2022年11月13日更新事業承継

中小企業庁が実施する事業承継支援策をわかりやすく解説

中小企業庁では、中小企業が円滑に事業承継を実施できるよう、税金や資金面などの支援を提供しています。中小企業庁が策定した事業承継ガイドラインも、事業承継を実施するうえで有益な指針です。この記事では、中小企業庁が実施する事業承継支援を解説します。

目次
  1. 中小企業・事業承継とは
  2. 中小企業庁の事業承継支援と現状
  3. 中小企業庁が実施する事業承継支援策
  4. 事業承継を支援する関係機関
  5. 事業承継のリスク
  6. 中小企業庁が実施する事業承継支援策のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

中小企業・事業承継とは

まずは、中小企業および、多くの企業が悩まされている事業承継の概要を順番にわかりやすく解説します。

中小企業とは

中小企業基本法によると、中小企業は業種によって以下の4種類に分類されています。

  • 卸売業…資本金1億円以下、従業員100人以下
  • サービス業…資本金5000万円以下、従業員100人以下
  • 小売業…資本金5,000万円以下、従業員50人以下
  • 製造・建築・運輸・その他業種…資本金3億円以下、従業員300人以下

中小企業とは、上記のいずれかの条件を満たしている会社のことだと定義されています。日本国内では、全体のおよそ99.7%を中小企業が占めています

我が国の経済は、中小企業が支えているといっても過言ではありません。中小企業庁は、日本の経済を支える各企業を様々な面からサポートしています。

【関連】中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の実態・推移と相談窓口も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

事業承継とは

事業承継とは、代表者の交代に伴い、現在営んでいる会社や特定の事業を他者に引き継ぐ行為のことです。事業承継は大きく3つの方法があります。現在の代表者の親族に承継する方法、社内の優秀な従業員に承継する方法、M&Aで第三者に引き継ぐ方法です。

一昔前であれば、親の会社はその子供が継ぐイメージがありました。しかし現在では、親族内承継は40%程度となっています。その理由には、以下の要因があります。

  • 子供に自由な職業について欲しいと考える経営者の増加
  • 事業承継する後継者が見つからない

上記の要因の背景には、人口の減少に伴う労働者自体の減少があります。取引関係のない会社や個人への事業承継が増え、M&Aの使用頻度が高まっている状況です。中小企業も同様であり、現在は代表の交代などに伴ってM&Aが利用されています。

事業承継やM&Aを検討されている場合や後継者がいなくてお悩みの場合は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所には専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、培ったノウハウを生かしてM&Aをフルサポートいたします。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】事業承継の基礎!メリットとデメリットなど知識・実務のポイントを解説| M&A・事業承継の理解を深める

中小企業庁の事業承継支援と現状

中小企業庁は事業承継に対してさまざまな支援を施しています。なぜなら、各企業が独力で事業承継問題を解決するのが困難だからです。現在、中小企業が事業承継を実施するのは非常に難しいです。しかし、経営者の多くが今の会社を引き継ぎたいと考えています。

しかし、事業承継の需要に対して労働人口が追いついていない、後継者がいない中企業が多いのが現実です。業績不振を理由に、資金的な問題で廃業を余儀なくされるケースもあります。望めば誰しもが会社を売却できるわけではありません。M&Aの実行により企業の安定を得られるわけでもありません。

一方で、経営者のなかには、自身の代で会社を終わらせたいと考えている人もいます。主な理由は、債務超過や後継者不足、市場の需要への不安などです。

中小企業の経営者の多くは適切な後継者さえいれば、事業承継をしたいと考えていますが、単純に事業承継を実行するのは可能であるものの、会社は経営を続ける必要があります。経営を安定させて利益を生み出さなくては倒産してしまいます。

しかし、具体的な指針がないと、独力で事業承継を成功させるのは困難です。その指針を示すために、中小企業庁が事業承継に関する各種支援を実行しています。 

中小企業庁が実施する事業承継支援策

中小企業庁では、中小企業の事業承継に対するさまざまな支援策を立てています。代表的なものを以下にまとめました。

事業承継の相談・サポート

中小企業庁の方針により、事業承継・引継ぎ支援センターが事業承継問題に悩まされている中小企業の相談・サポートを実施しています。

事業承継・引継ぎ支援センターとは、国が設置する公的相談窓口であり、 親族内への承継であっても、第三者への引継ぎであっても、 中小企業の事業承継に関するあらゆる相談に対応しています。

補助金

政府は、事業承継に関する補助金制度として、事業承継・引継ぎ補助金を整備・運用しています。これは、事業承継をきっかけに新しい取り組み等を行う中小企業者等および、事業再編・事業統合に伴う経営資源の引継ぎを行う中小企業者等を支援する制度のことです。

この補助金で仲介手数料やフィナンシャルアドバイザー費用が補助対象となる登録支援機関を検索できる「M&A支援機関登録制度」も運用しています。

税制

中小企業の事業承継に役立つ税制支援として代表的なものは、法人版事業承継税制です。これは、円滑化法にもとづく認定のもと、会社や個人事業の後継者が取得した一定の資産について贈与税や相続税の納税を猶予する制度のことです。個人事業者の事業用資産を対象とする「個人版事業承継税制」も整備・運用されています。

設備投資減税、雇用確保を促す税制、準備金の積立の3つの措置を活用できる「経営資源集約化税制」のほか、M&A時の不動産の権利移転にかかる登録免許税・不動産取得税を軽減する「登録免許税・不動産取得税の特例 」も用意されています。

金融支援(融資・信用保証)

政府による金融支援(融資・信用保証)の代表例は、日本政策金融公庫等の融資、信用保証です。株式の買取や相続税の支払いなど、事業承継にあたって求められる資金に対して、融資や信用保証を受けることが可能です。

経営者保証解除支援

中小企業の経営者は事業立ち上げに際して経営者保証を行っているケースがほとんどです。中小企業庁では、経営者保証の解除に向けて、「経営者保証に関するガイドライン」の充足状況のチェックおよび、金融機関との目線合わせなどを支援しています。

株式の集約

事業承継を成功させるには、後継者に対して当該企業の株式を集約させることが大切ですが、政府により遺留分に関する民法の特例が整備されているため、後継者が先代経営者の推定相続人との間で遺留分に関する各種の合意を行うことが容易になっています。

所在がわからない株主の株式の取得にかかる手続の時間を5年から1年に短縮する「所在不明株主に関する会社法の特例」も整備されています。

ファンド

独立行政法人中小企業基盤整備機構により、中小企業基盤整備機構ファンド事業が運用されています。これを活用することで、MBO(マネジメント・バイアウト)を含む事業承継を目指すことが可能です。

後継者教育・支援

政府は、後継者育成・サポート施策として、中小企業大学校(座学・演習・実習による知識、現場の知恵の習得、自社の分析により経営者に必要なマインドやスキルの向上を図る)およびアトツギ甲子園(新規事業等にチャレンジする後継者候補を応援するピッチコンテスト)を整備し運用しています。

【関連】経営者保証に関するガイドラインとは?ポイントや要件をわかりやすく解説| M&A・事業承継の理解を深める

事業承継を支援する関係機関

代表的な機関を以下に列挙しました。

  • 日本弁護士会連合会:弁護士は、会社の現状調査と事業承継計画の立案や株式の承継をサポートする役割を担う。
  • 日本税理士会連合会:税理士は、税務に加えて自社株評価や資金調達サポートなどの業務を担う。
  • 日本公認会計士協会:公認会計士は、企業価値評価と財務DDで重要な役割を担う。
  • 日本司法書士会連合会:司法書士は、不動産分野の法律問題に強く、事業承継で的確な助言を提供できる。
  • 日本行政書士会連合会:行政書士は、事業承継時の許認可の承継等をサポートする。
  • 中小企業診断協会:事業承継に特化した経営コンサルティングを展開している中小企業士もいる。
  • 事業承継・引継ぎ支援センター

事業承継のリスク

事業承継は、企業の経営を後継者に引き継いで存続させるための方法です。しかし、事業承継は多くの企業の大きな課題となっています。本章では、特に後継者に関する注意点をお伝えします。

①後継者の確保

企業の経営が事業承継後に傾くケースは少なくありません。その原因の1つに、後継者問題があります。経営の資質がある後継者がみつかる前に事業承継を進めると、このようなケースになりがちです。

後継者がいないリスクは、前任の経営者が優秀であるときほど高まります。企業がその経営者に依存してしまい人材が育ちにくくなるからです。後継者の確保には、経営者が育てる意識を持つことが重要です。

業務分担をしたり経営の知識がある部下を側に置いたり、部下の自主性に任せて仕事をさせたり、得意先との重要な商談に同行させたりして、後継者の顔を売り込みましょう。後継者育成は短期間ではできないため、長期的な視野で着実に育てていきます

後継者の社会的信用が、それほどないケースも多いです。経営者の信用により金融機関やスポンサーは資金を融資してくれたり、契約をしたりしてくれます。しかし、後任者の社会的信用がなければ融資を打ち切られて経営に影響してしまいかねません。

②M&Aでの買い手の選択

多くの企業が事業承継の方法として、M&Aを選んでいます。後継者がいないケースや業績が下がって企業の存続が難しいケースなどでは、別会社からの買収で存続を図れます。ただ、M&Aでの買い手の選択が非常に重要です。

間違った選択をしてしまえば、買収後に売り手企業の跡形がなくなることもあります。事業承継が目的で企業を売る場合は、買い手企業との意思確認をしっかりと行わなければなりません。まず、買い手の目的を聞きます。拠点を得るためや従業員を増やすためにM&Aを行う企業も多いからです。

売り手の事業に関心があり買収してからも残そうとしてくれる企業かどうかを確認し、買収後の経営についても確認します。これまでの事業を評価してくれる買い手の場合は、M&A後でもそれほど社風は変わらない可能性が高いです。ただし、多くの条件を設定してしまうと買い手がみつからなくなるため、条件の優先順位を決めることもポイントです。

中小企業庁が実施する事業承継支援策のまとめ

中小企業の事業承継問題は年々深刻化しています。事業承継したくても、できずに廃業してしまう中小企業は少なくありません。この問題を踏まえて中小企業庁は、様々な事業承継支援策を実施しています。中小企業庁の支援策は、事業承継を実施するうえで非常に有効です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きは、会社と個人事業主では異なるものです。本記事では、廃業の手続きを会社と個人事業主とに分けて解説するとともに、倒産や経営破綻などの関連用語との意味の違いや、廃業のメリット・デメリット...

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継の関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリット...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再編...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握することが大切です。本記事では、事業承継税制における特例措...

事業承継対策で活用する従業員持株会とは?設立のメリット、手順も解説

事業承継対策で活用する従業員持株会とは?設立のメリット、手順も解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?それぞれの注意点、メリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?それぞれの注意点、メリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)