2020年1月30日更新会社・事業を売る

キャピタルゲインとは?意味や計算方法、課税、M&Aとの関係をわかりやすく解説

キャピタルゲインの意味や計算方法、メリット・デメリットやインカムゲインとの違いを解説します。また、M&Aによって得た利益もキャピタルゲインになります。M&Aでは売り手会社の株式を取得することになるため、実質的な株式の売買と言えます。キャピタルゲインに課税される税金やリスクもあわせて理解しておきましょう。

目次
  1. キャピタルゲインとは? 意味をわかりやすく解説
  2. キャピタルゲインの計算方法
  3. キャピタルゲインの課税と節税対策
  4. キャピタルゲインのメリット・デメリット
  5. キャピタルゲインとインカムゲインの違い
  6. M&Aによるキャピタルゲイン
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

キャピタルゲインとは? 意味をわかりやすく解説

経営者の方であればキャピタルゲインという言葉を聞く機会があるかと思います。キャピタルゲインは「売買差益」「値上がり益」と呼ばれることもあり、資産の価値が変動することによって得られる利益のことをいいます。

キャピタルゲインは資産の売買において非常に重要な概念です。株式や債券、不動産、金やプラチナなどがその資産にあたり、キャピタルゲインを得るために資産の売買が行われるといってもいいでしょう。

  • (例)株式を10万円で購入し、その後株価の上昇によって20万円で株式を売却できた = 10万円の差額がキャピタルゲイン

ちなみにキャピタルゲインは変動する資産の価値に応じて発生する利益ですが、利益を指す言葉があるなら当然損失を指す言葉もあります。それがキャピタルロスです。キャピタルロスは資産を売買した際に発生する差額分の損失を指します。このキャピタルロスは資産の売買を行う際になるべく発生を避けるべきものです。

基本的に株式投資などといった資産の投資や運用では、キャピタルゲインを獲得することを重視しています。また、後述しますがM&Aにおいてもキャピタルゲインは重要なファクターです。もしキャピタルゲインを意識してM&Aに取り組むなら、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロが国内最安値水準でM&Aをフルサポートいたします。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

キャピタルゲインの計算方法

キャピタルゲインの計算方法についてお伝えします。キャピタルゲインが資産の売買を行った際に得られる差額分の利益のことを指すのであれば、計算方法は「売却益ー購入費」をイメージするかと思います。しかしキャピタルゲインを計算する際には、他の費用も計算式に含める必要があります。

なぜなら資産の運用の際には手数料や税金が発生するものであり、それらを売却益から差し引いてはじめて正しいキャピタルゲインが発生するわけです。株式投資を例にすると、キャピタルゲインの計算方法は以下のようになります。

  • 売却益ー購入費ー手数料ー税金=キャピタルゲイン

株式投資の場合、留意しておくべき事柄は税金だといえます。株式投資は税金として所得税、住民税、そして平成49年までに発生する復興特別所得税が課税されます。それぞれの税率は所得税が15%、住民税が5%、復興特別所得税が0.315%(所得税の2.1%)となっており、これらを売却益と計算して税金を算出します。

ただ、これらの税金はキャピタルロスが発生した場合には課税されないことになっているため、損失が発生した際に追い打ちをかけられるように課税される…といった事態にはなりません。

※関連記事

株式の確定申告とは?節税のポイントや注意点を解説

キャピタルゲインの課税と節税対策

キャピタルゲインの計算方法で税金について触れましたが、ここではより詳しくキャピタルゲインの課税と節税対策についてお伝えします。

キャピタルゲインの課税

キャピタルゲインには所得税、住民税、復興特別所得税がそれぞれ課税されます。キャピタルゲインの課税はいずれも申告分離課税で一律20.315%となっており、給与所得のように所得に応じて所得税率が変動する総合課税にはなっていないので注意してください。

一方、キャピタルゲインの課税は職業や利益によって課税される最低金額が異なっています。その最低金額を超えていなければ課税は発生しませんが、最低金額を超えていれば超えている分だけ課税が発生します。

さきほどは株式投資を例に出しましたが、キャピタルゲインは株式以外の有価証券やFXなどといったキャピタルゲインが発生する資産売買であれば課税対象になるものです。資産の売買を行い、キャピタルゲインが発生した場合は課税を意識しておいた方がいいでしょう。

また、キャピタルゲインの課税は個人で計算するのは手間なので、税務署で確認してもらったり、税理士に見てもらったりすることがおすすめです。

課税されない場合

キャピタルロスが発生した場合は課税はありません。加えて2014年~2023年までであれば、NISA口座を開設すると、投資による利益が年間で120万円以下であればキャピタルゲインへの課税が非課税となります。

