2020年4月6日更新会社・事業を売る

ルネサンスの事業売却(M&A)とは?事例やM&Aにおける株式譲渡との違いも解説

近年は幅広い業界でM&Aが活発化しています。ルネサンスは、これまでの事業成長の過程で積極的なM&Aを実行してきたことで広く知られています。これからのルネサンスの事業展開は、幅広い業界を活性化させていくと期待されています。

目次
  1. 事業売却(M&A)とは
  2. M&Aの種類
  3. ルネサンスとは
  4. ルネサンスの事業売却(M&A)事例
  5. 事業売却(M&A)は専門家に相談
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業売却(M&A)とは

事業売却とは、会社の一部である事業を他の会社に売却する方法です。M&Aには、株式譲渡、事業売却(事業譲渡)、合併、会社分割など、さまざまな手法が含まれます。近年のM&A(合併と買収)の活発化に伴い、幅広い業界で多種多様なスキームによるM&Aが実施されています。

M&Aを事業戦略上の重要な手法として活用する企業も多いですが、ルネサンスもそうした企業の一つです。ルネサンスは、資本提携、合併、買収など、多くのM&Aによって事業を成長させています。この記事では、事業売却といったM&Aの種類や意味から、ルネサンスのM&A事例までをご紹介します。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
M&Aによる会社売却・事業売却

M&Aの種類

M&AはMergers and Acquisitions(合併と買収)の略称で、2つ以上の会社が1つの会社になる合併(Mergers)と、ある会社が他の会社を買い取る買収(Acquisitions)を意味しています。一方で、M&Aというと、一般的には会社分割や資本業務提携なども含まれます。

さて、M&AのAcquisitionsは「買収」を意味しますが、買収といってもその手法はさまざまです。買収は、大きく分けると株式取得(株式譲渡・新株引受・株式交換・株式移転)と、事業譲渡(全部譲渡・一部譲渡)に分類できます。

一般的には株式譲渡が多く見られますが、事業譲渡(事業売却)などの他の手法が活用されるケースもあります。買収の手法の中では、特に事業売却(事業譲渡)と株式譲渡の違いが重要になります。以下、それぞれの特徴と違いについて整理しておきましょう。

事業売却(事業譲渡)の意味

事業譲渡は事業売却とも呼ばれ、会社の事業の全部または一部を他の会社に売却(譲渡)することを表します。事業の全てを売却する場合だけでなく、事業の一部を売却できるという点に大きな特徴があります。

また、経営権が移転するのはもちろん売却した事業のみです。譲渡した事業の経営権は譲渡先に移りますが、売却しなかった事業の経営権は、引き続き譲渡会社に残ります。

株式譲渡の意味

株式譲渡というのは、株主が保有する「株式」を第三者に譲渡することを表します。株式譲渡で移転するのは株式ですが、株式の移転は会社の経営権とも深く関係しています。なぜなら会社の経営権は、株式の取得割合によって変わってくるからです。

株式には基本的に株主総会の議決権があり、株主総会では会社の経営に深く関係する決議が行われます。そして、議決権の過半数があれば、株主総会の普通決議を議決できます。

つまり、議決権のある株式の過半数を有することにより、会社の経営権を有することもできるわけです。株式の取得割合は会社の経営権に関係し、その株式を譲渡する手段が「株式譲渡」となります。例えば100%の株式を譲渡した場合であれば、その会社の経営権も全て移転することになります。

事業売却(事業譲渡)と株式譲渡の違い

事業売却(事業譲渡)で移転するのはあくまで事業です。事業を売却しても、株式自体が動くわけではありません。一方で、株式譲渡の場合、移転するのは株式です。事業譲渡のように、事業単位で譲渡が行われるケースとは異なります。

また、経営権についても違いがあります。事業売却(事業譲渡)では、譲渡する事業の経営権が移転することになり、残しておく事業の経営権は移転しません。一方で、株式譲渡の場合、経営権は株式の取得割合によって決まります。事業ごとに判断するのではなく、株主の持株の比率によって判断されることになります。

※関連記事
事業売却とは?方法や事例、価格算定方法や事業売却益をわかりやすく解説
株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

