M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
事業承継士とは?資格取得の難易度や費用も解説!

事業承継士とは?資格取得の難易度や費用も解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

目次

    事業承継士

    事業承継では専門的な業務が数多くある為、弁護士や税理士の協力が欠かせません。

    弁護士や税理士以外にも、事業承継でアドバイザーとなり得る資格保持者が存在します。

    事業承継士もその一人であり、事業承継アドバイザーとして活躍しています。

    この記事では、事業承継士について詳しく解説します。

    事業承継の基礎知識

    まず初めに、事業承継に関する基礎知識をお伝えします。

    事業承継とは、経営者が後継者に対して会社を引き継ぐ行為であり、自社株式や事業用の設備等が承継の対象となります。

    一昔前までは、自身の子供や兄弟姉妹に会社を引き継ぐ「親族内承継」が一般的でしたが、近年は従業員や役員に引き継ぐ「親族外承継」がメジャーとなっています。

    親族内承継と併せてポピュラーとなりつつあるのが、M&Aによる事業承継です。

    M&Aを活用することで、後継者が身近にいない企業でも事業承継を遂行し、従業員の雇用や会社を維持できます。

    事業承継に携わる専門家は、クライアント企業にとって最善の選択肢を提示することが求められます。

    もし事業承継M&Aを行うことになったら、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aをフルサポートいたします。
    相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
    また、費用に関しても国内最安値水準ですのでご安心ください。
    M&A総合研究所は全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
    規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。
    電話で無料相談 WEBから無料相談

    ※関連記事

    事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

    事業承継士とは

    この項では、事業承継士に関して基本的なことを解説します。

    事業承継士とは、事業承継に関する知識を包括的に習得できる民間資格の保持者を指します。

    「事業承継センター株式会社」が資格取得講座を開催し、「一般社団法人事業承継協会」が資格の認定と更新を行なっています。

    2015年に開設されたばかりの資格ですが、3年間で約350人がこの資格を取得しており、その中には税理士や弁護士等の難関資格保持者が数多く存在します。

    民間資格ではあるものの、難関資格保持者が事業承継関連の仕事を行う目的で取得する為、専門性の高さは折り紙つきです。

    事業承継士は全国の金融機関や行政と連携し、中小企業の事業承継を支援しています。

    資格取得に際して事業承継に必要な知識やツールを学ぶので、実践的な対応力が身につきます。

    他にも事業承継に関する資格はあるものの、事業承継への特化という点から考えると、「事業承継士」は取得する価値のある資格であると言えます。

    ※関連記事

    事業承継コンサルとは?報酬相場やランキングをご紹介!

    事業承継協会とは

    この項では、事業承継士の資格認定と更新を行う「事業承継協会」についてご紹介します。

    事業承継協会は中小企業診断士が設立した法人であり、事業承継の経験・ノウハウを広める活動を行なっています。

    2015年に設立された一般社団法人である為、知名度は高くないものの、事業承継の普及に向けて精力的に活動しています。

    事業承継士の資格認定以外にも、事業承継協会は下記の業務を実施しています。

    • 事業承継に関係する書籍発行
    • 事業承継に関係する調査や研究および情報提供
    • 国内外の事業承継に関連する機関との交流
    • 事業承継に係る人材教育の実施

    上記の通り、事業承継協会は多方面で活動しています。

    今後事業承継のニーズが高まるに伴い、事業承継協会の重要性はさらに増してくるでしょう。

    ※関連記事

    中小企業庁の事業承継支援

    事業承継士になるメリットと評判

    事業承継士の資格を得る事で、どの様なメリットを得られるのでしょうか?

