2020年10月6日更新会社・事業を売る

事業譲渡における消費税

事業譲渡の際に譲受側企業にて負担する主な税金は消費税です。消費税額は譲渡価格総額に課税されるのではなく、課税資産と非課税資産とに仕分け後、課税資産総額に対して課税を受けます。消費税額算出のための課税資産と非課税資産の内訳と計算方法を説明します。

目次
  1. 事業譲渡とは
  2. 事業譲渡で支払う税金①法人税
  3. 事業譲渡で支払う税金②消費税
  4. 消費税の課税資産と非課税資産
  5. 消費税の具体的な計算方法
  6. 消費税に関して注意すべきポイント
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

事業譲渡とは

事業譲渡とは

会社が行っている事業の全部、または一部を切り離し、他の会社との間で売買するM&A手法が事業譲渡です。株式譲渡によって、会社を丸ごと売却するよりも手続きが複雑になるデメリットはあるものの、事業や資産を個別に切り離して売買できるのはメリットとされています。

また、会社を手放さず存続させられる点も有用と考えられているポイントです。会社の規模に比例して手続きが複雑化、煩雑化する傾向があるので、手続きが簡素化しやすい中小企業のM&Aにおいて活用される場合が多いのが実態です。

事業譲渡は、場合により営業譲渡ともいわれていますが、いずれにしても、会社間の金銭での売買取引になります。したがって、そこに必ず待っているのが課税です。事業譲渡では、譲渡側企業と譲受側企業それぞれ別種類の課税を受けます。まずは、その内容から見ていきましょう。

※関連記事
事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説
株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&A後の社員や税務を解説

事業譲渡で支払う税金①法人税

事業譲渡で支払う税金①法人税

事業譲渡で譲渡側企業に発生する税金は法人税です。その場合、譲渡価格全額が課税対象ではありません。譲渡した資産の総額を譲渡価格が上回った分については、譲渡益と見なされます。この譲渡益が法人税の課税対象である課税所得として算入され、法人税率が掛け合わされます。

これを逆にいえば、譲渡価格が譲渡資産総額と同等以下なら譲渡益は発生せず、事業譲渡において法人税が生じることもなくなります。なお、法人税が課税される場合は、必然的に事業税、地方法人税、法人住民税も課税されます。

それら法人税の全てを合わせた実効税率は、2019(令和元)年12月現在、約31~35%となっています。

※関連記事
事業譲渡で発生する税金は?税務について徹底解説!
法人税対策

事業譲渡で支払う税金②消費税

事業譲渡で支払う税金②消費税

一方で、事業譲渡の譲受側企業が負担する税金には消費税があります。この消費税は、一般における商取引、つまりは一般消費者が買物をするときと同様の課税と納税の関係です。すなわち、資産を売却する立場である事業譲渡側企業が、譲渡価格に消費税を加えて譲受側に請求します。

事業譲受側企業は、請求に沿って消費税を加えた譲渡代金を支払うのです。この支払いを受け消費税を預かった事業譲渡側企業が後日、この消費税を税務署に納付することになります。ただし、一般消費者の買物とは大きな相違点があります。

事業譲渡において売却される資産には、消費税の課税資産と非課税資産が混在しています。したがって、この消費税の課税資産と非課税資産を仕分けし、課税資産分の消費税を算出する必要があるのです。課税資産と非課税資産の詳細については、次項で取り上げます。

このような税金面のことだけにとどまらず、事業譲渡を進めるうえでは他にも煩雑な手続きが数多く噴出します。それらを抜かりなくスムーズに進めるためには、M&A総合研究所のようなM&A専門家の手助けが不可欠です。ぜひ一度、M&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つ公認会計士がM&Aをフルサポートいたします。無料相談後もM&Aが成約するまで、一切費用は発生いたしません。成約時の成功報酬も国内最安値水準です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味をわかりやすく解説!
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定のメリットをご紹介

消費税の課税資産と非課税資産

消費税の課税資産と非課税資産

ここでは、消費税の課税資産と非課税資産の内訳について具体的に見ていきましょう。その前に、なぜ消費税が非課税になるものが定められているかについて言及しておきます。これは、消費税法において定められた法令です。

