2023年1月10日更新事業承継

エグゼキューションとは?意味や手続き方法・オリジネーションとの違いまで解説!

エグゼキューションとは、M&Aにおける価格設定や交渉、クロージングなどの一連の手続きのことです。エグゼキューションはM&Aを行う上で重要なポイントです。そこで、本記事ではエグゼキューションにおける意味や手続き方法などを詳しく解説していきます。

目次
  1. M&Aにおけるエグゼキューション業務とは?
  2. エグゼキューションの手続き方法や流れ
  3. エグゼキューションの注意点
  4. エグゼキューションを成功させるには?
  5. エグゼキューションを効率的に進めてM&Aを成功させよう!
  6. M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aにおけるエグゼキューション業務とは?

M&Aにおけるエグゼキューションとは、価格設定や交渉、最終交渉など、M&Aにおける一連の手続きを行う流れのことです。
M&Aを行いたい、検討している、M&A業界で働いている方は知っておかなければ案件を進めるのに苦労する可能性が高いです。
M&Aにおけるエグゼキューションを理解して、M&Aをスムーズに実行できるようにしましょう。

エグゼキューションの意味は?

エグゼキューションの意味とは、前述で説明したように、M&Aを始めるにあたって行う交渉から契約締結までの一連の流れのことを指します。
エグゼキューションの前には、目標や戦略、マッチングなどを行います。
エグゼキューションフィーズに移行すると、契約書交渉やバリュエーション、デューデリジェンスなど、専門的な知識が必要となるため、会計士や弁護士などの各分野におけるプロフェッショナルが必要です。

オリジネーションとの違いは?

M&Aにおけるエグゼキューションと混同する意味合いとして、オリジネーションという言葉があります。
オリジネーションとは、案件組成のことを指し、案件の発掘や売り手と買い手のマッチングです。
エグゼキューションは、マッチングが終了し交渉に入る段階からを指し、オリジネーションは、交渉に入る前のマッチングなどの段階となります。
この2つの違いは、交渉前か後になるのです。
この違いを勘違いしてしまうと大きな問題に発展する可能性があるので注意しましょう。

エグゼキューションの重要性

エグゼキューションはM&Aを行う上で必要不可欠であり、とても重要な工程です。
エグゼキューションには、会社を売買する値段交渉などが行われる、特に重要なフェーズと言えるでしょう。
エグゼキューションの流れを把握せずM&Aを行おうとしてしまうと、価格交渉のタイミングなどが分からず、戦略を練ることができません。
大きな金額が動くM&Aでは、オリジネーションで練った戦略を実際に実行することになるため、エグゼキューションの意味を理解していないと、戦略通りに進めることができず損をしてしまう可能性もあります。
そのため、オリジネーションも大事ですが、特にエグゼキューションの意味を理解することは大切です。

エグゼキューションの手続き方法や流れ

エグゼキューションがM&Aにおいて重要であることが理解できたのではないでしょうか。
ここからは、エグゼキューションの手続きや流れについて解説していきます。
エグゼキューションの手続き、流れは以下の通りです。

1.M&Aのスキーム検討
2.企業価値算定を行う
3.交渉
4.基本合意を締結する
5.デューデリジェンスを実施する
6.最終交渉・契約書の作成
7.PMI

上記の一連の流れがエグゼキューションとなります。
それぞれのフェーズについて詳しく解説していきます。

M&Aのスキーム検討

エグゼキューションの手続き1つ目は、M&Aのスキーム検討です。
M&Aのスキームとは、株式譲渡や事業譲渡などのM&Aを実施するための手法で、それぞれにメリット、デメリットがあるためM&Aの初期檀家で最適なスキームを用意しておくことが重要です。
ただし、交渉によって用意したスキームの変更が必要になる可能性もあるため、1つではなく複数の選択肢を用意しておくといいでしょう。
M&Aのスキームにはどのような方法があるのか説明していきます。