ルネサンスとは

ここまで、M&Aの種類、事業売却(事業譲渡)と株式譲渡との違い、それぞれのポイントをご紹介しました。次に、ルネサンスのM&A事例を整理するにあたり、ルネサンスの事業内容や業界などにも触れておきましょう。

ルネサンスの特徴

ルネサンスは、フィットネス業界で売上高シェアが国内3位の企業です。フィットネスクラブ、スイミングスクール、テニススクール、ゴルフスクールなどのスポーツクラブ事業や、介護リハビリ事業など、幅広い事業展開に強みがあります。また、これまで事業を成長させるうえで、他企業との積極的なM&Aも進めてきました。

現在、特にスポーツ分野を活かしながら健康にも特化した事業展開が特徴的です。今後もスポーツクラブ経営をはじめとする企業・保険者・自治体などとの連携による健康づくりや介護予防など、幅広い事業展開を進める可能性があるでしょう。

スポーツクラブ・フィットネス業界の現状

厳しい状況が続く日本経済ですが、スポーツクラブ・フィットネス業界の売上高は堅実に伸びています。シニア層を中心に健康への関心が高まっており、近年の「健康ブーム」もその理由の一つです。当面は団塊の世代が、スポーツクラブ業界の売上高推移を支えていくと考えられます。

しかしながら業界全体では、会員の獲得競争が激しく、価格以外で特色を出すことも求められています。もう一方で、20・30代のスポーツ施設にかける金額が非常に低いのもまた事実です。スポーツクラブ・フィットネス経営事業者は、今のうちからいかに若い世代を取り込めるかが大きな課題となります。

こうした背景をもとに、スポーツクラブ・フィットネス関連の大手や中堅企業は積極的にM&Aを行い、会員の囲い込みや事業展開を戦略的に実施しています。ルネサンスもその代表的な企業の一つといえるでしょう。

※関連記事
M&Aの問題点とは?成功させるために知っておくべき全知識
会社譲渡(株式譲渡)時にかかる税金とは?仕組みや計算方法について解説!

ルネサンスの事業売却(M&A)事例

ルネサンスは、さまざまな企業とのM&Aを積極的に行い、事業を成長させたことで知られています。ルネサンスのM&A事例は、過去数年のものだけではありません。2000年代にも他社との合併や子会社化が頻繁に行われています。

現時点までのルネサンスのM&A事例は、事業売却ではなく、資本提携、合併、子会社化が挙げられます。ここでは、事業売却とも関係する「M&A事例」として、代表的なものをご紹介します。

スポーツクラブトリムと合併

2000年の12月に、もともとはJT(日本たばこ産業)の関連会社だった、スポーツクラブトリムとの合併が行われました。この事例から、ルネサンスはスポーツ事業の成長のため、幅広い業界の企業も関係したM&Aを進めていたことがわかります。

トーアスポーツの子会社化と合併

2004年4月には、トーアスポーツを100%子会社化しています。帝人からトーアスポーツの全株式を譲り受ける形で、完全子会社化が行われました。また、同年7月にはトーアスポーツとの合併が行われています。ルネサンスが行ったM&Aには、こうした完全子会社との合併事例にも特徴があります

玉島スポーツプラザの子会社化と合併

2006年6月には、住友商事の子会社であった玉島スポーツプラザを100%子会社化しています。また、同年9月には玉島スポーツプラザとの合併が行われました。こちらもトーアスポーツと同様の完全子会社との合併事例です。

リーヴ・スポーツと合併

2008年8月、リーヴ・スポーツとの合併が行われました。リーヴ・スポーツは、1991年にルネサンスと三菱地所との合弁で設立された会社です。リーヴ・スポーツの設立以降、「リーヴ・ルネサンス」としてスポーツクラブの展開などを行っていましたが、2008年にルネサンスと合併をしました。

コミュニティネットと資本提携

2016年6月、サービス付き高齢者住宅の運営を行うコミュニティネットとの資本提携、役員の派遣が発表されました。ルネサンスは2015年6月にコミュニティネットと介護事業に関する業務提携を行っていますが、2016年6月には資本提携という形での新たな提携が開始されています。

