2020年2月29日更新会社・事業を売る

自己破産とは?メリット・デメリットや費用、方法をわかりやすく解説

自己破産はデメリットのことが先行してネガティブなイメージを持ちますが、メリットもあるため場合によっては手続きしてしまったほうが良いケースもあります。しかし、当然のようにデメリットには注意しなければなりません。自己破産の種類や方法、流れや手続きを解説します。

目次
  1. 自己破産
  2. 自己破産とは?自己破産の条件
  3. 自己破産の種類と方法
  4. 自己破産のやり方とは?流れと手続き
  5. 自己破産のメリット・デメリット
  6. 自己破産の期間と専門家依頼の費用とは
  7. 法人・会社の自己破産は?注意点や従業員・役員への影響
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

自己破産

自己破産といえば手続きすることのデメリットばかりが先行して、どうしてもネガティブなイメージを持ってしまいます。たとえば、自己破産をするとローンやクレジットカードの契約で制限がかかり、社会的にも良いものとして扱われているわけではありません。

しかし、自己破産にはメリットもあるため、場合によってはできるだけ早く手続きをしてしまったほうが良いケースもあります。今回は、自己破産の流れやメリット・デメリットなどについて詳しくお伝えしていきます。

※関連記事
破産手続きとは?法人・個人の破産手続きの流れと費用

自己破産とは?自己破産の条件

自己破産とは、わかりやすくいうと「返済できなくなった借金を裁判所の認可を得ることで免除してもらう」というものです。そのため、自己破産を行うとその人は借金の返済義務はなくなり、すべての借金がなくなります。

ただし、単純に借金が消えてしまうということではありません。詳細は後述しますが、自己破産は借金を返済するためにその人の財産を現金化し、債権者に配当していくプロセスがあります。それでも借金が返済できなかった場合に、残りの借金を免除するということです。

つまり自己破産は、単純に借金をゼロにするわけではなく、財産を処分してまでも返済できない借金を免除してもらうという行為なのです。そのため、自己破産を行うと返済の過程で一定以上の財産を手放すことになります。

自己破産の可否に借金の額は関係ない

自己破産というと、1,000万円などといった高額な借金を背負っている人が行うものであり、100万円などの少ない借金ではできないというイメージがあります。しかし、自己破産ができるかどうかということに借金の金額はあまり関係ありません

そのため、数十万円しか借金がないから自己破産できない、数千万円の借金があるから自己破産できるというわけではありません。あくまでも、裁判所が自己破産となるまでに至った理由や資産状況、収入などを鑑みて総合的に判断して決定します。

自己破産を認可してもらえないこともある

自己破産は申し立てること自体は借金の額に関係なくできますが、裁判所に認可してもらえるかどうかはまた別の話になります。破産法では自己破産できない理由を定めており、これを「免責不許可事由」といいます。主な免責不許可事由は、以下のとおりです。

免責不許可事由 免責不許可事由に該当する行為
財産の隠匿 特定の財産を財産目録から外し、あたかもその財産を所有していないと偽るなどの行為
換金行為 ショッピング枠の現金化などの行為(申し立て直前)
偏頗返済 複数ある借金のうち、特定の借金にだけ申し立ての前に返済を行う行為
ギャンブル・浪費 収入の範囲を超える買い物、ギャンブルや株などで財産を著しく減らす行為
詐欺による借入 1年以内において、虚偽の書類(身分証明書や収入証明書など)により借入を行う
その他 裁判所の調査を遅らせる、虚偽の書類を提出するなどの行為

よく「パチンコや競馬で作った借金は自己破産できない」と言われているのも、自己破産には上記のような免責不許可事由があるからです。

※関連記事
相続税と相続に伴う破産

自己破産の種類と方法

自己破産には「同時廃止事件」と「管財事件」の2種類があります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

同時廃止事件

同時廃止事件は、破産手続き開始と共に破産廃止手続が実行されるというものであり、同時廃止事件は債権者に配当すべき財産がない場合に適用されます。したがって、財産を処分する手間がない分スピーディーに進みます。

同時廃止事件は早ければ2、3ヶ月、遅くとも半年程度で自己破産を完了させることができます。基本的に個人が自己破産をする場合は、この同時廃止事件として扱われるケースがほとんどです。

管財事件

管財事件は、債権者に配当すべき財産がある場合に行われる自己破産であり、選任された破産管財人が財産を処分する手続きを行います。管財事件は財産の処分を行うため同時廃止事件より時間がかかるものであり、長ければ1年近くかかることもあります。

また、手続きが長くなることで裁判所への予納金も増えます。管財事件は通常管財と少額管財の2種類があり、それぞれ自己破産をする人が持つ資産の大小によって変わります。通常管財は大規模な法人の自己破産で行われるケースであり、規模によっては完了までに数年かかることもあります。

