2020年11月30日更新会社・事業を売る

M&Aの目的とは?売り手(売却)、買い手側(買収)におけるM&Aの目的を解説

M&Aを活用すれば、様々な経営戦略上の目的をスピーディーに達成することが可能です。最近では、売り手・買い手問わず多種多様な目的のもとでM&Aが実施されています。M&A実施を検討中なら、他社がいかなる目的でM&Aを実施しているのか事前に把握しておくと良いです。

目次
  1. M&Aの目的
  2. M&Aの目的とは
  3. M&Aの目的(売り手側・売却するとき)
  4. M&Aの目的(買い手側・買収するとき)
  5. M&Aの目的(その他)
  6. M&Aの目的と実施を決める基準
  7. M&Aで目的達成を目指すなら専門家の協力が必要
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

M&Aの目的

M&Aの目的

市場における競争激化や経済のグローバル化などに伴って、最近では企業の規模を問わず様々な目的のもとでM&Aが活用されています。そこでこの記事では、どのような目的でM&Aを実施しているのか、売り手・買い手双方の視点から解説していきます。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

M&Aの動向

M&Aの目的とは

M&Aの目的とは

前述のとおりM&Aは、多種多様な目的のもとで実施されています。たとえば事業規模の拡大を目指す目的で実施されたり、赤字・後継者不足などの深刻な問題を改善する目的で実施されることも少なくありません。

かつては「会社を売り払う行為」というネガティブイメージを持っていたM&Aですが、現在では経営戦略上の目的を叶える有効策として普及しており、大企業から中小企業まで企業規模を問わず活用されています。

M&Aに成功すれば経営戦略上の目的を達成できる

何らかの経営的な問題を抱えている会社であれば、経営上の問題を解決する選択肢の一つとしてM&Aが検討されるケースが多いです。つまり今日の経営者においては、経営戦略上の目的を達成するための有効策としてM&Aが浸透しています。とはいえM&Aを成功させるのは、決して簡単ではありません。

M&Aを実施するには、相手探し・交渉・契約・デューデリジェンスなど煩雑で高度な専門的知識を要するプロセスを済ませる必要があります。加えてM&Aは基本的に1年程度の長い時間をかけて実施するものです。

このようにM&Aには多くの手間や時間が必要となるので、わずかな判断ミスが大きな失敗につながることも少なくありません。そのためM&Aの実施を検討したら、専門家に協力を求めることをおすすめします。数ある専門家のなかでも最適な相談先は、M&A総合研究所です。

M&A仲介会社であるM&A総合研究所には、専門的な知識や経験が豊富なアドバイザーが多数在籍しており、培ってきたノウハウを活かしながらM&Aを手厚くサポートいたします。またM&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、最短3ヶ月という短期間でのM&A成約を実現します。

完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aを活用して経営戦略上の目的をスピーディーに達成したい場合には、お気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aの目的(売り手側・売却するとき)

M&Aの目的(売り手側・売却するとき)

ここからは、M&Aを実施する具体的な目的を見ていきます。はじめにM&Aにおける売り手側・売却するときの代表的な目的は、以下のとおりです。

  1. 事業承継の実現
  2. コア事業への集中
  3. 企業(事業)の存続
それぞれの目的を順番に見ていきます。

①事業承継の実現

M&Aを活用することで事業承継を実現可能です。多くの中小企業では、経営者の高齢化と後継者が見つからない問題に悩まされています。実際、中小企業の事業から退くことを検討するケースのうち、半数以上の経営者が後継者に関する問題を理由に挙げています。

中小企業では、親族である子どもに事業を引き継げないケースが多いです。このような問題に直面したとき、事業承継を断念して廃業するケースもあれば、M&Aによって第三者に売却して事業承継を実現するケースもあります。業績が順調な会社の経営を断念すれば、経済的側面においても勿体ないです。

