2023年11月28日公開事業承継

印刷会社の事業承継とは?手続き方法から動向・事例・メリットまで徹底解説!

印刷会社を取り巻く業界では、デジタルブックの普及による経営悪化や競争激化といった状況から脱却を目指すため、事業承継を行う会社が見られます。当記事では、事業承継のメリットを踏まえながら、印刷会社で見られる具体的な事業承継動向や過去事例を確認しましょう。

目次
  1. 印刷会社の事業承継の動向と課題
  2. 印刷会社の事業承継のメリット・デメリット
  3. 印刷会社の事業承継の手続き方法と流れ
  4. 印刷会社の事業承継の相場
  5. 印刷会社の事業承継の事例
  6. 印刷会社の事業承継の相談先
  7. 印刷会社の事業承継の注意点
  8. 印刷会社の事業承継の相談は専門家へ!
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

印刷会社の事業承継の動向と課題

印刷会社は、本や雑誌、チラシやパンフレットといった印刷物を作る会社ですが、事業承継の動きが各所で見られるようになりました。まずは、印刷会社の事業承継の基本的な知識を押さえた上で、業界で繰り広げられる事業承継の動向や課題点を解説します。

印刷会社の事業承継とは?

印刷会社を取り巻く業界で実施される事業承継とは、会社が抱える事業や資産を他の会社に引き継ぐ取引のことです。一般的には、株式の売買で経営権を移転させる株式譲渡や、特定事業や設備を別会社に引き継がせる事業譲渡が活用されます。

印刷会社の事業承継の動向

印刷会社で見られる主な事業承継としては、以下のような動向が見られるのが特徴です。売却側は自社課題の解決のため、買収側は事業拡大やエリア拡大のための事業承継・M&Aが見られます。

  • 得意分野が異なる印刷会社2社が業容拡大を目指すM&A・事業承継
  • 国外企業を買収し印刷事業の海外展開を目指すM&A・事業承継
  • インターネット印刷会社がサービス拡大を目指すM&A・事業承継
  • 後継者不在を解決するための事業承継
  • 経営難を改善させるための大手への事業承継
  • 経営資源の選択と集中のために印刷事業を切り離すための事業承継

印刷会社の事業承継の課題

また、上記のように売却側が事業承継を実施する背景には、以下のような課題点が挙げられます。

  • 中小規模は下請け構造のため経営が悪化しやすい
  • デジタルブックの普及により紙媒体の需要が減少
  • 経営者が高齢の企業が顕在化
  • 競争激化への対処の必要性
以上のような課題は、そのままの状態では廃業リスクが高まります。引き続き事業の生き残りを目指すには、各企業で対処を行わなければならない状況にあると言えるでしょう。その対処法の1つとして事業承継を検討・実施するケースが見られる点が印刷業界の特徴です。

【関連】印刷会社のM&A・売却・買収の特徴は?最新動向や事例も解説【2023年最新版】

印刷会社の事業承継のメリット・デメリット

ここでは、印刷会社が事業承継を実施する際に当事者企業が得られるメリットと、それに伴い想定されるデメリットの両方を解説します。M&Aに成功すれば会社に多くの恩恵をもたらしますが、考慮すべきリスクが存在することも事実です。リスクを事前に把握しておけば、早めに対策を練ることができるでしょう。

メリット

まずは、印刷会社が事業承継を行うメリットを解説します。売却側と買収側それぞれの視点に分けてチェックしましょう。

売り手側

印刷会社による事業承継で売却側企業が得られる主なメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • 経営者が会社や事業の売却益を得られる
  • 経営状態を安定化させられる
  • 経営者高齢化による後継者不在の問題を解消できる
  • 従業員の雇用を守れる
  • 経営者の個人債務が解消される
事業承継に上手くいけば、従業員の雇用や長年培った印刷事業におけるノウハウや技術も守れます。大手傘下として事業展開できれば、安定した経営の中で事業拡大を目指せる点が魅力です。

