2020年1月24日更新会社・事業を売る

新設分割計画書とは?新設分割計画書作成の注意点や新設分割と吸収分割の違いを解説

会社分割の方法の一つに「新設分割」があります。新設分割とは、1または2以上の会社(株式会社または合同会社)が、ある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、新たに設立する会社に承継させる手法です。新設分割計画書作成時に定めておくべき内容や注意点も解説します。

目次
  1. 新設分割とは
  2. 新設分割と吸収分割の違い
  3. 新設分割の種類・条件・対価
  4. 新設分割計画書とは
  5. 共同新設分割計画書作成の注意点
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

新設分割とは

新設分割とは「会社分割」の方法の一つで、M&Aの手法としても知られています。会社分割とは何かという点も踏まえ、新設分割の意味を整理してみましょう。

会社分割について

会社分割とは、会社がある事業に関して、有する権利義務の全部または一部を、他の会社に承継させることをいいます。その方法は、新設分割と吸収分割の二種類あります。会社分割はM&Aの手法の一つでもあり、近年は会社分割によるM&A事例も増えています。

M&Aは基本的に合併・買収を意味しますが、一般的には会社分割や業務提携などもM&Aに含まれます。もしM&Aをご検討であれば、アドバイザリーに実務をサポートしてもらうのがベストでしょう。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つプロが国内最安値水準でM&Aをフルサポートしています。完全成功報酬制で数多くの中小企業のM&Aを実現してきました。会社分割でお悩みの方もお気軽にご相談ください。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

新設分割の概要

新設分割とは、会社が特定の事業を分割し、新しく設立する会社にその事業を受け継いでもらう方法のことです。また、事業を分割する側の会社は「1または2以上の会社で、株式会社または合同会社」に限ります。

  • (例1)A社(株式会社または合同会社)が事業の全部または一部を分割し、新しく設立するB社に承継させる
  • (例2)A社とB社(2社ともに株式会社または合同会社)を分割会社とし、新たに設立するC社に事業の全部または一部を承継させる

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介

新設分割と吸収分割の違い

新しく会社を設立するかどうかが、新設分割と吸収分割の大きな違いです。会社分割のうち、新たに設立する会社に事業を受け継いでもらう方法が新設分割、既存の会社に事業を受け継いでもらう方法が吸収分割、ということになります。

吸収分割の特徴

吸収分割は、会社(株式会社または合同会社)がある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、分割後の他の会社に承継させることをいいます。

吸収分割の場合、分割をする側の会社を「吸収分割会社」、承継する側の会社を「吸収分割承継会社」といいます。ここで、吸収分割承継会社は、すでに存在している会社に限られるという特徴があります。

  • (例)A社が事業の全部または一部を分割し、すでにある会社B社に承継させる

つまり、B社(吸収分割承継会社)は分割以前から存在している会社であり、吸収分割会社であるA社の事業の権利義務を受け継ぎます。新設分割のように、新しく会社を設立するわけではありません。

新設分割と吸収分割の共通点

そのほかの部分で、新設分割と吸収分割でいくつか共通点があります。

  • 分割会社が株式会社または合同会社に限られる
  • 新たに設立する会社または承継会社は、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社のいずれでも可
  • 吸収分割にも分割対価における人的分割の仕組みがある(分割対価は以下項目にて説明)

※関連記事

新設分割と吸収分割の違い

新設分割の種類・条件・対価

この項では新設分割会社(事業を分割する側)と、新設分割設立会社(事業を承継する側)の種類・条件や分割対価について解説します。

新設分割会社と新設分割設立会社の種類・条件

事業を分割する側の会社(新設分割会社)は、株式会社または合同会社である必要があります。会社法上の「会社」には株式会社と持分会社(合名会社、合資会社、合同会社)がありますが、持分会社の合名会社と合資会社は、新設分割として事業を分割することはできません

一方で、事業を承継する側の会社(新設分割設立会社)は、「会社」という規定にとどまります。つまり、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社のいずれも新設分割設立会社になることができます。以下、新設分割会社を「分割会社」、新設分割設立会社を「設立会社」と表現します。

分割対価が必要となる

設立会社は、ある事業に関する権利義務を受け継ぐかわりに、その対価を分割会社に交付する必要があります。A社を分割会社、B社を設立会社(A社B社ともに株式会社)としましょう。

B社(設立会社)は、A社(分割会社)からある事業の権利義務を承継し、その事業を新しく開始することができます。ただし、その分の対価をA社に交付しなくてはいけません。この分割対価には、株式や社債などがあります。

  • (例)B社がA社からある事業の権利義務を受け継ぐかわりに、B社の株式をA社に交付する

物理的分割

さて、この分割対価は分割会社へ交付するものです。分割会社が株式会社の場合でも、分割会社の株主に株式などを交付するわけではありません。

先ほど例に挙げたケースでも、分割対価はB社がA社に交付しており、A社の株主に交付しているわけではありません。このように、設立会社が分割会社に対価を交付する通常の方法を「物的分割」といいます。

人的分割

一方で、実質的に分割会社の株主に対価を交付することと変わらない方法を「人的分割」といいます。引き続きA社を分割会社、B社を設立会社(A社B社ともに株式会社)として、人的分割のポイントをお伝えします。

まずA社が、B社から分割対価としてB社の株式を取得したとします。同時に、A社は自社の株主に対して、取得したばかりのB社の株式を分配します。すると、B社が分割対価として交付したB社の株式は、最終的にA社の株主が取得できることになります。

この手順を踏めば、分割会社の株主に分割対価を交付することと同じ結果(=人的分割)になります。ただし、この方法によって分割会社が設立会社の株式(分割対価)を株主に分配するには、設立会社の成立の日に「剰余金の配当」または「全部取得条項付種類株式の取得の対価」として分配する必要があります。

  • (例)A社はB社の成立の日に、「剰余金の配当」あるいは「全部取得条項付種類株式の取得の対価」として、A社株主にB社の株式を分配する

つまり、分割対価となる株式を株主に分配できるとしても、その方法は限られます。

※関連記事

新設分割とは?メリット・デメリット、手続きやM&Aでの活用について解説

会社分割と株主総会

新設分割計画書とは

新設分割の手続きは、分割会社が新設分割計画を作成し、原則として株主総会の特別決議によって計画の承認を受けるという流れになります。この新設分割計画を証する文書のことを、新設分割計画書といいます。

新設分割計画書の概要

まずは、新設分割計画書の概要についてご紹介します。新設分割では、これから設立会社を設立する段階のため、基本的に分割会社のみが新設分割計画を作成します。当事者は分割会社の株式会社または合同会社のみとなります。ちなみに吸収分割の場合は、承継会社がすでに存在するため、分割会社と承継会社の間で吸収分割契約を締結するという手続きになります。

なお、2以上の株式会社または合同会社が共同で新設分割を行う場合は、それらの2以上の会社が共同で新設分割計画を作成します。いずれにせよ、基本的に分割会社のみが計画の当事者になることに変わりはなく、この点は吸収分割との大きな違いになります。

新設分割計画書の記載事項

次に、新設分割計画書の記載事項についてご紹介します。新設分割計画で定めるべき事項は、会社法に規定されています。その内容を新設分割計画書に記載することになるので、まずは新設分割計画で何を定めるのか、整理しておきましょう。

新設分割計画で定める主な内容と特徴

設立する会社が株式会社か合同会社かによって、定める内容には違いがあります。ただ、いずれの場合も、新設分割計画で定めるべき内容はある程度共通しています。その共通する内容を大まかに示すと、次のようになります。

・設立する会社の目的/商号/本店の所在地
新設分割によって設立する会社は何を目的とした会社なのか、商号は何か、本店はどこにあるのか、といった基本的な内容を定めます。