それによると、「消費税とは消費に負担を求める税という性格であり、課税の対象としてなじまないもの、あるいは社会政策的配慮を働かせ、消費税の課税をしない非課税取引を定める」とされています。

(1)課税資産

まず、事業譲渡の際に消費税が課税されることになる資産から見ていきましょう。資産の種別と、その具体例は以下のとおりです。

  • 土地以外の有形固定資産:建物、施設、設備、車両運搬具、器具備品、機械装置、専門工具類、船舶など  
  • 無形固定資産:ソフトウェア、特許権、意匠権、商標権、漁業権など
  • 棚卸資産:企業が販売目的で保有する商品や製品、およびその原材料や仕掛品などで、一般に在庫とも呼ばれるもの
  • のれん代(営業権):譲渡価格が譲渡資産総額を上回った場合の差額分

有形固定資産のうち、土地は例外的に非課税であることを忘れないでください。また、棚卸品(在庫品)は、事業譲渡側企業においても正確に数を把握しきれていない場合もあるため、算定には時間と労力が伴います。

のれんの数字で着目したいのは、事業譲渡側企業における譲渡益に該当する数字が、譲受側企業にとってはのれん代の金額となることです。こののれん代の具体的な意味合いは、事業における独自のノウハウやブランド、顧客との取引関係といった無形の資産の評価額といえます。

貸借対照表に載せられる資産とは異なりますが、その事業への将来への期待値といってもいいでしょう。また、のれん代を別途数値化する方法として、営業利益や経常利益の3~5年分を算出し、のれん代とすることもあります。

(2)非課税資産

事業譲渡において消費税が非課税扱いとなる資産と、その具体例を以下に記します。

  • 土地:有形固定資産の中の非課税となる例外措置
  • 有価証券:株式、債券、手形、小切手など
  • 債権:売掛金等、貸付金など
※関連記事
事業売却でかかる税金
中小企業の節税とは?小規模企業共済の節税効果や中小企業の節税方法を解説
 

消費税の具体的な計算方法

消費税の具体的な計算方法

事業譲渡における消費税の課税資産と非課税資産について、おさらいとして具体的な計算例を掲示します。消費税率は、2019(令和元)年12月現在の10%を適用して計算を行います。

【例:事業譲渡価格2億円の内訳】

  • 建物:5,000万円
  • 棚卸資産2,000万円
  • 有価証券:2,000万円
  • のれん代:3,000万円
  • 土地:3,000万円
  • 債権:3,000万円
  • 特許権:2,000万円  

上記の例の場合、消費税の課税対象資産は、建物、棚卸資産、のれん代、特許権が該当します。一方で、消費税が非課税措置となる資産は、有価証券、土地、債権です。したがって、建物、棚卸資産、のれん代、特許権の和を求め、それに消費税率を掛け合わせて消費税額を算出します。

  • 課税資産額=5,000万円+2,000万円+3,000万円+2,000万円=1億2,000万円
  • 消費税額=1億2,000万円×10%(消費税率)=1,200万円
※関連記事
法人税と消費税の違いとは?計算方法・納付期限
M&Aで生じる税金は?税務について徹底解説!

消費税に関して注意すべきポイント

消費税に関して注意すべきポイント

事業譲受側企業としては、事業譲渡費用に加えて消費税分の現金も用意しなければなりません。それ相応の出費負担です。そして、その支払い消費税の金額に影響を及ばす可能性のある注意事項が3点あります。いざというときに備えて、心に留めておいてください。

(1)のれん代が上がると消費税も上がる

非上場の中小企業が事業譲渡を行う際の事業譲渡価格は、純資産額にのれん代を加えた金額で決定されることが多い傾向にあります。のれん代は、上述したように営業利益、または経常利益の3~5年分で算出するのが通例です。

例えば、営業利益が大きかったり、事業のノウハウやブランド力が高評価である場合には、のれん代も必然的に高額になり、その結果、消費税額の高騰化を招きます。これが、のれん代の評価については一考の余地があるといわれるゆえんです。

したがって、できるなら、そのあたりの事情も理解し合える事業譲渡企業を探したいところでしょう。そこで、自社に適する売り手選びということでしたら、M&A総合研究所のM&Aプラットフォームの活用をおすすめします。