買い手側

印刷会社による事業承継で買収側企業が得られる主なメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 印刷会社の設備を獲得できる
  • 印刷会社に必要な従業員・人材を獲得できる
  • コストやリスクを抑えながら印刷事業に参入できる
  • 売却側が持つノウハウを有効活用できる
  • 事業展開エリアを拡大できる
印刷会社に参入するには、設備投資や人材確保に時間も費用もかけなければなりません。事業の引受を実施すれば、売却側の印刷事業設備や人材を活用できます。よりスピーディーに事業を軌道に乗せられる点が大きな魅力です。

デメリット

では次に、印刷会社における事業承継で当事者に想定されるデメリットを、売却側・買収側双方の視点で確認しましょう。

売り手側

印刷会社が事業承継を実施する際の売却側のデメリットには、以下のような点が想定されます。

  • 理想の条件が通らない場合もある
  • 候補企業が見つかるまで時間がかかる可能性がある
  • 従業員が退職するおそれがある
  • 取引先との関係悪化により契約が打ち切られるリスクがある
事業承継では、承継先がなかなか見つからない可能性もあります。事業承継に不安を感じた従業員が退職すると、交渉が破談に終わるリスクが高まるので、情報漏洩が無いように徹底しましょう。

買い手側

一方、印刷会社の事業承継で買収側に想定される主なデメリットは、次の通りです。

  • 状況によってはシナジー効果が得られずに終わる場合もある
  • 買収のために多額の資金調達が必要
  • 売却側従業員との関係構築に苦戦する可能性がある
  • 売却側の簿外債務や偶発債務が見つかるおそれがある
事業承継のスキームによっては売却側の簿外債務が見つかり、損失を被る可能性があります。簿外債務発覚は、買収側の大きなデメリットではありますが、デューデリジェンスを入念に行うなど対策を講じることでリスクを軽減させられます。

【関連】M&Aのメリット・デメリットとは?買い手・売り手ごとのメリット・M&A戦略策定・手法別の効果を紹介

印刷会社の事業承継の手続き方法と流れ

ここでは、印刷会社が事業承継を実施する際にとられる手続き方法を解説します。準備フェーズから最後のクロージングまで、全部で7つのステップに分けて流れをチェックしましょう。こちらで記載する内容は、他の業種にも応用可能です。印刷会社以外の業界で事業承継を検討している場合も参考にしてください。

  1. 事業承継を行う理由の明確化
  2. 事業承継・M&Aの専門家への相談
  3. 事業承継相手の選定と交渉
  4. 基本合意書の締結
  5. デューデリジェンスの実施
  6. 契約と引継ぎ
  7. クロージング

①事業承継を行う理由の明確化

事業承継実施への準備段階として、まずは事業承継を行う理由を明確にします。会社状況を客観的に分析し、どの点に課題があるのかを把握しましょう。事業承継を行うことで改善が期待できるのであれば、それを目的に設定し手続きスタートです。事業承継の方向性をしっかり定めてから進めましょう。

②事業承継・M&Aの専門家への相談

事業承継の方向性を決めたら、M&A仲介会社や専門家に相談するのが理想的です。手続きには労力だけでなく専門知識も求められるので、個人の力だけで進めるのはおすすめできません。M&A仲介会社に手続き仲介を依頼する際は、委託契約(アドバイザリー契約)を取り交わします

③事業承継相手の選定と交渉

専門家の助言を得ながら事業承継相手企業を見つけましょう。買収側は、ノンネームシートを活用し候補選定を行います。ノンネームシートは、売却側の会社名が特定されない範囲で、希望条件等が記載された概要書です。最も効果が見込めそうな企業が見つかれば、トップ会談を行い、具体的な条件交渉を実施します。

④基本合意書の締結

交渉で事業承継の具体的な条件がまとまったら、当事者間で基本合意書を締結しましょう。基本合意書は、双方によるM&Aへの合意を公に示す書類で、実施日、手法、取引する株式の種類・数量(株式譲渡の場合)、売却価格、支払い方法といった項目が記載するのが特徴です。