株式譲渡

M&Aのスキーム1つ目は、株式譲渡です。
株式譲渡とは、売り手側(譲渡側)から買い手側(譲受側)に対象会社の株式が譲渡される取引です。

事業譲渡

M&Aのスキーム2つ目は、事業譲渡です。
事業譲渡とは、対象会社の事業の一部もしくは全部が、対象会社から買い手側(譲受側)に譲渡される取引です。

合併

M&Aのスキーム3つ目は、合併です。
合併とは、対象会社が買い手側(譲受側)と一緒になり1つの会社となる取引です。

会社分割

M&Aのスキーム4つ目は会社分割です。
会社分割とは、対象会社における事業の一部もしくは全部を切り離し、それを買い手側(譲受側)に継承させる取引です。

株式交換

M&Aのスキーム5つ目は株式交換です。
株式交換とは、対象会社の株式の全てを買い手側(譲受側)で完全親会社となる会社に拠出するかわりに、その対価として対象既存株主に買い手側(譲受側)の株式等が割り当てられる取引です。

株式移転

M&Aのスキーム6つ目は株式移転です。
株式移転とは、完全親会社となる会社を新設するために、対象会社の株式を全て拠出し、その対価として新設会社の株式等が割り当てされる取引です。
 

企業価値算定を行う

エグゼキューションの手続き2つ目は、企業価値算定を行うことです。
M&Aのスキームを選択した後は、対象企業の価値算定(バリュエーション)を行います。
企業価値算定は、M&Aに必要な資金を把握するため主に買い手側が実施しますが、売り手側にとっても価格交渉のときに譲渡価格の根拠として必要です。
上場企業の場合、企業価値=株式の時価総額+有利子負債でM&Aにおける企業価値を算出できますが、非上場企業の場合、株式の市場価格が存在しないため、別の方法で算出する必要があります。
算出方法は以下の3種類が利用されています。

・インカムアプローチ
・マーケットアプローチ
・コストアプローチ

それぞれの意味や違いについて解説していきます。

インカムアプローチ

インカムアプローチとは、今後予想される利益と利益を出すための活動に見込まれるリスクを考慮して企業価値を算出する方法です。
インカムアプローチの計算には、リスクを考慮して決定した割引率を予想される利益と関連させて計算します。
インカムアプローチのメリットは、将来見込まれる収益を企業価値に含められることです。
インカムアプローチには、フリーキャッシュフローから計算するDCF法と、株主に支払われる配当額から計算する配当還元法、収益をその大きさに見合った割引率で現在価値に割引く収益還元法の3つがあります。
譲渡企業の将来性や成長性を機業界に含められるため、成長が見込まれる企業の価値を算出するのに向いていると言えるでしょう。
ただし、会社が消滅する場合、インカムアプローチを用いるのは適していません。
企業が永続的に存続する、という前提で使用される方法であることを注意点として覚えておきましょう。

マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、市場において取引されている価格に基づいて企業価値を算出する方法です。
主に以下の2種類が挙げられます。

・市場株価法
・類似企業(取引)比較法

市場株価法とは、当事企業自体が発行する株式の市場価格から企業価値を計算する方法です。
類似企業(取引)比較法とは、当事企業と類似企業が発行する株価、もしくは類似したM&A成立価格から企業価値を計算する方法です。

コストアプローチ

コストアプローチとは、企業の純資産をもとに企業価値を算出する方法です。
主に以下の2種類が挙げられます。

・簿価純資産法
・時価純資産法

簿価純資産法とは、企業の貸借対照表上に記載されている純資産を企業価値として計算する方法です。
時価純資産法とは、企業の資産・負債の全てを時価に置き換え、純資産を評価する方法です。
 

交渉

エグゼキューションの手続き3つ目は、交渉です。
エグゼキューションの中でも特に重要なポイントです。
会社を売買する場合、具体的な交渉を行う前に売り手側と買い手側の経営者同士が直接会って双方の考え方や疑問点などを確認するトップ面談を起こった後、双方の実務担当者によって売買価格、M&Aのスキーム、各種条件などの具体的な内容について交渉が行われます。
M&Aを成功に導くための大切なエグゼキューションになるので、具体的な戦略を練ることが重要です。

