2022年6月12日更新会社・事業を売る

事業譲渡が従業員・社員に与える影響とは?退職金の取扱い、転籍時の注意点も解説

事業譲渡や会社売却などのM&Aで、その成否を左右しかねない存在が従業員です。会社や事業にとって従業員は大切な資産であり、その動向は無視できません。本記事では、事業譲渡が従業員・社員に与える影響、退職金の取扱い、転籍時の注意点などを解説します。

目次
  1. 従業員・社員の立場から事業譲渡を考える必要性
  2. 事業譲渡と従業員・社員の関係性
  3. 事業譲渡と労働契約・転籍の取扱い
  4. 事業譲渡と従業員・社員の退職金
  5. 事業譲渡による従業員・社員流出への対策
  6. 事業譲渡が従業員・社員に与える影響まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

従業員・社員の立場から事業譲渡を考える必要性

事業譲渡を始めとするM&Aでは、経営者同士が内容の良し悪しを判断して話を進めていきます。それは当然のことですが、話が決まって後から知らされる売り手側の従業員にとっては、ある意味、青天のへきれきでしょう。

事業譲渡の実施を聞いた従業員が驚き、動揺し、そして自分の立場がどうなるのか気にするのは、自然の成り行きです。そのような精神状態である従業員の心情を理解し、経営的見地を離れて相対することも経営者の務めになります。

それを怠ってしまうと、会社や事業にとって大切な資産である従業員の流出を招きかねません。場合によっては、それが原因で事業譲渡が破談する可能性すらあります。さらに、退職する従業員をめぐって、労働トラブルにまで事態がこじれるかもしれません。

事業譲渡の際に起こり得る、従業員に関する諸問題を未然に防ぐためには、さまざまな備えが必要です。事業譲渡の協議を進める場合、並行して従業員の雇用関係に関する情報や知識を得て、従業員の心情を思いやる対処を心掛けましょう。

事業譲渡と従業員・社員の関係性

この章では、事業譲渡と従業員・社員の関係性について見ていきましょう。

事業譲渡とは

まずは、事業譲渡の概要を説明します。特に、譲渡で得るもの、譲受側の思惑に論点を絞りました。また、事業譲渡によって生じる明確な課題点もあり、それは従業員の目線でも明らかです。どのような課題があるのかも見ていきましょう。

①事業譲渡の狙い

事業譲渡は、M&Aの手法です。一般的なM&Aのイメージとしては、どちらかというと会社全体を売却するスタイルの方がなじみがあるかもしれません。実際、関連する諸問題を含めて比べると、手続きそのものは事業譲渡よりも会社売却の方が簡易です。

それでは、なぜ、会社売却(株式譲渡)だけではなく事業譲渡が選ばれているのか考えてみましょう。会社の売却とは、譲渡側から見ると会社を丸ごと買収企業に売る、つまり子会社になることを意味します。一方、事業譲渡とは、会社内の事業を個別に他の会社に譲渡するものです。

会社売却と比べて事業譲渡における最大の特徴は、譲渡契約を結ぶ際に譲渡側・譲受側の合意のもと、承継する内容の範囲を決められる点にあります。たとえば、譲受側としては、その事業が抱えている負債や不要な資産、契約などをあらかじめ排除できるのです。

会社売却の場合は、売り手側が持つ負債などを全て承継せざるを得ません。また、売り手側の経営者は、会社売却では経営権を失いますが、事業譲渡であれば自分の会社は存続した状態です。

細かい点を挙げれば他にもいろいろな相違点や、会社売却・事業譲渡それぞれ独特のメリット・デメリットが存在します。その中で最も顕著な違いが上述したもので、それが手続きの煩雑さがありながらも事業譲渡が選ばれる理由です。

②事業譲渡で生じる課題

上述のとおり利点のある事業譲渡ですが、事業譲渡成約後、対処しなければならない課題もあります。まずは、事業譲渡前にその事業関連で優良な取引先との契約があっても、それを引き継げないことです。別会社に事業が移るため、取引関係の契約はほぼ無効になります。

また、許認可が必要な事業であった場合、その許認可は事業を譲渡した企業が得ているため、これも承継できません。これらは、基本的に会社売却では起こり得ない問題です。譲渡した事業に必要な人員の労働契約も、表面上は承継できません。

別会社でありグループ会社でもない場合、法律上、労働契約の承継は不可能です。したがって、事業譲渡の場合、譲渡する事業にかかわる従業員の取り扱いに関して、譲受側の会社も含めた3者できちんとした取り決めを行わなければなりません