⑤デューデリジェンスの実施

基本合意書の締結後、デューデリジェンス(DD)が実施されます。DDは、売却側の財務状況や税納状況、法務から負債・リスクまであらゆる項目を対象とした調査を行うプロセスです。売却側の開示した内容に虚偽が無いか確かめるために、専門家に依頼して実施されます。

⑥契約と引継ぎ

デューデリジェンス完了後、細かい条件調整を行い、法的拘束力を持つ最終契約書を取り交わします。締結後、事業の引き継ぎを進めましょう。売却側から買収側に全ての項目が移転するまではかなりの時間を要する可能性があるので、計画的に進めることが重要です。

⑦クロージング

事業の引き継ぎと共に買収側は対価を現金で支払います。最終契約書の内容に基づき双方で取引が完了すればM&Aの手続きは終了です。M&A・事業承継の最後のプロセスをクロージングと呼びます。完了後は、双方の文化や事業、人材を効率的に統合させる施策を積極的に行いましょう。

【関連】M&Aの流れ・手順!検討・相談からクロージングまで図解で徹底解説【M&A担当者・経営者向け】

印刷会社の事業承継の相場

経営者が印刷会社の事業承継を考える上で特に気になるのが、売却価格の相場です。ここでは、印刷会社における事業承継の相場算出方法と、アドバイザリー費用について解説します。

取引相場

印刷会社業界では、どのくらいの売却価格を想定して事業承継を実施すべきか気になるところですが、会社の大きさや抱える事業規模、事業の収益性や将来性などあらゆる要素が影響を与えるため、一概に言える売却価格相場がありません。そのため、会社ごとに企業価値を評価し、売却価格を算出する必要があります。

以下の式は、企業価値評価を行う際に用いられる一例です。

  • 企業価値 = 時価純資産 + 営業利益 × 3~5年

費用

事業承継のアドバイザリー費用を確認しましょう。以下の表は大まかな相場であり、仲介会社の料金体系によって異なります。具体的な仲介手数料は、契約前に確認してください。
 

相談料 無料~1万円程
着手金 無料~200万円程
中間金 無料~100万円程
成功報酬 買収価格の5%程
リテイナーフィー 月額50万円程

【関連】M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方・高値で売却するコツも紹介【事例付き】

印刷会社の事業承継の事例

ここでは、印刷会社で過去に行われた事業承継事例を2つ紹介します。売却側・買収側が事業承継を行った理由や目的、事業承継のスキームを各事例ごとにチェックしましょう。公式で発表されているIR情報の詳細データは、各事例の下のリンクから確認ください。

  1. プリントネット株式会社と株式会社ウィズプリンティング
  2. 大王製紙株式会社と株式会社千明社

①プリントネット株式会社と株式会社ウィズプリンティング

こちらは、インターネットでの印刷物販売事業を手掛ける会社が、印刷・製本事業を行う印刷会社を買収した事例です。売却側はデジタル媒体の普及により経営が悪化し、民事再生手続きを開始しておりました。買収側は売却側の製本技術を獲得し、業務のワンストップかを実現しました。
 

売却側 株式会社ウィズプリンティング
買収側 プリントネット株式会社
M&Aのスキーム 事業譲渡
目的 ・関西周辺地域の顧客へのサービス強化
・運送コストの低減
・大阪における製造拠点の確保
・シナジー効果創出による収益力向上
実施時期 2019年2月
売却価格 非開示

事業譲渡契約締結に関するお知らせ

②大王製紙株式会社と株式会社千明社

こちらは、印刷事業を手掛ける同業2社による事業承継事例です。こちらも売却側が民事再生手続きを行っており、買収側は再建支援の一環で買収を実施しました。双方が異なる分野の印刷物を得意としていたため、業容拡大や新商品開発などシナジー効果が見込まれました。
 

