2020年11月10日更新資金調達

銀行融資と金利の基礎知識!算出方法、低金利で融資を受ける方法をご紹介

銀行融資の金利は低い傾向ですが、融資の条件が厳しいことが知られています。低金利で融資してもらうには保証協会付き銀行融資の活用などがあげられます。本記事では銀行融資の基礎知識を中心に、金利算出方法や低金利で融資を受ける方法を解説します。

目次
  1. 銀行融資の金利
  2. 銀行融資とは?
  3. 銀行融資の金利算出方法
  4. 低金利で融資を受ける方法
  5. なぜ金利は低い方が良いのか
  6. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

銀行融資の金利

銀行融資の金利

会社が資金調達する方法には様々あります。そのほとんどは、金融機関からの借り入れか、株主からの投資募集です。借り入れ先は、銀行、商工会議所、消費者金融などが一般的です。一方で投資を募る場合、新規の株式を発行して株主を増やす方法があります。

資金調達の際には「信用」が必要です。返済能力、投資をする価値などの点を審査されます。特に銀行からの融資は、通常よりも借り入れ審査が厳しくなります。信用力を前提として、金融機関から融資を受ける際には金利が発生します。今回は、銀行融資の金利を解説します。

※関連記事
中小企業向けの融資制度

銀行融資とは?

銀行融資とは?

銀行融資における基礎知識と金利についてご紹介します。

銀行融資の基礎知識

銀行は、お金を貸してくれる場所でもあります。預金者のお金を貸し出して金利で利益を得ています。銀行融資は他の金融機関よりも低金利で、金利が1%を下回るケースが大半です。

一般の預金者は、銀行に絶大な信頼を置いてお金を預けています。銀行は預金者のお金を借りる形で融資を実施しているので、返済されない事態があってはいけません。それゆえ、銀行融資の審査は厳しいです。

銀行融資の金利

消費者金融と比較すると、銀行で受けられる融資は金利が圧倒的に低いです。銀行は日本銀行によって定められた金利によって融資を実施し、基本的に金利は統一されています。詳しい推移や金利の具体的な数字は、日本銀行のホームページに掲載されています。

バブル期は、銀行は8%程度の高金利で融資を行なっていました。しかしバブルが崩壊すると、景気と同様に金利も下落しました。さらに、1992年にはゼロ金利政策が導入され、ついに現在はマイナス金利になっています。

また、人口に対して金融機関が多く、業界内で価格競争状態になっているのも、低金利を引き起こしている要因の一つです。

銀行融資の金利算出方法

銀行融資の金利算出方法

銀行融資の金利=「調達に要するコスト」+「経費」+「収益利率」+「信用にかかるコスト」です。各要素の内容をそれぞれ見てみましょう。

調達に要するコスト

銀行は無限にお金を持っているわけではないので、お金を調達しなくてはいけません。調達にはコストがかかります。販売店に例えると、仕入れのイメージです。

経費

金利の算出方法に関わる経費とは、上記の調達コストに伴う金額や、店舗運営に要する金額です。経費はその土地の物価などによっても左右されるので、金利に高低差が生まれます。

収益利率

収益利率とは、銀行が目指す売上高を表す数値です。銀行も利益を生み出せなければ潰れてしまいます。売上高を達成するために、一定の利率を加算します。

信用にかかるコスト

信用にかかるコストとは、主に中小企業を中心に掛けられる利率です。経営を継続させる力の有無を、独自のランク付けによって区分して、該当する利率を掛けます。信用コストは、借りる個人や会社によって変わります。融資期間が長いほど倒産リスクを孕んでいるとみなされ、金利も高くなる傾向にあります。

※関連記事
新規事業立ち上げにおける融資の活用

低金利で融資を受ける方法

低金利で融資を受ける方法

銀行融資の金利は、他の金融機関と比較すると非常に低いです。ですが、さらに銀行融資の金利を低くする方法があります。

信用保証協会付き融資を利用する

中小企業が銀行から融資を受けやすくするために「信用保証協会」という公的な組織が存在します。会員に認定されれば、万が一のときには保証協会が返済を保証してくれます。

保証協会付き銀行融資を選択すると低金利になります。保証協会が付いている銀行融資では、銀行融資金利の信用にかかるコストが圧倒的に低く設定されています。金利には固定金利と変動制の金利があり、若干の違いが生じるので注意です。

また、保証協会が付いている融資には、金利の他に別途で保証料が必要になる点にも注意です。つまり、保証料と変動制の金利で、通常の銀行融資の金利よりも高くなる場合があります。

業績を良くする

会社の業績が上がると、返済の能力が高まったと銀行に認識されます。つまり、信用にかかるコストのランクも上がり、金利が下がります。融資期間を短くしたり、融資金額を少なくしたりするのも金利を下げる方法ですが、会社の資金繰りを考慮すると業績を良くする手法が適切です。

複数の銀行で見積もりを実施

複数の銀行で見積もりを行い、1番低い金利で融資を受けられる銀行を選ぶのも効果的です。銀行は、融資を実施して利益を獲得するのが目的です。よって、銀行間で価格競争が発生すると通常よりも低金利で融資を実行してくれる可能性があります。

しかし、時間がかかるので急いでいる場合には不向きな方法です。業績が悪い時にこの方法を使用すると、お金が足りないまま経営を続ける必要が生じます。したがって、あくまでも融資を最優先として考えるべきでしょう。

