M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル(旧M&A STORY)

Logo

この記事は、約 2分で読めます。
融資の相談

融資の相談

目次

    融資の相談

    融資は資金繰りに悩む経営者の方にとって有効的な手段の一つです。

    しかし融資は審査を伴うものであるため、100%得られるというわけではありません。

    融資の審査を通過するために様々な対策を講じる必要があります。

    今回はそんな融資について様々な知識をお伝えしていきます。

    融資の相談に必要な準備

    まず銀行に融資を相談する際はどんな気持ちで臨んだらいいのでしょうか?

    銀行は融資の相談をしている段階からその経営者のことを見ています。

    もし融資の相談をしている段階で担当者がNGと見たら、その融資が成功する可能性は一気に低下するでしょう。

    そんな銀行への融資の相談で、経営者は以下のような気持ちを持っておくべきでしょう。

    ①綿密な事業計画

    融資の相談のうえで何より大事なことは、その融資に必然性があることをきちんと訴えることです。

    銀行は相談の際に、その会社にとって融資が本当に必要かどうかを念入りに確かめてきます。

    銀行の立場からしたら融資は一種の金貸しであり、返すあてがない会社に金を貸すことはリスクでしかないからです。

    銀行も営利団体であるため、利益にならないと判断した会社に手を差し伸べることはありません。

    銀行で融資の相談を行う際は「いかに融資を必要としているのか」「その融資をきちんと運用できるのか」「融資を得ることが本当に必要なのか」といった事柄を伝えていく必要があります。

    また融資の必然性を訴えるには綿密な事業計画が必要になります。

    将来のキャッシュフローを含め、事業の今後の展開を綿密に組み立てておくことは相談のみならず、審査の時にも役立ちます。

    融資を相談する段階からでも、綿密な事業計画は作成しておいた方がいいでしょう。

    ②熱意と誠実さを持つ

    精神論になってしまいますが、熱意と誠実さを持って相談に臨むことも大切です。

    銀行は融資を行う判断基準を事業の内容だけでなく、経営者の人間性も観察して判断します。

    いくら事業計画がよくできていても経営者の手腕に難があれば上手くいかないものであり、人間性に疑問符がつくようであればそもそも融資の対象になりません。

    経営者は熱意と誠実さを融資の担当者に伝えるよう努力する必要があります。

    当然銀行が情にほだされ融資を行ってくれるような都合のいい展開を期待するわけではありませんが、信頼できる会社であり、経営者であることをアピールすることは大切だと言えるでしょう。

