2021年4月23日更新会社・事業を売る

M&Aの資格とは?種類や難易度、おすすめのM&A資格を比較

M&A仲介に必須となる資格はないのですが、M&Aに関する資格は数種類あり、取得することでM&Aの専門家であることを示せます。すでにM&Aに携わっている方はもちろん、これからM&Aアドバイザリーを目指す方は資格を取得すれば顧客から信頼を勝ち取ることができます。

目次
  1. M&Aの資格
  2. M&A資格の種類と必要性
  3. M&A資格の難易度
  4. おすすめのM&A資格を比較
  5. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aの資格

M&Aの資格

近年では経営戦略としてM&Aを実施する会社が増えており、事業承継においてもM&Aを実施するケースが増えてきています。また、国も事業承継やM&Aの支援に積極的であり、中小企業庁では事業承継ガイドラインを策定して中小企業を支援しています。

しかし、実際にM&Aを行う場合は煩雑な手続きや専門的な知識が必要となるため、M&Aの専門家であるM&Aアドバイザリーの存在が不可欠となります。M&Aの仲介を行うために必須取得となる資格はありませんが、資格を持つことで顧客からの信頼を得ることができます

この記事では、M&A資格の種類や難易度などについて詳しく解説していきます。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!

M&A資格の種類と必要性

M&A資格の種類と必要性

M&Aの仲介は弁護士や会計士などの士業でも行っていますが、これらの国家資格に関してはM&Aにも活躍の場があります。また、M&Aに関係する資格を取得していないからといって、M&A仲介に携われないわけではありません。

しかし、M&Aアドバイザーとして仕事を行っていくうえで、これらの資格はM&Aの専門家であることを示すために非常に有効です。M&Aは手法が多種多様でプロセスも煩雑です。また、専門的な知識も必要となるため、M&Aの現場ではアドバイザリーの存在が欠かせません。

顧客にしてみると、会社の存続や成長を目指す大事なM&Aは信頼できるプロに任せたいと考えるのは当然のことです。そのため、M&Aの専門家であることを証明できる資格は顧客からの信頼を勝ち取るという意味でも、その必要性は非常に高いといえます。早速、M&Aの資格をそれぞれ紹介していきます。

M&Aエキスパート認定資格

M&Aエキスパート認定資格は、金融財団事情研究会と日本M&Aセンターが共同で企画・運営・認定をしています。基本的な知識を身につける「事業承継・M&Aエキスパート試験」や、その上位資格である「事業承継シニアエキスパート」もあり、専用の養成スクールも開催されます。

さらに、上位資格の「M&Aシニアエキスパート」というものもあり、こちらも専用の養成スクールを受講して修了した者だけが試験を受講できます。以下は、それぞれの資格の試験内容や受験資格、料金をまとめたものです。

試験内容 事業承継・M&Aエキスパート試験:M&A基礎知識・関連会計、M&A関係法制等、事業承継関連税制等、事業承継関連法制等、総合問題
M&Aシニアエキスパート:M&A実務、企業評価実務、M&Aの法務・会計・税務
受験資格 事業承継・M&Aエキスパート:特になし
事業承継シニアエキスパート:事業承継シニアエキスパート養成スクール修了者
M&Aシニアエキスパート:事業承継・M&Aエキスパート認定者、M&Aシニアエキスパート養成スクール修了者
試験・講座料金 事業承継・M&Aエキスパート試験:7,700円
事業承継シニアエキスパート養成スクール:132,000円
事業承継シニアエキスパート認定試験:11,000円
M&Aシニアエキスパート養成スクール:132,000円
M&Aシニアエキスパート試験:11,000円

M&Aスペシャリスト資格

M&Aスペシャリスト資格は、日本経営管理協会が運営・認定しています。M&Aの知識だけでなく、現場で活躍できる実務のスペシャリストであることを証明できる資格です。受験資格はありませんが、スペシャリスト資格取得支援講座が開催されています。