従業員の待遇問題も含めた価値ある事業譲渡の実現をお考えの際は、ぜひM&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所は、中小企業のM&Aを数多く支援しており、豊富な知識と経験を持つM&Aアドバイザーが、案件をフルサポートいたします。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。随時、無料相談をお受けしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

事業譲渡における従業員・社員の処遇

事業譲渡が成立する際、経営者側が従業員に関してどのように考えているのか整理してみましょう。

譲渡側の経営者の思惑

事業譲渡する側の経営者は、主に2つの考え方が混在しています。それは、無事な転籍と流出防止です。譲渡事業にかかわる従業員については、自社では退職または解雇の手続き後、譲渡された会社側で問題なく再雇用されることを願うスタンスになります。

譲渡事業で重要な役割を持つ従業員が、他社に就職することも心配です。会社に残る他の事業にかかわる従業員に関しては、事業譲渡に動揺・反発して感情的に退職する人が出ないようにするケアも考えなければなりません。

 

譲受側の経営者の思惑①

事業譲受する側の経営者は、その会社における事業の状態次第で2つの考えに分かれるでしょう。まず1つは、譲受した事業がその会社にとって新規ビジネスだった場合、その事業を担える従業員は会社にいません。譲渡側の従業員全員の入社は、ウェルカムどころかマストといえます。

譲受側の経営者の思惑②

譲受側にすでに存在する事業を拡大するため、事業譲渡を受けた場合は、事業拡大のための一定のマンパワー増員が必要です。特に主力の従業員は欲しいでしょう。しかし、全員が必要かというと、その点は疑問があり、全員の入社を歓迎する雰囲気ではないことが想像されます。

一方、当事者の従業員は、これまで働いてきた会社への愛着、突然の事業譲渡への反感、これを機に全く違う他社への転職を考えるなど、人それぞれの反応があるでしょう。また、譲受側企業への入社を楽しみに思う人もいます。

事業譲渡が成立するほとんどの場合で、譲渡側企業より譲受側企業の方が会社の規模が大きかったり上場企業であったりして、キャリアアップになるからです。いずれにしても、従業員それぞれの考え方があるので、経営者のいいなりにはなりません。

事業譲渡交渉と同じくらい、丁寧に誠意をもって従業員と向き合う必要があります。したがって、事業譲渡交渉で譲渡側と譲受側の気持ちがある程度、固まった段階で、事業譲渡する会社側の従業員には情報を開示し、説明を行うケースが多いです。

譲渡側従業員の希望、譲受側の受け入れ態勢に折り合いをつけ、事業譲渡と共にトラブルなく従業員が移れる環境にするのが最も望ましいといえます。

事業譲渡と労働契約・転籍の取扱い

この章では、事業譲渡と従業員の労働契約・転籍の取扱いについて確認しましょう。

事業譲渡における労働契約の取扱い

事業譲渡が成立しても、会社売却のような包括承継のM&Aではないので、従業員を転籍扱いにはできません。事業譲渡した会社を退職し、譲受した会社に入社する手続きをするしかないのです。労働契約の観点では、事業譲渡企業との労働契約は終了となり、譲受企業と新たな労働契約を結びます。

しかし、従業員は労働契約の内容に関して、以前の内容を承継するよう主張できるのです。有給休暇の取得日数など従業員がすでに有する権利など、譲渡側での労働契約内容を承継するかどうかを、譲渡側企業、譲受側企業、そして従業員との3者間で合意を取ることになっています。

従業員が労働契約の承継を拒否すれば、従業員は譲受側の会社に移りません。従業員が労働契約の承継を許諾しても、譲受側の会社が拒否すれば労働契約の承継は行われません。そのため、事業譲渡では譲渡側企業、譲受側企業、従業員の間でコンセンサスを得る協議が必要です。

一方、事業譲渡を行う際に、譲渡側企業が事業にかかわる従業員を解雇し、譲受側企業が再雇用する「再雇用型」の方法があります。再雇用される場合は、基本的に譲受側の労働条件に従業員が従いますが、再雇用する譲受側企業と従業員の間で合意が取れれば、労働条件の変更は可能です。

ただし、イレギュラーな労働条件の変更は、会社の人事体系に波紋を投げかけるかもしれません。労務や法務などの 専門的な知識を織り交ぜながら実施する必要があります。

従業員・社員の転籍に関する注意点

従業員の転籍は、1人ずつ契約を結ぶため手続きが煩雑です。ここでは、従業員・社員の転籍に関する注意点を見ていきましょう。

転籍承諾書

譲受側は、必要とする従業員が、譲渡側から確実に転籍することを望みます。そのため、一般的に、譲渡側は、従業員が滞りなく転籍するよう従業員から転籍を了承する転籍承諾書を取るよう努めるのです。

労働条件の承継

事業譲渡で雇用契約が承継される際、ほとんどのケースで労働条件は譲渡側で交わした内容が引き継がれます。しかし、多くのケースで、譲受側は従業員の能力などに応じて新条件で雇いたいと考えるものです。

そこで、一定期間は譲渡側の労働条件が守られる取り決めを譲受側と従業員の間で行い、期間経過後、あらためて雇用条件を話し合うことも少なくありません。

従業員・社員の転籍拒否

譲渡の事業において、中心となる従業員・社員が転籍拒否することもありますが、譲渡側はそれを理由として従業員を解雇できません。譲受側が損をしないよう、必要とする従業員が転籍を拒否すると譲渡価額を減らせる契約を結ぶこともあります。

なお、企業が、事業や会社の存続のためにやむを得ず人員整理(整理解雇)をする場合、以下の4要件を満たしていないと解雇権の濫用とみなされ、解雇が無効とされるので注意が必要です(労働契約法16条)。

  • 人員削減の必要性が認められること
  • 解雇回避の努力を十分に行ったこと
  • 人選に客観的な合理性があること
  • 十分に説明するなど手続きに妥当性だあること

希望退職者

M&Aで事業譲渡を活用すると、譲渡側から譲渡される事業は、経営的にプラスになる必要があるため、譲渡側の全従業員を受け入れることは、譲受側に必ずメリットになるとはいえないでしょう。ただし、基本的に、事業譲渡のみを理由に従業員を解雇できません。

しかし、解雇をしない努力をした証として、希望退職の募集ができます。従業員の意思で辞めるスタイルとなるため、退職手当増額や再就職先斡旋などの利点を与えて、希望者を求めましょう

【参考】退職の区分

従業員の退職は、大別して以下の2種類に区分されます。

  • 自己都合退職
  • 会社都合退職

自己都合退職に該当するのは、以下の3ケースです。
  • 依願退職
  • 辞職
  • 懲戒解雇

一方、会社都合退職に該当するのは、以下のケースです。
  • 懲戒解雇以外の解雇
  • 退職勧奨
  • 希望退職
  • 早期退職

事業譲渡と従業員・社員の退職金

事業譲渡で譲受側に移った場合、従業員が最も気にするのは退職金の扱いです。事業譲渡では、従業員は実質的に新しい会社に移るため、退職金の受給条件が途切れてしまうイメージがあります。

実際はどうかというと、「譲渡側がその時点で精算する」か「譲受側が引き継ぐ」の対応方法に分かれています。譲渡側が従業員の退職金を精算する場合、従業員は譲受側に新規入社した扱いになり、その退職金制度に従うのです。

このケースでは、譲渡側は資金を確保しておく必要があり、従業員は必然的に退職金制度が変わることに不満を抱くリスクがあります。それに対して、譲受側が退職金の制度を引き継げば、従業員の不満は出にくいでしょう。

ただし、この場合は、譲受側が退職金の支払いを請け負うため、事業譲渡の金額に影響を及ぼします。本来であれば、譲渡側が支払うはずの退職金分も譲受側が肩代わりするので、その金額を算出し事業譲渡価額から差し引くのが通例です。

退職金を支払う際の注意点

転籍で退職金が減ってしまうと、従業員における転籍拒否などのトラブルにつながります。ここでは、退職金の注意点に関して確認しましょう。

退職金の精算方法

退職金の精算方法は、譲渡側の規定がベースになります。譲受側が債務を引き受けるケースでも、譲渡側の規定となることに注意しましょう。

勤続年数に応じた所得税控除額の違い

退職金における所得税の控除額の計算は、勤続20年までは、40万円×(勤続年数)の額(80万円に満たなければ80万円)、勤続20年超と20年までの控除800万円に足して、さらに70万円×(勤続年数-20)で出した額が退職金から控除となります。

事業譲渡では転籍となるので、転籍前の会社で18年、転籍先で15年働いたケースでは、トータル33年で20年以上です。しかし、転籍により勤続年数がリセットすると、控除金額が減り、手元に残る金額が減少することもあります。

勤続年数の取り扱い

過去の勤続年数における取り扱いは、所得税控除額の違いにかかわることです。勤めた会社の勤続年数と転籍先の勤続年数を足して退職金を算出するケースでは、支払われる退職手当などにおける勤続年数の計算に適用する「所得税法第30条に係る所得税基本通達30-10」に則します。

