2022年12月1日更新事業承継

後継者育成とは?課題、準備、方法・取り組みのポイントを解説

事業承継を実施する経営者にとって、後継者育成は会社の存続に影響を及ぼす重要なプロセスです。しかし、100%成功する保証はないため、緻密に準備してから実施しなければなりません。この記事では、後継者育成を成功させるための課題・ポイントなどを説明します。

目次
  1. 後継者育成とは
  2. 後継者育成を怠ると生じる問題
  3. 後継者育成における課題
  4. 後継者育成のための準備
  5. 後継者育成のポイント
  6. 後継者育成のまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

後継者育成とは

多くの経営者がいずれ直面する課題の一つに、後継者育成が挙げられます。事業承継を実施する経営者にとって、後継者育成は会社の存続に影響を及ぼす重要なプロセスです。

後継者の手腕は承継後の会社に大きな影響を及ぼすため、後継者育成は熟考して実施する必要があります。今回は、後継者育成を成功させるための課題・準備・ポイントなどを解説します。

後継者育成の必要性

経営者が病気や高齢などを理由に引退することになれば、誰かに会社の経営を任せなければなりません。突然、経営者不在となるような事態に陥れば、場合によっては経営が立ちいかなくなり、会社が解散せざるを得なくなることもあるでしょう。

後継者の選定や育成には、ある程度の時間が必要です。経営者がいなくなってから考えるのではなく、早期の後継者選び・育成を進めておく必要があります。

中小企業庁の事業承継を支援する施策には、後継者育成・支援に関する「中小企業大学校」や「アトツギ甲子園」などもあるので、上手に活用して後継者育成をしておくのもよいでしょう。

【関連】事業承継とは?成功のための課題、方法、メリット、流れ、税金などを徹底解説

後継者育成を怠ると生じる問題

将来の経営者候補となる後継者の育成は、企業にとって重要なプロセスです。企業を存続させるうえで、この後継者育成を怠るとどのような問題が生じるのでしょうか。

売上の減少

企業の商品やサービスだけでなく、現経営者の人柄に魅力を感じてビジネスが成り立っていることもあるでしょう。後継者となる人材が優秀であったとしても、現経営者と同じように実力を発揮できるとは限りません。

経営者が交代すれば、経営方針が変わることもあります。後継者育成を行わなかった場合、経営者の交代で企業イメージが低下し、売上に影響を及ぼすことも考えられるのです。

離職者の増加

現経営者がカリスマ的な存在であった場合、後継者のやり方がなかなか受け入れられない従業員もいるでしょう。経営者が交代すれば、組織の求心力が失われることもあります。

経営者の交代は従業員に大きな影響を与えます。場合によっては、離職者が増える可能性も否定できません。

後継者候補はできるだけ早く選定し、後継者育成は丁寧に時間をかけて行うとよいでしょう。早期に後継者育成を始めれば、従業員への周知も徹底されるため、求心力の低下は防げるでしょう。

倒産の危機

後継者不在により、廃業を考える中小企業の経営者は増加傾向です。東京商工リサーチの調査によると、下記のグラフにあるように、後継者難で倒産した件数は、2013年に234件でしたが、2020年には372件、2021年は381件となっています。

後継者選定・後継者育成は一朝一夕には行えません。早い段階で後継者育成を進めていなければ、事業を続けられないこともあるでしょう。

倒産の危機

東京商工リサーチ「後継者難倒産が過去最多の381件、2年連続で増加」2021年

出典:https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20220113_04.html

後継者育成における課題

事業承継をスムーズに済ませるためには、実施前に後継者育成における課題を把握しておくことが大切です。ここからは、後継者育成を実施するうえで立ちはだかる課題について、後継者不在、後継者育成プロセスという2つの観点から解説します。

後継者不在の課題

後継者育成は、事業承継を検討する多くの経営者に実施が求められるプロセスです。しかし昨今の日本では、多くの中小企業が後継者不在の課題に悩まされており、廃業に追い込まれるケースもあります。

かつては、経営者の子供を後継者に指名して事業承継を進めるケースが一般的でした。現在では、多様な生き方が実現できるようになっていることから、必ずしも子供が親の事業の承継を了承するとは限りません。

従業員承継を検討する経営者もいますが、多くの中小企業では人手不足にも悩まされており、社内従業員にも後継者に相応しい人材が存在しないケースが多いです。このように、後継者育成の前段階で育成する後継者がいない課題に悩まされる経営者は少なくありません。

最近は政府が中小企業支援制度を推し進めており、後継者確保の支援システムが徐々に普及しつつあります。大企業と比較すると企業規模では劣りますが、中小企業で培われるノウハウ・技術・サービスは社会に欠かせないものです。社会全体の影響を鑑みても、中小企業は重要な存在だといえます。

中小企業が後継者不在の課題を解決できず廃業を迫られる事態は、企業自体にとっても社会全体にとっても非常に大きな損失です。後継者育成をスムーズに実施するためにも、後継者の確保は早い段階から検討する必要があります。

後継者育成プロセスの課題

後継者不在の課題をクリアすると、次は後継者育成プロセスの課題が立ちはだかります。経営者に必要な能力の育成は、日常的な業務における指導のみでは済ませられません。たとえ業務遂行能力に長けている後継者であったとしても、経営に関するセンス・素質を育成する必要があります。

経営に関するセンス・資質は、日常的な業務とは異なるシチュエーションで育成しなければならず、ときには外部の企業・セミナーを活用する必要性も生じるでしょう。経営者の業務を十分に習得できていても、経営のセンス・素質が身に付いていないケースは多々見られます。

一般的には、経営者の経営権が及ぶ範囲が広いほど後継者は育ちにくいとされています。後継者育成の期間を十分に確保しなかれば、広範囲に及ぶ経営権を持つ経営者のセンス・素質の全てを後継者に受け継げないおそれがある点には注意が必要です。

【関連】次期社長の教育と選出方法
【関連】後継者人材バンクとは?利用の流れ、メリット、課題をわかりやすく解説

後継者育成のための準備

後継者育成をスムーズに済ませるには、あらかじめ念入りに準備しつつ早い段階から実施する必要があります。後継者育成のための準備は、以下の手順に沿って進めるとよいでしょう。

  • 自社の経営方針を再認識する
  • 経営方針に合致した後継者候補の人物像を検討する
  • 人物像に該当する後継者候補を選出する
  • 後継者候補を見極めながら、最適な育成計画を作成する
  • 育成計画を実施して状況を観察する

上記の手順で準備することで、後継者育成プロセスをスムーズに実施できる可能性が高いです。多少の手間や時間はかかりますが、念入りな準備が後継者育成を迅速に済ませるポイントの一つといえます。

後継者不在の場合にはM&Aの活用が有効策

多くの中小企業では、そもそも親族や社内従業員の中で後継者に相応しい人材が存在しない状況が目立っています。こうした状況を受け、最近はM&Aによる第三者への事業承継の実施件数が増加中です。

M&Aによる事業承継では、自社の後継者候補を外部から幅広く探せます。親族内承継や従業員承継と比べて、十分に吟味して後継者候補を選べるうえに、後継者育成にかかる時間・手間を削減できるでしょう。

適任の後継者をスピーディーに見つけるには、M&A仲介会社への相談がおすすめです。M&A総合研究所には、M&Aによる事業承継に関する知識や経験が豊富なM&Aアドバイザーが多数在籍しております。

さまざまな業種で豊富な成約実績を持っており、独自ネットワークを活用して最適な相手先をお探しいたします。料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。

無料相談をお受けしておりますので、M&Aをご検討の際はどうぞお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

