2020年1月19日更新資金調達

収益向上とは?施策や方法、意味を経営分析について解説します

収益向上の施策は短期間では実現できないものの、長期的には会社に大きな効果をもたらすでしょう。収益向上のためには、商品単価や購買頻度の向上、新規顧客の獲得に取り組む必要があります。競合他社との差別化、収益力の高いプロダクトの開発・拡販をしましょう。

目次
  1. 収益向上とは
  2. 収益向上の意味
  3. 収益向上の施策と方法
  4. 収益向上のためのM&A
  5. 収益向上に欠かせない経営分析
  6. ロジックツリーを活用した収益向上
  7. 物流業者の収益向上
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

収益向上とは

経営改善、もしくは事業規模のさらなる拡大のためには、収益向上は欠かせません。収益向上を図ることで、持続的な成長を実現できます。経営者や個人事業主にとって、収益向上に向けた施策は最優先事項です。

収益向上とは、文字どおり収益を向上させることです。収益は、会社が事業運営によって得たお金のことで、一般的には売上高のことをさします。つまり、収益向上とは売上高の増加を意味します。

※関連記事

売上拡大

収益向上の意味

企業の最終的な目標は手元に多くの利益を残すことです。利益をより多く残すためには「コストの削減」もしくは「収益向上」の2通りの方法があります。

コスト削減は即効性のある利益増加施策の1つですが、その効果には限界があります。コストを0円まで削減したら、収益額以上の利益を得ることはできません。利益をより増やすためには、収益向上に取り組む必要があります。

収益向上は短期間で実現させることは困難ですが、長期的に効果を得られるうえに理論上は利益の増加額に限度がありません。長期的な利益増加を目指すのであれば、コスト削減と並行して収益向上の施策にも取り組む必要があります。

創業したての企業であれば、まずはコスト削減よりも収益向上に取り組むほうがベターです。

※関連記事

M&Aによるシナジー効果とは?

収益向上の施策と方法

収益向上のためには商品単価や購買頻度などの向上に加え、既存顧客の流出防止や新規顧客の獲得に取り組む必要があります。この項では、収益向上の具体的な3つの施策を以下でご紹介します。

  1. 営業力の強化
  2. 収益力の高いプロダクトの開発・拡販
  3. 競合他社との差別化

①営業力の強化

収益向上のためには、商品やサービスを販売する営業活動(人員)の存在が不可欠です。営業力の強化は収益向上にとって最優先となる施策です。収益向上を図る際は、「量」と「質」の両面から営業力の強化に取り組みましょう。

量の強化には、営業担当者の増員やノルマの増加などが効果的な方法です。ノルマの過度な増大は営業人員の負担を増やし、かえって不効率を生み出す恐れがあります。それどころか営業人員の不満が募り、最悪の場合人員の流出にもつながりかねません。ノルマの増加と併せて、営業人員の増加にも取り組むことが大切です。

質の強化には研修や報酬制度の充実などにより、営業担当者の能力向上に取り組むことが効果的です。一人ひとりの営業力が向上すれば、全社的な収益向上につながります。

②収益力の高いプロダクトの開発・拡販

営業力を強化しても、薄利多売の商売では十分な利益向上を実現することはできません。収益力(商品単価)の高いプロダクトがない場合には、収益力が高い商品やサービスを開発もしくは導入しなくてはなりません。

単価の低い商品のまま利益増加を目指すと倍以上の商品を販売しなければいけませんが、商品単価が2倍になれば販売数量が変わらなくても収益も2倍になります。

すでに収益力のある商品が自社内に存在する場合には、その商品の拡販に重点を置きましょう。商品単価の高い商品を拡販することで、比較的容易に収益向上を達成することができます。

③競合他社との差別化

収益力の高い商品の拡販に成功しても、市場での競争が激しければ十分な収益を獲得することができません。競合他社との差別化は収益拡大の方法としては究極の施策です。正解がなく成功する難易度は高いものの、成功すれば持続的な収益向上を実現できます。

自社の経営資源上の強みを活用でき、かつ十分な収益を得られる事業ドメインにて差別化を図ることが重要です。差別化は一長一短で実現できる施策ではないため、試行錯誤を繰り返しながら収益向上を図る必要があります。

収益向上のためのM&A

これまで述べた事柄が収益向上の主な方法です。どれか1つの実践だけでも効果が出る場合もあれば、全く効果が生じない場合もあります。収益向上を確実に実行したいのであれば、複数の施策を同時進行することも効果的でしょう。

最近は、M&Aを利用して収益向上を図るケースも増えています。M&Aで既存の会社を取り込めば、新たな事業の立ち上げや販路の拡大など収益向上につながるシナジー効果が得られるからです。

収益向上を図るためのM&Aを行うのであれば、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所なら、独自のAIを搭載したM&Aプラットフォームによって、買収ニーズに基づいた相性の良い売り手をマッチングします。