M&Aを活用すれば廃業を回避できる

そこで身内や社内にふさわしい後継者がいない場合には、廃業を選ぶのではなく事業承継を目的としたM&Aを検討すると良いです。事業承継を目的としたM&Aによって会社を売却すれば、廃業せずに事業を継続することができます。廃業を回避することで、廃業費用の削減や従業員の雇用確保も可能です。

さらにはこれまで自社が蓄積してきたノウハウ・技術が売却先企業で継続的に使用されるため、無駄になりません。ノウハウ・技術は使い続けることで発展が促され、社会に大きなイノベーションをもたらす可能性もあります。より良い社会を実現させるためにも、ノウハウ・技術の承継は重要です。

つまり事業承継を目的とするM&Aを実施すれば、従業員の雇用を維持しノウハウ・技術を発展させながら、後継者問題を解決する目的を達成できます。加えてM&Aにより会社・事業を売却すれば、創業者は売却利益を獲得することも可能です。

ここで獲得した資金を活用して、新たなビジネスを始めることもできます。リタイアを検討する場合には、引退後の生活資金に充てることも可能です。このように事業承継を目的としたM&Aでは売り手に多くのメリットをもたらすため、事業承継を目的にM&Aを活用するケースは増えています。

②コア事業への集中

大企業と比べ中小企業では、資金・人材・技術・ノウハウ・設備などの経営資源が限られています。効率的な事業運営を目指すには、「選択と集中」にもとづいた意思決定が大切です。つまり重要度を基準に事業を分別した上で、収益性や業績が良好な「コア事業」に資源を集中的に投入しなければなりません。 

たとえば会社全体の戦略のなかで特定事業を継続する実益が乏しいと判断されると、その事業を換金してコア事業に資金投入する目的のもとでM&Aを実施するケースが多いです。この目的でM&Aを実施すると、資金だけでなく人材・技術・ノウハウ・設備などの経営資源もコア事業に集中的に投入できます。

したがってM&Aの実施によって、コア事業に対する資金面での対処以上の効果をもたらす可能性があります。コア事業への集中という観点からも、経営戦略のひとつとしてM&Aを頭の片隅に置いておくと良いです。

資金調達を目的としたM&Aも多い

M&Aによって事業を売却するケースには、コア事業に集中したい場合だけでなく、新規事業の開拓資金や不採算事業の改善資金などを獲得する目的で実施されるものも少なくありません。これは、資金調達の獲得をメインの目的に掲げてM&Aを実施するケースといえます。

資金調達を目的としたM&Aでは、コア事業への集中を目的としたM&Aとは異なり、業績が良い事業を売却することも視野に入ります。とはいえ前向きな目的だけでなく、業績が振るわずに資金繰りに苦しくなった事業を仕方なく売却するケースも多いです。

ただし自社の主力となっていた事業を売却すれば収益源を失って経営が行き詰まるリスクがあるため、M&Aの実施を慎重に判断するが必要があります。資金調達のために事業を売却すべきかどうか、専門家に相談した上で検討すると良いです。

③企業(事業)の存続

近年は競争が激しい上に市場環境の変化も早く、経営資源が限られる中小企業が長く生き残っていくことは厳しい環境だといえます。たとえ優れた人材・技術・ノウハウなどを抱えていたとしても、豊富な経営資源やブランドを有する大企業に真似されてしまい、思うように業績が上がらないおそれもあります。

経営資源が豊富な大企業の存在によって、中小企業は非常に厳しい状況に立たされます。たとえば、地方の商店街の近くに大手スーパーができたことで商店街の売り上げが低下する、といった事例が日本の至るところで発生しているのです。

こうした状況で有効策となり得るのが、生き残りを目的として大企業の傘下に加わるM&Aです。大企業の傘下に入ることで、潤沢な経営資源を活用できます。さらにブランド力や知名度を活用した事業運営が可能となるため、企業や事業を存続させられる可能性が飛躍的に高まります。

※関連記事

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

中小企業が資金調達を成功させる方法とは?現状や課題を解説

M&Aの目的(買い手側・買収するとき)

M&Aの目的(買い手側・買収するとき)

