2020年2月10日更新事業承継

経営理念とは?経営理念を作る目的や作り方などをご紹介!

経営理念はその企業の顔であり、イメージそのものだといっても過言ではありません。そのため、創業者・経営者の想いやビジョンが反映されるように、しっかり考えて決める必要があります。

目次
  1. 経営理念とは
  2. 経営理念の目的と効果
  3. 経営理念のメリット・デメリット
  4. 経営理念の決め方
  5. 経営理念の事例
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

経営理念とは

そもそも経営理念とは何でしょうか?端的にいうのであれば「企業の基本的な活動方針を示す考え方」のことで、「クレド」や「フィロソフィ」と呼ばれることもあります。経営理念は創業者や経営者によって設定されるものであり、その内容は以下のように多種多様なものがあります。

  • 創業者・経営者の商売の考え方・価値観
  • 企業の目標
  • 企業の存在意義・使命

経営理念とよく似た言葉に「企業理念」というものがあります。一見するとあまり違いがないように見える2つの言葉ですが、実は経営理念と企業理念はある一点が大きく異なっています。

経営理念は経営方針ともいえるものであるため、創業者や経営者がその気になれば変更することもありますが、企業理念は企業が創立した段階で設定されるものであり、「初志」にあたるため一般的には変更することがありません。

「変えられるか、変えられないか」という点が経営理念と企業理念の決定的な違いだといえるでしょう。

経営理念の目的と効果

経営理念を作成するにあたり、その目的と経営理念のもたらす効果を正しく理解せず、ただやみくもに決めたのでは意味がありません。これらをまずは正しく理解したうえで、企業にとって効果的な経営理念を作成していきましょう。

企業の方向性を決める

経営理念において最も重要な目的は「企業の方向性を決める」ことです。どんな業界・業種の企業でも、どのように事業を展開していくのか、業務に取り組んでいくのかというベクトルは決まっているものです。

経営理念はそのベクトルを端的に示すものとして機能しており、そうして設定された経営理念は、その企業の今後の立ち回り全てに影響を及ぼし続けるものとなります。

従業員の行動規範

経営理念は、企業としての在り方だけでなく、所属する従業員の行動規範としても機能します。「全従業員はこの経営理念の下で、業務に勤しんでください」と伝えるために設定されるわけです。

十人十色というように、従業員も人間である以上それぞれ個性や考え方はもちろん、仕事に対するスタンスも異なるため、多様な従業員を統制し、同じ方向に向いてもらうために力を発揮するのが経営理念です。

ブランドイメージ

企業のブランドイメージを構築するためにも、経営理念は設定されます。経営理念はその企業の個性を示すものであり、ブランドイメージを決定するものでもあります。他の企業と違う経営理念を掲げれば、ブランドイメージの差別化にもつながるでしょう。

ブランドイメージとしての経営理念は、新たな取引や人材採用の際に相手が持つイメージの元にもなるため、印象的な経営理念は、その企業の求心力に影響を与えるでしょう。

経営理念のメリット・デメリット

経営理念にはメリットもあればデメリットもあります。経営理念を作成する際には、まずどのような点で力を発揮し、どのような点で制限をもたらすのかを把握しておくことが重要です。

経営理念のメリット

経営理念のメリットには大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  • 企業の方針・ビジョンが明確になり、共有しやすくなる
  • ブランドイメージを作ることができる

企業の方針・ビジョンが明確になり、共有しやすくなる

経営理念を設定することで企業の方針・ビジョンが明確になり、自他ともに共有しやすくなります。創業者や経営者はそれぞれ独自の哲学を持ち、独自のビジョンをもって経営に取り組んでいますが、それを全従業員と共有することは決して容易なことではありません。

経営理念というわかりやすい形で、企業の方針・ビジョンを呈示することができれば、従業員はもちろん取引先など、外部の人間とも共有しやすくなります。個々に考えや価値観が異なる従業員を一つにまとめるうえでも、共有しやすい経営理念は非常に役に立ちます。

一つの経営理念を共有することは、企業全体の一体感を生み出すことにもつながります。従業員によって仕事への向き合い方は異なりますが、経営理念を共有することで業務の向き合い方を均質化できるようになり、経営者の意向が実現しやすくなります。

ブランドイメージを作ることができる

ブランドイメージを作ることができることも、経営理念の大きなメリットです。斬新な経営理念は、広告に掲載した際に印象に残りやすくなり、宣伝効果も期待できます。

経営理念は会社の顔ともいえる部分であり、個性的な経営理念はそれだけで会社のイメージを決定づけます。意図的に「記憶に残る」経営理念を作ることも、企業の成長において有効的な手段だといえるでしょう。

経営理念のデメリット

このように経営理念にもメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。主なデメリットとしては以下の2つが挙げられます。

  • 作成するのが大変
  • 束縛されることもある

作成するのが大変

当たり前のことではありますが、経営者の哲学やビジョン、企業の方針を完全に取り込んだ経営理念を決めることは大変なことです。経営理念は内部の人間のみならず、不特定多数の外部の人間にも見せるものであり、その企業のブランドイメージを決定づけるものでもあります。

自分の想いを言葉にするという作業は、決して簡単なものではありません。経営理念を設定する際には、経営者自身だけで考えるよりも、信頼できる第三者に相談しながら作成するのが良いでしょう。

束縛されることもある

経営理念は企業の顔でありイメージそのものになり得るものですが、良くも悪くも理想的な言葉が並べ立てられたものであり、それに経営者が束縛されてしまうこともあります。それを見た外部の人間からすると経営者も従業員も、その経営理念通りに行動しているものだと判断します。

経営者も従業員も人間である以上、迷うこともあれば失敗することもありますが、経営理念を見た外部の人間からすると、経営者も従業員もその経営理念通りに行動しているものだと判断します。

もしその迷いや失敗が経営理念に反するものであれば、それだけ企業のイメージを損なうことにも繋がりますし、万が一企業が不祥事を起こすようなことになれば、その企業の経営理念が立派なものであればあるほど企業への心証は悪化してしまいます。

創業者・経営者が経営理念を変更した際には、前の経営理念とのギャップを指摘されることもあります。当然ながら、失敗を恐れて経営理念を立てないようなことに意味はありませんが、経営理念にはそれだけの重みがあるということは承知しておきましょう。

経営理念の決め方

経営理念を作成する際には、前述した経営理念の目的や効果の他にも要点をおさえておく必要があります。要点をおさえて順序立てて行うことで、より良い経営理念を作成することができます。

4つの軸を理解する

経営理念には4つの軸があり、まずそれを理解しておくことが重要となります。経営理念における4つの軸とは以下になります。

  • 使命
  • 価値観
  • 行動指針
  • 目標
経営理念をどのように作成するかは経営者次第ですが、この4つの軸を反映させておくことで、より良い経営理念を作成することができるようになります。

創業者・経営者の理念をまとめる

経営理念は創業者・経営者が作成するものであるため、創業者・経営者の理念がまとまっていなければ意味がありません。まずは創業者・経営者が理念(自身の哲学や価値観、考え方など)をまとめ、何を伝えるべきかを整理しておくようにしましょう。

この理念をまとめるこの作業は、創業者・経営者が起業する動機や将来的なビジョンに直結するものですし、日頃どれだけ自分の企業について考えているかによって、作業にかかる時間が左右されるだけでなく、ある程度の論理的な思考も求められます。

経営理念を作成するうえで最も大変な作業であり、情熱だけを全面に出しても決して上手くいかないので注意しておきましょう。

必要があれば勉強・相談する

経営理念を作成する際には、必要に応じて自分で勉強したり他の人に相談したりすることも大切です。自分の想いを言葉にする作業は意外と難しいものであり、ある程度の語彙や発想も必要になるため、他の会社の経営理念を参照したり本を読むなどして勉強したり、信頼できる人に相談してみましょう。

