2020年3月27日更新資金調達

起業家の悩みとは?5つの悩みと解決方法

起業してから事業が軌道に乗るまで、経営者はさまざまな問題に直面するでしょう。中には経営者1人が悩んでも解決できないことも少なくないです。そのようなときは先輩経営者や、専門的な知識に長けた相談相手に悩みを話すことで、解決の糸口になるかもしれません。この記事では、起業家のよくある5つの悩みと解決方法をご紹介します。

目次
  1. 起業の悩み
  2. 起業の悩み①:資金不足
  3. 起業の悩み②:顧客や販路の開拓
  4. 起業の悩み③:知識不足
  5. 起業の悩み④:従業員の雇用
  6. 起業の悩み⑤:業績不振
  7. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

起業の悩み

独立を掲げる人にとって起業は決して失敗できないものですが、起業に際してはさまざまな悩みを抱えがちです。その悩みを解決できなければ起業してもうまくいかなくなることは十分に考えられますし、起業自体できなくなってしまう恐れもあります。

いかにして早い段階で起業に関する悩みを解決できるかが重要といえるでしょう。今回はありがちな起業の悩みと、それに対する代表的な解決策をご紹介します。

※関連記事
自営業とは?年金や税金、住宅ローンや気になる年収をご紹介
企業存続率(生存率)の実態

起業の悩み①:資金不足

起業の悩みである意味最も多いといっても過言ではないのが「資金不足」です。

資金が足りないと起業も経営もうまくいかない

資金が足りないことは起業を行う人にとって致命的な障害といえます。最近は「1円起業」という言葉もあるように、起業に際して必要な資金が少なくなっているイメージがあるでしょう。しかし、1円起業は起業それ自体にかかるお金が1円で済むわけではなく、あくまで資本金を1円からスタートさせることができるという意味です。

起業に際して行われる手続きには費用が発生しますし、当然ながらその額は1円では済みません。個人事業主であれば開業資金は不要ですが、法人として会社を設立する場合、登記事項証明書や定款の提出などといった手続きの過程で発生する費用は諸々を合わせると25万円近くにまで膨れます。

さらに事業を行っていくための設備や施設の購入、当面の運転資金や生活資金を加味すると数百万円単位の資金は必要になるでしょう。このように会社の設立のためには一定以上の資金が必ず必要となります。起業をする以上、ある程度資金を貯めてから行う人がほとんどでしょう。

しかし起業してからすぐに運転資金を確保できるだけの売上を出すことは難しく、起業後しばらくは赤字経営が続く場合がほとんどです。起業したてであると融資を受けることも難しい点が問題となることが多いでしょう。

ほとんどの会社は運転資金の確保のために銀行などの金融機関から融資を受けるものですが、起業したばかりだと実績もないため、社会的信用性がどうしても低くなり、融資を受けることが難しくなります。

これらの点を踏まえると、起業をする際には設立に要する資金のみならず、起業してから経営をしていくうえで必要な資金をいかに確保するかが重要といえます。

資金不足の解決策

資金不足の解決策はいくつもあります。起業したての会社は融資を受けることが難しいのは事実ですが、決して融資が使えないというわけではありません。最近は「日本政策金融公庫の融資」や「商工会議所のマル経融資」、「自治体の融資」など、起業したてで実績がない会社でも融資をしてくれる機関が増えています。

こういった融資は「低金利」「無担保」「無保証」と、借りる側にとってはうれしい設定になっているうえに審査期間も短いため、起業後の運転資金確保にはもってこいです。

さらに、魅力的な会社に投資して経営のアドバイスをくれる「エンジェル投資家」や成長途上の会社を支援する「ベンチャーキャピタル」といったものも資金不足の解決策となります。

※関連記事
商工会議所の融資の審査、相談はどうする?開業やマル経融資についても解説
ベンチャーキャピタルとは?資金調達や起業の際の活用事例をご紹介

起業の悩み②:顧客や販路の開拓

資金不足と並んで起業の悩みになりがちなのが顧客や販路の開拓です。

起業したてで顧客や販路の開拓が難しい

起業したてであるとやはり顧客や販路の開拓は簡単ではありません。起業したばかりの会社は知名度が低いですし、ネットワークも持っていません。最初は自分の家族や友人、知人など身近な人間を顧客にし、地道な営業活動を通じて販路を開拓していくことになるでしょう。

また、顧客や販路の開拓は決して「やればやるほどいい」というわけでもありません。顧客が順調に増え、販路が急速に広がっていくことはもちろん会社にとっては悪いことではありませんが、注文が増えすぎると対応できるだけの人的資源が不足した、さらに設備の限界を迎えてしまう可能性もあります。

そうなれば、かえって会社の負担を増やしてしまうことになるでしょう。もし注文に対応できなくなれば、会社の信頼を落としてしまうことにもなりかねません。そうならないためにも、顧客や販路の開拓は計画的に、効果的に行うことが重要といえます。

顧客や販路の開拓の解決策

顧客や販路の開拓は丁寧に、地道にやっていくことが一番です。依存し過ぎると逆効果ですが、最初は家族・友人や取引先のネットワークを生かして地道に顧客を増やして販路を拡大しながら、適切な範囲での宣伝を行っていくことがベターな解決策といえます。

また昨今では「Facebook」「Instagram」「Twitter」のようなSNSを駆使して、顧客や販路の拡大を行っているケースも多く見られます。業界によって手法は異なりますが、幅広くより効率的に顧客や販路の開拓を行うのなら、インターネットは外せないツールといえるでしょう。

※関連記事
販路開拓のコツと手法
売上拡大

起業の悩み③:知識不足

知識の不足は起業経験がない起業家にとっては、切実な悩みの一つであるといえます。

経営者に必要な知識はたくさんある

起業して経営者になる以上、経営を行っていくうえで必要な知識は多くあります。法務・税務・財務などといった専門的な知識は、普通なら外部の専門家に委託するのが一番です。

しかし起業したばかりで資金に限りがある状況であれば、専門家に依頼してばかりはいられません。またそれらの専門的な知識を請け負うバックオフィス業務を担当する部署も、いきなり充実させることも不可能に近いでしょう。基本的な知識は身につけておき、ある程度のことは経営者自身で対応することになります。

ただ法務・税務・財務などの専門的な知識は、いずれもある程度勉強をしないと身につけられません。また経営者である以上、株式や契約、経営戦略の手法などといった知識も学ぶ必要があります。どのような方針や舵取りで会社を動かしていくかは、どれだけ知識を得ているかによって左右されるといっても過言ではないでしょう。

知識不足の解決策

知識不足の解決策は、ただ書店で本を買って勉強する以外にもさまざまな方法があります。まずおすすめなのが経営や税務、法務、税務などいろいろな知識を教えてくれるセミナーを受けることです。

セミナーというと経営コンサルティング会社がやっているような有料のものもありますが、商工会議所のような公的機関であれば、無料で参加できるセミナーが開催されていることもあり、気軽に受けることができます。

こういったセミナーでは、わかりづらい知識を丁寧に教えてくれるだけでなく、同業者や他の会社の経営者との出会いのきっかけにもなるため、ネットワークを広げるきっかけにもなります。忙しくて足を運べない人は、インターネット上でセミナーの動画を公開していることもあるので、そういったものを活用するのもいいでしょう。

※関連記事
経営改善の手法とは?損益分岐点分析やKPI管理の活用
収益向上とは?施策や方法、意味を経営分析について解説します

起業の悩み④:従業員の雇用

従業員の雇用も起業の際に悩みになりがちなものです。

初めての従業員の雇用は意外と複雑

起業した当初は経営者1人や数人の役員で業務を回すことが多いですが、業務が増えてくると従業員を雇い入れることになります。しかし初めて従業員の雇用を行う際は難航するうえに、注意が必要です。

従業員の雇用は意外と複雑なもので、待遇の設定や社会保険の手続きなど、雇用に際して行わなければならないことが多くあります。いずれも適切に行わなければ、採用した従業員に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

また、雇用する従業員の採用基準にも注意しておくべきでしょう。起業したばかりであるなら当然即戦力になるような人材が欲しいものですが、スキルに長けていても人間性がイマイチだったり、人間性が良くてもスキルがなかったりする従業員を採用してしまうと、かえって手間がかかります。

起業したばかりだと目の前の業務を片付けることで手いっぱいになりがちです。しかし、雇用した従業員の育成や研修はしっかりと行う必要があります。育成や研修に手をつけられずにいると、従業員のポテンシャルが伸び悩みかねません。