つぎにM&Aにおける買い手側・買収するときの代表的な目的を、以下のとおり紹介します。

  1. 事業規模の拡大・強化
  2. 事業内容の多角化
  3. 海外への進出
それぞれの目的を順番に見ていきます。

①事業規模の拡大・強化

買い手側では市場における激しい競争に勝ち残るべく、事業規模の拡大・強化を目的としてM&Aを実施するケースが多いです。市場で勝ち残る目的を達成するには、設備・営業エリアの拡大などが大切となります。つまり激しい競争に勝ち残るためには、規模の経済性を発揮させる必要があるのです。

たとえば生産設備の規模を拡大して規模の経済性を発揮させれば、低コストで商品を生産できるようになり、結果的に市場におけるシェアの獲得につながります。市場で勝ち残るという目的を達成するには、加えて差別化による収益性の向上も必要です。

具体的にいうと、他社の持っていないノウハウ・技術力・ブランドなどの経営資源を持つことで差別化を図ることができ、収益性の向上を達成できます。とはいえ競争が激しい現代の市場では、こうした経営戦略をスピーディーに実施しなければなりません。

M&Aでは経営戦略をスピーディーに実施できる

ここでM&Aを活用すれば、競争に勝ち残るという経営戦略上の目的をスピーディーに達成できます。たとえば自社のみの努力で規模の経済性の獲得という目的達成を目指すよりも、M&Aによる買収を繰り返して規模を拡大していけば、競争上有利な立場まで素早くたどり着けるのです。

これは、収益性の向上を目的として自社に足りないノウハウを獲得したいときも同様です。自社で長い年月をかけてノウハウの蓄積を待つよりも、M&Aによる買収で他社のノウハウを獲得するほうが格段にスピーディーです。

なお買い手側の業界によっては、人手不足という深刻な問題が生じていることもあります。少子化が今後も進行すれば、優秀な人材確保がより一層困難となっていく可能性が高いです。買い手側にとって、M&Aは人材不足を解消する手段としても有効的です。

②事業内容の多角化

買い手側としても市場環境の急激な変化のなかで生き残っていくには、自社を柔軟に対応させていく必要があります。とはいえ、経済環境の変化に対応できるような経営戦略を立案段階から着々と進めていくのは手間がかかるものです。

ときには新事業への進出も必要となりますが、このとき事業内容の多角化を目的とするM&Aが有効活用されます。もしも新部門をはじめから設立して何も無い状態から事業を成長させるとなると、収益の安定化までに莫大な手間と時間が発生します。

しかし、前述のとおり市場環境の変化は目まぐるしいものです。スピーディーな経営戦略が成功の鍵であるものの、収益化に長い時間をかけていると市場で生き残ることは難しいです。そこでM&Aを活用してすでに軌道に乗っている事業を買収すれば、収益化にかける手間や時間を削減できます。

なお事業の多角化を実施するには、もともと自社で手掛ける事業と関連性の高い分野を選ぶと成功確率が高まります。その一方で多角化を図る分野と自社の既存事業との関連性が薄いと、失敗するリスクが高いです。ところがM&Aを利用してすでに軌道に乗っている事業を買収すれば、リスクヘッジできます。

多角化する分野を柔軟に選択できる点においても、M&Aの活用は有効的です。

③海外への進出

M&Aのなかには海外市場に進出することを目的として、進出国の現地企業を買収するケースも多いです。日本企業がはじめから現地に子会社を立てて事業を実施するとなると、スピード感に欠けるだけでなく現地のニーズを捉えきれずに失敗する可能性が高いです。

そこで、海外企業を対象とするクロスボーダーM&Aが活用されます。クロスボーダーM&Aによって現地の販路を持っていてニーズを充分把握している海外企業を買収すれば、スピーディーかつ市場への適応度が高い事業展開が実現可能です。

つまり自ら時間とコストをかけて現地調査を実施して現地法人を新設するよりも、M&Aを活用したほうが海外進出成功という目的を達成する可能性が高まります。なお海外進出を目的にM&Aを実施するときは、現地企業とマスターフランチャイズ契約を締結するとより効率的です。

