2020年12月24日更新会社・事業を売る

M&Aタイムス(M&A Times)とは?M&Aニュース配信量でNo.1

M&Aタイムス(M&A Times)は、配信量No.1を謳っている日本最大級のM&Aサイトです。本記事では、M&Aタイムス(M&A Times)が提供しているサービス概要や、全国のM&Aコンサルタントを検索できる「プロフェッショナル検索」機能などを解説します。

目次
  1. M&Aタイムス(M&A Times)とは
  2. M&Aタイムス(M&A Times)の特徴
  3. M&Aプロフェッショナルの選択に迷った時は
  4. M&Aタイムス(M&A Times)はこんな人におすすめ
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aタイムス(M&A Times)とは

M&A タイムス(M&A Times)とは

M&A タイムス(M&A Times)とは

M&Aは日々様々な企業が行っており、その情報を手早く入手するサイトを知っておくことが重要になります。質の高いM&Aの情報を手早く得られるサイトとして有名なのが、「M&Aタイムス(M&A Times)」です。

本記事では、M&Aタイムス(M&A Times)を利用してみたい、または興味があるという方のために、M&Aタイムス(M&A Times)にはどのようなコンテンツがあり、どういった方におすすめなのかといった情報を紹介していきます。

運営会社

M&Aタイムス(M&A Times)の運営会社は、「株式会社トラフィックラボ」です。以下では株式会社トラフィックラボについて概要を解説します。

株式会社トラフィックラボ  

株式会社トラフィックラボは、東京都中央区に所在するIT関連企業です。1996年の創業で、25年の歴史があります。事業内容はメディア運営やWEB制作などで、一覧は以下のようになります。

株式会社トラフィックラボは、M&Aタイムス(M&A Times)以外にも、「Venture Times」「LEADERS LIFE」というM&A関連メディアを運営しています。

Venture Timesはベンチャー企業のためのニュースサイトで、LEADERS LIFEは経営者へのインタビューを主体としたメディアです。

【トラフィックラボ会社概要】

設立 1996年2月6日
所在地 〒103-0006
東京都中央区日本橋富沢町10-13
アンドワーク日本橋3F
資本金 50,602,500円
代表取締役社長 清水彰人


【株式会社トラフィックラボの事業一覧】
  1. 海外PR・アライアンス構築事業
  2. グーグルマイビジネス運営代行事業
  3. WEB集客ディレクション事業
  4. WEB制作事業
  5. メディア運営事業
  6. 雑誌およびPR誌の企画制作事業
  7. 検索PR事業
  8. ブロックチェーン関連事業

サービス概要 

M&Aタイムス(M&A Times)には多様なコンテンツがありますが、主なサービス内容には、M&Aニュースサイト、インタビュー、倒産・民事再生ニュースなどがあります。

この章では、M&Aタイムス(M&A Times)が提供するこれらのサービスについて解説します。

【M&Aタイムス(M&A Times)のサービス概要】

  1. M&Aニュースサイト
  2. インタビュー
  3. 倒産・民事再生ニュース

M&Aニュースサイト

M&Aタイムス(M&A Times)のメインコンテンツといえるのが、M&Aを行った企業とその内容を紹介する「M&Aニュース」です。

ニュースの内容としては、M&Aを行った企業とスキームの紹介、各企業の概要、そしてM&Aを行った目的などが、コンパクトかつ必要十分な文章にまとめられています

ニュースの更新頻度も高く、例えば2020年6月には22件のニュースが投稿されています。総記事数は2020年7月時点で約9900件あり、M&Aニュースのデータベースとしても活用可能なボリュームがあります。

定期的にニュース一覧のタイトルをチェックしておけば、どのような企業がM&Aを行っているか最新動向を把握することができます。

業種ごとのM&Aニュースを見ることも可能で、製造業・IT・小売など、14のジャンルから選択できるのも特徴です。

業種別だけでなく、非上場企業のM&Aニュースを抽出する「非上場」カテゴリーや、ファンドによるM&Aのみを閲覧できる「ファンド」カテゴリーがあるのも便利です。

【M&Aタイムス(M&A Times)のM&Aニュースのカテゴリー】

  1. 未上場
  2. 製造業
  3. IT・通信
  4. 資源
  5. サービス
  6. 流通・小売
  7. 食品・外食
  8. 化学・医療
  9. 広告・出版
  10. 建設・不動産
  11. 農林水産
  12. 運輸
  13. 金融・保険
  14. ファンド