語彙は他の人の言葉に触れることで培われるものですし、コミュニケーションを通じて新たな発想が生まれることもあります。経営理念は創業者・経営者が作成するものですが、一人で作ることがベストというわけではありません。必要があれば周囲に積極的に意見を求めるようにしましょう。

少しズルい方法ですが、身近にコピーライターがいるのであればその力を借りるのも良いでしょう。コピーライターはキャッチコピーを考えるプロフェッショナルであり、経営理念のような「想いをわかりやすい言葉でまとめる」という作業を日頃行っているため、より良い経営理念を作成することができるでしょう。

経営理念の事例

最後に誰もが知る、大手企業の経営理念を3つご紹介します。どの企業の経営理念も洗練されたものですので、参考にしてみると良いでしょう。

  • A Better Life, A Better World/パナソニック
  • 情報革命で人々を幸せに/ソフトバンク
  • 服を変え、常識を変え、世界を変えていく/ユニクロ

A Better Life, A Better World/パナソニック

世界的な電機メーカーであるパナソニックの経営理念は「A Better Life, A Better World」です。文字通り「より良い暮らしを、より良い世界を」という意味であり、常に人々の生活を良くする電化製品を提供しているパナソニックにピッタリだといえるでしょう。

実はこの経営理念は、創業者である松下幸之助の綱領をベースにしています。「産業人タルノ本分ニ徹シ社会生活ノ改善ト向上ヲ図リ、世界文化ノ進展ニ寄与センコトヲ期ス」というのが松下幸之助が呈示した綱領ですが、これを現代向けにわかりやすく表現したのが「A Better Life, A Better World」というわけです。

パナソニックの経営理念は、経営理念が時代に合わせて変化することもあり得ることを示している好例だといえます。

情報革命で人々を幸せに/ソフトバンク

日本の大手キャリアのソフトバンクの経営理念は「情報革命で人々を幸せに」です。情報革命を通じてひとりでも多くの人へ、喜びや感動を伝えることで幸せを感じてほしい、という想いから創業当時より一貫して、人類と社会への貢献を推進してきたソフトバンクの志が凝縮されたものです。

創業時からの志を上手くまとめており、かつ情報社会の発展が著しい現代にもぴったりの経営理念のひとつだといえるでしょう。

服を変え、常識を変え、世界を変えていく/ユニクロ

いわずとしれた大手アパレル製造小売業であるユニクロの経営理念は、「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」です。ユニクロは誰もの身近にある服から、今までにない新しい価値を見出していくことで、そこから生まれる喜びを通じて、世界に満足や幸せを提供することをコンセプトにしています。

ソフトバンクと同じく、モノ・サービスを提供することで幸せを感じてほしいという理念は、多くの経営者にとって参考になるのではないでしょうか。

まとめ

経営理念はその企業の顔であり、イメージそのものだといっても過言ではありません。創業者・経営者の想いやビジョンが反映されるように、しっかり考えて作成する必要があります。

一人で作成することが難しいと感じたら、周囲の人に相談したり、様々な本や別の会社の経営理念を参照したりすると良いでしょう。要点をまとめると以下になります。

・経営理念とは

 →企業の基本的な活動方針を示す考え方

・経営理念の目的と効果

 →企業の方向性を決める、従業員の行動規範、ブランドイメージを決定する

・経営理念のメリット

 →企業の方針・ビジョンが明確になり共有しやすくなる、ブランドイメージを作ることができる

・経営理念のデメリット

 →作成するのが大変、束縛されることもある

・経営理念の決め方

 →4つの軸を理解したうえで創業者・経営者の理念をまとめていき、必要があれば勉強・相談する

ところで、企業がM&Aを行う局面においても、経営理念は生きていなければなりません。理念に即した、あるいは反した手法や手順などが企業ごとにあるはずです。M&Aの豊富な実績を持つM&A総合研究所なら、知識と経験のあるプロが経営理念に即したかたちでのM&Aをご提案いたします。

M&A総合研究所では無料で相談を承っており、報酬は国内最安値水準で着手金などの手数料も一切かかりませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)