そして、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロがM&Aを最後までフルサポートいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。費用に関しても、国内最安値水準ですのでご安心ください。

※関連記事

業績不振の原因と改善策

収益向上に欠かせない経営分析

収益向上の施策を効果的に進めるためには、経営分析の活用も検討しなくてはなりません。経営分析とは、財務諸表上の指標を用いて会社の状態を分析することです。経営分析は以下の4つ(収益性分析、効率性分析、生産性分析、安全性分析)に分類され、それぞれ分析の目的や役立ち方が異なります。

  1. 収益性分析
  2. 効率性分析

その中で、収益向上に関連する「収益性分析」と「効率性分析」について解説します。何に役立てたいのかを明確化したうえで、経営分析を実行することが大切です。

①収益性分析

収益性分析とは、企業がどの程度の収益を獲得しているかを分析するものであり、分析結果は企業の収益獲得能力を表します。

「収益」性分析となっているものの、この分析で意味する収益は収益から費用を差し引いた「利益」を表すので、ご注意ください。今回は、数ある収益性分析の中から以下の2つの分析方法をご紹介します。

  • 総資本事業利益絵率(ROA)
  • 自己資本利益率(ROE)

総資本事業利益率(ROA)

総資本事業利益率(ROA)とは、企業が保有するすべての資本を用いて、どの程度事業による利益を獲得できたかを表す指標です。この分析方法では、下記の計算式によりROAを算出します。

  • ROA=(事業利益÷総資本)×100

ROAの数値が高いほど、収益力が高い企業であると分析できます。

自己資本利益率(ROE)

自己資本利益率 (ROE)とは、経営者などが出資した資本を用いて、どの程度利益を獲得したかを表す指標です。ROEの計算では利益に当期純利益を用いるケースが一般的です。この分析方法では、下記の計算式によりROEを算出します。

  • ROE=(事業利益÷総資本)×100

ROEの数値が高いほど、収益力が高い企業であると分析できます。

②効率性分析

効率性分析とは、資産や負債などの資本を用いてどの程度の収益(売上高)を生み出したかを分析するものであり、企業の収益獲得における効率性を表します。パーセンテージではなく「回数」で表す点が特徴です。今回は数ある効率性分析の中から以下2つの分析方法をご紹介します。

  • 総資本回転率
  • 棚卸資産回転率

総資本回転率

総資本回転率はすべての資本を用いて、どの程度効率的に売上高を獲得したかを表します。この分析方法では下記の計算式により総資本回転率を算出します。

  • 総資本回転率=売上高(収益)÷総資本

総資本回転率の数値が高いほど効率的に収益を獲得していると分析できます。

棚卸資産回転率

棚卸資産回転率は販売商品や原材料などを用いて、どの程度効率的に売上高を獲得したかを表します。この分析方法では下記の計算式により棚卸資本回転率を算出します。

  • 棚卸資本回転率=売上高(収益)÷棚卸資産

棚卸資本回転率の数値が高いほど効率的に収益を獲得していると分析できます。

収益向上のためには経営分析は欠かせないものですが、分析したものを正しく理解し活用しなければ、意味がありません。こうした分析や戦略を考えるには、専門の知識をもつプロのアドバイザーを頼るのが良いでしょう。

M&A総合研究所には、専門の知識と豊富な経験を持つ公認会計士が多数在籍しています。これまでに培ったノウハウを用い、収益向上を目的としたM&Aの交渉から成約までフルサポートいたします。

収益の向上を実現させるにも長期間を要しますが、M&Aの成約にも一般的に半年から1年かかるため、収益向上にはさらに時間がかかってしまいます。M&A総合研究所は早いクロージングを実現しており、平均3ヶ月でクロージングが実現できます。

完全成功報酬制で国内最安値水準となっておりますので、費用に関してもご安心ください。相談は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

経営改善の手法とは?損益分岐点分析やKPI管理の活用

ロジックツリーを活用した収益向上

この項では、ロジックツリーを活用した収益向上について解説します。

ロジックツリーとは

収益向上に役立つフレームワークに「ロジックツリー」があります。ロジックツリーとはさまざまな要素をツリー構造で細分化することで、問題点や課題を把握するためのフレームワークです。

ロジックツリーの最上位に収益向上に最も必要な施策や課題を置き、そのために必要な要素を下位項目に洗い出します。3〜5階層目までロジックツリーを書き出せば、収益向上の方向性や施策を導き出せます。

ロジックツリーを収益向上に活用するコツ

ロジックツリーを収益向上に活用する際には、踏まえるべきコツがあります。収益向上に限らず、ロジックツリーの構造には一貫性を持たせる必要があります。

「なぜ」や「どうやって」など、ロジックツリーを構成する際にはあらかじめ観点を決定します。「なぜ」で構成し始めたら、他の観点は取り入れてはいけません。

※関連記事

収益拡大とは?方法や施策、戦略を解説

物流業者の収益向上

物流業者の間では、従来にも増して競争が激化しており、市場から撤退を余儀なくされる業者も少なくありません。物流業者が市場で生き残るためには、必ず収益向上に取り組まなくてはいけません。この項では、物流業者の収益向上に向けた以下の3つの施策をご紹介します。