マスターフランチャイズ契約を締結すれば、現地企業に対しフランチャイザーになる権利を与えて対象地域内でフランチャイジーを募集できるので、効率的かつスピーディーな事業展開を図ることができます。

最適なM&A相手探しは簡単ではない

ここまで様々な目的を紹介しましたが、目的を充分に叶えてくれる相手を見つけるのは決して簡単ではありません。M&A相手を選ぶ基準・条件をむやみに妥協してしまえば、M&A実施後に期待した効果が得られず、目的が達成できないばかりか不利益を被るリスクもあります。

M&Aの相手探しに悩んだら、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所に相談いただければ、経験豊富な専門家により自社のニーズに合ったM&A相手先企業をご提案いたします。基本的にM&A取引は交渉から成立まで半年から1年程度かかるとされています。

ところがM&A総合研究所では早いクロージングを目指しており、最短3ヶ月でのクロージングを実現可能です。完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は発生いたしません。

相談料は無料となっておりますので、「自社にぴったりのM&A相手が見つからない」という場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

海外進出の課題とは?方法や手順、クロスボーダーM&Aを活用した海外進出

M&Aの目的(その他)

M&Aの目的(その他)

ここまで紹介したほかに、M&Aを実施する目的には以下のようなものも存在します。

  1. 企業再生
  2. グループ内再編
それぞれの目的を順番に見ていきます。

①企業再生

資金や人材などの経営資源不足によって経営難に陥った企業を再生させる目的で、M&Aによる売却が活用されることもあります。実際に、早期再生や私的・法的再生の段階にある企業の再生を目的としたM&Aは数多く実施されています。

たとえば、経済や社会への影響が大きい企業や技術やブランド力の高い企業が倒産してしまえば、経済・社会全体に大きな損失を与えかねません。経済・社会全体に損失が及ぼなかったとしても、地域に根ざした商業施設が倒産してしまえば、地域住民の生活に大きな影響を与えることは避けられません。

このように企業の倒産は社会に少なからず悪影響を及ぼすおそれがあるため、企業再生を目的にM&Aが実施されるケースは少なくないのです。

企業再生を目的としたM&Aは買い手側にもメリットがある

企業再生を目的に実施されるM&Aでは、買い手側においてもメリットが期待できます。実際に買い手側は、企業再生の使命感だけではなく買収によるメリットを充分に見極めた上で、M&Aの実施を決めています。

買い手側のメリットとしてまず挙げられるのは、買収後に経営難企業を再生させれば、もともと保有していた技術やブランド力を駆使して大きな利益を得られる点にあります。このほかにも企業再生を目的としたM&Aには、一定の需要があるのです。

たとえば、自社の得意分野に関連するビジネス以外はなるべくM&Aを活用し買収するという戦略を取る企業では、企業再生を目的としたM&Aに買い手側として関わるメリットがあります。しかしこうした目的でM&Aを実施する場合は、会社の将来的なビジョンも見据えて取り組む必要があります。

具体的には、倒産しそうな企業をいかに立て直して収益構造を変化させて利益を生み出していくのか見通しを立てなければならず、高度な経営判断スキルが求められます。企業再生を目的とするM&Aに買い手側として関わるときは、自社の今後を見据えて支援してくれる専門家の協力を得ることが大切です。

②グループ内再編

M&Aは、グループ企業全体における経営効率化や収益向上などをスピーディーに図る目的で活用されるケースもあります。さらには、株主構成の再編を目的にM&Aが活用されることも少なくありません。

たとえば自社グループの子会社にグループ外の少数派の株主が存在するとき、その少数株主に親会社の株主になってもらったり、締め出して子会社に対する持株比率を100%にするといった策を講じます。

上記の方法を実行すれば、子会社経営における外部からの口出しを防いで経営の機動性を高めることが可能です。グループ内再編を目的としたM&Aは、近年ではメガバンクが持株会社のもとで事業領域ごとにグループ会社を再編したり、ソニーがグループ会社の100%子会社化を実施するなど活発です。

