M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 3分で読めます。
ルネサンスの事業売却(M&A)とは?事例やM&Aにおける株式譲渡との違いも解説

ルネサンスの事業売却(M&A)とは?事例やM&Aにおける株式譲渡との違いも解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

事業売却(M&A)とは

M&Aには、株式譲渡、事業売却(事業譲渡)、合併、会社分割など、様々な手法が含まれます。近年のM&Aの活発化に伴い、幅広い業界で様々なスキームによるM&Aが実施されています。M&Aを事業戦略上の重要な手法として活用する企業も多いですが、ルネサンスもそうした企業の一つです。

ルネサンスは、資本提携、合併、買収など、多くのM&Aによって事業を成長させています。この記事ではルネサンスのM&A事例についてご紹介しますが、まずは事業売却などのM&Aの種類や意味について整理しておきましょう。

M&Aの種類

M&AはMergers and Acquisitions(合併と買収)の略称で、2つ以上の会社が1つの会社になる合併(Mergers)と、ある会社が他の会社を買い取る買収(Acquisitions)を意味しています。一方で、M&Aというと、一般的には会社分割や資本業務提携なども含まれます。

さて、M&AのAcquisitionsは買収を意味しますが、買収といってもその手法は様々です。買収は、大きく分けると株式取得(株式譲渡・新株引受・株式交換・株式移転)、事業譲渡(全部譲渡・一部譲渡)に分類できます。一般的には株式譲渡が多く見られますが、事業譲渡(事業売却)などの他の手法が活用されるケースもあります。買収の手法の中では、特に事業売却(事業譲渡)と株式譲渡の違いが重要になります。

以下、それぞれの特徴と違いについて整理しておきましょう。

事業売却(事業譲渡)の意味

事業譲渡は、事業売却と呼ばれることもあります。事業売却(事業譲渡)とは、会社の事業の全部または一部を他の会社に売却(譲渡)することを表します。事業の全てを売却する場合だけでなく、事業の一部を売却できるという点に大きな特徴があります。

また、経営権が移転するのはもちろん売却した事業のみです。譲渡した事業の経営権は譲渡先に移りますが、売却しなかった事業の経営権は、引き続き譲渡会社に残ることになるわけです。

株式譲渡の意味

株式譲渡というのは、株主が保有する株式を第三者に譲渡することを表します。株式譲渡で移転するのは株式ですが、株式の移転は会社の経営権とも深く関係しています。というのは、会社の経営権は、株式の取得割合によって変わってくるからです。

株式には基本的に株主総会の議決権があり、株主総会では会社の経営に深く関係する決議が行われます。そして、議決権の過半数があれば、株主総会の普通決議を議決することができます。つまり、議決権のある株式の過半数を有することにより、会社の経営権を有することもできるわけです。株式の取得割合は会社の経営権に関係し、その株式を譲渡する手段が株式譲渡となります。例えば100%の株式を譲渡した場合であれば、その会社の経営権も全て移転することになります。

事業売却(事業譲渡)と株式譲渡の違い

事業売却(事業譲渡)は、移転するのはあくまで事業です。事業を売却しても、株式自体が動くわけではありません。一方で、株式譲渡の場合、移転するのは株式です。事業譲渡のように、事業単位で譲渡が行われるケースとは異なります。

また、経営権についても違いがあります。事業売却(事業譲渡)では、譲渡する事業の経営権が移転することになり、残しておく事業の経営権は移転しません。一方で、株式譲渡の場合、経営権は株式の取得割合によって決まります。事業ごとに判断するのではなく、株主の持株の比率によって判断されることになります。

ルネサンスとは?

ここまで、M&Aの種類、事業売却(事業譲渡)と株式譲渡との違いなど、それぞれのポイントをご紹介しました。次に、ルネサンスのM&A事例を整理するにあたり、ルネサンスの事業内容などにも触れておきましょう。

ルネサンスは、フィットネスクラブ、スイミングスクール、テニススクール、ゴルフスクールなどのスポーツクラブ事業や、介護リハビリ事業など、幅広い事業展開に強みがあります。また、これまで事業を成長させるうえで、他企業との積極的なM&Aも進めています。

現在ではスポーツクラブ経営をはじめ、企業・保険者・自治体などとの連携による健康づくりや介護予防など、スポーツ分野を活かしつつ健康にも特化した事業展開に特徴があります。今後も幅広い事業展開を進める可能性もあり、その際にM&Aをさらに積極的に活用することも期待されています。

