2020年1月29日更新会社・事業を売る

JTのM&Aとは?買収事例やM&A成功の秘訣、JTのM&Aについての本もご紹介

JT(日本たばこ産業)は、これまでに様々なクロスボーダーM&Aを実施してきた企業です。今日見られる​​​​​​​JTのグローバル展開は、M&Aによって成し遂げられました。この記事では、JTのM&A買収事例・M&A成功の秘訣・M&Aを詳しく学べる本を紹介します。

目次
  1. JTのM&Aとは
  2. JTのM&Aにおける成功事例
  3. JTがM&Aを成功させた秘訣
  4. JTのM&Aを学べる本・書籍
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

JTのM&Aとは

JTはクロスボーダーM&Aを積極的に実施する企業として知られています。クロスボーダーM&Aとは売り手・買い手の片方が海外企業であるM&Aのことであり、国内企業が買い手となる場合には「In-out型」、海外企業が買い手となる場合には「Out-in型」と呼ばれています。

JTはとりわけ多くのクロスボーダーM&Aを実施した経歴を持っていますが、現在でもM&Aに対する積極的な姿勢は変わっておらず、国内のたばこ市場縮小を踏まえ海外での事業展開を継続している現状です。

こうしたM&A戦略の成功を受けて、海外たばこ事業の売上高は国内のものと比較して約2倍ほど伸長し、JTグループ全体売上の3分の2程度を占めています。ここからはJTについてより深く知るために、以下の項目に分けて紹介します。

  1. JTとは
  2. JTの歴史
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①JTとは

そもそもJTはたばこ・医薬品・食品・飲料の製造や販売を手掛ける国内企業です。また日本たばこ産業株式会社法に基づき設置された特殊会社であり、全株式のうち3分の1以上の株式を財務省が保有しています。

ちなみに2018年度(平成30年12月期)のJTの売上高は2兆2,160億円にのぼっており、事業別構成比は国内たばこ28.0%・海外たばこ59.2%・医療5.1%・食料7.3%です。この売上高はたばこ税やその他の代理取引取扱高は除いて算出されていますが、業績は好調といえます。

②JTの歴史

日本専売公社が手掛けていたたばこ事業を引き継ぐ形で1985年(昭和60年)4月1日に設立されて以降、JTはたばこ事業の世界的な展開が有名です。しかし過去には飲料事業でヒット商品を生み出したほかチューインガムの製造・販売にも参入するなど、多角化が推進されていました。

ここでJTの歴史を簡単に遡ると、まず1985年に設立されてまもなく新規事業の積極的展開を図るべく、事業開発本部が設置されています。そして5年後には各事業の推進体制強化を目的に、同本部が改組されて医薬・食品などの事業部が設けられたのです。

前述した飲料事業やチューインガム事業は、こうした各事業部によって開発が進められたものでした。ほかにもホテル・不動産分野の関連会社(JT徳島プリンスホテル・ジェイティ不動産)を抱えていたこともあり、当初は事業の多角化が目指されていたことが伺えますが、いずれも現在は撤退しています。

ちなみに現在においてもJTでは多数の関連会社を抱えており、具体的にはテーブルマーク(ジェイティフーズ ・サンジェルマン ・グリーンフーズ・ケイエス冷凍食品)・ジェイティ飲料・日本たばこアイメックス・日本フィルター工業などです。

事業の多角化を図るときにもM&Aは有効

上記で紹介したようにJTは事業の多角には失敗していますが、M&Aの活用次第では成功につなげられるケースも多いです。つまりもしも自社において事業の多角化を目指す場合には、有効策のひとつとしてM&A実施を検討すると良いです。

ところがM&Aを実施するには煩雑なプロセスを踏まなければなりません。それに加えて、自社にとって最適なM&A手法を吟味して選択しなければならず、不適切な手法を選んでしまえばM&Aの失敗につながりかねないリスクが潜んでいるのです。

以上のことからM&Aの実施を検討したら、専門家であるM&Aアドバイザーに相談することをおすすめします。M&AアドバイザーにはM&A仲介会社や税理士・公認会計士などが挙げられますが、最適な相談先はM&A総合研究所です。