ルネサンスは介護リハビリ施設「元氣ジム」の運営も行っており、コミュニティネットとの資本提携は、「元氣ジム」との連携も視野に入れたものです。また、コミュニティネットは、全国9ヵ所に「ゆいま~る」ブランドでサービス付き高齢者住宅を直営で運営しています。「参加型」「相互扶助」などの形で、高齢者の自立を重視したサービスに強みがあります。

このコミュニティネットとの資本提携により、ルネサンスは「元氣ジム」との連携や介護事業ノウハウの獲得を進めるほか、地方創生事業や街づくり事業などへの関与も含め、高齢者ビジネスにおける事業拡大につなげるとしています。

※関連記事
子会社の株式譲渡
合併の種類

事業売却(M&A)は専門家に相談

ご紹介したように、M&Aには事業売却も含めてさまざまな手法があります。M&Aを検討する際には自社の状況に合った最適なスキームを選択し、目的に沿った戦略を立て、手続きを進めなくてはなりません。事業売却であれば、どのタイミングで売却するべきかなど、専門的な判断も必要になります。

こうした判断を自社だけで行うことは難しいでしょう。安易にM&Aを進めると、トラブルが発生するおそれもあります。こうした事態を防ぎ、事業売却といったM&Aをスムーズに進めるには、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリーなどの専門家に相談し、適切なサポートを受けるようにしましょう。

もし専門家選びに悩んだらM&A総合研究所までお気軽にお問い合わせください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な経験と知識を持つプロが国内最安値水準でM&Aをフルサポートしています。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
株式取得とは?方法やメリット・デメリット、買収先が株式取得を望む理由を解説
赤字会社をM&Aを用いて売却する方法!買収や繰越欠損金について解説します

まとめ

M&Aには、合併と買収のほか、会社分割や資本業務提携なども含まれます。また買収の中には、株式取得(株式譲渡・新株引受・株式交換・株式移転)と、事業譲渡(全部譲渡・一部譲渡)の2種類の手法があります。各手法のスキームを考えるうえで、株式譲渡と事業譲渡(事業売却)それぞれの仕組みの違いはしっかりと理解しておくことが重要です。

また、近年は幅広い業界でM&Aが活発化しており、新規事業の開始や既存事業の強化を図る際に、M&Aを活用する企業が増えています。ルネサンスもこうした企業の一つであり、特にこれまでの事業成長の過程で、積極的なM&Aを実行してきたことでも有名です。

今後のルネサンスの事業展開は、今以上に幅広い分野に進出する可能性もあるでしょう。その際にさまざまなスキームのM&Aを活用し、幅広い業界を活性化させることが期待されています。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

債務超過でもM&Aで売却できる?売るコツ、譲渡金額の目安を解説

会社の資産と負債を比較した際に負債の方が多い状態を債務超過とよびます。当記事は債務超過の大まかな解説をはじめ、債務超過にある会社の価値をはじき出す方法や、売却の可能性、M&Aで売るためのコツ、目...

選択と集中とは?意味と使い方を解説

選択と集中とは?意味と使い方を解説

不要な事業を売り払って事業の絞り込みを行うのが選択と集中です。当記事は、選択と集中の大まかな解説をはじめ、選択と集中の意味や、多角化との違い、選択と集中を使うシーン、取り掛かった際のメリットとデ...

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

会社売却の税金内訳や節税対策を解説!株式譲渡と事業譲渡どちらが得?

株式・事業を譲り渡して売却益をえるのが会社売却です。当記事は会社売却の簡単な解説をはじめ、会社売却にかかる税金の内訳や、税金を払う時機、節税策、節税につなげられるスキームの特徴のほか、お薦めする...

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義やのれんとの違い、...

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

TMK(特定目的会社)とは?SPCとの違い、設立の手順を徹底解説

「TMK(特定目的会社)」や「SPC(特別目的会社)」という言葉を聞くことがありますが、これらは分かりにくい部分がある用語です。この記事では、TMK(特定目的会社)とは何か、SPC(特別目的会社...

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)