2020年2月3日更新会社・事業を売る

無対価株式交換

無対価株式交換の効果を最大限得るためには、税制適格要件を満たすことが必須です。この適格要件を満たすことができれば、非課税でM&Aを実行することができます。今回は、無対価株式交換が行われる目的や特有のメリット・デメリット、無対価株式交換の適格要件などについて解説します。

目次
  1. M&Aの現状
  2. 無対価株式交換とは
  3. 無対価株式交換のメリット
  4. 無対価株式交換のデメリット
  5. 無対価株式交換の会計処理
  6. 無対価株式交換の税制適格要件
  7. 無対価株式交換の税務仕訳
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

M&Aの現状

M&Aの需要が高まるにつれ、今まであまり活用されていなかったM&A手法に対しても目が向けられるようになりました。M&A手法の一つである「株式交換」は、対象会社のすべての株式を取得し完全子会社化するM&A手法で、株式譲渡や事業譲渡と比較すると実施事例が少ない手法です。

しかし、今後M&A自体のニーズが高まることを考えると、株式交換の実施件数も増加していくと予想されます。M&Aを検討中の方は、株式交換の活用も視野に入れることが重要です。

また、株式交換も含め、基本的にM&Aでは対価の支払いが行われます。しかし、ある一定の目的下では、対価を支払う必要がない株式交換も存在します。ただし、無対価の場合には、通常の株式交換と比べさまざまな点で異なるため注意が必要です。

今回は、無対価株式交換のポイントを詳しくご説明していきます。

※関連記事

企業買収における株式交換

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

無対価株式交換とは

まず最初に、無対価株式交換に関する基本事項をご紹介します。

①無対価株式交換の概要

無対価株式交換とは、子会社となる会社株主に対して、親会社の株式などの対価が交付されない株式交換です。つまり、対価の支払いを伴わない株式交換のことをさします。

「株式交換」とは、ある会社が自社株式を他社に100%取得してもらい、その対価として相手企業の株式を受け取る手法のことで、互いの株式を交換することで、完全親子会社関係を築くことができます。

一方、無対価株式交換は、対価の支払いを伴わない株式交換です。そのため、株式は贈与したとみなされます。しかし、その手続きは株式の無償譲渡とは全く異なるため注意が必要です。

②無対価株式交換の目的

通常の株式交換であれば、完全親子会社関係の構築や買収目的で実施されます。一方、無対価株式交換は、あるグループ企業内における組織再編を目的として活用されます。グループ内であれば、株主価値の変動がない方が好ましいため、無対価の株式交換が適しています。

また、無対価株式交換は買収目的では利用されません。もし買収目的でM&Aを行うのであれば、別の手法を活用する必要があります。その際にはぜひM&A総合研究所にご相談ください。

M&A総合研究所には日本全国から多種多様な業界・業種のM&A案件が集まっており、年間M&A相談実績3,600件、M&A成約率70%と高い実績があります。独自のネットワークを使用することで、1週間以内に候補を見つけることも可能です。

また、事前相談を無料で承っております。完全成功報酬制をとっており、着手金などもかかりません。成功報酬も業界最安値の水準で設定しているため、よりリーズナブルにご利用いただけます。M&Aをご検討される際には気軽にご相談ください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

株式交換によるM&A

株式交換と株価の関係

無対価株式交換のメリット

はじめに、無対価株式交換のメリットを解説していきます。

①株式交換のメリット

まずはじめに、無対価に限らない株式交換のメリットをご紹介します。

売り手企業が存続する

株式交換では、無対価もしくは株式を対価にできるため、現金を準備しなくてもM&Aを実施することができます。つまり、親会社の株価が相対的に高ければ、安い価格で子会社化できるということです。

株式譲渡を用いた場合、売り手側の経営権は事実上消滅します。したがって、会社自体を失ってしまうため、従業員や取引先から反対を受け、M&Aをスムーズに実行できない可能性も否定できません。しかし、株式交換であれば、売り手側の企業は子会社として存続するため、反対を受けるリスクも低くなります。

少数株主を排除できる

株式譲渡を用いる場合は、それぞれの株主から株式の買収に同意してもらう必要があり、反対されればすべての株式を引き継ぐことはできません。

一方、株式交換であれば、特別決議の開催によって相手企業の全株式(経営権)を掌握することができます。つまり、少数株主の排除ができることで、会社としての意思決定がスムーズに行え、より効率的な経営が可能になります。

②無対価株式交換のメリット

ここでは、無対価株式交換におけるとくゆうのメリットをご紹介します。

手続きが簡単である

無対価株式交換は無対価で実行するため、通常の場合と比べて手続きが簡単であるというメリットがあります。株式以外を対価とする株式交換では登記手続きが必要となる一方、無対価株式交換を実施する場合には登記が不要となります。

また、事前開示書類への記載内容も非常に少ないです。事前開示書類とは、一定の事項を記載した書面や電磁的記録のことで、株式交換の際は本店に備え置く必要があります。

このように、無対価株式交換を利用することで、スムーズに組織再編を遂行できるようになります。

※関連記事

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

無対価株式交換のデメリット

ここでは、無対価株式交換のデメリットを解説していきます。

①買収目的では活用できない

無対価株式交換は無対価で株式交換するため、買収目的の利用には向いていません。なぜなら、現金どころか株式すら受け取ることができないため、売り手側にとってはタダで会社を渡すことになるからです。当然ながら、株式交換に限らず無対価で行うM&Aは、買収目的には不向きであると言えるでしょう。

②一部の事業のみの吸収は不可能

無対価株式交換に限定した話ではありませんが、株式交換では相手企業を丸ごと取り込みます。つまり、ある事業のみを吸収したい場合には、他のM&A手法を利用する必要があります。

また、会社を丸ごと吸収するため、偶発債務や不要な資産まで取り込んでしまいます。欲しい部分のみを吸収したいのであれば、事業譲渡を利用しましょう。事業譲渡を活用すれば、偶発債務などの引き継ぎは不要になります。

※関連記事

株式交換と株式移転の違いとは?手続きや事例、メリット・デメリットを解説

無対価株式交換の会計処理

まず、無対価株式交換の会計処理について説明していきます。
無対価合併や無対価会社分割に関しては、会社計算規則などに会計規則が明記されていますが、無対価株式交換に関しては、会社計算規則を含めどこにも明文規定が存在しません。そのため、現在の無対価株式交換の現場では、各専門家の判断によって会計処理されています
無対価株主交換の会計処理は、税務処理と同様に処理する場合もあれば、通常の株式交換と同様の会計処理を実施する場合もあります。中には、無対価会社分割の規則に則って、無対価株式交換の会計処理を実行する事例も存在します。つまり、無対価株式交換における会計処理に正解はありません。
したがって、実際に会計処理を実行する際は、担当する専門家の判断になります。しかし、近年では、無対価株式交換の会計処理に関して明確に基準を設定する動きが見受けられます。いずれは無対価株式交換の会計処理が正確に決定されることになるでしょう。
また、無対価に限らず、株式交換をはじめとするM&Aを実行する場合にも、専門家の判断が必要になります。M&Aに関することで不安に思ったら、迷わず専門家の力を借りましょう。M&Aの際には、一度M&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所では、M&Aアドバイザーをはじめ、M&A専門の会計士と弁護士が親身にサポートいたします。事前相談も無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。
>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら
※関連記事
合併と仕訳

無対価株式交換の税制適格要件

次に、税務について解説します。ここではまず、無対価株式交換の適格要件をご紹介します。

①税制適格とは?

株式交換などの組織再編を実行する場合は、「税制適格」「非税制適格」といったワードをよく耳にします。これは、税制適格の場合には非課税となり、非税制適格の場合には税金が発生することを意味します。

株式交換では、無対価であるかそうでないかに関係なく、資産の移転が発生します。そのため、資産が時価換算された上で移転し、譲渡損益が発生することになります。この場合を非税制適格と言い、税金が課税されることになるのです。

もちろん、無対価であっても同じように税金が発生します。しかし、無対価の場合は、現金が増加することなく税金が発生するため、資金繰りが悪化する恐れがあるのです。

一方、一定条件をクリアすれば、非課税で株式交換を実行することができ、非課税で実施できる株式交換を「適格株式交換」と呼びます。無対価の場合には資金繰りの悪化を避けるため、可能な限り適格要件をクリアすることが望ましいでしょう。

②無対価で適格となる要件

無対価で適格株式交換となるためには、株式交換の前後で株主価値が変動しないことが条件になります。さらに、無対価株式交換の際に下記条件を満たすことで適格株式交換となります。

継続保有要件とは

継続保有要件では、無対価株式交換の実施前後において完全親子関係が継続されることを条件としています。つまり、完全親子関係に変化がなければ、株主価値は変動しません。

株式の保有に関する要件とは

無対価株式交換を実施する前の段階で、下記要件のいずれかを満たす必要があります。

  1. ある人物が、子会社および親会社双方の全株式を保有する
  2. 子会社の全株式を、親会社(親会社の親会社まで含む)が保有する

①の「ある人物」には、親族などを含めないため注意しましょう。

※関連記事

適格株式交換とは

 

無対価株式交換の税務仕訳

無対価株式交換である場合であっても、株式交換では税務仕訳が必要です。ここでは、親会社側と子会社側に分けて無対価株式交換の税務仕訳を解説していきます。

①親会社の税務仕訳

無対価株式交換では、親会社は子会社の株主数に応じて税務仕訳を変える必要があります。

子会社株主が50人未満の場合

子会社株主が50人未満であれば、「無対価交換前の帳簿価格」を株式の取得価格とします。つまり、子会社の帳簿価格をそのまま引き継ぐことになります。

子会社株主が50人以上の場合

子会社株主が50人以上存在する際には、子法人の「簿価純資産価額」を株式取得価格の基準とします。

②子会社株主の税務仕訳

無対価株式交換を行う子法人株主では、株主が個人か法人かによって税務仕訳が異なります。

株主が個人株主の場合

株主が個人株主の場合の無対価株式交換では、子法人の株式譲渡を行った事実は無かったものとして処理します。

株主が法人株主の場合

株主が法人株主の場合の無対価株式交換では、税務上認識する対価は「株式交換直前の子法人の帳簿価額」とします。

※関連記事

組織再編税制

 