実務に特化しており、M&Aの第一線で活躍する方が講師となり、資格取得後も役に立つ内容を学べます。

また、資格取得後には年に1〜2回イベントが開催され、M&Aのサポーターとしての力を身につけられるうえに、人脈やコネクションも作ることができます。

試験内容 選択問題、論述問題(それぞれ合格基準の60%以上で合格)
受験資格 特になし
試験・講座料金 10,800円

JMAA認定M&Aアドバイザー

JMAA認定M&Aアドバイザーは、一般社団法人日本M&Aアドバイザー協会が運営・認定しています。JMAAが定める一定の基準をクリアし、そのうえで入会を認められた者しか持つことができない資格です。

資格取得・入会により手厚いサポートを受けることができ、人脈やコネクションを作れる会員の集いが年に2回ほどあります。

試験内容 M&Aアドバイザー養成講座の受講
受験資格 受講:特になし
入会:M&Aアドバイザー養成講座の受講、またはM&Aアドバイザーとしての実務経験を有する者
試験・講座料金 M&Aアドバイザー養成講座:198,000円
入会金:32,400円
月額会費:10,800円

事業承継士

事業承継士は、一般社団法人事業承継協会が運営・認定しています。事業承継に必要な知識やツールを学ぶ事業承継に特化した資格です。資格を持つことで資格取得講座を開催する事業承継センター株式会社から優先的に紹介してもらえます。

また、メルマガや機関誌「ツナグ」などを通して事業承継における制度・税務、法律など最新の情報を得ることが可能であり、専門家のネットワークも得られる可能性があります。

試験内容 選択問題と記述問題の混合形式
受験資格 以下の資格を有する者
・土地家屋調査士
・一級建築士
・不動産鑑定士
・宅地建物取引士
・中小企業診断士
・ファイナンシャル・プランニング技能士
・税理士
・公認会計士
・行政書士
・司法書士
・弁護士
・社会保険労務士
試験・講座料金 事業承継士資格取得講座:300,000円
認定試験:9,000円
入会金:10,000円

国家資格

M&Aの業務ではさまざまな専門知識が必要となり、デューデリジェンスの実施や契約書作成などのように国家資格の各専門家が得意とする業務も数多く存在します。したがって、国家資格を持つ方もM&Aでは重要な存在となります。

最近では、司法書士や弁護士などがM&A仲介を手がけているケースも多く、国家資格を持つアドバイザーが在籍しているM&A仲介会社もあります。では、それぞれの専門家がM&Aでどのような役割を果たすのかを見ていきましょう。

司法書士

司法書士は登記業務のスペシャリストです。M&Aでは登記を行うケースが多く、たとえば事業譲渡では不動産の移転登記が必要となり、株式交換などの組織再編の場面でも登記手続きは必要となります。このようにM&Aにとって司法書士の資格は非常に役立ちます。

また、司法書士がデューデリジェンスを行い、相手企業が法令違反を犯していないかを調査することもあります。M&Aのリスク管理においても司法書士の資格保有者は重宝されます。

公認会計士

公認会計士はM&Aのコンサルタントとしてデューデリジェンスや株式の評価、買収統合計画の策定などを行い、M&A戦略の立案やPMIの支援などを実施することも可能です。つまり、M&A業務を総合的に管理する役割を担い、FA(ファイナンシャルアドバイザー)とも呼ばれています。

実際、公認会計士が所属しているあるいは公認会計士事務所が母体となっているM&A仲介会社は多くあります。財務のプロフェッショナルがアドバイザーとして顧客をサポートしています。

税理士

M&Aでは税金が発生し、ときには多額となるケースもあります。そのため、M&Aでは税務処理や節税対策が非常に重要となります。税務に関するアドバイスや代行は税理士の独占業務であり、M&Aの税務全般をサポートできます。

また、税理士は会計の分野にも長けているため、税理士資格保有者の中には企業価値算定などの業務を行う方もいます。

弁護士

M&Aは法律と密接な関係があり、秘密保持契約や基本合意契約などさまざまな契約を結びます。M&Aの契約は、会社法や民法の決まりに則って作成・締結しなければならず、そのためには専門的な法律の知識を要します

また、M&Aにおける法律上のトラブルにも対応できるため、リスク管理の面からも弁護士は力を発揮します。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナー(FP)は、財産運用における年金や保険などさまざまな知識を幅広く身につけています。M&Aは企業を発展・存続させるために行います。また、法律や税務の知識も必要となることから、幅広い知識を持つファイナンシャルプランナーは頼りになる存在となります。

※関連記事
M&Aアドバイザリーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説
事業承継士とは?資格取得の難易度や費用も解説!