くわえて、債権者との紛争が発生して手間がかかることが多いため、通常管財が行われることは多くありません。対して少額管財は、比較的財産が少ない場合に適用されます。少額管財は通常管財ほど手間がかからないものであり、早ければ同時廃止事件と同様に半年程度で自己破産が完了することもあるようです。

自己破産のやり方とは?流れと手続き

自己破産には同時廃止事件と管財事件の2種類がありますが、手続きの流れはおおむね同じです。自己破産は以下のような流れで進めていくことになります。

  1. 委任
  2. 破産申立・免責申立
  3. 破産審尋
  4. 破産手続き開始決定
  5. 破産手続き開始決定
  6. 債権者集会・免責審尋

①委任

委任とは、弁護士に自己破産の手続きを依頼することです。自己破産をする際の書類は難しく、高度な知識も必要なため一般的には弁護士などに委任して行います。また、委任を受けることで弁護士は、債権者に受任通知を発送します。

②破産申立・免責申立

破産申立と免責申立は、それぞれ自己破産と免責を行うための申立です。裁判所に申立を行いますが、この際に必要な書類があります。申立を行う人の状況によって異なることがありますが、必要な書類は以下のようになっています。

  • 申立書
  • 陳述書
  • 債権者一覧表
  • 滞納公租公課一覧表
  • 財産目録
  • 債権者宛名ラベル原稿
  • 添付書類一覧表
  • 身分に関する一覧表
  • 職業や収入に関する資料
  • 現在の住居に関する資料

③破産審尋

破産審尋は、裁判官と行う面接です。申立からおおむね1ヶ月後に行い、自己破産をする理由や現在の資産状況などについて確認されます。

④破産手続き開始決定

破産審尋で申立者に自己破産が適用されることが決定されれば、破産手続きが開始されます。同時廃止事件であれば、このまま免責審尋に移ります。

⑤破産管財人の選任

管財事件の場合は破産手続きが開始された後に、まず財産を処分する破産管財人が選任されます。申立者は破産管財人と打ち合わせを行い、財産の処分に際して必要な書類を提出して処分を進めていきます。

⑥債権者集会・免責審尋

債権者集会・免責審尋は、債権者と会議して免責を行うか否かを決定する手続きです。債権者集会は債権者から意見などがある場合に開催されますが、債権者から申し立てがなければすぐに終了します。免責審尋は、破産審尋と同様に裁判官との面接であり、破産管財人を交えて行われます。

ここで問題がなければ免責が決定されて免責決定書が届き、そこから約2週間後に免責が確定して自己破産の手続きは完了します。なお、債権者集会・免責審尋は破産手続き開始から2~3ヶ月後に行われ、同時廃止事件であれば破産手続き開始から約2ヶ月後に行われます。

※関連記事
破産申し立ての流れや費用、手続きをご紹介

自己破産のメリット・デメリット

自己破産はイメージが目立ってしまいますが、デメリットばかりではなくメリットもあります。ここでは、自己破産のメリット・デメリットをお伝えしていきます。

自己破産のメリット

まず、自己破産のメリットには以下のようなものがあります。

借金の返済義務がなくなる

自己破産の最大のメリットは、借金の返済義務がなくなるという点です。返済能力を超えた借金は生活に負担が大きいものであり、返済義務がなくなることで生活をやり直すきっかけになります。また、借金を背負っているという精神的な負担からも解放されます。

借金を苦に自殺や夜逃げをしてしまう前の選択肢として、自己破産は有効的だといえるでしょう。

ある程度の財産は残せる

自己破産は管財事件のように財産を処分するプロセスもありますが、すべての財産がは処分されることはありません。20万円以下の現金やテレビ、冷蔵庫などの生活必需品については1台に限り残しておくことができます。

また、自己破産の手続きに入っている間、債権者は財産の差し押さえをすることができなくなります。そのため、差し押さえられたくない財産を守ることができる可能性もあります。

家族に悪影響は及ばない

自分が自己破産をすることで、その影響が家族にまで及んでしまうと思っている人も少なくありません。具体的には、家族が借入をする場合やクレジットカードを作る際に、家族に自己破産者がいるという理由で断られてしまうということです。

しかしそれはまったくの間違いであり、自分の自己破産が家族に影響を与えることはありません。そのそも、ローンやクレジットカードというのは、申込者本人の信用状態を審査しています。つまり、家族の信用状態はまったく関係のないことなのです。

自己破産のデメリット

次に、自己破産のデメリットは以下のとおりです。

ブラックリストに載る

自己破産において懸念すべき事柄の一つが、金融機関のブラックリストに載ってしまうことです。ブラックリストに載ることで自己破産を行ったことが知られ、クレジットカードの契約やローンを組むことができなくなります。