後継者育成のポイント

ここからは、後継者育成のポイントを社内・社外という2つのシチュエーションに分けて解説していきます。

社内編

はじめに、社内における後継者育成のポイントは、以下のとおりです。

  1. 社員として業務を経験させる
  2. 経営に参加させる
  3. 経営者による直接指導
それぞれのポイントを順番に見ていきましょう。

①社員として業務を経験させる

後継者を育成するときは、何よりもまず社員として会社の業務を経験させることが大切です。一人前の経営者に育てるには、会社の業務内容・各部門のローテーションの仕組みなどを把握させておく必要があります。

それに加えて、社内で用いられる知識・専門用語を学習させることも必要不可欠です。社員として経験を積ませることは、他の社員に後継者として認知させるうえでも大切なプロセスといえます。

後継者を突然経営に参加させる形を取れば、部下となる社員からの心証を悪くさせるおそれがあります。あらかじめ社員として働かせておくことで、社員からの反発の可能性も低くなるでしょう。他の社員と現場で協働させることで、連帯感や信頼の獲得も期待できます。

②経営に参加させる

業務を経験させてスキルが身に付いたら、後継者を経営に参加させるとよいでしょう。業務スキルと経営スキルは性質が異なっており、業務を経験させるだけでは、一人前の経営者に育てられません。

本人の潜在能力にも左右されますが、実際に経験させないと経営スキルの経験値を積ませることは不可能です。経営に参加させることで、後継者は以下のメリットを獲得できます。

  • 経験値を獲得できる
  • 経営に関するセンス・素質を磨ける
  • 知識量を増やせる

大勢の社員の上に立つ経験をさせることで、リーダーシップ・責任感・使命感などを身に付けさせることも可能です。経営に参加させるプロセスは、経営者が指導役となって後継者に直接指導できる貴重なタイミングでもあります。

経営者自ら会社を経営するノウハウを指南しつつ、将来のビジョンや現段階での課題への向き合い方を共有することで、理想的な後継者育成の実現を目指せます。

③経営者による直接指導

現経営者による直接指導を行うのも後継者育成には有効です。経営の引き継ぎとして一定期間設け、現在の経営状況や将来の事業計画、業界・市場動向に加え、経営者としての心構え・経営理念・ノウハウなどを直接伝えるのです。

社内で行う後継者育成は、ここで紹介した順に行っていくのが効果的です。これらを全て行うには相当の期間が必要となるため、早期に後継者育成に取りかかれない場合は、状況に応じて進めるとよいでしょう。

【関連】経営者とは?その仕事内容や役立つ名言・本をご紹介!

社外編

最後に、社外における後継者育成のポイントを解説します。

  1. 外部の企業で働かせる
  2. セミナー・講習会に参加させる
それぞれのポイントを順番に見ていきます。

①外部の企業で働かせる

社内での経験と併せて、後継者を外部の企業で働かせることも有効策です。例えば、社内で働かせる前後の段階で、数年間にわたり外部の企業に就職させたり、海外に留学させたりする方法が取られます。

後継者に自社の経験のみを積ませると、経営者としての視野を狭めるおそれがあります。結果として、複雑化する時代を見通す視野を身に付けられない可能性もあるため、できるだけ複数の企業で経験を積ませるとよいでしょう。

他社において自社と異なる経営方法や知識を学ばせれば、経営に必要な素養を豊かにさせることが可能です。海外で学ばせることで、国際情勢の習得も可能です。

このように後継者が外部から新しい人脈・情報・ノウハウ・思想を取り入れることで、会社が成長するきっかけとなる可能性も期待できます。後継者のみならず会社自体の成長にも直結するプロセスといえるでしょう。

②セミナー・講習会に参加させる

最近では、経営者・後継者向けにセミナー・講習会などのイベントが盛んに開催されています。社内教育と平行して、こうしたイベントに参加させることも、後継者を育成するうえで役立ちます。

上記のようなイベントでは、新たなビジネススタイルや経営に必要な基礎知識などを学ばせることが可能です。他の参加者とのコネクションも築かせられるため、新たな人脈の開拓も期待できます。

前任の経営者とは異なり、後継者は人脈や知識などが乏しいため、後継者に自身の強みを構築させるうえでも非常に有効といえるでしょう。

【関連】事業承継セミナーとは?種類やメリット、参加するときの注意点を解説

後継者育成のまとめ

事業承継を実施する経営者にとって、後継者育成は会社の存続に影響を及ぼす重要なプロセスです。後継者育成は100%成功するという保証はないため、入念に準備したうえで実施する必要があります。

後継者を確保できたら、社内・社外という2つの側面から育成を検討するとよいでしょう。要点をまとめると、以下のとおりです。

・後継者育成とは
→会社の存続に影響を及ぼす重要なプロセス

・後継者育成における課題
→後継者不在の課題と後継者育成プロセスの課題に分けられる

・後継者育成のための準備
→自社の経営方針を再認識する段階から開始して手順に沿って念入りに準備する

・後継者育成のポイント(社内編)
→社員として業務を経験させる、経営に参加させる、経営者による直接指導

・後継者育成のポイント(社外編)
→外部の企業で働かせる、セミナー・講習会に参加させる

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短1.5ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定するうえでは、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標「現在価値」についての理解が必要です。今の記事では、現在価値とはどのようなものか、計算方法や割引率、キャッシ...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きやデメリットは?倒産・経営破綻・休業・閉店との違いも解説!

廃業の手続きは、会社と個人事業主では異なるものです。本記事では、廃業の手続きを会社と個人事業主とに分けて解説するとともに、倒産や経営破綻などの関連用語との意味の違いや、廃業のメリット・デメリット...

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

経営者保証に関するガイドラインの特則とは?適用条件、事業承継での活用メリットを解説

中小企業が経営者保証なしで融資を受けるための経営者保証ガイドラインには、事業承継の関する特則があります。本記事では、経営者保証ガイドラインとその特則がどのようなものか、事業承継に活用するメリット...

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編とは?メリット・目的・手法や組織再編との違いを解説!

事業再編または組織再編では合併や分割といった複雑なM&A手法を使うので、その仕組みやメリットを理解することが大切です。本記事では、事業再編のメリットや目的・手法の解説、事業再編と組織再編...

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生と事業再生の違いは?メリットや手続きの流れについて解説!

企業再生とは、企業が財務状況の悪化などで倒産危機にある時、その原因を排除しながら再生を目指すことです。新型コロナによる不況の影響もあり、企業再生に注目が集まっています。今回は、企業再生と事業再生...

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法をケースごとに解説!

事業承継では代表権の引継ぎが重要なポイントになります。税制上の優遇措置を受ける際の要件に、法的な代表権の移転が定められていることが多いためです。本記事では、事業承継で代表権を後継者に引き継ぐ方法...

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業を事業承継した場合の資産の減価償却方法を解説!

個人事業の事業承継における資産の減価償却方法には2つのパターンがあります。起こりえるパターンを把握して適切な会計処理を行うことで、経費を漏らすことなく計上して経営状況の健全化を図れます。本記事で...

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制の特例措置とは?制度の内容、メリット、適用要件、注意点も解説【2022年最新】

事業承継税制は特例措置と一般措置が設けられています。特例措置は特に高い節税効果を期待できますが、いくつかのデメリットもあるため違いを把握することが大切です。本記事では、事業承継税制における特例措...

事業承継対策で活用する従業員持株会とは?設立のメリット、手順も解説

事業承継対策で活用する従業員持株会とは?設立のメリット、手順も解説

事業承継対策の1つに従業員持株会を活用する方法があります。これは、自社株を従業員に取得させることで、相続税対策や株主の安定化などの効果を期待できる方法です。今回は、事業承継対策における従業員持株...

事業承継と事業譲渡の違いとは?それぞれの注意点、メリットを譲渡方法の違いから解説

事業承継と事業譲渡の違いとは?それぞれの注意点、メリットを譲渡方法の違いから解説

事業を引き継ぐ方法には事業承継や事業譲渡などがあります。似た言葉で混同されることも多いですがそれぞれ異なる意味を持つため、違いを把握しておくことが大切です。本記事では、事業承継と事業譲渡について...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)