M&A資格の難易度

M&A資格の難易度

司法書士は筆記試験と口述試験を合わせた合格率が約3%、公認会計士はストレート合格を目指すのであれば5%、税理士は10%~15%、弁護士になるうえで必要な司法試験合格は約20%とかなり難易度は高いです。

一方で、M&Aの知識に直結するM&Aエキスパート認定資格、M&Aスペシャリスト資格、JMAA認定M&Aアドバイザーは国家資格と比べると比較的難易度は低くなっています。資格を取得するために講座を受講する必要があるなど、資格取得のためのサポートを受けられます。

また、事業承継士はすでに難関の国家資格を持つ者だけが受験できるため、国家資格と比べると難易度は低いといえます。

おすすめのM&A資格を比較

おすすめのM&A資格を比較

ご紹介したM&A資格の内、おすすめはM&Aエキスパート認定資格、M&Aスペシャリスト、JMAA認定M&Aアドバイザーです。M&Aエキスパート認定資格は通年で試験が行われており、JMAA認定M&Aアドバイザーは毎月試験が開催されているため、万が一落ちてしまったとしても、すぐに試験に臨むことができます。

M&Aスペシャリストは試験が行われる頻度こそ少ないですが、講座を受けたうえで受験できます。ただし、JMAA認定M&Aアドバイザーのように入会に条件が定められている資格もありますので、その点には注意が必要です。

また、講座やスクールの受講には一定期間を要しますので、仕事と資格取得のバランスはしっかりと調整するようにしましょう。

まとめ

まとめ

M&A業務を一貫して実行できる公的な資格は存在しませんが、M&Aの専門家として業務を行ううえでM&Aに関連する資格の取得は有効です。M&Aアドバイザリーとして顧客からの信頼を勝ち取りやすくなります。ただし、資格取得のための知識では何の意味もありません。

資格取得後も最新の情報を取得するなどして知識を高め、それを実践で活かしてこそ本当の意味で顧客から信頼されるM&Aアドバイザーになることができるといえるでしょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

【2021】宅配・フードデリバリー業界のM&A動向や事例を解説!

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きを見せています。本記事では、2021年の宅配・フードデリバリー業界のM&...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aの手数料はなぜ高いのか?仲介料金の相場や高い理由を解説!

M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料が高いことが問題視されています。本記事では、M&A仲介会社の手数料はなぜ高いのか、手数料相場や手数料が高いか安いか判断するた...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

TSA(Transition Service Agreement)の意味とは?重要な契約を解説!

M&Aで締結する契約の1つにTSAというものがありますが、知らない方やよく分からない方も多いのではないでしょうか。本記事では、TSAの意味や活用される場面、TSAと関連の深い契約である最...

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aの買い手のメリットは?買収側の目的やM&Aするデメリットを解説!

M&Aで会社を買収する際は、買い手にどのようなメリット・デメリットがあるのかを理解しておくことが大切です。本記事では、M&Aの買い手のメリット・デメリットを詳しく解説するとともに...

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

M&Aの売り手のメリットは?譲渡側企業の流れやデメリットも解説!

近年は事業承継を目的とするM&Aが盛んになっていますが、売り手側のメリットはそれ以外にもさまざまなものがあります。本記事では、M&Aにおける売り手側のメリットとデメリット、M&a...

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチサクシードとは?M&Aや事業承継における強みや手数料を解説!

ビズリーチが提供しているM&A・事業承継プラットフォーム「ビズリーチサクシード」は、他のM&Aマッチングサイトと比べてどのような強みや特徴があるのでしょうか。本記事では、ビズリー...

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

【2021】リサイクル業界のM&A動向!売却/買収の事例を紹介!

リサイクル業界は、2020年のM&A件数が前年や一昨年に比べて増えており、今後もM&Aが活発になっていくと考えられます。本記事では、リサイクル業界の特徴やM&A動向などの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)