2022年10月17日更新会社・事業を売る

事業売却でかかる税金

事業売却とは狭義の事業譲渡であり、会社の事業のすべてまたは一部を第三者に売却することです。事業売却にあたっては売り手側にも買い手側にも税金が発生します。本記事では、事業売却での課税の実態を確認しながら、節税対策も解説します。

目次
  1. 事業売却とは
  2. 事業売却のメリット
  3. 事業売却のデメリット
  4. 事業売却で発生する税金①売却側
  5. 事業売却で発生する税金②買収側
  6. 事業売却での節税対策
  7. 事業売却での注意点
  8. 事業売却でかかる税金のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業売却とは

事業売却とはM&A手法の中でも多く用いられるものの1つです。具体的には、会社が行っている事業の全部または一部を金銭などの対価をもって第三者に譲渡する行為のことです。事業売却は事業譲渡の手段の1つですから、狭義の事業譲渡ともいえます。

事業譲渡の手段としては、他に贈与、株式交換などがあります。類似するM&A手法の株式譲渡は、会社の経営権をすべて譲渡する行為です。会社分割も類似していますが、事業売却は会社再編行為ではないため、同じカテゴリーではありません、

このように、事業売却と混同しやすいものは数多く存在しています。その内容も手続き方法が近しいもの、手続きは全く異なるのに結果的にはほぼ同等なものなど千差万別です。一見しただけでは区別がつきにくく、特徴もつかみづらいです。

事業売却などのM&Aをご検討中であれば、ぜひ一度M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがご相談からクロージングまでフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。会社売却・事業譲渡に関して、無料相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

事業売却のメリット

事業売却ならではのメリットを、売却側から解説します。同じように事業を切り離す会社分割と事業売却を比べたとき、事業売却では税制の適格要件などを考慮する必要がなく、自由に事業の売却を行えます。

この自由である点が最大のポイントで、残したい資産や人材は会社に残せるうえに、手放したい事業は全て合わせて売却できることがメリットです。不採算部門の売却や会社規模の縮小など、意図に沿って売却できます。

買収側のメリットも、売却側と同様です。必要と思える事業や資産だけを選んで買収できる点が、事業売却でのメリットだといえます。それにより、簿外債務なども引き継がずに済みます。

【関連】事業譲渡のメリット・デメリットとは?手続きの流れも紹介| M&A・事業承継の理解を深める
【関連】事業売却とは?方法や事例、価格算定方法や事業売却益をわかりやすく解説| M&A・事業承継の理解を深める

事業売却のデメリット

物事は表裏一体といいますが、事業売却のメリットは裏を返すと、それがそのままデメリットになります。すなわち、売却側も買収側も、こと細かに売りたいもの・買いたいものを選別できるので、その手続きに多くの時間と手間がかかります

お互い、どれを売るか・買うかを検討して決め、条件を定め、相手側と交渉・協議し合意を取らなければなりませんが、こうしたプロセスを1つずつ行う必要があるのです。

【関連】M&Aによる売却の基礎知識!相手先企業探し、取引価格の決め方、手続きの流れを解説| M&A・事業承継の理解を深める

事業売却で発生する税金①売却側

事業売却が成立すれば、そこで対価として金銭のやり取りが行われます。これは、会社にとって取引行為です。取引行為であれば、当然ながら課税を受けます。本章では、事業売却時の売却側で発生する税金を系統ごとに解説します。

法人税・事業税・地方法人税・法人住民税

事業売却によって得た売却益は、法人税の課税対象です。法人税が課税される場合、もれなく地方法人税・法人住民税・事業税も課税されることになります。ただし、事業売却の対価全額が課税対象ではありません。譲渡売却対価が譲渡資産の簿価を上回った金額部分にのみ課税されます。

したがって、譲渡売却対価が譲渡資産の簿価を下回る場合は課税されません。下回った金額分は、確定申告時に課税所得額から差し引くことができます。法人税の課税を受ける場合の税率は、事業税・地方法人税・法人住民税を加えて約30~40%が目安です。

消費税

事業売却で譲渡する資産が消費税の課税資産に該当する場合、消費税が発生します。消費税の扱いは少しわかりづらいです。具体的にいうと、消費税の納付は売却側が行いますが、実際に納付額を負担するのは買収側です。

つまり、売却側は事業売却を行う際の対価に課税資産分の消費税を加算して請求します。買収側から支払われた消費税相当分は、売却側が徴収して税務署に納付する手順を踏みます。主な消費税の非課税資産、課税資産は以下のとおりです。

  • 非課税資産:債権、土地、有価証券
  • 課税資産:のれん代(営業権)、棚卸資産、無形固定資産、土地以外の有形固定資産

償却資産税・固定資産税・都市計画税

公租公課である償却資産税・固定資産税・都市計画税が事業売却の対象に含まれる場合、売却前日分までは売却側に支払い義務があります。

【関連】事業譲渡にかかる税金は?株式・会社譲渡の方が節税対策になる?税務を徹底解説!| M&A・事業承継の理解を深める
【関連】事業譲渡における消費税| M&A・事業承継の理解を深める

事業売却で発生する税金②買収側

事業売却では、当然ながら買収側にも納税義務が生じます。売却側とは異なる課税を受けるわけですが、本章ではその内訳を系統ごとに解説します。

消費税

事業売却時の消費税負担は、すでに売却側で述べたとおりです。事業売却されるリストのなかに課税資産が含まれていれば、その消費税を支払うのは買収側です。ただし、買収側が税務署に納付するのではなく、請求に基づいて売却側に消費税を支払います。