    融資の相談先とは?融資相談先の種類

    融資の相談先は銀行だけでなく、様々なものがあります。

    融資の相談先には以下のような機関が挙げられます。

    ①銀行などの金融機関

    都市銀行、地方銀行、信用組合、信用金庫などといった一般的な金融機関は融資の相談先としてまず思いつく機関かと思います。

    これらのような金融機関は審査が厳しく、ある程度社会的信用性を持っている会社でなければ融資をしてくれないというケースが多くあります。

    最近は銀行で創業したい人や中小企業向けの融資を行っていることがあり、以前と比べると融資可能性が高くなっている一面があります。

    中には後述する政府系の金融機関より利子が低いケースもあるため、経営者の方は一度調べておくことがおすすめです。

    ②日本政策金融公庫

    日本政策金融公庫は政府系の金融機関であり、中小企業や創業したい人におすすめの相談先です。

    日本政策金融公庫は金利が低く、比較的審査が通過しやすい融資を行っていることが多く、上手くいけば資金調達に有効的な融資を受けられる可能性が高いです。

    創業したばかりで実績がないなど、社会的信頼性に不安がある会社でも快く相談に応じてくれるため、日本政策金融公庫はぜひとも活用しておきたい相談先です。

    ③地方自治体

    地方自治体の中には地域の中小企業などを積極的にサポートする融資を行っていることが多く、これらも活用できれば資金調達がしやすくなります。

    地方自治体が行っている融資は日本政策金融公庫と同様に金利が低く、経営者にとっては有利な条件のものがあるため、融資の相談先としておすすめです。

    地方自治体による融資は地方によって内容が異なっているため、自分の会社がある地域の自治体はどうなっているか事前に調べておくことをおすすめします。

    ④商工会議所・商工会

    地域にある商工会議所・商工会では小規模事業者向けの融資を行っていることが多く、小規模な事業投資用の融資の相談をしたい場合おすすめの機関です。

    商工会議所・商工会は中小企業に向けた様々なサービスを行っており、また経営者に役立つ情報も提供してくれます。

    そのため融資以外にも経営に関する様々な相談をするうえで商工会議所・商工会は役に立ちます。

    ⑤ノンバンク

    ノンバンクとはカードローン業者のことであり、銀行とは違う系統の金融業者です。

    ノンバンクは基本的に個人向けの融資を行っていますが、事業向けの融資を行っているノンバンクも多く、銀行などと比べると審査が緩いといわれています。

    また審査を通過すればスピーディーに融資をしてくれるため、迅速な資金調達を行いたい経営者にとって有益な相談先だといえます。

    ただ金利は銀行などより高めに設定されていることが多いため、返済には注意する必要があります。

    融資と出資の違い

    よく融資と混同しやすい言葉に出資というものがあります。

    経営者でも融資と出資を混同していることがあるため、両者の違いは明確に区別しておくべきでしょう。

    まず融資とは俗にいう借金に近いものであり、会社の事業を助けるための資金を金融機関などから借りることを指します。

    借りた資金は当然ながら返済する義務があり、利息つきで返済します。

    対して出資は資金を提供するという点は融資と同じですが、出資は株式の取得などによって行われるものであり、基本的に返済する義務はありません。

    ただ株主に対して配当をするなど何らかの利益還元を求められることがあります。

    株式を取得した株主は、その株式に議決権があるのなら経営に対して一定の発言権を得ることができます。

    つまり出資を行った者は経営の協力者になるというわけです。

    株式の過半数を獲得されると経営権が移行してしまうため、出資を受ける際には経営権を脅かされないように株式をどれだけ取得させるかを慎重に検討する必要があります。

    このように融資と出資の違いは「返済する必要があるかどうか」に分けることができます。

    融資と出資はそれぞれ資金調達を行うための手段ですが、どちらかに優劣があるというわけではありません。

    それぞれ資金を得る代わりに融資の場合は利息付きの返済が必要となる、出資は経営に関して一定以上の発言権を与えたり、配当を提供する必要があるという点がデメリットになる可能性があります。