基本合意を締結する

エグゼキューションの手続き4つ目は、基本合意を締結することです。
一般的に売り手側と買い手側の間でM&Aに関する基本事項が合意できたときには、基本合意契約を締結します。
基本合意契約の目的は、その時点までに合意できた内容をエビデンスとして残すことで、その後の交渉によって売買価格や各種条件などを変更することができます。
ただし、買い手側は次の手順で費用と時間がかかる買取監査(デューデリジェンス)を実施するため、通常は買い手側に対する独占交渉権の付与やデューデリジェンスへの売り手側の協力義務など、法的拘束力のある事項も定めるのです。
 

デューデリジェンスを実施する

エグゼキューションの手続き5つ目は、デューデリジェンスです。
デューデリジェンスとは、買取監査とも呼ばれ、買い手側が対象企業の「事業」「人事」「財務」「法務」などを多面的に精査します。
デューデリジェンスの目的は、基本合意した売買価格が適正かを確認、簿外債務や法令違反など潜在リスクの有無、既存事業とのシナジー効果、事業の将来性などを評価、分析することです。
デューデリジェンスで調査する項目について紹介していきます。

法務デューデリジェンス

法務デューデリジェンスとは、主に弁護士や司法書士によって行われるのが一般的です。
具体的には、対象企業の企業活動における法律的な問題点の調査を行い、取引契約に問題点はないか、法令を遵守しているのか、紛争訴訟の様相はどうなのか確認を行います。
 

財務・税務デューデリジェンス

財務デューデリジェンスとは、売り手側企業の財務環境を把握するために必要な調査です。
適当な買収を定めるためにも特に重要な手順となっており、主に不良資産の有無、正常収益力、負債の過少計上の有無を確認します。

ビジネスデューデリジェンス

ビジネスデューデリジェンスとは、買収対象となる企業の事業の将来性や業界環境、競合他社を調査します。
M&Aに期待できる相乗効果や増収割合を推察することが目的です。

人事デューデリジェンス

人事デューデリジェンスとは、買収対象となる企業の存続の人事制度の理解だけでなく定性的に優秀な人材を育成・確保できるかなどを調査することです。
 

システムデューデリジェンス

システムデューデリジェンスとは、対象企業のITシステムや資産データ移管はスムーズか、使用しているソフトやアプリケーションのライセンス体系に追加予算は発生しないか、といった項目を調査して無理なく新システムへ移行できるかを判断することです。

最終交渉・契約書の作成を行う

エグゼキューションの手続き5つ目は、最終交渉・契約書の作成です。
デューデリジェンスの結果に基づき、売り手側と買い手側の間で最終交渉を行った後、合意に至れば最終契約書を締結します。
ただし、デューデリジェンスで問題点が発見された場合、最終交渉で売買価格の変更や取引中止をする可能性があります。

クロージング

エグゼキューションの手続き6つ目は、クロージングです。
クロージングとは、最終契約書に基づいて経営権や事業を移管することです。
M&Aの場合、対価の支払いやスキームによって株主名簿の書き換えなどを行う、重要な手続きです。
クロージングができなければM&Aは完了しないので、最後まで気を抜かず行いましょう。

PMI

エグゼキューションの7つ目は、PMIです。
PMIとは、オリジネーション、エグゼキューション、クロージングと進んだ後に経営の統合を行うプロセスです。
M&Aの一番最後の工程になるため、覚えておきましょう。

エグゼキューションの注意点

ここでは、エグゼキューションの注意点を紹介していきます。
戦略を練り、エグゼキューションのフェーズに移行したのに、注意点を気にせず進め、破談となってしまうことがないように確認しておきましょう。

売り手・買い手の双方が納得できる条件で合意する

M&Aにおいて売り手側と買い手側の要求は同じだとは限らないため、双方が納得できる条件を見出さなければM&Aの成立は難しいと言えるでしょう。
そこで、優先順位を決め、許容できる範囲と譲れない範囲を決め、商談を進めることがポイントです。