まとめ

今回は、無対価株式交換に関してご説明しました。グループ内再編を円滑に実行する上で、無対価株式交換は非常に便利な手法である上に、手続きが簡単であるというメリットもあります。一方、無対価であるため、純粋な買収目的には利用できない点には注意が必要です。

また、無対価株式交換の効果を最大限得るためには、税制適格要件を満たすことが必須です。適格要件に合致させれば、非課税でM&Aを実行することができます。

くわえて、無対価株式交換の会計処理は、今現在明確に規定されていません。実際に無対価で行う際は、専門家の判断に委ねることとなります。無対価株式交換は特殊な方法ですので、専門家の協力を必ず得るようにしましょう

要点をまとめると下記の通りです。

・無対価株式交換とは

 →子会社となる会社の株主に対して、親会社の株式等の対価が交付されない株式交換

・無対価株式交換が行われる目的

 →一グループ企業内における組織再編

・株式交換全体のメリット

 →現金が不要、売り手企業が存続する、少数株主を排除できる

・無対価株式交換特有のメリット

 →通常の場合と比べて手続きが簡単

・無対価株式交換のデメリット

 →買収目的では活用できない、一部の事業のみの吸収は不可能

・無対価株式交換の会計処理
 →明文規定が存在しないため、各専門家によって会計処理の方法はさまざまである

・無対価株式交換の税制適格要件

 →継続保有要件、株式の保有に関する要件

・無対価株式交換の税務(親会社)

 →子会社株主の数で異なる

・無対価株式交換の税務(子会社株主)

 →株主の種類(個人・法人)で異なる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

会計の「のれん」とは?意味や計算方法、会計基準(日本・IFRS)ごとの会計処理

買収額と純資産の差額である無形の固定資産が会計の「のれん」です。当記事では、会計の「のれん」の意味をはじめ、会計の「のれん」計算法・計算例や、会計基準ごとの処理、のれんの償却・減損、のれんが大き...

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは?メリット・デメリット、エクセルでの計算式や割引率を解説【例題あり】

DCF法とは割引率を使って現在の事業価値を調べる計算法です。DCFとはとの疑問に応えて、DCF法の計算式や、計算で使う割引率・永久成長率、エクセルを取り入れたDCF法の計算式、例題、メリット・デ...

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損とは?減損する理由や事例、兆候を解説【コロナへの対応も】

のれんの減損が起きると、株価低下や配当金の減少などのリスクが発生します。近年は頻繁にM&Aが行われるようになったこともあり、のれんの減損処理の事例が増加しています。本記事では、のれんの減損が起こ...

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

廃業でも従業員は退職金を受け取れる?給料や有給休暇の取り扱いも解説

経営状態の悪化などの影響で会社を廃業せざる得ない状況になることがありますが、従業員の退職金や給料、有給休暇はどのような扱いになるのでしょうか。本記事では、会社の廃業の際の退職金や給料、有給休暇の...

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは?条文、手続きや費用、JALとレナウンの事例も解説

民事再生法とは法律の1つで会社を再建するためには非常に有効な手段となっていますがメリット・デメリットが存在します。今回は民事再生法による詳細な内容と民事再生法の手続きや費用などを解説するとともに...

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

有料老人ホームのM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

入所する高齢者に介護などの支援を提供するのが有料老人ホームの事業です。当記事では、有料老人ホーム業が抱える問題をはじめ、M&Aの動き、M&Aの手法、買収の相場、関係者が享受できるメリット、スケー...

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

中小企業の廃業理由とは?廃業数・廃業率の推移と相談窓口も紹介

民間調査会社のデータによると中小企業の廃業件数は増加しています。また、近年は廃業を視野に入れている中小企業の経営者も増加しています。そこでこの記事では中小企業の廃業に関する現状や廃業理由、また、...

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業による従業員の処遇は?解雇にせずM&Aで雇用を守る方法も解説

廃業を行うと従業員の処遇で困ることやさまざまなリスクがあるため、できる限り行いたくはありません。そのような場合においてM&Aは従業員を解雇せずに守ることができます。今回は廃業による従業員の処遇と...

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

M&A、事業承継における内部監査の役割とは?不正リスク低減と係争回避

内部統制・内部監査とは、会社が組織的に機能するために必要なルールや仕組みのことです。日常的な経営はもちろんのこと、M&Aの実行の際も組織としての地盤がとても重要になります。本記事では、M&A・事...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)