ブラックリストに載った名前は、消えるまでに5~10年程かかるといわれています。なお、自己破産したことは官報にも公告されますが、これは一般的に見られているものではないため、職場の人などに知られる可能性は低いです。

職業に制限がかかる

免責が確定するまでの期間は、就ける職業に制限がかかることも自己破産のデメリットだといえます。弁護士、司法書士、会計士、税理士などといった士業、質屋、古物商、保険外交員、警備員、宅地建物取引主任者などの職業がこれに該当します。

また、会社によっては過去に自己破産したことがあった人の採用は行わないとするところもあります。

保証人になっている家族には迷惑がかかる

基本的に、自分が自己破産したことでその影響が家族に及ぶことはありません。しかし、自分の借入に家族が保証人となっている場合は事情が違います。債権者は借金をしている本人だけでなく、保証人にも取り立てをする権利を持っています

そのため、借金をした本人が自己破産したとなれば、債権者は保証人に取り立てを行うことになります。つまり、保証人となっている家族に迷惑をかけることになります。家族が保証人となっている借金がある場合は、自己破産することについて十分に話し合うようにしましょう。

自己破産の期間と専門家依頼の費用とは

自己破産を行う場合、完了までの期間と専門家に依頼した際の費用はどのくらいかかるのでしょうか。

自己破産の期間

自己破産の期間は同時廃止事件と管財事件で異なります。同時廃止事件や財産の規模が少ない少額管財であれば3ヶ月~半年程度で完了することが多いです。基本的に自己破産の手続きは、それぞれのプロセスが進行する間に2週間~2ヶ月程度のインターバルがあります。

そのため、最低でも約3ヶ月はかかることになります。管財事件、それも通常管財の場合はさらに期間が延びます。最低でも半年はかかりますし、長ければ数年に及ぶこともあります。また、同時廃止事件・管財事件いずれの場合も、自己破産の手続きを進める過程で債権者とトラブルになれば期間が長くなります。

最悪の場合、訴訟に発展することもあるため注意しなければなりません。

専門家に依頼した際の費用

自己破産を行う場合、弁護士に依頼して手続きを行うことが一般的です。弁護士に依頼した際の費用は事務所によって変わりますが、基本的には着手金・実費・成功報酬の3段階に分かれています。

着手金・実費・成功報酬それぞれにどれだけ費用がかかるかはケースバイケースですが、トータルで見ると50万円前後かかることが多いようです。また、実費の中には自己破産で裁判所に納める予納金も含まれます。

予納金は管財事件の方が同時廃止事件よりもかかるため、手続きによってはトータルで100万円近くの費用が発生する可能性もあります。ここまで聞くと弁護士に依頼することを躊躇(ちゅうちょ)してしまいますが、多くの弁護士事務所では分割払いに対応しています。

法人・会社の自己破産は?注意点や従業員・役員への影響

法人・会社が自己破産を行う場合は、個人とは違う注意点がありますので注意する必要があります。法人・会社の自己破産の注意点は、以下のようなものがあります。

否認権

基本的に法人・会社の自己破産は管財事件になるケースがほとんどですが、その際は破産管財人の否認権に注意しておきましょう。否認権とは、破産手続を開始する前に処分したものや、本来は債権者に配当するはずであった財産を、破産管財人が取り戻すことができるという権限です。

この否認権は、いってしまえば法人・会社が行おうとしている財産の処分を否定できるものであり、破産管財人が債権者の権利を侵害したと判断すると経営者が望む財産の処分ができなくなります。

従業員・役員への影響

法人・会社は自己破産と行うと消滅することになりますが、それに先んじて従業員や役員にはしっかり説明をしておく必要があります。とくに賃金についてはしっかりと説明しなければならず、法人・会社が自己破産を行う場合は従業員への賃金や退職金などは優先的に用意をする必要があります。

ただし、役員報酬は従業員の賃金と比べてそこまで優先的に扱われません。それどころか役員報酬の支払いは、支払停止の状況においては許されないものであり、もし支払った場合は否認権の対象になります。

※関連記事
民事再生とは?流れとメリット・デメリットをわかりやすく解説

まとめ

自己破産にはネガティブなイメージがありますが、借金の返済義務がなくなることや一定の財産は残しておけるなどのメリットもあります。自己破産のプロセスは煩雑であり、注意点も多いのですが、弁護士に委任することで安心して任せることができます。

弁護士への報酬は決して安いとは言えませんが、多くの弁護士が分割に対応していますし、返済能力を超えた借金を放置しているよりはいいはずです。しかし、自己破産には免責不可事由もあるため申し立てをしても必ず認可されるわけではないことに注意しなくてはなりません。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)