インタビュー

M&Aタイムス(M&A Times)には、実際にM&Aを行った経営者や、M&Aに携わる企業へのインタビュー記事があり、これも非常に有用なコンテンツの一つとなっています。

M&Aというのは一般論としての正解はなく、個々の事例でそれぞれの正解を模索していくしかありません。他の企業のM&Aがどのように行われ、その際経営者がどのようなことを考えていたか知れるのは、インタビュー記事の大きな利点だといえます。

インタビューの記事数は、2020年7月時点で56記事あります。一つ一つの記事の内容が濃く充実しているので、読み込めばいろいろな知見を得ることができるでしょう。

インタビューされている企業の業種も様々で、飲食業・不動産・コンサルティング・パチンコ店まで、あらゆる業種のM&Aに対する考え方を知ることができます。

倒産・民事再生ニュース

倒産・民事再生に関するニュースが閲覧できるのも、M&Aタイムス(M&A Times)の特徴の一つです。記事数は2020年7月時点で404件で、更新頻度は月数本程度となっています。

直近では、キャスキッドソンジャパンの破産やパナソニック子会社の破産が投稿されており、主に大手の倒産情報を把握することができます

M&Aタイムス(M&A Times)の倒産・民事再生ニュースでは、民事再生法申請や特別清算など、倒産の方法によってカテゴリー分けして検索できます

どのような企業がどういった手続きで倒産しているのか、その概要をコンパクトな文章で知ることができるのが便利な点です。

【M&Aタイムス(M&A Times)の倒産・民事再生ニュースのカテゴリー】

  1. 弁護士一任
  2. 民事再生法申請
  3. 特別清算開始決定
  4. 破産手続き開始決定
  5. 破産申請

M&Aタイムス(M&A Times)の特徴

M&A タイムス(M&A Times)の特徴

M&A タイムス(M&A Times)の特徴

M&Aタイムス(M&A Times)には多くの特徴がありますが、主な特徴は日本最大級・配信量No.1・M&Aに関連する人事情報・プロフェッショナルの検索の4つだといえます。

この章では、M&Aタイムス(M&A Times)のこれらの特徴について一つずつ解説します。

【M&Aタイムス(M&A Times)の特徴】

  1. 日本最大級
  2. 配信量No.1
  3. M&Aに関連する人事情報
  4. プロフェッショナルの検索

日本最大級

M&Aタイムス(M&A Times)は、ニュースの配信量が多いだけでなく、インタビューや人事・倒産情報、そしてプロフェッショナル検索など、M&Aに関する幅広い情報を配信しています。

掲載数1,700社以上という配信量は日本のM&Aサイトとしては最大級で、M&Aに関する情報を手早く入手するのに最適です。

配信量No.1

M&Aタイムス(M&A Times)は、「M&Aニュース配信量No.1」を謳っており、配信量の多さと速報性を強みとしています。

M&Aタイムス(M&A Times)の配信量の多さは、約9,900本というM&Aニュースだけでなく、倒産情報やインタビューなどを含めた、M&Aに関する幅広い情報を配信していることが理由です。

M&Aに関連する人事情報

M&Aタイムス(M&A Times)では、M&Aニュースやインタビュー以外にも、M&Aに関連する人事情報も掲載しています。内容は主に代表取締役を始めとする役員の就任・退任情報で、大企業の人事情報を把握することができます。

記事数は2020年7月時点で21件と多くないですが、M&Aに伴って役員の人事がどのように行われるのか知ることができます。

プロフェッショナルの検索

M&Aタイムス(M&A Times)には「プロフェッショナル検索」という機能があり、業種別・地域別・得意分野別でM&Aコンサルタントを検索することができます。

登録されているのは、M&Aコンサルタント会社、会計士・税理士・弁護士事務所で、住所・電話番号・公式HPのURLなどの基本情報を閲覧することができます。

登録されているプロフェッショナルは大手から中小まで様々で、M&Aキャピタルパートナーズや日本M&Aセンターといった大手から、地域に根差した小規模な士業事務所まで検索することができます。

注力業種で探す」という絞り込み機能では、製造業・ITなど、特定の業種のM&Aに力を入れているプロフェッショナルを検索することができます。クロスボーダーに注力しているプロフェッショナルを探せるのも便利です。