ただし、他の企業で勤務した期間により、退職手当などにおける支払い金額の算出をする旨が、譲受側の退職給与規程で定められているケースのみです。

事業譲渡による従業員・社員流出への対策

会社にとって従業員は財産です。従業員が担当している事業にとって、その人は資産に他ならないものです。実際の現場では細かい点で条件がありますが、基本的に従業員の移籍なしで事業譲渡は成立しません。ここでは、事業譲渡の際にできるだけ従業員を引きつける秘訣を見ていきましょう。

①事業譲渡による従業員・社員流出リスク

事業譲渡の際に従業員が流出するリスクについてできるだけ担保を取るため、実際の現場では、事業譲渡側の会社が、該当する従業員から「転籍承諾書」を取りつけるケースが多いです。

こういったリスクヘッジを踏まえていない事業譲渡は、契約が成立しても従業員の流出によって事業が成立しなくなってしまい、譲受側が意図した事業戦略は実現できないでしょう。そうなれば違約問題にも発展しかねません。

そのため、事業譲渡を行う際は、譲受側と譲渡側がそれぞれ協議したうえで、従業員に入念な説明や説得を行うことが必須です。従業員にとっては、事業譲渡によって労働環境が大きく変わります。それは自分が望んだわけでもなく、会社の都合によって半ば強制的です。不安があるのも当然でしょう。

したがって、やはり重要なのは従業員への丁寧で真摯な説明です。事業譲渡のディールがある程度固まったら、譲渡側も譲受側も、従業員へ配慮することが求められます。従業員のことを考えて対応することが、事業譲渡を成功させて事業拡大の成果を得る鍵といえるでしょう。

②事業譲渡による従業員・社員のメリット

従業員に事業譲渡の説明を行う場合、単に転籍のお願いをするのではなく、従業員にとってメリットがある点もアピールしましょう。そのメリットとは、従業員の待遇向上が見込まれることです。

中小企業基盤整備機構の調査によると、事業譲渡に限らずM&Aでは、譲渡側より譲受側の方が規模が大きいケースが全体の8割以上となっています。譲渡側の従業員にとっては、譲受側に入ることで労働環境が一変し、労働条件が良化することも珍しくありません。

それが上場会社で大企業の場合は、その変化は顕著です。充実した福利厚生や安定した給料、住宅ローンを組む際の信用性など、さまざまな場面で必要になる社会的信用も高まります。これはメリット以外の何ものでもありません。

キャリアアップが実現し、譲受側の環境次第では個人のさらなるスキルアップも図れます。会社規模が大きい上場企業であればあるほど、倒産などの心配もありません。高いコンプライアンス性が求められるので、問題行為など起こさなければ解雇もされないでしょう。

これらのメリットをきちんと説明すれば、従業員も事業譲渡による転籍に合意してくれるでしょう。譲受側の条件に共鳴し、事業譲渡を積極的に支持するかもしれません。だからこそ、退職金や労働契約の承継などにおける対応で失敗しないことが大切です。

小さな対応ミスが従業員の誤解を呼び、場合によっては訴訟沙汰になりかねません。そのため、対応を担当する人事や労務のスタッフに、会社のスタンスをしっかりと理解してもらうことも大事です。

従業員へ無理に選択を迫ると、会社の評判が悪化し、譲渡側にも譲受側にも影響する可能性があります。会社をこれまで支えてくれた従業員のことを考えると、冷淡な対応は倫理的にもよくありません。

事業譲渡に関して従業員と話す際は、それぞれ理想とする道筋を考え、お互いが納得できる答を見い出すことを心掛けましょう。

事業譲渡が従業員・社員に与える影響まとめ

事業譲渡は経営判断です。その意図について、従業員は100%理解・納得ができないかもしれません。それでも、経営者としてできる限りの説明責任を果たす気持ちで最後まで対応しましょう。その態度を示すことが、経営者も従業員もWin-Winとなる事業譲渡が成立する原動力となります。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

【2021年最新】webメディア売却の事例25選!動向や相場も解説

webメディアの売却・買収は、売買専門サイトの増加などの背景もあり年々活発化してきています。本記事では、webメディア売却の最新事例を25選紹介するとともに、売却・買収動向やメリット・デメリット...

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

株式譲渡と事業譲渡の違いは?税金、手続き、メリットについて解説【図解】

M&Aの主な手法は株式譲渡と事業譲渡ですが、両者は手続き・税金・メリット・デメリットなどあらゆる点で違います。本記事では、株式譲渡と事業譲渡の違いについて図解も交えながら解説しています。...

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却をすると税金はいくらかかる?計算方法を解説!

会社売却にかかる税金は、株式譲渡・事業譲渡といったスキームによっても違い、株式譲渡の場合は株主が個人か法人かによっても違ってきます。本記事では、会社売却にかかる税金について計算方法を解説するとと...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)