株式譲渡契約が完了後、株券を発行している企業であれば、契約完了後に株券を交付すれば手続きが完了します。しかし、多くの非上場中小企業は株券を発行していません。ですので、株券の交付手続きを実施できません。

株券を発行していない企業は、その代わりに株主を「株主名簿」に記載しています。つまり、株券不発行の非上場企業では、最後に株主名簿の書き換え手続きを実行する必要があります。この手続きを実施してはじめて、株式譲渡が正式に完了します。

※関連記事

株式譲渡の手続き

株式譲渡契約書の印紙、作成方法を解説!

株式譲渡の税務(株式譲渡で課税される税金)

株式譲渡で課税される税金

無事に株式譲渡が終わった後に気になるのは、「何に課税され、どの程度が税金で持っていかれるのか」だと思います。他のM&A手法と同様に、株式譲渡でも税金がかかります。ここでは、株式譲渡の税務(課税される税金)と、節税対策をご紹介します。

なお、税金面に関しての詳細事項は、国税庁のホームページをご覧になるか、専門家のアドバイスを受けるのをおすすめします。

⑴株式譲渡で必要となる税金

株式譲渡を実施した際の税金は、申告分離課税によって算出されます。申告分離課税とは、給与所得と事業所得を合算した金額を区分したうえで、税金の額を計算する方式です。つまり、事業活動でどれだけ稼ごうが、株式譲渡の税金計算には無関係です。

株式譲渡の税金計算には、2つのパターンあります。具体的には、売り手株主が個人か法人かによって、株式譲渡で課税される税金が異なります。では、それぞれのケースを解説します。

売り手が個人のケース

大半の非上場中小企業では、経営者個人が株を所持しています。その場合には、このケースに当てはまり、譲渡所得に対して20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の税金が課税されます。譲渡所得とは、株式譲渡によって獲得した代金から、各種費用(取得費、譲渡費用)を引いた部分です。

取得費とは、会社を設立する際に要した株式の取得費用であり、購入代金や手数料、名義書換料等が取得費に該当します。取得費が分からない場合には、売却価格の5%を概算取得費として適用できます。また、相続によって得た株式についても取得費が定められています。

一方で譲渡費用とは、M&Aの際にかかった費用であり、M&Aアドバイザリーに支払った仲介手数料等がこれに該当します。実際に、株式譲渡でかかる税金は、下記のとおり計算されます。

  • 売却代金−各費用(株式取得費用、譲渡費用)=譲渡所得
  • 概算取得費の適用が可能
  • 税金=譲渡所得×20.315%(所得税15.315%、住民税5%) 

なお、各税金ごとに納税時期が異なる点には注意が必要です。所得税は翌年の3月15日までに確定申告を実施して納税し、住民税はその年の6月に自治体から納付書が届きます。所得税の支払いで安心して、住民税の支払いが困難にならない様に注意しましょう。

売り手が法人のケース

売り手が法人のケースでも、基本的には個人売り手の場合と同じ部分が多いです。ですが、いくつか違う部分もあります。まず、譲渡所得ではなく譲渡益と呼ぶ点が異なります。譲渡益自体は、前述した譲渡所得と算出方法が同じです。

ただし、概算取得費の適用はできない点に注意が必要です。また、法人が株主のケースでは、会社側に法人税が課税されます。法人税率は、各法人によって税率が異なります。一般的には約30%程度であり、実際に株式譲渡でかかる税金は、下記のとおり計算されます。

  • 売却代金−各費用(株式取得費用、譲渡費用)=譲渡所得
  • 概算取得費の適用不可
  • 税金=譲渡所得×法人税等(約30%)

以上のとおり、売り手の株主が法人か個人かによって、支払う税金の種類や額が異なるので注意しましょう。

⑵株式譲渡で利用できる節税手法

上述しましたとおり、株式譲渡を実施した際には、多額の税金が課されますので、経営者ならば、誰しもが節税を考えます。すべてのケースには当てはまらないものの、退職金制度の活用によって節税できる場合があります。

具体的には、株式譲渡代金の一部を退職金として受け取れば、株式譲渡に課税される税率よりも低くなるケースがあります。これは買い手側にとってもメリットです。譲渡代金の一部を退職金として支給すれば、その分の金額を損金に算入可能です。

つまり、売り手・買い手双方が支払う税額を抑えられます。ただし、この手法を活用するには専門的な知識が必要です。実際に検討する際には、専門家の意見を仰ぎましょう。

※関連記事

株式譲渡時の税金

株式譲渡契約書とは?株式譲渡契約書の意味

株式譲渡契約書とは?株式譲渡契約書の意味

株式譲渡契約書とは、株式と現金の交換を保証する目的で締結される契約書です。ここでは、株式譲渡契約書に関して詳しく解説します。

⑴株式譲渡契約書の記載内容

株式譲渡契約書には、主に下記内容を記載します。

  • 基本合意
  • 株式譲渡代金の支払い方法
  • 譲渡承認手続に関する内容
  • 株主名簿の名義書換えに関する事項
  • 表明保証と損害賠償に関する事項

これらの記載内容について、これから詳しく見ていきましょう。

①基本合意

基本合意の項では、株式譲渡に関する基本的な合意内容を記載します。具体的には、下記内容を盛り込みます。

  • 株式会社の情報(会社名や住所)
  • 株式譲渡の価格
  • 譲渡する株式の種類
  • 譲渡対象の株式数

上記に加えて、株主の氏名や株式譲渡の目的等も記載される場合もあります。株式譲渡の価格については、様々な算定方法があり、これに関しては、後ほど詳しく解説します。

②株式譲渡代金の支払い方法

株式譲渡では、対価として買い手から売り手に対して現金が支払われます。株式譲渡契約書には、対価の支払い方法と支払期限を盛り込みます。

株券発行会社であれば、支払いと同時に株券を交付する旨を必ず記載しましょう。

③譲渡承認手続きに関する内容

譲渡制限株式である場合は、承認手続きを実行する旨と期限を記載します。

④株主名簿の名義書換えに関する事項

株券未発行の場合で株式譲渡の効力を生じさせるためには、株主名簿の書き換えが必要です。

確実に名簿書き換えを実行するうえでも、株式譲渡契約書には代金支払いと同時に株主名簿書換え請求書を交付する旨を記載しておきましょう。

⑤表明保証と損害賠償に関する事項

表明保証とは、株式譲渡に関して開示した情報が正しい旨を売り手側に保証させることです。表明保証を株式譲渡契約書に記載することで、後々に買い手側が損失を被るリスクを軽減できます。

万が一、表明保証に虚偽が発覚した際に備え、損害賠償についても定めておきましょう。

⑵株式譲渡契約書の印紙税

ビジネスで作成する契約書には、原則として印紙税と呼ばれる税金が発生します。この際、収入印紙を購入し、それを契約書に貼付する形で印紙税を納税します。では、株式譲渡契約書の作成に印紙税は課税されるのでしょうか?

株式譲渡契約書は非課税文書とされているため、原則として印紙の貼り付けは不要です。ただし、代金が既に支払われた旨が株式譲渡契約書に記載されているケースでは課税文書となり、収入印紙の貼り付けが必要となります。

株式譲渡価格の算定

株式譲渡価格の算定

株式譲渡においては、取引される株式の価格を算定する必要があります。株式譲渡価格の算定に際しては、下記3種類のアプローチを用います。

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ

アプローチごとに用いる場面や着眼点が異なるため、状況や会社の規模等を踏まえたうえで算定方法を選択する必要があります。以下で、各算定方法について詳しく解説します。なお、M&Aの際には、その都度M&A仲介会社、アドバイザリーに実務をサポートしてもらうのがベストです。

M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを活かしM&Aをフルサポートいたします。また、M&A総合研究所には会計士も在籍していますので、財務面でも知識が豊富なアドバイザーがフルサポートをお約束します。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

⑴コストアプローチ

コストアプローチとは、評価対象の純資産額に基づいて、株式譲渡価格を算定する方法です。簡単に客観性の高い株式譲渡価格を算定できるメリットがある一方で、将来的な収益力を一切加味できないデメリットもあります。

この算定方法は、清算予定や業績が低迷している中小企業の株式譲渡で主に活用されています。具体的な手法には「簿価純資産法」があり、純資産をそのまま株式価値として株式譲渡価格を算定します。売り手企業にとっては、予想よりも低い株式譲渡価格となる傾向があります。

⑵インカムアプローチ

インカムアプローチとは、評価対象から将来期待される利益やキャッシュフローに基づいて、株式譲渡価格を算定する方法です。将来的な収益力を株式譲渡価格に加味できる一方で、客観性に欠けた恣意的な価格が算定されるリスクもあります。

多少のデメリットはあるものの、M&Aにおいては最も合理的な価格算定方法と言われており、具体的な手法には「DCF法」があります。こちらの手法では、将来得られるフリーキャッシュフローの現在価値合計を基に、株式譲渡価格を算定します。

ただ、計算に専門的な知識を要するため、専門家に依頼したうえで用いる必要があります。

⑶マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、類似企業や類似取引等に基づいて、株式譲渡価格を算定する方法です。未上場企業でも客観性の高い株式譲渡価格を算定可能である一方で、類似する取引や企業を見つけ出すことが困難です。この算定方法は、成長性の高い未上場企業の株式譲渡での活用事例が多いです。

具体的な手法には、「類似会社比準法」があり、この手法では類似する上場会社の株式指標(PERやEBITDA)を用いて、株式譲渡価格を算定します。上場企業と比較するため、評価対象はある程度の規模でなければ適用できません。

株式譲渡後の社員

株式譲渡後の社員

経営者が最後まで心配するのは、これまで自社で働いてきた社員のことではないでしょうか。では、株式譲渡後、社員はどうなるかについて解説します。

⑴株式譲渡後における社員の処遇と雇用

株式譲渡により経営者が変わるため、社員の処遇について心配する方は多いのではないでしょうか?結論としては、株式譲渡後も社員の雇用や待遇は維持されるケースがほとんどです。買い手企業にとって、売り手企業の社員は収益力の源泉です。

株式譲渡により会社の経営権を保有しても、社員がいなければ経営は成り立ちません。雇用を継続しても処遇を悪くした場合、従業員の離職やモチベーション低下を招きます。このような事態は買い手企業にとって好ましくないため、基本的には引き続き雇用や処遇は継続されるのが一般的です。

⑵雇用や処遇維持を確実にするためには

基本的には、株式譲渡後も社員の処遇や雇用は維持されるものの、100%ではありません。確実に社員の雇用や処遇を維持するためには、契約段階で確約を取り付ける必要があります。具体的には、基本合意契約書や最終契約書にて、社員の雇用・待遇の維持に関して確約を盛り込みます

永遠に確約を取り付けることはできないものの、1〜2年間は確実に社員の雇用や待遇を維持できます。もしも、社員の雇用や待遇の維持に関することを契約書に盛り込むことを買い手側が拒んだ場合、交渉の相手として本当に良いのかを考え直す必要があるといえます。

⑶社員への精神的な影響

雇用や待遇に変化がなくても、社員は精神的な影響を受ける可能性があります。経営者の交代により、社内の雰囲気や環境が変わった場合、従業員に精神的な負荷がかかる恐れがあり、その結果として、モチベーション低下や離職を招くリスクがあります。

新しく経営者となった買い手は、従業員の精神的負荷を取り除くように取り計らう必要があります。収益力の源泉である社員の扱いは、買い手がとくに重視すべき課題です。

非上場企業の株式譲渡

これまでは、株式譲渡に関する一般的な知識について説明しました。ですが、非上場企業が株式譲渡を実施する際には、これまでとは別に注意すべきポイントがあります。ほとんどの中小企業は非上場ですので、是非とも参考にしてください。

では、非上場会社が株式譲渡を行う際に注意すべき要点を解説します。

⑴譲渡価格によって課税される税金額が異なる

通常株式譲渡を実施した際には、上述しましたように課税される税金の額が決定します。具体的には、時価や時価とそれほど差がない価格によって非上場株式を譲渡する際には、紹介しました方法を用いれば問題ありません。

しかし、時価よりも著しく低い値段で株式譲渡を実施する場合は要注意です。「時価よりも著しく低い値段」とは、時価の1/2以下の値段を指し、この場合、通常の株式譲渡とは、課税所得の基準や税金の算出方法が異なります。

時価の1/2以下で非上場株式を譲渡すると、贈与とみなされ、税金面で不利になる可能性があります。したがって、時価よりも著しく低い価格で株式譲渡するのは極力避けるべきです。

⑵非上場の株価算出方法

株式譲渡を用いてM&Aを実施する際、株価を基に売却価格を算定します。大企業の場合、市場で取引されている株価があるので問題ありません。しかし、非上場の中小企業の場合は基準となる株価がありません。ですので、何らかの方法で株価を算出する必要があります。 

非上場株式の価格算定手法には、主に3種類あります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを解説します。

①純資産価額方式

純資産を基準にして、非上場株式の価格を計算する手法です。含み損益等の現実的な情報を価格に反映できるメリットがあります。加えて、貸借対照表のデータを参考にするため、客観性に優れた信頼性の高い価格を算出できます。

ただし、将来の収益性を反映できないデメリットもあります。M&Aでは、将来性を加味したうえで売却価格を決定するのがベストです。ですので、その点では不向きな方法といえます。純資産には簿価か時価のどちらも利用可能です。

しかし、すべての資産を時価評価するのは困難です。スピーディーに株式譲渡したいならば、簿価を用いた方が無難です。

②類似業種比準方式

非上場の株式を、同じ業種の他会社と比較する手法です。比較する相手は、上場企業であるのがベストです。上場取引を反映するので、信頼性が高い値段を算定可能です。

一方で、非上場企業を比較対象にすると、信頼性が低くなります。

③配当還元方式

将来的な配当の期待値を基準にして、非上場株式の価格を算出する手法です。将来性を考慮している点では、M&Aで活用するのに適している手法です。しかし、配当金額が変動しやすい点や企業全体の価値を評価できないデメリットもあります。

以上のとおり、非上場株式の株価算定手法は、それぞれ一長一短です。自社の株式譲渡に適した方法を、しっかりと模索する必要があります。

※関連記事

会社を売りたい

非上場の株式譲渡とは?手続きや課税される税金の仕組みを解説

まとめ

今回は、株式譲渡を実施するうえで不可欠な知識について解説しました。株式譲渡は他のM&A手法よりも比較的簡単にできるのですが、手続きや税金等、知っておくべき情報が多いです。加えて、非上場企業が株式譲渡を用いてM&Aを行う際には、注意すべき事項が増えます。

株式譲渡を用いてM&Aを実施すれば、様々なメリットを得られるのですが、十分な準備なしに実施すると、思わぬトラブルや失敗を招く可能性もあります。株式譲渡を実施する際には、綿密に計画を練り実行しましょう。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

関連記事

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所のメールアドレスと電話番号、会社へのアクセス!

M&A総合研究所は、M&Aに関するご相談を受け付けているM&A仲介会社です。お問い合わせは、メールアドレス・電話番号・会社へ直接アクセスするなど、様々な方法があります。本記事では、M&A総合研究...

M&A
M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所がForbes(フォーブス)で語ったM&Aのスピード化について

M&A総合研究所のM&Aサポートの特徴の1つに「超高速M&A」があります。この特徴はフォーブスでも大きく取り上げられ、M&A業界でも注目を集めています。本記事では、フォーブスで語ったM&A総合研...

M&A
会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

会社売却の際に債務(負債)・赤字はどうなる?注意点や成功ポイントを解説

債務(負債)・赤字を抱える会社でも、会社を他社へ譲り渡すことは可能です。当記事では、債務(負債)・赤字を抱える会社の会社売却に関して、売却の際の債務(負債)・赤字の引き継ぎや、引き継ぎ不可のケー...

M&A
M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所が日経の記事に!代表の経歴、M&A実績を紹介

M&A総合研究所は、M&A仲介会社として様々なメディアに取り上げられています。日経記事にも取り上げられ、事業内容について語っています。本記事では、日経に掲載されたM&A総合研究所の記事内容を始め...

M&A
M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

M&Aで300万〜500万あれば買える事業とは?【案件情報あり】

近年、500万円以下の少額のM&A案件が目立つようになりました。個人・サラリーマンによる独立を目指したスモールM&Aも多く見受けられ、注目を集めつつあります。本記事では、300万~500万円で買...

M&A
M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬とは?メリット・デメリットを徹底解説

M&Aの完全成功報酬は成約まで手数料がかからない料金体系です。その魅力的なメリットから採用する仲介会社が増えていますが、デメリットについても把握しておく必要があります。支払う手数料を試算するため...

M&A
事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却の費用や手数料、税金まとめ【仕訳/勘定科目】

事業譲渡・事業売却はM&A手法として広く利用されている手法の1つです。事業譲渡・事業売却の際は費用や手数料、税金が発生するので、正しく把握することが大切です。計画的にM&Aするためにも、費用や手...

事業譲渡
事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

事業譲渡・事業売却の相場は?高いバリュエーションを算定する方法を解説

自社の事業を他の会社へ譲り渡すのが事業譲渡・事業売却です。当記事では、事業譲渡・事業売却の相場をはじめ、相場よりも高い企業価値を算出する方法や、取引価格を上げる方法、事業譲渡・事業売却の長所と短...

事業譲渡
地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

地方の中小企業でもM&Aできる?動向、後継者問題を解説【成功事例あり】

M&Aは大都市圏で最も盛んに行われていますが、地方のM&Aも徐々に普及しつつあります。特に地方の中小企業がM&Aを活用することは、地域創生の観点からも重要です。本記事では、地方の中小企業M&Aに...

中小企業M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)