融資銀行を変更する

銀行融資の金利を低くするために、融資先の銀行を変更する方法もあります。銀行には新たな融資先を獲得する目標数値があるため、融資の乗り換えをした人に対して金利を下げるケースもあります。

キャンペーンの利用

銀行は新規顧客獲得のため、個人向けのキャンペーンを実施することが多いです。タイミングによっては法人向けのキャンペーンが行われることもあります。融資を受ける前に複数銀行のキャンペーン情報をチェックしておくと良いでしょう。

スプレッド融資を利用する

スプレッド融資とは、業績が良い会社が受けられる短期融資です。具体的な期間は1年以内です。1年以内に弁済可能と認められた会社のみが利用できます。しかし、通常の銀行融資よりも融資条件が厳しく、低金利ですが借りられない場合もあるので注意が必要です。

変動制の金利を選択する

銀行から融資を受ける際は、変動制金利を選択した方が安くなります。固定金利と比べると変動制金利には動きがあるため、融資期間内に金利が変動します。業績が良くなったり、市場の金利が低下したりした際には金利も当然下がります。しかし、業績悪化や金利価格の上昇となれば、銀行融資の金利も上がるリスクを伴います。

※関連記事
事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

なぜ金利は低い方が良いのか

なぜ金利は低い方が良いのか

金利が低いと会社の財務体制を調整しやすいです。低金利で融資を受けるメリットと、銀行以外の低金利で融資が受けられる機関を簡単にご紹介します。

低金利で融資を受けるメリット

融資を検討している時点で、自社のお金だけでは経営が回らない可能性が高いです。そうなると、少しでも低金利で融資を受けたいと考えるのは当然です。

また、銀行から融資を受ければ利益を生み出す機材の導入や店舗の拡大なども実施可能になります。その結果業績が上がれば、銀行の融資を返済する必要があります。このとき、金利が高いと借りた額よりも高い金額を返済しなくてはなりません。

せっかく生み出した利益の多くを返済に充てるのは非常に残念です。 より低い金利で返済額を減らせるのであれば、低金利に越したことはありません。低金利であればあるほど返済額が少なくすみます

低金利で融資が受けられる銀行以外の機関

なお、融資の相談先は何も銀行だけではありません。低金利で融資を受けたいと考える場合には、国が運営する日本政策金融公庫や地方自治体、商工会議所・商工会などに相談するのもおすすめです。詳しくは下記関連記事をご参考にしてみてください。

※関連記事
融資はどこに相談すれば良い?相談先、必要な準備、注意点を紹介
日本政策金融公庫による事業承継支援

まとめ

まとめ

銀行融資の金利は低い方が良いですが、最優先は融資を受けることです。金利ばかり考えていると、時間が経過して業績が悪化してしまいます。その結果、さらに高い金利での融資を受ける事態に陥ります。

銀行融資を受ける条件はかなり厳しく、低い金利を目指すのは容易ではありません。まずは経営を安定させるのが大切なので、どの融資なら確実に借りられるのかを見極める必要があります。要点をまとめると下記になります。

・銀行融資の金利の特徴
→消費者金融と比較すると、低金利だが条件が厳しい

・銀行融資の金利算出方法
→調達に要するコスト+経費+収益利率+信用にかかるコスト

・低金利で融資を受ける条件
→保証協会付き銀行融資の活用、業績の改善、複数の銀行を比較、融資銀行の変更、キャンペーンの利用、スプレット融資の利用、変動制金利を選択

なお、資金調達には様々な方法があり、近年ではM&A(企業・事業の合併と買収)を実施する中小企業が増えています。M&Aを実施し、事業再生や経営基盤の強化を成功させた企業も数多く存在します。

もしM&Aにおける資金調達も検討したい場合は、M&A総合研究所にご相談ください。M&A総合研究所には専属のM&Aアドバイザーが多数在籍し、M&Aをフルサポートしています。ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

 事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

事業再生スキーム一覧!再成長への資金繰りの方法は?成功事例など過去事例も紹介

債務超過に陥った企業が事業再生を行うためには、適切な事業再生スキームの選択が重要です。金融機関や日本公庫が、中小企業の資金繰りや事業再生をサポートしています。本記事では、事業再生スキームの種類や...

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

経営資源引継ぎ補助金とは?支給対象/給付額/審査/流れを徹底解説

事業承継が必要でありながら資金の用意が難しく、なかなか踏み出せない事業者もいます。そのような場合に活用したいのが経営資源引継ぎ補助金という制度です。この記事では、経営資源引継ぎ補助金について補助...

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは?LBOとの違いや特徴/リスクを解説【図解】

LBOファイナンスとは、対象の信用力や資産を担保にして金融機関から買収資金を調達する買収方法です。名称の由来は、比較的少額の自己資金を梃子(レバレッジ)にすることからきています。本記事では、LB...

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

中間報酬が無料のM&A総合研究所の料金体系を解説

M&A総合研究所は、売り手の中間報酬が無料のM&A仲介会社です。中間報酬以外にも相談料・着手金・月額報酬を無料としており、業界最安値水準の料金体系が強みです。本記事ではM&A総合研究所の料金体系...

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資のメリット・デメリットや注意点・手続きをわかりやすく解説

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を付与して増資する方法です。必要な手続きは比較的簡便なため、企業の資金調達の手段として重宝されています。本記事では、第三者割当増資のメリットやデメリッ...

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)