M&A手続きを漏れのないように実施

M&Aにおけるエグゼキューションの重要な役割は正しい手続き方法で進めることです。
M&Aには法律で定められている手続きもあるため、漏れがあるとM&Aが実施できない可能性があるため、成功させるためにも注意しましょう。

うまくスケジュールを立てる

M&Aにおいてスケジュールを立てることは重要です。
M&Aのような大規模な取引は短期間で終わることは少なく、時間がかかるケースが多いです。
その際、スケジュールを立てず早く終わらせようと行動してしまうと、亀裂が起き破談となってしまう恐れがあるため、スケジュールを念入りに立てましょう。
M&Aにおいての注意点は重要なポイントであるため、少しでもリスク回避をできるようにしましょう。

エグゼキューションを成功させるには?

ここからはエグゼキューションを成功させるために必要なポイントを紹介していきます。
M&Aを成功させるためにも、エグゼキューションのポイントを抑えましょう。

専門家のアドバイスを受ける

買い手側がデューデリジェンスを実施するには、各分野の専門家のサポートが必要です。
専門家やM&Aの仲介業者・M&Aアドバイザリーを活用することで、手続きや商談をスムーズに進めることができます。

事前の準備をしっかりと行う

エグゼキューションの中でも特に重要で時間と費用を費やすのがデューデリジェンスです。
そのため、デューデリジェンスに必要な資料などを事前に準備し、買い手側の要求にすぐ対応できるよう準備しておくことが重要です。

通常業務においても滞りのないように進める

エグゼキューションに時間をかけてしまうと通常業務をおろそかにする可能性があります。
通常業務をおろそかにしてしまうと、売上の低下やビジネスチャンスを失う可能性があるため、通常業務を気にしつつエグゼキューションを行いましょう。

エグゼキューションを効率的に進めてM&Aを成功させよう!

エグゼキューションの意味や手続き方法、オリジネーションとの違いについて解説していきましたが、エグゼキューションの重要性を理解できたのはないでしょうか。
M&Aは、いくつかのフェーズに分かれており、その中でも特に重要で時間や費用を費やすのがエグゼキューションです。
エグゼキューションフェーズを丁寧に行わなければ、M&Aを満足する形で終われない可能性があります。
M&Aを成功させるためにも、エグゼキューションの事前準備を行い、効率的に進めましょう。
 

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら経験豊富なM&AアドバイザーのいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。
>>完全成功報酬制のM&A仲介サービスはこちら(※譲渡企業様のみ)

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬!
  2. 最短49日、平均6.6ヶ月のスピード成約(2022年9月期実績)
  3. 上場の信頼感と豊富な実績
  4. 譲受企業専門部署による強いマッチング力
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

スクイーズアウトとは?意味や手続き方法から流れ・メリット・デメリットを解説!

スクイーズアウトとは?意味や手続き方法から流れ・メリット・デメリットを解説!

スクイーズアウトとは、大株主が少数の株主や特定の株主から強制的に株式を取得する方法です。スクイーズアウトを行うことによって会社経営における決断を自社内だけで完結できます。本記事では、スクイーズア...

エグゼキューションとは?意味や手続き方法・オリジネーションとの違いまで解説!

エグゼキューションとは?意味や手続き方法・オリジネーションとの違いまで解説!

エグゼキューションとは、M&Aにおける価格設定や交渉、クロージングなどの一連の手続きのことです。エグゼキューションはM&Aを行う上で重要なポイントです。そこで、本記事ではエグゼキ...

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きは、会社と個人事業主では異なるものです。本記事では、廃業の手続きを会社と個人事業主とに分けて解説するとともに、倒産や経営破綻などの関連用語との意味の違いや、廃業のメリット・デメリット...

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継の関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリット...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再編...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握することが大切です。本記事では、事業承継税制における特例措...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)