    経営者の方は会社の実需を踏まえたうえで融資や出資を活用するべきでしょう。

    融資の相談をする際の注意点

    融資の相談をする際にはいくつかの注意点を踏まえておく必要があります。

    最初にお伝えしたことと一部重複しますが、融資の相談の際にはしっかり意識しておきたい事柄でもあるため、ぜひ参考にしてみてください。

    ①事業計画・返済計画を作成

    融資の相談をする際に必要なのは、さきほどもお伝えしたように綿密な事業計画、そして融資を受けた際の返済計画を作成しておくことです。

    事業計画は融資を相談する経営者がどのような事業を行おうとしているかのエビデンスになるものです。

    経営者が融資を得たうえでどのように事業を展開させ、売上を獲得していくかは説明するためにも、事業計画は説得力のある根拠を示していくことを心がけましょう。

    そして返済計画も事業計画と同程度に綿密に作成しておく必要があります。

    融資を行う相手は金融機関であり、彼らは融資を行う以上、返済ができるかどうかを何より重視して融資先を決定しています。

    そのため返済計画に関してもどのように返済を行うのか、いつまでに返済が完了するかを数字など具体的な根拠を交えながら作成するべきです。

    事業計画や返済計画が綿密なものであればあるほど、融資の審査を通過する可能性が高まります。

    事業計画・返済計画が杜撰であれば、どれだけ熱意を持っていようが融資の相談の段階で受け付けてもらえなくなってしまうので注意してください。

    ②知人や取引先の紹介で融資の相談先を選ぶ

    相談を受け入れてもらえるように何らかの対策を立てることも大切です。

    相談する際には自分の熱意や誠実さが伝わるようにふるまう必要があります。

    身なりや服装に注意する、名刺を用意するなどといった社会人として当然のふるまいやマナーにも気を使っておくだけでも信頼度は上がります。

    自分の会社についてもスムーズにわかりやすく説明できるようにしておくことも有効的です。

    さらに、より信頼度を高めたいのなら知人や取引先の紹介で融資の相談先を選ぶという方法もあります。

    今まで一度も取引したことがない一見が相手だと金融機関も多少の警戒はしますが、共通の知人・取引先がいるのならある程度は信頼してくれる可能性は高いでしょう。

    融資を得るために協力を依頼すべき専門家

    融資を確実に獲得したいのなら、外部の専門家に協力を依頼した方がいいでしょう。

    融資に関して適切なアドバイスが提供できる専門家は税理士や会計士、経営コンサルティング会社などといった専門家が挙げられます。

    これまで多くの会社がどのように融資を受けているかを見ていますし、金融に関する様々な知識・ノウハウがあるため、有益なアドバイスを提供してくれる可能性が高いでしょう。

    融資を得るために協力してくれる専門家は融資の相談や審査をどのようにやればいいかについてアドバイスしてくれるだけでなく、事業計画や返済計画の作成もサポートしてくれます。

    この際、税務や財務の面から計画の作成をサポートしてくれるため、自分の会社の実情をより深く理解できるようになります。

    中には元々銀行で勤務していたスタッフが対応してくれる場合もあり、融資を獲得する可能性をより引き上げてくれるだけでなく、金利が低い融資を適切に選んでくれることもあるでしょう。

    また、融資のために協力してくれる専門家の中には補助金や助成金のサポートを行ってくれる会社も多くあります。

    融資以外にも資金調達の手段が欲しいという経営者の相談にも乗ってくれるため、ぜひとも活用してみてください。

    まとめ

    今回の記事をまとめると以下のようになります。

    • 融資の相談をする際には融資の必然性をちゃんと訴える、熱意と誠実さを持つことが重要。
    • 融資の相談先には銀行のような一般的な金融機関だけでなく、日本政策金融公庫、地方自治体、商工会議所・商工会、ノンバンクといったものがある。
    • 融資と出資の違いは、融資が返済する必要があるのに対し、出資は返済をする必要がない点などが挙げられる。
    • 融資の相談をする際には事業計画・返済計画の作成や相談を受け入れてもらうようにするための対策を打つなど、いくつかの注意点を踏まえておく必要がある。
    • 融資を得るためには税理士や会計士、経営コンサルティング会社などといった専門家に協力を頼むとよい。

    融資は会社の資金調達の生命線になり得るものであり、経営者の方は是が非でも受けておきたいものです。

    融資を相談する段階においても、事業計画・返済計画の作成を準備をしたうえで臨む必要があります。

    そのため準備なく融資を相談しても失敗に終わってしまうこともあり得るでしょう。

    融資の相談をする際は専門家の協力を受けましょう。

    適切なアドバイスを受けることで。融資を得られる可能性は格段に引きあがるでしょう。

    M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

    M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

    M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

    1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
    2. M&Aに強い会計士がフルサポート
    3. 圧倒的なスピード対応
    4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
    >>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

    M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
    企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
    また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
    まずはお気軽に無料相談してください。

    >>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

    電話で無料相談WEBから無料相談
    • 02
    • 03
    • 04
    • 05
    ご相談はこちら