M&A総合研究所には公認会計士をはじめとするM&Aアドバイザーが多数在籍しているM&A仲介会社です。M&Aに関する知識や経験が豊富であるため、自社にとって最適なM&A手法を丁寧にお調べいたします。またそのほかのM&Aプロセスについても手厚くサポートいたしますので、ご安心ください。

完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aの成功を目指したい場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業買収とは?事業買収の方法と注意点

M&Aアドバイザーとは?料金体系やメリット・デメリット、M&Aアドバイザーランキングを解説

JTのM&Aにおける成功事例

ここではJTが近年実施したM&Aを時系列に沿って紹介します。

  1. NTE社の株式取得
  2. マイティー・コーポレーション社の事業資産取得
  3. KDM社とSMNグループの買収
  4. ドンスコイ・タバックの買収
  5. アキジグループの買収
それぞれのM&A事例を順番に見ていきます。

①NTE社の株式取得

これは2016年7月に、エチオピアのたばこ大手であるNTE社の発行済株式40%を現地政府より取得した事例です。また2017年12月には、同様に発行済株式の約30%を追加で取得しています。

これら一連の買収の取引価格は、それぞれ2016年の株式取得金額が約535億円、2017年の株式取得金額が約490億円です。このように株式取得が分けられたのは、はじめに実施されたNTE社への出資によって現地でのさらなる成長が見込まれたためです。

こうして2回実施された株式取得の結果として、JTは約70%の株式を保有したことでNTE社を子会社化しています。これによりJTでは現地市場において事業展開を加速させただけでなく、市場拡大が著しいアフリカ地域における事業強化の実現にもこぎつけています。

実際にエチオピアは約9,700万人ほどの人口を抱える上に経済成長率が高く、たばこ市場の拡大も大いに期待されているため、JTでは市場拡大に対応した製造・流通体制の強化が図られているのです。

②マイティー・コーポレーション社の事業資産取得

これは2017年8月に、フィリピンのたばこ大手マイティー・コーポレーション社のたばこ事業に関する資産の取得を発表した事例です。本件M&Aは同年9月に資産取得手続きが完了し、取得対価は約1,020億円と報告されています。

相手先企業のマイティー・コーポレーション社はフィリピンのたばこ市場で第2位のシェアを有している企業であり、23%ほどのシェアを有する上にフィリピン全域での確かな流通販売網にも大きな強みを持っています。

こうした実力のあるマイティー・コーポレーション社の資産を取得することで、JTでは事業基盤の強化・シェアの向上などを実現しました。

③KDM社とSMNグループの買収

これは2017年8月に、インドネシアに拠点を持つたばこメーカーKDM社と流通会社SMNグループの買収を発表した事例です。本件の買収総額は約1,100億円と報告されており、同年10月に買収手続きが完了しています。

インドネシアのたばこ市場は中国に次ぐ世界第2位の規模を持ち、そのなかでも紙巻きたばこの販売本数は約2,850億本に及ぶほか、今後の市場拡大にも期待が寄せられています。また買収相手先のKDM社は、現地の市場シェアを2.2%持つ企業であり、2016年の売上高は約560億円にも及んでいます。

その一方でJTが持つシェアは1%に満たないわずかな割合であったため、この状況を改善すべく本件買収によって現地市場におけるシェア向上が図られました。

④ドンスコイ・タバックの買収

これは2018年8月に、ロシア第4位のたばこ会社であるドンスコイ・タバックの買収を発表した事例です。買収発表後の同年8月には買収手続きが完了し、買収金額は1,900億円規模と報告されています。

本件M&Aは現地市場におけるJTのシェアを40%に到達させる目的で実施され、実際にロシアでの事業基盤の強化を実現させています。また買収先企業は低価格帯の製品に強みを持っており、JTではブランドの補完によって競争力のさらなる強化が期待されています。

なおロシアのたばこ市場規模は世界第3位であり、本件M&AによりJTの世界的な地位強化が実現しました。その一方でロシアでは近年たばこ規制の強化が進んでいて今後の市場拡大がそれほど見込まれないため、本件の買収を否定的に捉える見解も存在します。

