2020年4月20日更新業種別M&A

病院・クリニックの事業承継とは?課題や注意点などポイントを解説!

病院・クリニックは、公共性が高い事業であり、特殊な事業です。廃業してしまうと地域や患者に多大な損失を与えることになります。そのため、病院・クリニックの事業承継は、必ず成功させることが望ましいでしょう。

目次
  1. はじめに
  2. 病院・クリニックの事業承継
  3. 病院・クリニックの事業承継における課題
  4. 病院・クリニックの事業承継における注意点
  5. 病院・クリニックの事業承継はM&A仲介会社に相談
  6. 病院・クリニックの事業承継事例
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

病院 医療法人のM&A・事業承継

はじめに

事業承継は、経営者であれば必ず経験するものであり、会社の存続を担う重要な局面です。当然ながら、病院・クリニックのような特殊な事業であっても事業承継は問題になるものであり、事業承継を成功させなければ廃業を招いてしまいます。

今回は、病院・クリニックのような特殊な事業において、事業承継の課題や注意点にはどのようなものがあるのかについて詳しく解説していきます。

※関連記事
事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説
医療法人の事業承継

病院・クリニックの事業承継

ここでは、病院・クリニックの事業承継がどのようなものであるかを説明します。

①経営者が高齢化を迎えている

病院・クリニックにおいて、事業承継は重要な課題となり得るものです。昨今では、後継者不在の中小企業が増えており、事業承継ができなくなるという問題が多発していますが、病院・クリニックにおいても例外ではありません。

病院・クリニックの経営者内でも高齢化を迎えているケースが増加しているため、事業承継の必要にせまられている病院・クリニックが多くなっています

しかし、最近では「子供が事業を引き継ぐ」という価値観は薄れており、後継者候補がいたとしても事業承継ができないことも少なくありません。そのため、最終的に事業承継を諦め、引退を選んだ経営者が廃業を選択するというケースも珍しくないのです。

②利用している患者を守る必要がある

病院・クリニックの廃業は簡単にできるものではありません。病院・クリニックは、体調に不安を抱える患者が利用する施設であり、うかつに廃業してしまうと彼らを路頭に迷わせるおそれがあります

また、病院・クリニックは非常に公共性が高く、地域の人々のコミュニティもなるようなものです。人口減少が著しい地方の中には、地域にある病院・クリニックが廃業してしまうと、無医村のような状態になってしまうこともあります。

そのため、後継者が見つからず、経営者が引退するような状態であっても、病院・クリニックの事業承継は成功させる必要があるでしょう。

③M&Aを上手く活用する

これまでの事情を踏まえ、昨今では、病院・クリニックの事業承継の手法が多様化しており、たとえ後継者不在であっても事業承継が実現できるように変化しています。その代表的な手法がM&Aです。

M&Aというと一般的な企業が実施するイメージが強く、病院・クリニックとは結びつかないかもしれません。しかし、昨今では、病院・クリニックをはじめ、社会福祉法人や学校法人など、一般的な会社ではない事業であってもM&Aを活用する時代になっています。

そのため、事業承継に問題を抱えているのであれば、M&Aによる事業承継も視野に入れておくことと良いでしょう。M&Aを検討しているのであれば、一度M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所であれば、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーのサポートを受けながら、M&Aをよりスムーズに進められます。M&A総合研究所では事前相談を無料で承っており、着手金などもかかりません。お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
医院継承の親子・親族承継のメリット・デメリットを解説【トラブル例あり】

病院・クリニックの事業承継における課題

ここでは、病院・クリニックの事業承継における課題について説明します。病院・クリニックの事業承継課題には以下のようなものがあります。

  1. 後継者の選定
  2. 事業承継M&Aの重要性

①後継者の選定

どのような業界や業種の事業承継であっても、後継者の選定は重要なものですが、病院・クリニックの事業承継では一際重要になります。そもそも病院・クリニックは、医療の技術や保険制度、各種法律などの多種多様な専門的知識がなければ、スムーズに運営できません。

そのため、当然ながら後継者にはそれだけの知識を習得していることが求められます。また、患者との関係性や地域への影響、緊急時の対応力など、多様なノウハウ・スキルも必要となります。

一般的な事業承継では、経営者の子供や親族を無条件で後継者に選定するケースが多いですが、必ずしも子供や親族に経営者としての適正があるとは限りません。もし適正のない者を経営者に据えれば、経営が上手くいかないどころか、病院・クリニックの廃業のきっかけを作ってしまうおそれもあるでしょう。

この点を踏まえると、身内に適性がある者がいないと判断した場合には、従業員や外部の人間など、より広い候補の中から候補者を選ぶことをおすすめします。これは、M&Aにおいても同様であり、病院・クリニックの経営について、責任を持って取り組んでくれる買い手に経営を託すことが重要です。

②事業承継M&Aの重要性

病院・クリニックの事業承継においては、後継者を見つけて事業を託す従来型の事業承継ではなく、M&Aによる事業承継を選択した方がよい場合があります。

背景には昨今、病院・クリニック業界が抱える課題「人手不足」があるからです。病院・クリニックは、労働条件の厳しさもあって、医師や看護師の不足が深刻化しており、人員を確保するためにさまざまな病院・クリニックが奔走しています。

特に夜勤が必要な診療科を持つ病院・クリニックなど、人手不足が目立ちますが、医師や看護師の確保は決して簡単ではありません。多くの病院・クリニックが求人に力を注いでいるため競争率が高く、研修や育成にも時間がかかります。

中小規模・零細規模の病院・クリニックにおいては、投資できるコストの限界もあって、十分な数の医師や看護師を確保できないことも少なくありません。

ただし、事業承継M&Aによって大手に買収されれば、人手不足を解消できる可能性が出てきます。そのため、人手不足のような問題を放置したままで事業承継を実施するより、M&Aによる事業承継で問題を積極的に解決させた方が、病院・クリニックを確実に存続させるきっかけになるのです。

※関連記事
事業承継における問題

病院・クリニックの事業承継における注意点

病院 医療法人のM&A・事業承継
病院 医療法人のM&A・事業承継

ここでは、病院・クリニックの事業承継における注意点について説明していきます。病院・クリニックの事業承継には、以下のようなものがあります。

  1. 患者や従業員への影響に注意する
  2. 病院・クリニックが持つ特殊性に注意する
  3. 税務や財務などの知識が重要になる

①患者や従業員への影響に注意する

病院・クリニックの事業承継の際には、患者に影響が出る点にも注意しておく必要があります。

事業承継とは、病院・クリニックの経営者が変わることであるため、新たな経営者によっては経営方針や治療方針が大きく変わることも考えられます。そうなれば、「これまで受けていた治療が受けられないのではないか」、「診療科が変わるのではないか」という不安が患者の中で生まれるでしょう。

とりわけ事業承継M&Aであれば、別の医療法人が経営陣に入ることになるため、病院・クリニックの基本的な方針が全て一新することもあり得るでしょう。その結果、従業員への影響も懸念されます。

そもそも業界・業種に限らず、M&Aは労働環境や労働条件が大きく変わるきっかけであるため、反発する従業員も出てくる可能性があります。そのため、M&Aを実施したことがきっかけとなり、従業員が立て続けに離職してしまうおそれもあるのです。

過去にあったM&Aの中には、従業員の離職が多すぎたために、M&A自体が破断となったケースもあります。そのため、事業承継や事業承継M&Aの際には、患者や従業員に丁寧に説明できるだけの説得材料を準備したうえで慎重に進めることが重要です。

②病院・クリニックが持つ特殊性に注意する

事業承継M&Aの場合には、病院・クリニックが持つ特殊性に注意しておく必要があります。

元来、病院・クリニックは、一般的な会社のように株式があるわけではないため、株式譲渡のような手法は活用できません。そのため、病院・クリニックにおけるM&Aでは、理事会のメンバーの入れ替えや出資持分の買取などを通じて実施することが一般的です。

したがって、通常のM&Aの知識だけでは、病院・クリニックのM&Aをスムーズに進行できないでしょう。病院・クリニックの事業承継M&Aを実施する際は、その方面のM&Aに詳しい専門家の協力を得ることをおすすめします。

そのときは、一度M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所では、M&Aの専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーがM&Aをフルサポートいたします。1年以上かかることもあるM&Aを平均で3~6カ月で完了させた実績もあるため、スピーディーなM&Aの進行にも定評があります。気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

③税務や財務などの知識が重要になる

病院・クリニックの事業承継では、税務や財務などの知識が重要になることも意識しておきましょう。

病院・クリニックの経営に携わる医師は、税務や財務などの知識に疎い方が多いため、事業承継の際に困ってしまう場面が多くあります。もちろん事業承継M&Aでもそれは同様であり、取引価格を決める交渉の場面では、上手く条件がまとまらず破談になるケースもあります。

そのため、税務や財務などの知識に長けている専門家の知識を借りるだけでなく、経営者自らもある程度の知識を習得しておくことが重要です。

※関連記事
M&Aの税務
M&Aにおける税理士の役割

病院・クリニックの事業承継はM&A仲介会社に相談

病院・クリニックの事業承継を実施する際には、M&A仲介会社に相談するようにしましょう。後継者に事業承継するか、M&Aで事業承継を実施するかによって、M&A仲介会社などといった専門家からは下記のようなサポートを受けられる可能性があります。

後継者に事業承継する場合

経営者が後継者に事業承継を実施するのであれば、M&A仲介会社や経営コンサルティング会社などに相談することをおすすめします。

一般的な事業承継は、決して単純なものでなく、後継者の選定から育成、事業や資産などの承継の手続きなど、複雑なプロセスをこなさなければなりません。そのため、これらのプロセスを完了させるためには、5年~10年程度の時間が必要になるでしょう。

このように、事業承継を円滑に進め、なおかつ失敗させないためには、専門家の協力が必要不可欠です。さまざまな会社を見てきた経験や、幅広い知識を持っているM&A仲介会社や経営コンサルティング会社のコンサルティングを受ければ、事業承継の手続きがスムーズに進むようになります。

加えて、後継者の選定や育成などの難しいプロセスにおいてもアドバイスを提供してくれるため、より理想的な事業承継に近づけるでしょう。

M&Aで事業承継をする場合

事業承継M&Aにおいて最も頼りになる専門家はM&A仲介会社でしょう。ただし、病院・クリニックのM&Aは特殊性が高く、事業に関わる特殊な知識も必要になります。

そのため、病院・クリニックのM&AのサポートをしてくれるM&A仲介会社の選別は、慎重に実施する必要があります。なぜなら、一般的なM&A仲介会社では、病院・クリニックのM&Aが請け負えない可能性があるからです。

しかし、最近では、病院・クリニックのM&Aを専門的に取り扱っているM&A仲介会社が増えています。このようなM&A仲介会社では、病院・クリニックのM&Aはもちろん、その事業や業界に精通しているため、M&Aが成功する可能性も高まります。

また、特定の地域に特化したM&A仲介会社もあるため、地元の有力な医療法人とマッチングしてくれることもあるでしょう。

加えて、最近のM&A仲介会社は、リーズナブルな報酬でサポートを請け負ってくれるだけでなく、M&Aの規模に関わらずサポートしてくれます。そのため、「規模が小さいから」と諦めず、一度問い合わせてみることをおすすめします。

中でも完全成功報酬制であるM&A総合研究所は、相談料も無料で着手金などもかかりません。成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、よりリーズナブルにご利用いただけます。

さらに、M&A総合研究所には、日本全国から多種多様な業界・業種のM&A案件が集まっており、年間M&A相談実績3,600件、M&A成約率70%と高い実績があります。経験が豊富なアドバイザーがフルサポートいたしますので、お気軽にお問合せください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aの依頼は誰にすれば良い?仲介会社/銀行/税理士の特徴を解説
【2020年最新】事業承継ができるM&A仲介会社一覧!​​​​​​​

病院・クリニックの事業承継事例

ここでは、病院・クリニックの事業承継の事例についてお伝えします。

病院・クリニックAの事例

病院・クリニックAは、その地域に長く利用されてきた医療機関でしたが、経営者が高齢化し、後継者もいませんでした。そこで、病院・クリニックAの経営者は、地域の損失や患者の行き場を考慮し、事業承継M&Aを実施。その結果、日本全国にチェーンを持つ医療法人に買収されたため、無事に事業承継を成功させました。

解説

この事例は、事業承継に成功した典型例だといえます。事業承継M&Aを実施し、大手の医療法人に買収されれば、経営を委託できるだけでなく、その資本の傘下に入れます。そうすることで、経営基盤を強化できるうえに、新たな設備の導入も可能になります。

病院・クリニックBの事例

病院・クリニックBの経営者は、息子を後継者に据え、事業承継を実施しようと考えていましたが、出資持分を引き継がせる際の税務や財務の知識がなく、後継者に負担をかけない方法がわからないでいました。そこで、医療法人専門の経営コンサルティング会社に依頼することで、後継者への負担をかけずに出資持分を引き継がせることに成功しました。

解説

この事例では、病院・クリニックの事業承継の際に、出資持分の扱いに苦慮したケースです。出資持分とは、医療法人へ出資した人がその出資額の割合に応じて、払い戻せる財産権のことで、財産のような扱いになります。

そのため、相続や贈与といったさまざまな手法を活用できます。しかし、それぞれの手法は一長一短であり、場合によっては後継者に多大な負担がかかることもあります。

このようなケースの場合は、病院・クリニック専門のM&A仲介会社や経営コンサルティング会社のアドバイスを受けることがおすすめです。

出資持分は、退職金の支払いによる持ち分の圧縮や相続、贈与という手法を上手く使い分けることで後継者への負担を減らせます。ただし、どの手法が有効的であるかは、病院・クリニックのそれぞれの事情によって異なるため、専門家のアドバイスを受けておけば、最適な手法を見つけやすくなるでしょう。

※関連記事
病院・クリニック業界のM&A、売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

まとめ

病院・クリニックは、公共性が高い事業であり、廃業することで地域や患者に多大な損失を与えてしまいます。そのため、病院・クリニックの事業承継は、必ず成功させることが理想でしょう。しかし、病院・クリニックは特殊な事業であるため、事業承継やM&Aの際には専門家の協力を得ておくことをおすすめします。

要点をまとめると下記の通りです。

・病院・クリニックの事業承継
 →経営者が高齢化を迎えている、利用している患者を守る必要がある、M&Aを上手く活用する

・病院・クリニックの事業承継における課題
 →後継者の選定、事業承継M&Aの重要性

・病院・クリニックの事業承継における注意点
 →患者や従業員への影響に注意する、病院・クリニックが持つ特殊性に注意する、税務や財務などの知識が重要になる

・病院・クリニックの事業承継は
 →M&A仲介会社に相談する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

病院 医療法人のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)