得意分野で探す」という絞り込みでは、事業承継・企業再編・各種DDといった、M&Aに関する特定の手続きに強みを持つプロフェッショナルを検索することができます。

【M&Aタイムス(M&A Times)のプロフェッショナル検索の業種別カテゴリー】

  1. 製造業
  2. 人材関連
  3. ウェブ・IT
  4. 介護・医療
  5. 建設・不動産
  6. 外食・食品
  7. クロスボーダー
  8. アパレル・小売
  9. ホテル・旅館
  10. 太陽光発電
  11. 調剤薬局
【M&Aタイムス(M&A Times)のプロフェッショナル検索の得意分野カテゴリー】
  1. 事業承継
  2. 企業再生
  3. 企業再編
  4. 業務提携
  5. リーガルチェック
  6. 契約書作成
  7. 知財分野
  8. TOB/MBO
  9. 企業価値算定
  10. 法務DD
  11. 財務DD
  12. ビジネスDD

【関連】M&Aサービス15選!各サービス/サイトの特徴を紹介

M&Aプロフェッショナルの選択に迷った時は

M&Aプロフェッショナルの選択に迷った時は

M&Aプロフェッショナルの選択に迷った時は

M&Aタイムス(M&A Times)のプロフェッショナル検索は大変便利ですが、選択肢が多すぎるとかえって一つに決められないこともあるでしょう。

M&Aプロフェッショナルの選択に迷った時におすすめなのが、M&A総合研究所です。M&A総合研究所では、経験豊富なM&Aプロフェッショナルがサポートにつき、クロージングまで親身になってお手伝いさせていただきます。

当社はセカンドオピニオンとしてのご利用も可能なので、まずM&Aタイムス(M&A Times)で相談先を見つけた後、並行して当社に意見を求めるという使い方もできます

料金は相談料・着手金・中間金・月額報酬全て無料の完全成功報酬制で、成約に至らなければ料金は一切かかりません。安心して納得いくまで相談することができます。

無料相談を随時受け付けていますので、M&Aプロフェッショナルの選択に迷った方は、電話かメールで気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

M&Aタイムス(M&A Times)はこんな人におすすめ

M&A タイムス(M&A Times)はこんな人におすすめ

M&A タイムス(M&A Times)はこんな人におすすめ

M&Aタイムス(M&A Times)は、M&Aに携わっている方やM&Aに興味がある方全てにおすすめできるサイトですが、特に以下のような方にはおすすめだといえます。

特にM&Aニュースとプロフェッショナル検索はコンテンツが充実しているので、M&Aの最新ニュースを手早くチェックしたい方、M&Aを検討していて相談先を探している方にとっては有用です

【M&Aタイムス(M&A Times)はこんな人におすすめ】

  1. M&Aの最新ニュースを手早くチェックしたい方
  2. M&Aの専門家を検索したい方
  3. M&Aに携わる人達の生の声を知りたい方
  4. 人事や倒産などに関する情報を得たい方

【関連】オススメのM&Aマッチングサイト・売買サービス

まとめ

まとめ

まとめ

M&Aタイムス(M&A Times)は、最新M&Aニュースを始めとする各種M&A情報が手に入る、非常に有用なサイトです。

2016年にリニューアルされてからは更に使いやすくなっているので、M&Aに関する良い情報源をお探しの方はチェックしてみることをおすすめします。

【トラフィックラボ会社概要】

設立 1996年2月6日
所在地 〒103-0006
東京都中央区日本橋富沢町10-13
アンドワーク日本橋3F
資本金 50,602,500円
代表取締役社長 清水彰人

【株式会社トラフィックラボの事業一覧】
  1. 海外PR・アライアンス構築事業
  2. グーグルマイビジネス運営代行事業
  3. WEB集客ディレクション事業
  4. WEB制作事業
  5. メディア運営事業
  6. 雑誌およびPR誌の企画制作事業
  7. 検索PR事業
  8. ブロックチェーン関連事業
【M&Aタイムス(M&A Times)のサービス概要】
  1. M&Aニュースサイト
  2. インタビュー
  3. 倒産・民事再生ニュース
【M&Aタイムス(M&A Times)のM&Aニュースのカテゴリー】
  1. 未上場
  2. 製造業
  3. IT・通信
  4. 資源
  5. サービス
  6. 流通・小売
  7. 食品・外食
  8. 化学・医療
  9. 広告・出版
  10. 建設・不動産
  11. 農林水産
  12. 運輸
  13. 金融・保険
  14. ファンド
【M&Aタイムス(M&A Times)の倒産・民事再生ニュースのカテゴリー】
  1. 弁護士一任
  2. 民事再生法申請
  3. 特別清算開始決定
  4. 破産手続き開始決定
  5. 破産申請
【M&Aタイムス(M&A Times)の特徴】
  1. 日本最大級
  2. 配信量No.1
  3. M&Aに関連する人事情報
  4. プロフェッショナルの検索
【M&Aタイムス(M&A Times)のプロフェッショナル検索の業種別カテゴリー】
  1. 製造業
  2. 人材関連
  3. ウェブ・IT
  4. 介護・医療
  5. 建設・不動産
  6. 外食・食品
  7. クロスボーダー
  8. アパレル・小売
  9. ホテル・旅館
  10. 太陽光発電
  11. 調剤薬局
【M&Aタイムス(M&A Times)のプロフェッショナル検索の得意分野カテゴリー】
  1. 事業承継
  2. 企業再生
  3. 企業再編
  4. 業務提携
  5. リーガルチェック
  6. 契約書作成
  7. 知財分野
  8. TOB/MBO
  9. 企業価値算定
  10. 法務DD
  11. 財務DD
  12. ビジネスDD
【M&Aタイムス(M&A Times)はこんな人におすすめ】
  1. M&Aの最新ニュースを手早くチェックしたい方
  2. M&Aの専門家を検索したい方
  3. M&Aに携わる人達の生の声を知りたい方
  4. 人事や倒産などに関する情報を得たい方