とはいえ世界第3位の市場においてNo.1たばこ会社としての地位強化につなげたという点では、一定の成果が認められる事例です。

⑤アキジグループの買収

これは2018年8月に、バングラデシュ第2位のたばこ会社アキジグループの買収を発表した事例です。本件の買収金額は1,645億円に及んでおり、同年11月に買収手続きを完了させています。

買収先はバングラデシュたばこ市場で約20%のシェアを持っており、低価格帯の製品に強みがある企業です。こうした高い実力を持つ企業を買収することで、JTでは東南アジア地域でのさらなる事業基盤強化が図られています。

またバングラデシュのたばこ市場は世界8位の規模を誇っている上に、市場成長率が2%と他国よりも比較的高い割合です。さらに近年は政府が農村部の開発・所得向上に注力していることもあって、JTも政府の方針に合わせて買収先企業が抱える従業員の雇用維持とたばこ農家の所得向上を目指しています。

なお本件は前述のフィリピンとインドネシアの買収とともに、東南アジア地域における事業拡大を目指した事例としてまとめられます。そしてJTでは東南アジア各国での市場シェア向上だけでなく、東南アジア全体における今後の事業展開をいかに進めるのか、広い視点での経営戦略に注目が集まっているのです。

M&Aは失敗してしまう確率も高い

これまで数多くの成功事例を紹介してきましたが、M&Aを成功させるのは決して簡単なことではありません。むしろM&Aは成功確率の低い手法とされており、成功確率は3割前後が一般的とされています。

なぜならM&Aを完了させるまでには相手探し・交渉・バリュエーション・デューデリジェンス・企業統合といった煩雑かつ膨大なプロセスを踏まなければならず、これらのプロセスの一部分でも疎かになってしまえばM&Aの失敗に直結してしまうおそれがあるためです。

以上のことからM&Aの成功を目指すときには、専門家に協力を求める必要があります。数ある専門家のなかでも最適な相談先は、M&A総合研究所です。M&A総合研究所は、公認会計士が在籍しているM&A仲介会社です。

そのためM&A総合研究所に相談いただければ、経験豊富なM&Aアドバイザーが金額算出や条件交渉などの分野で自社のM&Aが成功するよう手厚くサポートいたします。もしも相手探しに悩んでいるという場合には、自社のニーズに沿った相手先企業を迅速にご提案いたします。

なお基本的にM&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかるとされていますが、M&A総合研究所では早いクロージングを目指しており、平均3ヶ月という短期間でのクロージングを実現可能です。

完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aの成功確率を上げたい場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

JTがM&Aを成功させた秘訣

つづいてJTのM&A成功の秘訣を以下のとおり紹介します。

  1. 多角化で失敗した経緯がある
  2. パイロット買収によりクロスボーダーM&Aの経験を積んでいる
  3. 大規模クロスボーダーM&Aで成功を収めている
  4. シナジー効果を創出している
  5. 独自のM&Aプロセスを持っている
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①多角化で失敗した経緯がある

1985年に民営化して以降、JTは国内たばこ事業の成長が見込めない問題を解消すべく事業の多角化を進めました。ところが事業の多角化による成功は決して簡単に到達できるものではなく、長年継続した事業についても赤字を出してしまい事業の多角化に失敗しているのです。

こうして窮地に立たされたJTでは、必然的にたばこ事業に多くの期待が集まるようになりました。しかし縮小傾向が続いていた国内たばこ市場のみで利益を上げることは困難であったため、海外市場参入の足掛かりとしてクロスボーダーM&Aを積極的に実施する方針が取られたのです。

このように必然とはいえ海外市場に活路を見出そうとした点が、結果的にJTの経営戦略を成功させるきっかけとなりました。

②パイロット買収によりクロスボーダーM&Aの経験を積んでいる

前述のとおりJTは大規模な海外企業とのクロスボーダーM&Aを成功させていますが、大型買収に着手する前の1992年にイギリスのマンチェスター・タバコを買収しています。このときすでにRJRナビスコ社とのM&Aは検討されており、本件はパイロット買収(試験的買収)の意味合いを持つものでした。

そしてこの買収によってJTは海外における事業展開のノウハウを獲得しており、それから7年後の1999年に満を持してRJRナビスコ社の海外たばこ事業買収に踏み切っています。このように大型買収に向けて実際的な経験や知識を蓄えたことが、JTのM&Aを成功させる要因となったのです。

③大規模クロスボーダーM&Aで成功を収めている

JTは2件の大型買収によって後の海外事業の展開を成功させる手がかりを獲得しています。ここからは、それぞれのM&AによってJTが獲得したものを順番に見ていきます。

RJRナビスコ社のたばこ事業買収が残したもの

本件買収によって、JTの売上は10倍ほど増加しました。さらに「Winston」と「CAMEL」の2大世界ブランドを獲得した上にグローバルな流通・販売網や製造拠点を確保したほか、海外たばこ事業を担当するJTIの設立などグローバル展開のために必要な基盤の構築にも成功しています。

いうなれば本件M&AはJTを世界第4位のポジション到達させる足がかりとなっただけでなく、その後のJTによる海外企業の買収を加速させるきっかけを与えてくれるものでした。RJRナビスコ社のたばこ事業買収によって多くの成果を挙げたことで、JTは各国のたばこ事業買収を計画するようになったのです。

現在においてもJTではクロスボーダーM&Aが積極的に実施されており、最近では東南アジアなどの地域で事業拡大を図った事例が多く見られます。

ギャラハー社買収が残したもの

そもそも本件買収は、グローバル企業としてのJTがより大きなスケールでの活躍を目指すために実施されました。そして本件買収によって、JTが培ってきたポジションが一層強化されただけでなく、シェアNo.2以上の市場数を10にまで増加させています。

加えて「BENSON&HEDGES」「SILK CUT」「LD」「SOBRANIE」「Glamour」などのブランドや、イギリス・アイルランド・オーストリア・スウェーデンなど欧州での事業基盤も獲得しています。さらには、技術・流通インフラなどグローバル企業としての基盤を総合的に強化できました。

④様々なシナジー効果を創出している

M&Aに成功すると様々なシナジー効果の創出が期待できますが、JTのクロスボーダーM&Aにおいても例外ではありません。たとえば、海外事業展開に必要な基盤構築や強化・規模拡大によるスケールメリットの享受・事業効率化など、JTのグローバル展開に大きく貢献するシナジー効果が創出されています。

なお2020年現在においてJTは世界第4位のシェアを誇っていますが、この地位に到達できたのはM&Aで獲得したシナジー効果の影響が大きいです。したがって世界的たばこメーカーと競うためのグローバルな経営基盤構築を実現したJTのM&A戦略は、大きく評価されるべきものだといえます。

⑤独自のM&Aプロセスを持っている

JTのM&Aの大きな特徴としては、投資銀行やコンサルタントがそれほど利用されない点を挙げることができます。要するに外部の機関・会社などから支援を受けるというより、JTでは自社内で日頃からM&A候補を検討しつつ独自に情報を収集する点が特徴的です。

具体的には、対象エリアの選定や想定されるシナジー効果の吟味などを自社のチーム内で多様な観点から分析を実施しています。たとえ投資銀行やコンサルタントなどの活用が必要な場合であっても、投資銀行が独自に集める情報の入手など活用シーンを必要最低限にとどめているのです。

加えて外部の機関・会社にM&Aプロセス上のサポートを依頼する場合であっても、成立後の企業統合プロセス(PMI)については自社内ですべて実施しています。このように成立後のPMIに力を入れている点は、JTの大きな特徴といえるのです。

PMIもM&A成否に大きく影響する

JTでは早期段階で統合計画が練られており、PMIを迅速に進めるための工夫が講じられています。M&Aは成立後の統合に時間がかかるケースがありますが、PMIに多くの時間を割いていると従業員のモチベーション低下につながるだけでなく、組織を運営する上で大きなトラブルを生じさせかねません。

そのためM&A直後であっても組織運営を円滑に進行させられるよう、JTでは迅速なPMIに力を入れているのです。以上、JTのM&A成功の秘訣を紹介しました。独自のPMIがJTの強みのひとつですが、それが実現できるのはこれまでにJTが蓄積してきたノウハウの存在が大きいです。

もしもM&Aの実施経験に不安がある場合には、専門家に協力を求めた上でM&Aプロセスを進めていくことが大切です。PMIをはじめとするM&Aプロセスに不安を感じるならば、M&A総合研究所にお任せください。

M&A仲介会社であるM&A総合研究所には、公認会計士をはじめとする専門的知識や経験が豊富な専門家(M&Aアドバイザー)が多数在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを活かしながら自社のM&Aを手厚くサポートいたします。

さらにM&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、平均3ヶ月という期間でのM&A成約を実現可能です。完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は発生いたしません。

相談料は無料となっておりますので、PMIをはじめとするM&Aプロセスに不安を感じる場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&A成功企業の戦略と事例

PMIとは?M&A・買収におけるPMIの重要性

JTのM&Aを学べる本・書籍

最後にJTのM&Aについてより深く学ぶことのできる本・書籍を以下のとおり紹介します。

  1. 『JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書』(新貝康司 著/日経BP社)
  2. 『JTの変人採用 「成長を続ける人」の共通点はどこにあるのか』(米田靖之 著/KADOKAWA)
それぞれの本・書籍を順番に見ていきます。

①『JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書』(新貝康司 著/日経BP社)

JTのM&Aをはじめから詳しく学んでいきたいという方には、『JTのM&A 日本企業が世界企業に飛躍する教科書』がおすすめです。 こちらの本ではJTやJTIの副社長を務めて、これまでにJTが実施してきた多くのM&Aに直接関ってきた著者が、JTのM&Aについて細かく紹介しています。

かつて国内事業を中心に手がけていたJTがM&Aの実施によっていかに変化してグローバル展開を進めるようになったのか、ひとつひとつの流れを丁寧に詳しく学ぶことが可能です。この本には成功事例だけでなく失敗事例も記述されており、失敗の原因や分析なども細かく記されています。

したがって、具体的なM&A戦略・手法・自社で期待できるメリットやデメリットなどを検討する上でも参考になる1冊です。

②『JTの変人採用 「成長を続ける人」の共通点はどこにあるのか』(米田靖之 著/KADOKAWA)

JTの実施してきたM&Aを踏まえて企業の特殊性について知りたいという方には、『JTの変人採用 「成長を続ける人」の共通点はどこにあるのか』もおすすめです。この本では実際にJTの採用を担当していた著者が、どのような人材がJTをはじめとする国内企業に求められているのかを解説しています。

JTのM&Aによる経営戦略については直接的に述べられていないものの、かつて国内事業で限界を感じたJTが海外市場に活路を見出す上で必要となった、斬新かつ本質的な視点の根幹となる要素を学べます。

M&Aの実施を検討する上でJTという企業を形作る精神や理念のようなものを参考にしたい、という場合に役立つ1冊です。

※関連記事

経営者とは?その仕事内容や役立つ名言・本をご紹介!

M&Aの手法とは?メリット・デメリットや売却・買収手法を解説

まとめ

JTは、現在に至るまでに様々なクロスボーダーM&Aを実施してきた企業です。JTが手掛けるグローバル展開は、M&Aの活用で成し遂げられました。多角化の失敗や国内市場縮小など芳しくない状況のなかで、海外への事業展開の足掛けとしてM&Aを積極的に活用したことが経営戦略の成否を分けたのです。

クロスボーダーM&AによってJTが獲得したシナジー効果は大きいものでした。具体的には、事業基盤の構築や強化など着実に事業展開を進めるための根本的な部分がM&Aによって培われています。つまり、ひとつひとつのM&A事例がその後のグローバル展開に大きく貢献しているのです。

最近では様々な業界でM&Aが活発化しており、クロスボーダーM&Aの事例も増えています。したがってJTがこれまで歩んだM&Aの歴史・特徴・事例などを把握しておくことは、クロスボーダーM&Aを成功させる上で必要不可欠だといえます。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)