  1. 人材確保と育成
  2. 主力事業の競争力向上
  3. 周辺業務への進出

①人材確保と育成

収益向上のためには、収益の稼ぎ手である人材の確保が重要です。少子高齢化や職業選択の多様化に伴い、物流業者が新しく人材を確保することは困難となっています。ひと昔前とは異なる現状を省みて、従来とは異なる人材確保の戦略を立てましょう。

女性ドライバーの起用や、同業他社間でのドライバーの相互出向などの施策が有効です。人材確保と同時進行で、育成にも取り組む必要があります。ドライバー能力のスキルアップに加えて、特殊技能の取得なども収益向上には大切です。

研修やOJTなどを行いつつ、モチベーションを高める報酬制度も充実させることで収益向上を実現できます。

②主力事業の競争力向上

主力である「実運送」事業の付加価値向上により、競争力の向上を図ることも収益向上には不可欠です。業務の効率化や差別化による単価向上により、収益向上を実現することができます。経営資源が乏しい中小物流業者には、営業エリアや業種などを限定する特化戦略が有効です。

得意分野に経営資源を集中させることで、少ない資源でも大きな収益を得ることができます。弱みとなる部分は、業務提携やアウトソーシングなどを有効活用して補いましょう。強みと弱みを認識し、「効率化」や「差別化」を意識した経営戦略が重要となります。

③周辺業務への進出

主力事業の競争力向上に併せて、周辺業務への進出も収益向上には効果的です。例えば、川上の荷主業務への進出を成功させることで、大きな収益アップを期待できます。3PL(サードバーティー・ロジスティックス)の展開も、物流業者にとっては効果的な収益向上の施策となり得ます。

3PLとは、顧客の代わりに仕分けや入出庫・保管、流通加工などの物流と周辺業務を引き受けて、質の高い物流サービスを実現するサービスです。3PLを実施するためには既存顧客との付き合いや主力事業の中から、自社が提供できる価値を見出して提案することが不可欠です。

提案する内容を実現するだけの業務遂行力も必要となるため、3PLは物流業者にとって難易度の高い業務です。難易度は高いですが、収益向上には非常に効果的な施策であるため、積極的にチャレンジすると良いでしょう。

※関連記事

運送業の事業承継【事業承継方法や運送業界の現状を解説します。】

まとめ

収益向上の施策は短期間で実現できるものではありませんが、長期的には会社に大きな効果をもたらします。収益向上のためには、商品単価や購買頻度の向上、新規顧客の獲得に取り組む必要があります。競合他社との差別化、収益力の高いプロダクトの開発・拡販をしましょう。

今回の内容をまとめると、以下になります。

【収益向上とは】

  • 売上高を増加させること

【収益向上の施策と方法】

  • 収益向上には営業力の強化、収益力の高いプロダクトの開発・拡販、競合他社との差別化などの施策が有効的。M&Aのシナジー効果による収益向上を図るケースも増えている

【収益向上に欠かせない経営分析】

  • 経営分析には収益性分析、効率性分析、生産性分析、安全性分析の4つの分析方法があり、分析の目的や役立ち方により利用する方法が異なる

【ロジックツリーとは】

  • さまざまな要素をツリー構造で細分化することで、問題点や課題を把握するためのフレームワークのこと

【ロジックツリーを収益向上に活用するコツ】

  • ロジックツリーの構造に一貫性をもたせること

【物流業者の収益向上】

  • 人材確保と育成、主力事業の競争力向上、周辺業務への進出などの施策が有効である

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資は、家賃収入や売却益を目的として、中古マンションに投資することを意味します。安定した収入を積み重ねていくために、不動産投資の仕組みも踏まえて中古マンション投資の特徴を知り、様々...

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

近年は日本でも活発化している企業間の買収ですが、海外では日本以上に積極的に買収が行われており、その事例から学べることは多くあります。ここではアメリカの半導体関連企業であるザイリンクスの事業動向を...

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる場合、融資を受ける方法が一般的です。融資の種類は多く、それぞれで特徴や強みは異なるので、きちんと比較検討が必要です。返済計画も含めて長期的な視点を持ち、タイミングを見極め、効率的...

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

近年活発化しているM&Aの手法の一つが、事業売却です。M&Aも含めた今後の事業戦略や業界に与える影響など、ソニーの事業展開や動向は大きく注目されています。またソニーの幅広い事業展開は、それぞれの...

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

近年、中小企業の後継者不足が深刻です。跡取りがいない会社にとっては、後継者を見つけるか、廃業するか、重要な選択を迫られることになります。昨今では、M&Aによる事業承継を行うケースも増加傾向にあり...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)