M&A総合研究所のM&Aプラットフォームは、独自のAIプログラムによって、自社の買収ニーズを登録するだけで理想的なマッチングをご提案できるようになっています。ぜひ一度、M&Aプラットフォームをお試しください。

>>買収ニーズ登録はこちら

(2)棚卸資産の不確実性が高い

事業内容によっては、棚卸資産は毎日変動する企業もあります。事業譲渡契約において、先に棚卸資産の額を決めていても、最終的な事業譲渡の日に棚卸を実施したところ、価格が変動してしまうことは実際に発生している事実です。

つまり、消費税の想定についても、それはあくまで見込み値でしかなく、最終的な消費税の支払額も変動すると考えておくしかありません。準備する資金も余裕をもっておくべきです。

(3)消費税率の変動に注意

2019(令和元)年10月から消費税率は8%から10%に上乗せされました。現在のところ、政府から消費税率の再アップの話は出ていません。しかし、法的にはいつでも上げることができるのが消費税率です。

何の前触れもなく上がることはないにしても、消費税の負担額が事業譲渡を行うかどうかの判断材料の1つになるときが来るかもしれません。

※関連記事
M&Aにおけるのれん
事業譲渡で発生するのれん

まとめ

まとめ

事業譲渡における消費税のポイントは、課税資産と非課税資産を知り、その仕分けをきちんと行うことが大前提です。そのうえで、懸念されるのれん代の問題と、棚卸資産の把握にどう対策を立てるかという点が担当者としての責務といえるでしょう。

本記事の要点は下記のとおりです。

  • 事業譲渡で支払う税金は、譲渡側企業が法人税、譲受側企業が消費税
  • 消費税の課税資産は有形固定資産、無形固定資産、棚卸資産、のれん代
  • 固定資産である土地は、例外的な非課税資産

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aの着手金とは?相場や会計処理、損金算入できるかどうかを解説

M&Aサポートを外部の専門家に委託する場合、着手金を始めとした各種手数料が発生します。成約に至らなかった場合も費用負担が大きくなるので、委託前に確認しておく必要があります。本記事では、M&Aの着...

割引現在価値とは?簿記に必要な計算方法や割引率をわかりやすく解説

割引現在価値とは?簿記に必要な計算方法や割引率をわかりやすく解説

M&Aを検討するにあたって割引現在価値は非常に重要です。ここでは割引現在価値の理解を深めるとともに、例題を含めた計算式にて解説します。また企業価値を求める方法として割引現在価値を換算しない方法も...

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡でのトラブルを回避するための留意点をよくある事例付きで解説

株式譲渡は幅広く活用されているM&A手法の一つですが、いくつかの留意点もあります。トラブルに巻き込まれることもあるため、留意点を抑えて事前に対策を立てておくことが大切です。本記事では、株式譲渡で...

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&Aでの中間金とは?相場、税務上の取り扱いを紹介

M&A仲介会社を利用するとさまざまな手数料が発生しますが、中でも中間金は発生のタイミングや料金体系が分かりづらく、仲介会社に相談する際のネックとなることがあります。そこで本記事では、M&Aの中間...

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは?M&Aでの流れや進め方、必要な資料・期間・費用をわかりやすく解説

デューデリジェンスとは、投資対象の価値やリスクを調査する活動のことを指します。M&Aにおいては、最終契約書の締結前に対象企業を調査することで不確定要素を減らすことができます。本記事では、デューデ...

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aで子会社化する方法とは?メリット・デメリット、子会社とグループ会社の違いを解説

M&Aが活発に行われている中で、他社を子会社化したり、逆に規模の大きな会社の子会社になることは、会社経営の選択肢のひとつになっています。本記事では、M&Aで子会社化するメリット・デメリットなどを...

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法と会社法の違い、問題点と会社法改正をわかりやすく解説

商法・会社法とは、営利を目的とする個人・企業の活動や手続に関してルールを定めた法律です。商法・会社法はビジネスシーンでかかわる機会が多いので、事業活動を行う上で欠かすことができません。今回は、商...

MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

MBIとは?意味やMBOとの違いを解説

株式を買い上げて経営者を送りこみ経営の立て直しによって資産価値を高めるのがMBIです。当記事はMBIの大まかな解説をはじめ、MBIの意味や、比較されるMBO・TOB・LBOとの違い、MBIに見ら...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)