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&A両手取引の仲介手数料は誰が払う?買い手/売り手(売主)別に解説

M&A両手取引の仲介手数料は誰が払う?買い手/売り手(売主)別に解説

M&Aのサポートの対価として支払う仲介手数料は、両手・片手取引の場合は、それぞれ買い手・売り手(売主)の誰が払うのでしょうか。今回は、M&A仲介手数料や両手と片手取引の違い、買い手と売り手(売主...

M&Aで従業員に迷惑をかけない説明方法!M&Aを公表するタイミングは?

M&Aで従業員に迷惑をかけない説明方法!M&Aを公表するタイミングは?

M&Aは経営戦略の一環として活用できますが、状況次第では従業員に迷惑がかかる可能性もあります。すべての関係者がよりよい結果を得るためにも、丁寧な説明が大切です。本記事では、M&Aで従業員に迷惑を...

企業価値10億でバイアウト・会社売却するには?【成功/失敗事例】

企業価値10億でバイアウト・会社売却するには?【成功/失敗事例】

企業価値10億円以上でバイアウト・会社売却するためには、企業価値の価格算定方法や価値を上げるポイントを押さえて実践することが大切です。今回は、企業価値10億円でバイアウト・会社売却するポイントや...

【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!動向を解説

【企業価値100億超】会社売却・バイアウト成功事例10選!動向を解説

M&Aでは、企業価値100億円超の会社売却・バイアウトが行われる事例もあります。では、企業価値100億円超の会社売却・バイアウトが成立しているのはどのようなケースなのでしょうか。本記事では、企業...

スピードM&Aとは?評判や案件内容、マッチング事例について徹底解説

スピードM&Aとは?評判や案件内容、マッチング事例について徹底解説

スピードM&Aとは、株式会社アイデアルパートナーズが運営するM&Aマッチングプラットフォームであり、2018年のリリースから急成長している評判の高いサービスです。本記事では、スピードM&Aの評判...

有料老人ホームのM&A・譲渡・売却の動向/注意点【積極買収企業4選】

有料老人ホームのM&A・譲渡・売却の動向/注意点【積極買収企業4選】

高齢化社会が進む日本では、有料老人ホームなどの介護施設が増えています。今後も増加が予想されるなか、後継者不足などを解消するために有料老人ホームなどの株式譲渡や事業譲渡も増加しています。本記事では...

M&Aに強い弁護士に依頼する場合の費用相場は?大手7事務所の手数料比較

M&Aに強い弁護士に依頼する場合の費用相場は?大手7事務所の手数料比較

M&Aは仲介会社に依頼するのが一般的ですが、弁護士に依頼する方法もあります。しかし、弁護士のM&A業務の費用相場は分かりにくい部分もあるので、よく理解して依頼することが大切です。本記事では、M&...

合併と株式交換の違いとは?メリット・デメリットや事例を紹介

合併と株式交換の違いとは?メリット・デメリットや事例を紹介

合併と株式交換は、どちらも経営統合や組織再編の効果的な手段として、多くの企業によって実施されています。では、合併と株式交換にはどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、合併と株式交換の違いや...

会社売却の成功・失敗ポイントとは?手順や注意点を事例付きで徹底解説

会社売却の成功・失敗ポイントとは?手順や注意点を事例付きで徹底解説

会社売却には、事業承継やシナジー効果獲得などのメリットがありますが、必ずしも成功するというわけではありません。本記事では、会社売却を成功・失敗のポイント、手順や注意点について、成功・失敗事例を交...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)