※関連記事

企業再生ファンドとは?仕組み、事例、一覧や業務内容を解説

地域経済活性化支援機構(企業再生支援機構)とは

M&Aの目的と実施を決める基準

M&Aの目的と実施を決める基準

M&A実施を検討するとき、達成したい目的と実施を決める基準を比較検討することが大切です。たしかにM&Aは有効的な経営戦略といえますが、あくまでも数ある手段のひとつに過ぎません。そのためM&Aが有効策として使われることはあっても、必ずしも最善の解決策がM&Aのみとは限らないのです。

たとえばM&A以外の手段がより有効的であり、その手段を採用したほうが経営戦略として最適なケースもあります。具体的にいうと資金調達では新しい金融機関を探して融資を受けたほうが、スピーディーに資金調達を実現できる可能性が高いこともあります。

また事業の多角化についても、M&Aで会社を買収しなくても既存の従業員の努力で達成できる場合も少なくありません。

M&Aの実施は目的とリスクを照らし合わせて決める

そもそもM&Aを活用した経営戦略には、リスクが伴うものです。自社にとって最適なM&A手法を設計するなど、事前の準備を丹念に行う必要があります。さらには、M&A案件探し・必要資金の準備・交渉力など、多くの手間や時間がかかります。M&Aは、長引くと1年半程度かかることもあるのです。

最も考慮すべきなのが、M&Aの成功確率は決して高くない点です。M&Aの成功率は30%程度とされていて、失敗に終わるケースも少なくありません。その上でM&Aが成立し経営統合を実現したとしても、期待していた効果が得られずに会社の経営が傾くケースもあります。

以上のことからM&Aを実施を検討したら、目的とM&Aのリスクを照らし合わせることが大切です。そして経営戦略上の目的を達成するために、M&Aの活用が最適な手段なのか慎重に検討する必要があります。このときに検討すると良いのは、以下の観点です。

  • どんな利益を求めているのか
  • M&Aでなければ解決できない問題なのか
  • 成功する見込みはあるのか

上記の観点から、M&Aを多角的に分析する必要があります。ここでM&A実施後の将来的なビジョンをしっかり見据えておけば、より具体的にM&Aを用いた場合の経営計画を作成できます。

※関連記事

M&Aの成功率を高める方法

M&A失敗の要因とは?失敗割合や失敗した会社の事例を解説

M&Aで目的達成を目指すなら専門家の協力が必要

M&Aで目的達成を目指すなら専門家の協力が必要

M&Aで目的達成を目指すならば、M&Aに関する知識が豊富な専門家に相談すると良いです。頼りになるのは、M&A仲介会社・M&Aアドバイザリー会社・弁護士・税理士・公認会計士などです。良心的な会社では、M&Aが必要ないと判断されればM&A以外の解決策についてもアドバイスしてくれます。

もしもM&Aの実施が決まったらデューデリジェンスのような法務・財務・税務などの専門的な知識が問われる場面もあり、自社のみでプロセスを完了させるのは困難です。このほかにも、M&A手法の検討・従業員の労務関係・リスクの有無などを検討しなければならず、いずれも専門的知識が必要となります。

M&A専門家を選ぶときの注意点

M&Aを実施するときは専門家の協力を得ることが大切ですが、専門家にサポートを依頼したときに発生する報酬は依頼先によって異なります。専門家の手腕についても大きな差異が見られるため、確実にM&Aを成功させたいのなら、実績や報酬の設定などを念入りに確認した上で依頼することが大切です。

なお件数は少ないですが、悪質なM&A仲介会社に意味のないM&Aを勧められたケースや、失敗したのに報酬だけ高く取られたというケースも報告されています。したがって、専門家選びに手を抜くことは禁物です。

もしも依頼する専門家にお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所は、経験豊富なM&A専門アドバイザーが多数在籍しているM&A仲介会社です。M&A総合研究所に相談頂ければ、あなたのM&Aが成功するように経験豊富な専門家が手厚くサポートいたします。

料金設定についても完全成功報酬制を採用しており、成約に至らない限り費用は発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&A実施に不安を感じている場合にはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&A仲介会社を比較!M&A仲介会社のランキング、仲介手数料を解説します

まとめ

まとめ

M&Aを実施する目的はその会社の状況や経営戦略によって様々です。変化の激しい現代において、M&Aは経営戦略上の目的を達成するための手段として有効的といえます。しかしM&Aの専門性ゆえに、注意しなければならない点やリスクも多いです。

M&Aの実施による目的達成を目指すときは、専門家の意見を交えながら慎重に検討することをおすすめします。この記事の要点をまとめると、以下のとおりです。

・M&Aの目的(売り手側)
事業承継の実現・コア事業への集中・企業(事業)の存続

・M&Aの目的(買い手側)
事業規模の拡大や強化・事業内容の多角化・海外への進出

・M&Aの目的(その他)
企業再生・グループ内再編

・M&Aの目的と実施を決める基準
目的とリスクを照らし合わせて検討する

・M&Aで目的達成を目指すとき
専門家に協力を求める

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aで違約金が発生する条件とは?基本合意や最終契約の注意点を解説

M&Aは契約書の内容に違反した場合、違約金が生じることがあります。成約までに締結する契約は数多く、細かい発生条件は契約の種類や法的拘束力の有無によって違います。今回は、M&Aで違約金や発生する条...

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズの最低仲介手数料は?報酬体系や相場を解説

M&Aキャピタルパートナーズは中堅・中小企業を対象にM&A仲介を手掛ける会社です。豊富な実績を持つ会社ですが、最低手数料はどうなっているのでしょうか。本記事では、M&Aキャピタルパートナーズの最...

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aの増加理由!買い手のリスクは?注意点なども解説

M&Aを行う理由や目的はさまざまですが、近年のM&Aブームや中小企業庁によるM&A支援の影響を受けて、M&A増加が顕著となっています。本記事では、M&A増加理由や買い手のリスク、買い手と売り手の...

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュールは?再生型M&Aを取り入れるメリットも

再生型M&Aとは、業績が悪化して自力での再生が難しい状態の企業を一部清算することも視野に入れながら、M&Aを活用して事業再生を図る手法です。本記事では、再生型M&Aの基本的な手続きやスケジュール...

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

M&Aブーム!今回の特徴は?過去のブームとの違いなどまとめ

近年、社会を取り巻く環境の変化の影響でM&Aブームが到来しつつあります。その特徴から、一過性のものではなく持続性があるものという見方もされています。本記事では、今回のM&Aブームの特徴や過去のブ...

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業再生の手法まとめ!M&Aを利用する方法も?手続きとメリットなども解説

事業の業績悪化が続く場合、事業再生により健全化を図ることがあります。M&Aを活用する手法もあるので、最善手を見極めるためには各手法の特徴を押さえておく必要があります。本記事では、事業再生の手法や...

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

M&A(国内)の現状!市場規模や課題は?対策と今後の展開などを考察

不況による市場の縮小や経営者の高齢化、さらには新型コロナウイルスの影響などにより、M&A(国内)の現状は不透明さが増しています。本記事では、M&A(国内)の市場規模や課題といった現状を解説し、そ...

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

500万円で買える会社・M&A案件!買収するメリット・デメリット

M&Aでは500万円以下の少額案件も多く、500万円で買える会社なら資金の少ない個人でも買収できます。本記事では、500万円で買える会社のM&A案件についてメリット・デメリットを解説するとともに...

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合にM&A・事業承継は相談できる?信金キャピタルの評判とは

信用組合とは、地域密着型の会員制金融機関です。また、信金キャピタルは、中小企業向けにM&A・事業承継支援や投資育成を行っています。本記事では、信用組合や信用金庫、信金キャピタルにM&A・事業承継...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)