売却側 株式会社千明社
買収側 大王製紙株式会社
M&Aのスキーム 事業譲渡(対象:売却側の印刷・製本事業)
目的 民事再生手続きを行った売却側へのスポンサー支援
実施時期 2019年12月
売却価格 非開示

当社子会社による株式会社千明社の事業譲受に関するお知らせ
【関連】印刷会社の事業譲渡・株式譲渡のポイントとは?M&Aの動向・事例・相談先も紹介

印刷会社の事業承継の相談先

事業承継に成功すれば経営状況の改善や雇用維持を実現できますが、状況によってはかなりの時間を要し苦戦する可能性もあるので注意が必要です。より円滑に効果の得られる事業承継を目指すなら、専門家のサポートを得るのがおすすめです。ここでは、M&Aや事業承継の相談ができる機関・窓口を4つ紹介します。

  • 事業承継・引継ぎ支援センター
  • 商工会議所
  • 商工会議所
  • 仲介会社

事業承継・引継ぎ支援センター

事業承継・引継ぎ支援センターは、中小企業庁が主体となり全国各地に設置された公的支援機関です。中小企業の事業承継に関する相談に無料で対応してくれる点が魅力で、都市部まで出向かずとも事業承継に関する助言が得られます。金融機関OBや税理士など事業承継の知識を持つプロが在籍している点も特徴です。

商工会議所

各地の商工会議所でも、事業承継の相談を受け付けています。相談に応じてくれるだけでなく、定期的にイベントやセミナーを開催しているため、気軽に事業承継で有益な情報を得られる点が魅力です。ただ、商工会の年会費を支払う必要があります。

公認会計士・税理士

会社の顧問として日頃から付き合いのある公認会計士や税理士に事業承継の相談をするのも良いでしょう。事業承継で必要な資金や税金対策を中心に、有益な助言が得られます。ただし、M&Aや事業承継に特化した専門家では無いため、状況によっては別の専門家のサポートが必要です。

仲介会社

事業承継やM&Aの手続き全般に関する相談なら、M&A仲介会社の利用をおすすめします。M&Aに特化した専門家なので、会社状況に合った現実的な事業承継スキームや相手企業の提案を受けられる点が魅力です。委託契約の際は、料金体系を入念に確認しましょう。

【関連】M&Aの相談先一覧!相談先ごとの特徴・メリットとデメリット・選び方・無料相談を利用する際の注意点も解説

印刷会社の事業承継の注意点

ここでは、印刷会社の事業承継を行う際の注意点を4つ解説します。実施理由の明確化や税金など、事前に対策を練った上で手続きを進めることが重要です。

  • 事業承継を行う理由を明確にする
  • 専門家・仲介会社に相談する
  • 経営者の選定を慎重に行う
  • 税金の額を事前に把握しておく

事業承継を行う理由を明確にする

事業承継を実施する理由や目的の明確化は、手続きを始める前に必ず行いましょう。後継者問題の解決なのか、経営状況の改善なのかによって、とられるべき手法も相手企業も異なります。漠然とした状態で事業承継を行うと、損失が増えるだけでM&Aが失敗するリスクが高まるので注意してください。

専門家・仲介会社に相談する

M&A仲介会社や専門家に相談することも大切です。法務や税務の専門知識が多くの場面で必要な事業承継手続きでは、その分野を得意とするプロのサポートが欠かせません。個人の力だけでは相手企業の選定にも苦戦する可能性があるので、まずは気軽に相談をおすすめします。

経営者の選定を慎重に行う

事業承継先経営者の選定も慎重に行いましょう。交渉前にトップ会談を実施し、経営理念や事業の方向性における相互理解を深めることが大切です。多くの共感が得られた相手を経営者として選定してください。

税金の額を事前に把握しておく

事業承継により売却益を受け取る現経営者には、個人の場合は所得税や住民税、法人の場合は法人税といった税金の処理を行わなければなりません。事前に税額を把握し、計画的に申告・納税できるようにしておくことをおすすめします。税金対策は、税理士などの専門家に相談すると良いでしょう。

【関連】会社売却で失敗しないための10ポイント【成功/失敗事例あり】

印刷会社の事業承継の相談は専門家へ!