NISAは一人一口座までなら誰でも開設できるうえに、未成年でも開設することが可能です。未成年であれば年間80万円までの利益は非課税となります。

キャピタルゲインの節税対策

キャピタルゲインが課税されるものであれば、やはり節税対策は考えておきたいところです。キャピタルゲインの課税に向けた節税対策は非課税となる最低金額以内か、NISA口座を開設して非課税となる利益の範囲内で投資を行うといった方法が挙げられます。

副業として投資を行いたい人の場合は、これらの節税対策を行えば不要な出費を抑えることができます。また、少しスケールが大きい話に聞こえるかもしれませんが、海外投資を行うという節税対策もあります。

海外投資というとハードルが高いイメージがありますが、現在ではインターネットがあるので気軽に海外投資をすることが可能です。海外投資で得たキャピタルゲインへの課税は通常のキャピタルゲインの課税と違い、申告分離課税の形式では行われず、給与所得と合算して申告する必要があります。

しかし海外投資は投資の過程で発生する手数料などを利益から控除できるうえに、メインの収入と合わせて195万円以下であれば税率は5%、300万円以下であれば10%、695万円以下であれば20%と、合算した金額によって税率が変わります。

そのため非課税となる利益を超えたとしても所得が330万円以下であれば、海外投資の方が節税効果を期待することができます。

※関連記事

株式取得による税金

キャピタルゲインのメリット・デメリット

キャピタルゲインは単純にいうと利益であるため、デメリットといわれても想像し辛いかもしれません。しかしキャピタルゲインを活用するためにもメリットとデメリットはそれぞれ把握しておくと良いでしょう。

メリット

キャピタルゲインのメリットはやはり資産の価値の変動具合によっては大きな利益を得られるという点にあります。株式やFXがいい例ですが、キャピタルゲインの獲得がメインとなっている投資であれば、運用次第で莫大な利益を得ることが可能になっています。

実際有名な投資家やデイトレーダーの中には株式の売買によって一瞬で数千万円の利益を獲得することもあり、センスがある人であれば短時間で効率的に莫大な利益をあげることも夢ではありません。

もちろん失敗すれば大きな損失を被ってしまうだけのリスクがありますが、キャピタルゲインの利益はそのリスクに見合ったものだといえるでしょう。

デメリット

キャピタルゲインのデメリットは、実際にキャピタルゲインを獲得することの難しさにあります。投資にはある程度のセンスが必要になり、相場の動向を的確に読む必要があります。さらに企業の取り組みや経済情勢などといった様々な情報を踏まえたうえで投資を行わなければなりません。

また万が一損失が発生しても大丈夫なように、一定以上の資金を用意しておいた方がいいでしょう。しかし、これだけの備えを素人がやることは決して簡単ではありません。何より投資のセンスはそう簡単に身につけられるものではなく、知識を身につけるだけでもある程度手間がかかります。

素人が迂闊に株式やFXなどといった投資に手を出せば、キャピタルゲインどころか、莫大な損失を被ってしまう恐れがあります。そのためキャピタルゲインを実際に獲得するには簡単ではないことをしっかり踏まえておいた方がいいでしょう。

キャピタルゲインとインカムゲインの違い

キャピタルゲインとよく似た言葉にインカムゲインというものがありますが、これはキャピタルゲインと意味合いが全く異なります。インカムゲインはキャピタルゲインと同様に投資によって獲得された利益を指しますが、こちらは資産の売買ではなく、資産を保有し続けることで獲得する利益のことを指します。

キャピタルゲインがキャピタル(資産)の売買で得る利益であるのに対し、インカムゲインはインカム(収入)を得ることで利益を獲得するものです。

  • (例)株式を所有していることによって得られる配当/預金の際に得られる利子/不動産から得られる家賃や賃料

インカムゲインの利点

インカムゲインを獲得するには株式の保有や預金、ソーシャルレンディング、太陽光発電への投資など様々なものがあります。インカムゲインの魅力はその安定性だといえます。キャピタルゲインとは違い、インカムゲインは相場の影響を受けにくく、極端に大きな損失をすることはありません

利益が大きくなりにくい分、リスクも少なく、投資しやすいものになっています。加えてキャピタルゲインでは相場の動向を逐一確認しながら売買をして獲得しますが、インカムゲインはある程度は放置しておいても問題ありません。