ルネサンスの事業売却(M&A)事例

ルネサンスは、様々な企業とのM&Aを積極的に行い、事業を成長させたことでも知られています。

ルネサンスのM&A事例は、過去数年のものだけではありません。2000年代にも他社との合併や子会社化が頻繁に行われています。現時点までのルネサンスのM&A事例は、事業売却ではなく、資本提携、合併、子会社化が挙げられます。ただ、事業売却とも関係する事例ですので、ここではM&A事例として代表的なものをご紹介します。
 

⑴スポーツクラブトリムと合併

2000年の12月に、スポーツクラブトリムとの合併が行われました。スポーツクラブトリムはもともとJTの関連会社となっていました。このような事例からも、ルネサンスはスポーツ事業の成長のため、幅広い業界の企業も関係したM&Aを進めていたことがわかります。

⑵トーアスポーツの子会社化と合併

2004年4月には、トーアスポーツを100%子会社化しています。帝人からトーアスポーツの全株式を譲り受ける形で、完全子会社化が行われました。また、同年7月にはトーアスポーツとの合併が行われています。ルネサンスが行ったM&Aには、こうした完全子会社との合併事例にも特徴があります。

⑶玉島スポーツプラザの子会社化と合併

2006年6月には、住友商事の子会社であった玉島スポーツプラザを100%子会社化しています。また、同年9月には玉島スポーツプラザとの合併が行われました。こちらも完全子会社との合併事例となっています。

⑷リーヴ・スポーツと合併

2008年8月、リーヴ・スポーツとの合併が行われました。リーヴ・スポーツは、1991年にルネサンスと三菱地所との合弁で設立された会社です。リーヴ・スポーツの設立以降、「リーヴ・ルネサンス」としてスポーツクラブの展開などを行っていましたが、2008年にルネサンスと合併した形になっています。

⑸コミュニティネットと資本提携

こちらは比較的最近の事例となります。2016年6月、サービス付き高齢者住宅の運営を行うコミュニティネットとの資本提携、役員の派遣が発表されました。ルネサンスは2015年6月にコミュニティネットと介護事業に関する業務提携を行っていますが、2016年6月には資本提携という形での新たな提携が開始されています。

ルネサンスは介護リハビリ施設「元氣ジム」の運営も行っており、コミュニティネットとの資本提携は、「元氣ジム」との連携も視野に入れたものとなっています。また、コミュニティネットは、全国9ヵ所に「ゆいま~る」ブランドでサービス付き高齢者住宅を直営で運営しています。「参加型」「相互扶助」などの形で、高齢者の自立を重視したサービスに強みがあります。

このコミュニティネットとの資本提携により、ルネサンスは「元氣ジム」との連携や介護事業ノウハウの獲得を進めるほか、地方創生事業や街づくり事業などへの関与も含め、高齢者ビジネスおける事業拡大につなげるとしています。

事業売却は専門家に相談

先ほどご紹介したように、M&Aには事業売却も含めて様々な手法があります。M&Aを検討する際には、自社の状況に合った最適なスキームを選択し、目的に沿った戦略を立て、手続きを進めなくてはなりません。事業売却であれば、どのタイミングで売却するべきかなど、専門的な判断も必要になります。

こうした判断を自社だけで行うことは、非常に難しくなります。安易にM&Aを進めると、トラブルが発生するおそれもあります。こうした事態を防ぎ、スムーズな事業売却(M&A)を進めるには、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家に相談し、適切なサポートを受けるようにしましょう。

電話で無料相談WEBから無料相談

まとめ

M&Aには、合併と買収のほか、会社分割や資本業務提携なども含まれます。また、買収の中には、株式取得(株式譲渡・新株引受・株式交換・株式移転)と、事業譲渡(全部譲渡・一部譲渡)という手法があります。特に株式譲渡と事業譲渡(事業売却)の違いは重要で、それぞれのスキームを考えるうえで、仕組みの違いはしっかりと理解しておく必要があります。

また、近年は様々な業界でM&Aが活発化しており、新規事業の開始や既存事業の強化を図る際に、M&Aを活用する企業も増えています。ルネサンスもこうした企業の一つであり、特にこれまでの事業成長の過程で、積極的なM&Aを実行してきた姿勢でも知られています。今後のルネサンスの事業展開は、今以上に幅広い分野に進出する可能性もあります。その際に様々なスキームのM&Aを活用し、幅広い業界を活性化させることも期待されています。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談WEBから無料相談
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら