2020年3月31日更新事業承継

事業信託とは?事業信託スキームとメリット

事業の運営を第三者に任せる事業信託では、委託者・受託者・受益者それぞれが大きなメリットを享受でき、事業再生や債権回収などさまざま場面で活用され、自己信託の形で遂行することも可能です。事業信託のメリット、自己信託の仕組みを用いた事業信託と注意点を解説します。

目次
  1. 事業信託
  2. 事業信託とは?事業信託のスキーム
  3. 事業信託のメリット
  4. 自己信託の仕組みを用いた事業信託
  5. 事業の自己信託における注意点
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

事業信託

事業信託は、スキームからするとM&A手法である事業譲渡に近いイメージですが、経営権や利益を得る権利は委託者である会社に留保される点に大きな違いがあります。そのため、どちらかというと事業譲渡より事業のアウトソーシングに近いイメージです。

この記事では、事業信託について詳しくご紹介します。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業信託とは?事業信託のスキーム

事業信託は信託の一種であり、ある事業に属する財産や債務を包括的に信託する行為です。そもそも信託とは、ある人物が第三者に対して財産を移転して一定目的の下でその財産の管理や処分を任せる行為です。財産を移転して管理・処分を第三者に任せる方を委託者、財産の管理や処分を実施する方を受託者と呼びます。

信託には不動産や有価証券などさまざまな種類がありますが、財産の管理や処分によって生じた利益のうち一部は、受益者に給付されるのが一般的です。受益者とは、信託において一定利益の給付を受ける権利を有する人物であり、委託者と同一の場合もあれば委託者とは異なる場合もあります。

事業信託では、委託者である事業者が受託者に事業信託し、受託者はそこで得た利益の一部を受益者である事業者や債権者に給付します。つまり、誰かに事業運営を任せて一定割合の利益を授受するということです。

事業再生を目的とした活用が増えている

事業信託は相続時の対策や事業承継の際に活用することが多いのですが、最近では事業再生を目的とした活用も増えています。これは、事業信託にある大きなメリットが要因であり、その特徴から多様な目的のために活用されています。

※関連記事
相続における信託の活用
事業承継の信託

事業信託のメリット

かねてより事業信託の導入は経済界から期待されており、導入以降はさまざまな場面で活用されています。事業信託を活用すると事業再生を図りたい会社はもちろん、受託者となる第三者や債権者にもメリットが生まれます。具体的には以下のメリットが代表的です。

  1. 事業再生や効率的な利益獲得が可能
  2. 初期費用をかけずに新規事業を開始できる
  3. 破産よりも多額の債権回収を期待できる

①事業再生や効率的な利益獲得が可能

委託者となる会社の最大のメリットは、事業再生や効率的に利益を獲得できる点です。破産を検討するほど事業運営が厳しい状況では、事業再生が必要となります。破産すると事業運営が終了する一方で、事業再生を図るためには多額の資金が必要です。

経営資源に乏しい中小企業にとって事業再生を図ることは困難であり、結果として破産の道しか選べなくなります。そんな企業にとって事業信託は効果的な手法であり、自社事業を成長・回復させられるほどの経営資源を持つ第三者に事業信託します。

すると、多額の資金を用意せずとも事業再生を図れるようになり、事業再生を実施しながら受益者となる会社や債権者は事業信託によって生み出された利益を獲得できます。

②初期費用をかけずに新規事業を開始できる

新規事業を開始する場合、基本的には多額の費用や多大な時間・労力がかかります。それにもかかわらず、失敗するリスクは大きいため迅速かつ低リスクで開始する手段としてM&Aが有効となるのですが、M&Aには時間と相応の買収資金が必要です。

しかし、これらの問題は事業信託の受託者となれば解決できます。展開したい分野の事業信託を引き受けることで、多額の資金を用意する必要がなく、時間もM&Aと比べれば短期間で新規事業を開始できます。

受益者に利益を渡すことにはなりますが、残りは自社の利益とすることができ、新規事業を最初からスタートさせるよりは失敗するリスクも少なく済みます。このように、特に開業を目指す人にとって事業信託の大きなメリットとなるのです。

③破産よりも多額の債権回収を期待できる

会社が破産した場合、換金された財産は法律に従って優先順位が高い順に分配されることになるため、債権者によっては債権額に対して少ししか回収できない場合もあります。破産による債権者への損害を回避するために、民事再生と事業譲渡によって換金を図るケースもあります。

しかし、事業譲渡を用いる場合は買い手側が安値で買収する可能性が高く、債権者にとって満足できない結果となることも少なくありません。そこで事業信託を活用すれば、債権者はより多くの債権を回収できる可能性が高くなります。

その方法は、事業信託の受益権を債権者が保有して、事業利益の配当や事業の売却代金などで回収することや、委託者である会社側が受益権を売却してその売却利益を債権者に分配するスキームでも、破産や事業譲渡と比べて多額の債権回収に期待ができます。

※関連記事
M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介

自己信託の仕組みを用いた事業信託

近年は、自己信託の仕組みを用いて事業信託を実施するケースも見受けられます。この項では、自己信託による事業信託の概要とメリットを紹介します。

自己信託とは

自己信託とは、委託者と受託者を同一人物が兼任する形の信託です。通常の信託行為は委託者と受託者が合意することで効力が発生しますが、自己信託は同一人物がこれらを兼任するため単独で効力を発生させられます。

自己信託を実施する際は、書面もしくは電磁的記録、公正証書に目的などを記し、自己信託設定書と呼ばれる書面に委託者が押印して、公証人が認証すると効力が発生します。この仕組みを利用して、事業信託を実施することも実務上可能です。

例えば、ある会社が委託者と受託者を兼ね、債権者を受益者にして利益を給付するように活用します。

事業の自己信託を行うメリット

自己信託により事業信託を実施すると、以下のメリットが期待できます。

事業のコントロールを担保できる

不動産や有価証券の信託と比較すると、事業運営にはノウハウや経営の管理能力などさまざまな要素が必要であり、難易度としては事業信託の方が高いです。そのため、慣れない受託者に事業信託した結果、事業のコントロールを失って十分な利益を生み出すことができない可能性があります。

仮にコントロールできなかったとしても受託者の責任を追及できず、失敗という結果だけが残ってしまいます。事業信託を自己信託の形で実施すれば事業のコントロールは継続できるため、このメリットは大きいです。

法規制により事業信託できない場合に有効

薬局には薬事法が適用されるなど、事業によっては法規制があります。こうした分野に関しては事業信託を実行できませんが、自己信託を用いれば可能になります。ただし、これはメリットというよりも止むを得ず自己信託を用いると述べた方が正確かもしれません。

事業の自己信託における注意点

最後に、事業の自己信託を実施する場合に注意したい点を2つ紹介します。

信託の設定方法が複雑

事業を自己信託する際、プラスの資産とマイナスの資産を区別して自己信託の契約書を作成する必要があります。プラスの資産は在庫や事業設備、売掛け債権をさし、マイナスの資産は借入金をさします。プラス資産を信託財産の資産とし、マイナス資産は引当財産に加えなくてはいけません。

このように、事業の自己信託は手続きが複雑であるため、専門家にサポートしてもらうことをおすすめします。

債権者の同意が必要となるケースがある

下記の要件に当てはまる場合には、事業信託の際に債権者の同意が必要となります。

  • 自己信託の設定により信託財産破産時のリスクが債権者に対して生じる
  • 自己信託する事業分野において法律上債権者保護が重視される

後々のトラブルを回避するためにも、上記いずれかの要件に当てはまる場合は債権者の同意を取り付けるようにしましょう。

まとめ

今回は、事業信託について解説しました。事業の運営を第三者に任せる事業信託では、委託者・受託者・受益者それぞれが大きなメリットを享受できることから、事業再生や債権回収などさまざまな場面で活用されています。

また、事業信託は自己信託の形で遂行することも可能であり、特殊な法規制が存在する場合に有効です。しかし、債権者保護や信託の設定方法には十分に気を付けなければなりません。知名度の低さもあり、経営者にとっては馴染みが薄い手法です。

いざ事業信託を活用しようとしても思うように有効活用できない可能性がありますので、事業信託に詳しい専門家に業務委託するのがベストです。最後に、要点をまとめると下記になります。

・事業信託とは
→ある事業に属する財産や債務を包括的に信託(財産の管理や処分を任せること)する行為

・事業信託のメリット
→事業再生や効率的な利益獲得を実現可能、初期費用をかけずに新規事業を開始できる、破産よりも多額の債権回収が期待できる

・自己信託とは
→同一人物が受託者と受益者を兼任する形の信託

・事業の自己信託を行うメリット
→事業のコントロールを担保できる、法規制により事業信託できない場合に有効

・事業の自己信託における注意点
→信託の設定方法が複雑である、債権者の同意が必要となる可能性がある

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策で活用する従業員持株会のメリットを解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?注意点やメリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

資産管理会社は事業承継税制の適用外?適用される場合の定義を解説

事業承継税制は、事業承継の際に発生する相続税や贈与税を猶予・免除できる便利な制度です。しかし、資産管理会社の場合は適用に条件があり、適用されないケースもあります。本記事では、資産管理会社の事業承...

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

経営者の事業承継の悩みはどう解決する?相談先はどこがいいのかも解説

後継者問題や事業承継の準備及びスケジュールなどの悩みを解決するためには、専門知識を持った相談相手が必要です。本記事では、事業承継の失敗事例などを紹介しながら、経営者の事業承継の悩みを解決するため...

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

事業承継の基礎!そもそも事業承継って?メリットとデメリットなどポイントを解説

引退を考える経営者としては、事業承継の基礎知識を押さえておくと役立ちます。知識不足で計画性が伴わないと、引継ぎの際にトラブルが発生して、業績悪化ということにもなりかねません。本記事では、事業承継...

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADR制度とは?手続きは?メリット・デメリットなども紹介

事業再生ADRとは、経営危機に瀕した企業が法的整理手続きを使わず、当事者間の話し合いで解決を図る手続きです。債務免除を受けられるため、再生を図る手段として活用されています。本記事では、事業再生A...

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者がいない中小企業を廃業させずに存続!経営者が取るべき戦略とは

後継者いない中小企業は廃業するしかないと考えられがちですが、戦略次第では存続の道もあります。会社を存続させることができれば、技術や雇用を守ることも可能です。本記事では、後継者いない中小企業を廃業...

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題をM&A・事業承継で解決!中小企業が取るべき行動とは

2025年問題とは、日本が超高齢社会に至ることで生じるさまざまな問題でを指し、中小企業の事業承継にとって深刻な影響を及ぼす可能性もあります。本記事では、2025年問題をM&A・事業承継で解決する...

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは?意味やメリット・デメリットを徹底解説【条項例】

タグアロングとは、大株主が大量の株式を売却する際、少数株主も同等の条件で当該株式を売却することができる権利です。この記事では、タグアロングとはどのようなものか、条項を盛り込む際のメリット・デメリ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)