印刷業界は、デジタルブックの普及や競争激化、経営者高齢化など多くの課題点を抱える業界です。事業承継は、経営改善や業容拡大を効率的に目指せるため、多くの中小企業がメリットを享受できるでしょう。成功確率を上げるためにも、ぜひ専門家に相談し、サポートを受けながら手続きを進めてください。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

二段階買収の手続き方法を徹底チェック!目的やメリット・注意点は?

二段階買収の手続き方法を徹底チェック!目的やメリット・注意点は?

二段階買収(Two-Tier Takeover Strategy)は、買収側が売却側の少数株主から株式を買い集める際に有益な手法です。当記事では、実施目的や手法、メリットやデメリット、過去事例や...

事業承継の相談先はどこがいい?選び方から注意点まで徹底チェック!

事業承継の相談先はどこがいい?選び方から注意点まで徹底チェック!

近年は中小企業の経営者の高齢化に伴い、積極的に事業承継を行って生き残りを図る企業が増えています。 事業承継には複雑な手続きが多いため、信頼できる相談先の選択が重要です。そこで本記事では事業...

M&A後の退職金や給与はどうなる?節税方法や注意点まで徹底チェック!

M&A後の退職金や給与はどうなる?節税方法や注意点まで徹底チェック!

M&Aで退職金を活用すると、節税効果が得られます。当記事では、退職金を利用したM&Aの節税方法やメリット、注意点を交えながら、退職金の扱い方や税務について解説します。従業員や役員...

M&Aにおける人事DDの目的や調査範囲を徹底チェック!費用・注意点は?

M&Aにおける人事DDの目的や調査範囲を徹底チェック!費用・注意点は?

人事DD(デューデリジェンス)は、買収側がM&Aの実施後に受ける損失を最小限に抑えるために必要な調査です。当記事では、調査が行われる目的や調査範囲、かかる費用や注意点を踏まえながら、人事...

100日プランとは?PMIの概要・重要性・策定のポイントまで徹底解説!

100日プランとは?PMIの概要・重要性・策定のポイントまで徹底解説!

M&Aを実施する際にはPMIの工程が重要となり、100日プランはPMIの成功に大きな役割を果たします。今回はM&Aを検討している企業に向けて、100日プランの概要・重要性・策定の...

管工事会社の事業承継の動向や事例を徹底解説!メリットや費用相場・注意点は?

管工事会社の事業承継の動向や事例を徹底解説!メリットや費用相場・注意点は?

管工事会社業界は将来的な需要増加が見込める半面、人材不足や後継者不在といった問題が深刻です。当記事では、過去の事例を取り上げながら、管工事会社(管工事業界)の事業承継について解説します。事業承継...

小売業界における事業承継の動向は?成功事例からメリット・相場まで徹底解説!

小売業界における事業承継の動向は?成功事例からメリット・相場まで徹底解説!

近年は小売業界においても後継者不在や労働力不足による倒産・廃業の動向を避けるため、積極的に事業承継に取り組む企業が増加しています。本記事では小売業界における事業承継の動向を解説し、成功事例やメリ...

M&Aでの売却手続き方法を徹底解説!価格の算出方法やメリット・デメリットは?

M&Aでの売却手続き方法を徹底解説!価格の算出方法やメリット・デメリットは?

M&Aを実施する企業が増加傾向にあり、今後も多くの業界でM&Aが活発になっていくことが予想されています。 そんなM&Aの売却手続きの方法や売却価格の相場、メリット・デメ...

有限会社のM&Aを徹底解説!株式会社との違いや手法・注意点は?

有限会社のM&Aを徹底解説!株式会社との違いや手法・注意点は?

有限会社も株式会社と同様にM&Aで売買することができるため、有限会社を保有している方は参考にしてみてください。 有限会社のM&Aについてあまり詳しくない方は多くいるため、今回は...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)