・その他、設立会社の定款で定める事項
ほかにも設立会社の定款で定める事項があれば、それらも計画の中で定めておきます。

・分割会社から承継する資産、債務、雇用契約、その他の権利義務
分割会社から設立会社に承継させる資産や債務、雇用契約、その他の権利義務も定めておく必要があります。

・分割対価について
新設分割は分割対価が必要になります。対価として交付する株式の数や種類、社債の種類など、具体的な対価についても新設分割計画で定めなくてはなりません。また、人的分割を行う場合は、設立会社の成立日に「剰余金の配当」または「全部取得条項付種類株式の取得」を行う旨も新設分割計画書に記載する必要があります。

新設分割計画書の印紙税額

印紙税というのは、経済取引などで作成される文書に課される税金のことです。文書の作成者が収入印紙を貼り付けて納めます。新設分割計画書の場合、会社法の規定によって新設分割を行うことを証する文書として課税されます。

具体的には、本店に備え置くものに限って課税対象となり、その金額は1通または1冊につき4万円とされています。

新設分割計画書の押印と内容変更

相手となる設立会社がまだ存在しないため、あくまで契約書ではなく計画書という位置づけです。ただ、2社以上が分割会社になるケースもある以上、新設分割計画書には押印をしておくべきでしょう。きちんと分割会社が作成したことを証明するためにも押印は必要です。

なお、計画作成後に権利義務に大きな変化が生じた場合には、計画を変更せざるを得ないケースも理論上はあり得ます。事態に備え、あらかじめ計画書の中で条件変更について定めておく場合もあります。しかし、債権者や株主などが関係している以上、それこそ天災などが理由でない限り、大幅な変更は難しいです。

※関連記事

新設分割の手続きを解説します

新設分割と資本金の引継ぎ

共同新設分割計画書作成の注意点

新設分割は、1または2以上の会社(株式会社または合同会社)が分割会社となります。このうち、2以上の会社が共同して新設分割を行う場合を「共同新設分割」といいます。その場合の計画書作成には、注意点がいくつかあります。

共同新設分割では、独占禁止法で分割の届出制度が規定されています。そのため、分割の際にはそれらの要件を確認しておかなければなりません。一定の要件に該当する場合は、共同新設分割に関する計画をあらかじめ公正取引委員会に届け出る必要があります。

共同新設分割における独占禁止法の届出要件は、以下の4つになります。

  1. 共同新設分割をしようとする会社のうち、いずれか1社(事業を全部承継させようとする会社に限る)に係る国内売上高合計額が200億円を超え、かつ、他のいずれかの1社(事業を全部承継させようとする会社に限る)に係る国内売上高合計額が50億円を超える場合
  2. 共同新設分割をしようとする会社のうち、いずれか1社(事業を全部承継させようとする会社に限る)に係る国内売上高合計額が200億円を超え、かつ、他のいずれかの1社(事業の重要部分を承継させようとする会社に限る)の承継の対象に係る国内売上高が30億円を超える場合
  3. 共同新設分割をしようとする会社のうち、いずれか1社(事業を全部承継させようとする会社に限る)に係る国内売上高合計額が50億円を超え、かつ、他のいずれかの1社(事業の重要部分を承継させようとする会社に限る)の承継の対象に係る国内売上高が100億円を超える場合
  4. 共同新設分割をしようとする会社のうち、いずれか1社(事業の重要部分を承継させようとする会社に限る)の承継の対象に係る国内売上高が100億円を超え、かつ、他のいずれかの1社(事業の重要部分を承継させようとする会社に限る)の承継の対象に係る国内売上高が30億円を超える場合

※ただし、以上の場合でも、全ての共同新設分割をしようとする会社が同一の企業結合集団に属する場合は、届け出る必要はありません。

これらの要件は、事業の全部を承継させるのか、それとも重要部分を承継させるのかで判断できます。共同新設分割計画書の作成にあたっては、上記の要件も注意したうえで進めなくてはなりません。

※関連記事

企業結合とは?種類や独占禁止法の規制やM&Aの会計処理をわかりやすく解説

会社分割における適格要件

まとめ

新設分割とは会社分割の方法の一つで、1または2以上の会社(株式会社または合同会社)が、ある事業に関して有する権利義務の全部または一部を、新たに設立する会社に承継させる手法です。近年のM&Aの活発化に伴い、会社分割のM&A事例も増えていますが、その中には新設分割の事例も見られます。

新設分割は吸収分割と異なり、新たに会社を設立するという点が大きな特徴です。また、2以上の会社が分割を行う場合には、独占禁止法の要件も踏まえた新設分割計画書の作成が必要です。

新設分割は、M&Aによる事業の売却の効果的な手法の一つでもあります。その特徴や仕組みのほか、計画書作成の注意点などを把握した上で、M&Aの一つの選択肢として検討してみてください。新設分割や共同新設分割でお悩みの場合、専門家や公認会計士に相談してみるのも一つの手です。

M&A総合研究所ではM&Aの専門的な知識・経験が豊富なアドバイザーがサポートします。公認会計士も在籍のため、企業にとって理想的なM&Aスキームを綿密に設計したうえで、丁寧なバックアップを行っています。無料相談を承っていますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

アナジー効果とは?回避してシナジーに変える方法を解説

アナジー効果とは?回避してシナジーに変える方法を解説

アナジー効果とは、M&Aによる統合効果が十分に得られなかった状態や、統合前よりも経営状況が悪化した状態のことを指し、シナジー効果とは逆の意味になります。本記事では、アナジー効果の意味や、アナジー...

類似企業比較法を計算例付きで解説!メリット、必要なデータ

類似企業比較法を計算例付きで解説!メリット、必要なデータ

類似企業比較法とは、対象会社と類似している上場企業を複数社選定し、類似会社のデータから倍率計算を行う方法です。本記事では、類似企業比較法を計算例付きで解説します。また、類似企業比較法のメリットや...

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

地位承継とは?読み方と事業譲渡で知っておくべき契約上の地位の承継

事業譲渡でM&Aを行う時や不動産の引き継ぎなどの際は、地位承継を行う必要があります。本記事では、地位承継とは何か、地位承継と地位継承ではどちらが正しい読み方なのかなど、事業譲渡の地位承継で知って...

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株式保有特定会社と株価評価の方法まとめ!メリット・デメリット、株特外しも解説!

株価評価時に株式保有特定会社の判定を受けると、評価方法が限定されて税制面で不利になる場合があります。その際、選択肢を増やす手段として株特外しという方法を利用することも可能です。本記事では、株式保...

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法で非上場株式の企業価値評価【計算式あり】

配当還元法は、株式価値や企業価値評価手法の一つです。インカムアプローチの一種であり、非上場企業の少数株主の株式価値を算定するのに適しています。本記事では配当還元法について、実績配当還元法や標準配...

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは?役割、作り方を解説

ノンネームとは、譲渡対象の企業名を伏せたまま概要を要約したものです。ノンネームは、売却を検討している企業を特定させないため、業種や企業規模、譲渡理由などのポイントに絞って記載します。本記事では、...

人材派遣・人材紹介の事業譲渡・株式譲渡のメリットとは?【事例あり】

人材派遣・人材紹介の事業譲渡・株式譲渡のメリットとは?【事例あり】

人材派遣とは自社と雇用契約を結んだ従業員を企業へ派遣して仕事に従事させることをいい、人材紹介会社はその仲介役を担っています。当記事では人材派遣・人材紹介における事業譲渡・株式譲渡のメリットやポイ...

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法を徹底解説!中小企業のM&A向けの企業価値評価方法

年買法(年倍法)は、時価純資産と営業利益を用いた簡便な企業価値評価手法であり、主に中小企業のM&Aで用いられます。本記事では、年買法(年倍法)とはどのような手法なのか、また計算方法の妥当性や問題...

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA倍率とは?目安の倍率8倍は高い、安いどっち?

EV/EBITDA(イーブイ/イービッダー)倍率とは、売り手企業への投資額を何年で回収できるかを示す指標です。本記事では、EV/EBITDA倍率の意味やEV/EBITDA倍率を用いた企業価値算定...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)