    この項では、事業承継士になるメリットを4つご紹介します。

    ⑴事業承継の専門家としての箔がつく

    事業承継士になる最大のメリットは、事業承継の専門家としての箔がつく点です。

    弁護士や税理士の資格はあくまで法律や税務の専門性を表す資格であり、事業承継の専門性は訴求しにくいです。

    弁護士や税理士資格に加えて事業承継士の資格を保有する事で、事業承継の専門家としての訴求力も高まります。

    事業承継士を名乗れるだけでなく、事業承継士のロゴを会社案内や名刺等に掲載できる様になります。

    今後ますますニーズが高まる事業承継の分野に対して、業務の裾野を広げる事が可能となります。

    今後を踏まえて、事業承継士の資格取得を図る弁護士や税理士の方もいます。

    ⑵事業承継関係の仕事を紹介してもらえる

    事業承継士資格の取得により、事業承継関係の仕事を紹介してもらえるメリットもあります。

    事業承継士の資格を取得すれば、事業承継センター株式会社が受託した事業承継支援の仕事を、優先的に紹介してもらえます。

    事業承継支援のみならず、事業承継センター株式会社が主催する「後継者塾」や各種セミナーの講師の仕事の紹介も受ける事が出来ます。

    今後事業承継関連の仕事を増やしたい方にとっては、競合に先駆けて実績をを積むチャンスとなります。

    ⑶事業承継に関する最新情報を提供してもらえる

    事業承継に関する法律は、頻繁に改正され、新設されています。

    法律に詳しい税理士や弁護士であっても、全ての法改正を把握することは難しいでしょう。

    事業承継士の資格を取得すれば、事業承継に係る法律や制度・税務等の最新情報を提供してもらえます。

    常に事業承継に関する最新情報を調達できる為、質の高い業務をクライアントに提供できます。

    ⑷事業承継士の資格取得講座で配布された資料を自由に活用できる

    事業承継士の資格取得講座では、事業承継の業務に役立つ資料を配布されます。

    事業承継士になれば、資格取得講座で配布された資料を自由に編集・使用できます。

    資格取得講座で配布された資料は、事業承継に関する支援業務で非常に役立つでしょう。

    ※関連記事

    事業承継アドバイザーとは?合格率や難易度、問題集をご紹介

    事業承継士資格の取得難易度

    この項では、事業承継士資格の取得難易度をお伝えします。

    事業承継士になる為には、以下3つのステップを踏む必要があります。

    ⑴事業承継士資格取得講座の受講

    まず最初に、資格取得講座にて事業承継に関する知識を習得する必要があります。

    事業承継士の資格取得講座は、下記の資格を保有している方のみ受講できます。

    • 中小企業診断士
    • 税理士
    • 公認会計士
    • 弁護士
    • 司法書士
    • 社会保険労務士
    • 行政書士
    • 土地家屋調査士
    • 一級建築士
    • 不動産鑑定士
    • 宅地建物取引士
    • ファイナンシャル・プランニング技能士

    つまり事業承継士になる為には、最低限上記いずれかの資格を保有している必要があります。

    上記に記載されていない資格を保有している場合は、個別に問い合わせした際に、個別に受講可否が判断されます。

    全30時間の資格取得講座では、会社法や相続、中小企業経営承継円滑化法等に関する知識を学習します。

    単なる知識の暗記のみならず、データの分析手法等についても学習できる為、実践的な能力が身につきます。

    2000件を超える事業承継コンサルティング現場で培われたノウハウを学べる為、非常に有意義な講座です。

    次のステップに進む為には、全資格取得講座のうち75%以上への出席が必要です。

    ⑵事業承継士認定試験の合格

    資格取得講座を受講し終えたら、次に事業承継士認定試験を受けます。

    事業承継士認定試験の試験範囲は、資格取得講座にて学習した内容がメインとなります。

    選択と記述の混合方式で行われる認定試験にて、60点以上獲得すれば合格となります。

    講座内で学習した内容が出題範囲である上に合格点は60点以上なので、認定試験自体の難易度はそこまで高くありません。

    ⑶一般社団法人事業承継協会への入会

    認定試験に合格した方は、事業承継協会に入会することで事業承継士になれます。

    入会に際しては審査があり、倫理規定や懲罰基準、資格要件等に照らし合わせて入会の可否が判断されます。

    基本的には入会できる為、認定試験に合格した時点で事業承継士になれると言っても過言ではありません。

    以上が事業承継士になるまでの流れです。

    膨大な試験範囲や学習時間が必要とされる訳ではない為、難易度自体はそこまで高くありません。

    事業承継士資格の取得費用

    最後に、事業承継士資格の取得費用について解説します。

    事業承継士資格を取得する際には、「資格取得講座」「認定試験」「事業承継協会への入会」の各段階で費用が発生します。

    資格取得講座の受講では、300,000円もの費用がかかります。

    認定試験の受験費用は、9,000円と比較的安く、事業承継協会への入会には10,000円の費用が発生します。

    つまり事業承継士資格の取得には、合計で319,000円の費用がかかります。

    高額の費用を要するものの、事業承継士になる事で得られるメリットは非常に大きいです。

    投資の意味合いも込めて、事業承継士の資格取得を検討してみては如何でしょうか?

    ※関連記事

    事業承継税制とは?事業承継税制の要件やメリット・デメリットを解説

    まとめ

    今回は、事業承継士に関して解説しました。

    事業承継士の資格を取得する事で、事業承継の分野にまで仕事の裾野を広げることが出来ます。

    資格取得には多額の費用を要しますが、その後得られるメリットは非常に大きいでしょう。

    要点をまとめると下記になります。

    • 事業承継とは

    →自身の会社や事業を後継者に引き継ぐこと

    • 事業承継士とは

    →事業承継に関する知識を包括的に習得できる民間資格の保持者

    • 事業承継協会とは

    →中小企業診断士が設立した法人であり、事業承継の経験・ノウハウを広める活動を行なっている

    • 事業承継士になるメリット

    →事業承継の専門家としての箔がつく、事業承継関係の仕事を紹介してもらえる、事業承継に関する最新情報を提供してもらえる、事業承継士の資格取得講座で配布された資料を自由に活用可能

    • 事業承継士資格の取得難易度

    →計30時間の講座受講に加えて、事業承継に関する専門知識を問う試験に合格する必要がある。全体的な難易度自体はそこまで高くない

    • 事業承継士資格の取得費用

    →319,000円(講座300,000円+試験9,000円+協会への入会10,000円)

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら