2020年3月6日更新会社・事業を売る

バイアウトとは?成功・失敗事例を紹介!

バイアウトとは、企業の株式を買い取って経営権を獲得する行為であり、MBO・LBO・EBOという3種類の方法に分けられます。各方法を適切に活用すれば、さまざまな経営課題を効率良く解決可能です。この記事では、バイアウトについて幅広く解説します。

目次
  1. バイアウトとは
  2. バイアウトを実施する目的
  3. バイアウトのメリット・デメリット
  4. バイアウトの成功事例
  5. バイアウトの失敗事例
  6. バイアウトがもたらす影響とは
  7. バイアウトを成功させるポイント
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

バイアウトとは

バイアウト(Buy Out)とは、企業の株式を買い取って経営権を獲得する行為のことです。つまり企業を買収する方法であり、数あるM&A手法の中の1つです。M&Aとは、「Mergers and Acquisitions」を略した言葉です。日本語で合併と買収を意味するM&Aは、現代では経営戦略として普及しています。

M&Aを行えばさまざまな経営課題を効率良く解決できるので、年々行われる件数が増加しています。日本においては、2000年代から経営戦略としてM&Aの活用が検討されるようになりました。現在では多くの経営者がM&Aを意識しており、右肩上がりに件数が増えている状況です。

幅広い業種において経営課題を抱える企業が多いため、今後もM&Aの数は増加していく見込みです。このM&Aの中でも、バイアウトについては、買収する人物の性質によってMBO・EBO・LBOという3種類の方法に分けることができます。それぞれの方法で特徴が異なるため、ここからは順番に詳しく解説します。

MBOとは

MBO(Management Buy Out)とは、日本語に訳すとマネジメント・バイアウトとなり、既存の経営陣が企業・事業を買収する方法です。最近では、上場企業の株式非公開化やオーナー企業の事業承継などにも広く利用されている手法です。

そもそも既存の経営陣の買収予算は限られており、資金調達の必要性が生じるケースも多いです。具体的には、金融機関から融資を受けるべく特別目的会社を設立する方法が一般的とされています。

このケースにおいては、最終的に特別目的会社を買収対象となる企業に吸収合併させることによって、経営権の獲得が目指されます。融資のみでは不十分と判断されれば、共同スポンサーから出資を募るほか、LBOの方法に切り替えることも検討されます。

LBOとは

LBO(Leveraged Buyout)とは、日本語に訳すとレバレッジド・バイアウトとなり、社外の人材が買収対象となる企業・事業の資産・キャッシュフローを担保にして、金融機関から資金調達しつつ買収する方法です。MBOとは異なり、自己資金が少ないケースにおいても活用できる特徴があります。

金融機関からの借入金は買収企業の負債として計上できるため、基本的には事業改善などを実施して増加させたキャッシュフローから返済していくという処理が採用されます。

EBOとは

EBO(Employ Buy Out)とは、日本語に訳すとエンプロイー・バイアウトとなり、従業員が企業の株式を獲得することで経営権を得る方法です。経営者が従業員に事業承継するケースなどで活用されていますが、従業員側で株式獲得資金が不足するというトラブルが生じるケースも多いです。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説

バイアウトを実施する目的

バイアウトは、方法によってそれぞれ目的も異なっています。自社に適したバイアウトを実施するには、方法ごとに目的を押さえておくことが大切です。ここからは、バイアウトを実施する目的を種類別に解説します。

MBOの目的

MBOを実施する場合、経営の効率化や思い切った成長戦略を試みることを大きな目的に掲げるケースが多いです。この目的を達成するべく、自社の事業部門を獲得して経営権を独立させることが目指されます。

買収主体の経営本部は、銀行や投資ファンドから融資・出資により資金調達を実施できる可能性が高いことから、自社株式を獲得して経営権を得る手法を採用しやすいです。この手法によって株主を経営者と経営本部の経営方針を支持する投資ファンドで構成させることができ、経営本部の自社株占有率を増加させられます。

経営本部とファンドの意思決定権の強化も図れるため、迅速な意思決定が実現可能です。以上のことから、他の一般投資家による経営への関与を排除して、思い切った成長戦略を実施できます。

LBOの目的

LBOでは、自己資金の少ない譲受企業によって、買収に必要な資金を確保することが目的として掲げられます。LBOにおける借入金は、買収された企業の負債となるためです。事業収益が増加すればリターンが大きくなることから、LBOによる収益の獲得がそのまま主目的となるケースも存在します。

そもそも事業に将来性があり優秀な人材がそろう企業には、バイアウト後も高い収益性が見込まれます。リターンが大きくなると見込まれる場合には、金融機関からの資金提供が受けやすくなるため、収益の獲得を狙う買い手からのニーズも高まる傾向にあります。

EBOの目的

EBOでは、中小企業によって、後継者に従業員承継を実施することが目的として掲げられるケースが多いです。経営本部ではなく自社の従業員に事業を引き継ぐ方法であるため、経営本部内に後継者が不在であるケースや経営方針を一新したいケースなどで活用されています。

経営本部内から後継者を選出する場合、同様の経営方針・方法が繰り返される可能性が高いです。こうした状況では、企業の事情を知る有能な従業員を経営本部に迎え入れることが有効策です。長年勤務する従業員に承継させれば、企業の経営理念・方針・取引先との関係性を大切に扱ってもらえることも期待できます。

以上のことから、場合によっては、経営本部内から後継者を選出するケースや親族内承継を採用するケースよりも、事業が末永く継続することもあります。

社内承継が困難であればM&Aによる第三者への承継が有効策

社内承継が図れる場合にはEBOが活用できますが、必ずしもすべての企業において後継者にふさわしい人材がそろっているとは限りません。最近では、中小企業を中心に、親族内承継や従業員承継がかなわないケースも目立っています。後継者不在の問題が原因となって、仕方なく廃業を選択するケースも少なくありません。

とはいえ、廃業を選択すれば多くの費用や手間が発生してしまいます。そこで最近では、M&Aを活用して第三者に事業承継する企業が増加中です。M&Aを活用すれば、廃業費用を削減できるうえに、売却利益の獲得も望めるのです。

その一方で、M&Aには、相手探し・交渉・売却価格の算定・デューデリジェンスなど、膨大かつ煩雑なプロセスが求められるデメリットも存在します。専門的な知識が必要となる場面も多く、経営者のみの力ですべてのプロセスを済ませることは非常に困難です。

以上のことから、M&Aによる事業承継を検討したら専門家に協力を求めることをおすすめします。数ある専門家の中でも、手数料の面で相談しやすいのは、M&A総合研究所です。

M&A総合研究所には、公認会計士をはじめとする専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、これまでに培ってきたノウハウを活かしながらM&Aによる事業承継を手厚くサポートいたします。

完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aによる第三者への事業承継を検討する場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
事業承継スキームの重要性
事業承継とM&Aの違いとは?メリット・デメリット、件数を解説

バイアウトのメリット・デメリット

バイアウトを実施する目的を踏まえて、ここからはバイアウトのメリット・デメリットを方法ごとにまとめて紹介します。

MBOのメリット・デメリット

MBOを実施するメリットは、自社株式の買収により上場を廃止して株式を非公開にできる点にあります。短期的な利益を追求する外部株主からの圧力を排除できるため、中長期的な視点で経営戦略を実施可能です。事業を再構築する場合には、その意思決定を円滑化できるメリットも享受できます。

その一方でデメリットとして挙げられるのは、経営者・経営本部が自社株式を買い取ることで、利益相反が生じる点です。株式を非公開にすることから、経営に対する監視機能が低下するほか、株式市場からの資金調達が不可能となる点にも注意が必要です。

LBOのメリット・デメリット

LBOを実施するメリットは、買収対象企業を担保に金融機関から借り入れて資金調達できることから、少ない投資で大きなリターンが期待できる点にあります。買収に伴う利息の返済は損金に算入できるため、節税効果も期待可能です。

デメリットとして挙げられるのは、買収後の企業再建がうまくいかず収益性が低下した場合に、投資額以上のリターンを得ることができないおそれがある点です。結果として、LBOに失敗する可能性も十分にあり得るため注意が必要です。

LBOによる借入金は金利が高い傾向にあり、多額の利息を支払うおそれがある点もデメリットといえます。

EBOのメリット・デメリット

EBOを実施するメリットは、事業承継で親族内に後継者が不在である場合に、経営者が後継者候補である従業員に自社の株式を買収させることで経営を承継させられる点にあります。後継者不在の問題を解決しつつ、事業存続を図れるため、中小企業を中心にEBOは積極的に活用されています。

その一方でデメリットは、従業員が資金力不足に陥っているケースにおいて問題となることが多いです。EBOにおいて従業員に株式を買い取る資金力がない場合には、金融機関から融資を受けるなどして資金調達する必要がありますが、金融機関の審査が厳しく借り入れが困難であるため注意が必要です。

※関連記事
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介
M&Aのデメリットとは?売り手・買い手、海外M&Aにおけるデメリットを解説

バイアウトの成功事例

ここでは、バイアウトの成功事例として有名な事例を3つ紹介します。

  1. ソフトバンクの事例(買収)
  2. プラネックスHDの事例(売却)
  3. フォーシーズHDの事例(売却)
それぞれの事例を順番に見ていきます。

①ソフトバンクの事例(買収)

2006年、ソフトバンクはボーダフォンの日本法人に対し、LBOを利用して買収しました。買収価格は1兆7,000億円と発表されていますが、このうちのおよそ1兆円については、LBOにて資金調達を実施しています。

1兆円という大金を調達したことから膨大な有利子負債を抱えることになりましたが、ソフトバンクは買収したボーダフォン日本法人を足掛かりとして携帯電話市場へ進出しています。

ボーダフォン日本法人が持っていた設備を活用しつつ、iPhoneの発売や斬新な料金プランの設定などで市場を席巻し、ソフトバンクのさらなる成長を実現させています。ソフトバンクのLBOは金額ベースで見るとスケールが大きいですが、LBOの有用性を示している面では好例です。

②プラネックスHDの事例(売却)

2014年、プラネックスHDはAMKによるMBO(公開買付け)に応じると発表しました。プラネックスHDは、ネットワーク機器の開発・販売、新車・中古車販売と金融事業を手掛ける会社です。

公開買付け者であるAMKは、プラネックスHD会長の久保田氏が全株式を持つドリ-ムイメージズの完全子会社です。買い付け価格は、600円と発表されています。本件MBOによって、プラネックスHDでは、経営資源の選択と集中が目指されたほか、抜本的な事業構造改革実施による現株主へのリスク回避も図られました。

③フォーシーズHDの事例(売却)

2017年、フォーシーズHDはクレイトン・ダイナミクスの株式を同社従業員に譲渡すると発表しました。MBOによる株式譲渡の手法が採用されており、譲渡価格は約1億円とされています。

フォーシーズHDは、化粧品・健康食品の通販事業を手掛ける会社です。株式譲渡の対象となったクレイトン・ダイナミクスは、フォーシーズHDの連結子会社という関係性にあります。

本件MBOによって、フォーシーズHDでは、クレイトンダイナミクスを連結子会社から外すことで、経営体制を見直しつつ両社のさらなる成長が図られています。

※関連記事
M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説
M&Aニュース事例33選!どんなM&Aが注目される?

バイアウトの失敗事例

バイアウトの失敗事例として、以下の2つを紹介します。

  1. 買い手が売り手を放置したことで失敗した事例
  2. LBOで得た融資を返済できなかったことで失敗した事例
それぞれの事例を順番に見ていきます。

①買い手が売り手を放置したことで失敗した事例

はじめに紹介するのは、大手企業のA社が、人材紹介事業を手掛けるベンチャー企業B社を買収した事例です。本件買収によって、A社では、事業領域を拡大するべく得意領域の人材派遣サービスを実施する予定でした。

具体的には、Web広告やWebサイトを活用して人材を集めて人材紹介につなげるビジネスモデルを立ち上げることで、さらなる成長を図るプランが構築されていました。しかし、買収当時に最先端だったビジネスモデルは、その後に参入が相次いだことで、B社単独では競争力を発揮できなくなってしまったのです。

参入が相次ぐ間も、A社では「ビジネスモデルや人材像が異なる」ことを理由に、B社に対して人材や資金などのリソースの提供やマネジメントの実施を怠っていたのです。B社はその後も業績低下を止められず、A社グループ内でも窓際企業として扱われました。

最終的に、A社は多額の減損処理を強いられる事態に陥っています。このように、買い手が売り手を放置したことで失敗した事例は少なくありません。

②LBOで得た融資を返済できなかったことで失敗した事例

次に紹介するのは、建設事業などを手掛けるC社が大手ゼネコンD社に対し、LBOを利用して買収した事例です。

C社は投資会社であるE社から借入による資金調達をしつつ、D社にLBOを実施しました。ところが、移転された借入金を返済できなかったD社は、黒字倒産してしまいます。倒産時の総負債額は40億円以上でした。

失敗の原因としては、もともとD社にはLBOで得た融資を返済できるだけの資金力がなく、他の金融機関から貸し渋られたことが挙げられます。この失敗事例は、LBOのリスクを象徴している好例です。

そもそもLBOは一定以上のキャッシュフロー・資産を持つ企業が買収対象となってはじめて成立する買収方法ですが、融資を目的とした投資会社や金融機関が実体を正確に伝えないままLBOをすすめるというケースも見受けられます。

LBOは資金力が少なくても企業買収ができる手法ですが、経営改善に失敗すればリターンを得られないリスクが伴います。従って、買収対象の企業の内情は、十分に把握しておく必要があります。

※関連記事
M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説
M&A失敗例から学ぶ成功のポイント

バイアウトがもたらす影響とは

バイアウトを実施すると、関係企業では以下のような分野において影響が及ぶことがあります。

  1. 従業員・役員の待遇に対する影響
  2. 保有する株式に対する影響
  3. 事業に対する影響
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①従業員・役員の待遇に対する影響

バイアウトを実施すると、買収側の企業から取締役などが派遣されたり、従業員が出向したりする場合があります。その一方で、買収された企業の従業員は、影響が及ばずに雇用関係が継続されるケースが基本です。

買収された企業の役員については、雇用契約ではないためさまざまな選択肢があります。処遇内容は、契約交渉次第です。一般的には、買収側の企業の就業規則に基づく契約が結ばれることが多いです。

②保有する株式に対する影響

バイアウトは株式の買収行為であるため、買収された企業の経営者が保有する自社株は買収側の企業に譲渡されます。すべてを譲り渡して完全子会社になるケースもありますが、一部の株式が買収された企業の経営者に残されることもあります。

譲渡比率に関しては交渉次第ですが、買収された企業の意向が優先される傾向があります。買収された企業が保持したい支配力の分は、自社株を残しておける可能性が高いです。

③事業に対する影響

バイアウトは、売り上げや利益の向上を目的に実施されるケースが多いです。買収された企業には、売り上げがあるサービスの磨き込みや拡張が要求されます。

そもそもバイアウトにより人脈や能力などの資産も買収したと捉えることもできるため、買収側の企業とともに新規事業の立ち上げを検討する可能性もあります。

※関連記事
会社売却で社員・従業員はどうなる?給料・待遇は?
事業譲渡が従業員に与える影響

バイアウトを成功させるポイント

最後に、バイアウトにおける成功ポイントを挙げます。

  1. 自社の企業価値評価を把握する
  2. バイアウトファンドを活用する
  3. M&Aの専門家に協力を求める
それぞれのポイントを順番に見ていきます。

①自社の企業価値評価を把握する

バイアウトの成功に向けて、自社の企業価値評価を十分に把握しておく必要があります。企業価値評価とは、文字どおり企業の価値を表す指標であり、株式の譲渡価格に大きな影響を与える要素です。株式の譲渡価格を算定するときには、さまざまな方法が採用されます。

自社が不利益を被らないよう、妥当と判断できる金額を算定して把握することが大切です。

②バイアウトファンドを活用する

バイアウトファンドを活用すれば、企業価値を高めたうえでM&Aの成功確率を高めることが可能です。バイアウトファンドとは、「バイアウトを活用したファンド」です。MBOに限らず、企業再生や事業承継に特化したものなど、さまざまな種類のファンドが活用されています。

バイアウトファンドでは、投資家から資金を集め、未公開会社もしくは上場企業への投資を実施することで、企業価値を向上させた後で株式を売却するという手法が取られています。

③M&Aの専門家に協力を求める

バイアウトにはMBO・LBO・EBOなどの方法が存在しますが、自社に適した方法を検討したい場合には、M&Aの専門家に相談することをおすすめします。バイアウトの実行は、適切な企業価値評価を行いつつ、タイミングも十分に検討する必要があります。

上記の判断は、M&Aに関する専門的な知識が求められます。企業の規模や業種などによっても適する方法やタイミングが異なるため、バイアウトの成功を求めるなら、M&Aの専門家を最大限活用すると良いです。

バイアウトの相談におすすめのM&A仲介会社

バイアウトを専門とするM&A仲介会社は少ないですが、多くのM&A仲介会社ではバイアウトの実施について相談を受け付けています。もともとバイアウトは株式を譲受する側と譲渡する側が存在してはじめて成り立つ行為であるため、M&A仲介会社に相談すればスムーズにプロセスを済ませられます

おすすめのM&A仲介会社の要件は、公認会計士・弁護士など士業資格を取得するスタッフが在籍している企業です。こうした要素に当てはまる企業の中から、実績や経験が豊富な仲介会社を選ぶことが望ましいです。

もしも仲介会社選びでお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には、公認会計士をはじめとする専門家が多数在籍しており、バイアウトを含めM&Aプロセスを手厚くサポートいたします。

基本的にM&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度の期間がかかりますが、M&A総合研究所では迅速なクロージングを目指しており、平均3ヶ月という短期間でのクロージングを実現可能です。相談料は無料となっておりますので、バイアウトの実施を検討する場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します
M&Aにおける公認会計士の役割

まとめ

バイアウトとは、企業の株式を買い取って経営権を獲得する行為であり、MBO・LBO・EBOという3種類の方法に分類できます。各方法を適切に活用すれば、さまざまな経営課題を効率良く解決可能です。

とはいえ、自社に適した方法を検討するには専門的な知識が必要です。実施するタイミングについても、専門家からサポート・アドバイスを受けることで、スムーズに済ませることが可能です。

要点をまとめると、以下のとおりです。

・バイアウトとは
→企業の株式を買い取って経営権を獲得する行為

・MBOとは
→既存の経営陣が企業・事業を買収する方法

・LBOとは
→社外の人材が買収対象となる企業・事業の資産・キャッシュフローを担保にして金融機関から資金調達を行いつつ買収する方法

・EBOとは
→従業員が企業の株式を獲得することで経営権を得る方法

・バイアウトがもたらす影響
→買収側の企業から取締役などが派遣されたり従業員が出向したりする、買収された企業の経営者が持つ自社株は買収側の企業に譲渡される、買収された企業のサービスに関する磨き込みおよび拡張が求められる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンが会社を買うには?メリット・デメリット、失敗する原因を解説

サラリーマンがM&Aで小規模な会社を買うことで、脱サラ・独立を果たす事例が増えつつあります。本記事では、サラリーマンが会社を買う方法や、メリット・デメリットなどを解説します。加えて、サラリーマン...

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)