それを受けた売却側が、徴収した消費税を納付する仕組みです。

償却資産税・固定資産税・都市計画税

公租公課である償却資産税・固定資産税・都市計画税が事業売却の対象に含まれている場合、売却日当日以降分からは買収側が支払います。

不動産取得税・登録免許税

事業売却のリストのなかに不動産が含まれている場合、買収側に不動産取得税が課税されます。併せて、不動産の登記書き換えを行うことになるので、その際は登録免許税も発生します。売却された事業に許認可が必要であった場合、その許認可を引き継ぐことはできません。

買収側で新たに許認可を得る必要があります。したがって、その時に新たに登録免許税を納めることになります。

事業売却での節税対策

本章では、事業売却にあたって節税効果が期待できる代表的な対策を買収側・売却側それぞれの立場に分けて解説します。

売却側

事業売却時の売却側における税負担で最もインパクトが大きいのは、法人税関連です。しかし、他のM&A手法でみられるような、適格要件を満たせば税制上の優遇措置を得られるような制度はないのが実情です。通常の節税対策を徹底させる対応を取ることが、できることのすべてです。具体的には、経費の計上もらしをなくし、課税所得を適正に下げておきましょう。

各種保険や共済などへの加入も経費として認められているので、役員や経営者の退職金積立に類するものなどを積極的に契約するのも良いです。時間的にできるだけの節税対策をする意味では、期首に事業売却を成立させれば、期末までの時間が多くあります。

発想を転換させて、事業売却価格ができるだけ高額となるよう買収側と交渉するのも手段の1つです。それによって、少しでも手元に残る金額を多くするという考え方を取り、相手と交渉してみましょう。

【関連】中小企業の節税とは?小規模企業共済の節税効果や中小企業の節税方法を解説| M&A・事業承継の理解を深める
【関連】法人の正しい節税対策をわかりやすく解説【中小企業必見】| M&A・事業承継の理解を深める

買収側

事業売却の際、買収側でも売却側と同様に、発生する税金に関して節税する方策はありません。ただし、買収側が譲受されたもののなかに営業権(のれん代)が含まれている場合、営業権は買収側にとって会社全体の節税効果をもたらす場合があります。

具体的にいうと、買収した資産の時価を超える部分の営業権の価額は、5年間の均等償却の条件で課税所得の損金に算入できます。

【関連】節税対策とは?法人や個人事業主向けに保険や経費不動産の活用事例を解説| M&A・事業承継の理解を深める
【関連】決算対策と節税| M&A・事業承継の理解を深める

事業売却での注意点

事業売却で特に買収側で気をつけておくべきことは、会社売却と比較したときに承継されるものが少ない点です。事業売却で移転できるものは、事業とそれに関連する資産だけです。

事業売却した会社と買収した会社は別会社であるため、事業に関連する対外的な契約や許認可はすべて締結・取得し直さなければなりません。これは、事業に従事する従業員の引継ぎも同様です。

人材を事業売却の対象にはできないため、従業員が買収会社に移籍してくれるよう呼びかけ、説明し雇用手続きを行う必要があります。買収側にとっては、事業売却契約が結ばれればそれで完了ではなく、そこからもさまざまな手配を進めなければいけません。その点を忘れず、見越した事業買収の計画を立てておくことが大切です。

【関連】事業売却と社員| M&A・事業承継の理解を深める

事業売却でかかる税金のまとめ

事業売却が行われる具体的なケースとしては、後継者不足による事実上の廃業措置、不採算事業の切り離し、主力事業への注力など、その会社の状況によってさまざまです。ただし、いずれの場合でも理由のいかんは問わず、平等に課税されます。

したがって、事業売却後の課税・納税のことまで見すえたうえで、事業売却を行うことが重要なポイントです。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却でかかる税金はいくら?計算方法、税金対策をわかりやすく解説

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違います。この記事では、会社売却にかかる税金に関して計算方法を解説するととも...

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

会社を売るタイミングはいつ?業績から最適な売り時を考えて売却しよう!

M&Aによる会社売却はタイミングが重要で、同じ会社でもタイミングの違いによって売却価格が大きく変わる可能性があります。この記事では、会社売却の適切なタイミング、会社売却のメリットや利益を...

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

【2021】出版業界のM&A動向と事例9選!会社売却・買収の実績を解説!

出版業界は、電子書籍の普及と紙媒体の衰退といった大きな変化の渦中にあり、業界再編などを目的としたM&Aが活発です。本記事では、出版業界の最新M&A事例9選を紹介するとともに、出版...

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

宅配・フードデリバリー・ケータリング業界のM&A動向!事例、相場も徹底解説【2022年最新】

2021年は新型コロナの影響などもあり、宅配・フードデリバリー・ケータリング業界が好調を維持するとともに、M&A動向も活発な動きでした。本記事では、宅配・フードデリバリー・ケータリング業...

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

M&Aの手数料はなぜ高いのか?支払う費用の相場、計算方法、仲介会社の報酬体系を解説

昨今、M&Aが年々普及していく一方で、M&Aの手数料の高さがクローズアップされるようになりました。本記事では、M&A仲介会社の手数料が高い理由、手数料相場、手数料が高いか...

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

アライアンス契約とは?提携の種類とM&Aとの違いや契約書の記載事項を解説!

企業同士が資本提携や業務提携を結ぶ契約を「アライアンス契約」と呼ぶことがありますが、聞きなれない単語なのでよくわからないという方もいるかもしれません。本記事では、アライアンス契約とは何か、M&a...

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本業務提携とは?資本提携のメリット・デメリットと流れを解説!

資本提携や資本業務提携とは、企業同士の独立性を保ったまま他社と協働したい場合に有力な選択肢です。本記事では、資本業務提携・資本提携とはどのようなものか、業務提携の違いやメリット・デメリット、契約...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)