忙しくて市場の動向を細かくチェックすることが難しい人には、インカムゲインを得られる投資の方が安定して利益を得ることができるでしょう。

インカムゲインの注意点

しかし、インカムゲインを獲得するには一定以上の資金を用意しておく必要があるなど、資金力が求められる点には注意しなければなりません。配当の利回りは投入した資金によって変わりますし、運用の仕方によっては元本割れを起こすこともあります。

さらにインカムゲインを獲得できる投資は場合によっては突然支出が発生するなど不安定になることがあるため、実質的な利益が読みづらいという一面もあります。確かにインカムゲインは安定しているものだとはいえますが、決してリスクがないわけではありません。

やはり一定の資金力がなければ常に黒字の状態をキープするのは難しいでしょう。ある程度の資金を用意したうえで、発生し得るリスクをしっかり把握しておくことが大切です。

※関連記事

配当所得とは?確定申告や控除、税率についてわかりやすく解説

不動産投資とは?リターンとリスク、メリットとデメリットを解説

 

M&Aによるキャピタルゲイン

ここではM&Aによって獲得したキャピタルゲインについてお伝えします。キャピタルゲインや株式やFXといった投資だけでなく、M&Aを通じて獲得できるものでもあります。M&Aは買い手となる会社が売り手となる会社の株式を取得することによって行うものであり、実質的な株式の売買です。

そのためM&Aによって得た利益もキャピタルゲインだといえます。さらにM&Aを行うことによって業績が回復、あるいは向上することによって当事者となる会社の株価が向上すれば、それに乗じてさらなるキャピタルゲインを得ることができます

この点を踏まえるとM&Aを通じて得られるキャピタルゲインはかなり大きいものになり得るといえます。しかしM&Aでキャピタルゲインを獲得するには、M&Aを行うことで発生するシナジー効果を最大限発揮させる必要があります。

M&Aは成功率が30%程度だといわれており、M&A自体が失敗する可能性の方が高いことを考慮しておかなければなりません。またM&Aの交渉などのプロセスはそれなりに時間と労力を必要とするものであり、案件によっては1年以上かかることもあります。

そのためM&Aが成功しても、プロセスをこなすことで体力を使ってしまい、経営統合をしっかり行うことができないがために想定されていたシナジー効果が発揮できなくなることがあります。これらの点を踏まえると、M&Aを通じてキャピタルゲインを得ることは決して簡単ではないといえるでしょう。

また、M&Aによって得たキャピタルゲインには法人税が課税されます。ただし、事業譲渡や株式譲渡などの手法によっては課税が変わります。キャピタルゲインに課税される税金やリスクを踏まえたうえでM&Aを成功さるためには、公認会計士や専門家のサポートが必要不可欠です。

M&A総合研究所ではM&Aの専門的な知識・経験が豊富なアドバイザーと公認会計士が、クライアントにとって理想的なM&Aスキームを綿密に設計したうえで、丁寧なバックアップを行っています。クライアントの要望に合わせて無駄なコストを省き、M&Aにかかる時間の短縮化も実現しています。M&Aをご検討される際にはM&A総合研究所が力をお貸しますので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aの問題点とは?成功させるために知っておくべき全知識

株式価値とは

まとめ

投資をする人にとっては必ず得たいキャピタルゲイン。上手くいけば莫大な利益となってくれる可能性がある一方、キャピタルゲインに課税される税金やキャピタルゲインを獲得する際に伴うリスクはしっかり踏まえておく必要があります。

投資である以上、損失が発生する可能性は必ずついてまわるものであり、失敗すればキャピタルゲインを得るどころか、取り返しのつかない損失を得てしまう可能性があります。キャピタルゲインを得る投資を行う際には、正しい知識を持ち、慎重な運用を心がけるようにしましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

ロックアップとは?必要性や期間、注意点を徹底解説【事例あり】

M&A後、旧経営陣が売却した企業に拘束されるロックアップ(キーマン条項)は、買い手と売り手で求める条件が食い違い、争点となりやすい部分もあります。本記事では、ロックアップ(キーマン条項)とは何か...

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

MアンドAとは?目的、手法、メリットや株価への影響【事例あり】

事業承継や経営基盤の強化、人材確保などを目的に、中小企業間のMアンドAが積極的に実施されており、MアンドA件数は増加傾向にあります。本記事では、MアンドAとはどのようなものか、MアンドA手法やメ...

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割における仕訳・会計処理、税務を徹底解説!

会社分割は、組織再編によく使われるM&A手法ですが、手続きが複雑なため仕訳・会計処理・税務が分かりにくいこともあります。本記事では、会社分割における仕訳・会計処理・税務について、吸収分割・新設分...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)