軽はずみな従業員採用は避け、入社後やその先までを見据え、入念な準備をしたうえで雇用を実施しましょう。

従業員雇用の解決策

上述のとおり、従業員の雇用には入念な準備が必要です。雇用契約書の作成、社会保険・労働保険の加入など、従業員の雇用に際して重要な手続きが多くあります。雇用の手続きやプロセスは、従業員を雇い入れる前にしっかり把握しておいた方がいいでしょう。

また、実際には幹部候補やエンジニア・技術職の方の確保が難しいでしょう。採用が難航している場合には長期的な視野で実行すると良いです。昨今は知人・友人やすでにいる従業員などの紹介を利用した、リファラル採用が注目を集めています。例えば、定期的にリファラル面接を行ったり、業界関連のイベントに顔を出したり、SNSで求人を告知するのも手です。

良い人材にアプローチをして失敗したとしても、たまにランチなどに誘うなどしてタイミングを見計らいましょう。なお、待遇条件の設定も非常に重要ですので事前に練っておく必要があります。

自社が与えられる利益を考える

労働時間や休日の設定も重要ですが、どのようなインセンティブを得られるかも採用に応募する基準になることが多いです。中途採用を行う場合であれば、前の会社との待遇を必然的に比較されることになるため、自社の事業の魅力だけでなく、どれだけの利益を与えられるかも精査した方がいいでしょう。

採用基準は多角的に

採用基準に関してもただ履歴やスキルに固執せず、人間性や成長性、やる気など多角的な評価を加味したうえで設定すべきです。採用に要する時間は決して長く取れないことが多いですが、それでもじっくり応募者と話をして、相手の特性を引き出すように尽力しましょう。もちろん、採用したらそれで終わりというわけではありません。

外部研修も視野に入れる

採用した従業員のポテンシャルを引き上げるには、研修や育成は欠かせないプロセスです。しかし、業務上の都合で研修や育成に時間を割けないことは多いでしょう。最近は研修や育成のアウトソーシングを行っている会社も多く、商工会議所でも研修を請け負ってくれることがあります

それなりの料金はかかりますが、多種多様な会社を見てきた外部の人間だからこそ得られる知識は、従業員のレベルアップに役立つでしょう。

※関連記事
中小企業向けの助成金と補助金
バイアウトファンド

起業の悩み⑤:業績不振

業績不振は起業家のみならず、どの会社の経営者でも悩みの種になります。

業績不振の原因が複数ある

業績不振というと売上の減少などで発生するイメージがありますが、必ずしも原因がそれだけとは限りません。コストの増加や負債など、会社の資金繰りをどのように行っているかも業績にダイレクトに影響してくるものです。

つまり業績不振は会社が提供しているサービス・商品の売れ行きのみならず、日ごろからの経営者の資金繰りの方法も原因になり得るといえます。そのため業績不振が発生したからといって、ひたすら設備投資や新商品開発に資金をかければ解決するというわけではありません。

むしろ原因を読み違え、誤った解決策を講じれば業績不振に拍車をかけてしまうことにもなりかねません。業績不振を解決するには、まず冷静に原因を分析することが何よりも大事といえるでしょう。そして、時には経営者自身のこれまでの経営方法を反省することも大切なことです。

業績不振の解決策

業績不振の解決策は何よりもまず原因を見極めることです。単純に商品・サービスのヒットがなく、売上が落ちているなら設備投資や研究開発を積極的に行えばいいですが、それ以外の原因の場合はこの解決策では効果が薄くなってしまいます。

まずは帳簿などをチェックし、会社の資金繰りに無駄はないかを徹底的に分析してみましょう。そこで確認された無駄を整理するだけで、黒字に転換するケースは少なくありません。また売上が落ちているからといって従業員をこき使うだけでなく、逆に休ませたり、福利厚生を積極的に取り入れたりして環境を変えてみるのもいいでしょう。

こうすることで従業員の作業効率や士気が向上し、業績アップにつながることもあります。もし「原因がわからない」「解決策が思いつかない」という場合は、経営コンサルティング会社や商工会議所のような機関に相談し、専門家のアドバイスを得るようにしましょう。

一方で、M&A(買収と合併)は近年、事業再生の手法としても注目を集めています。業績不振である事業の一部を必要としている企業に売却することで、経営が好転するケースもあります。もしM&Aを利用した事業の売却も検討している場合には専門知識が必要なため、M&A仲介会社を利用するといいでしょう。

M&A総合研究所は公認会計士も在籍するM&A仲介会社です。経験・知識豊富な専門家が金額の算出や条件交渉など、少しでも会社を高く売れるようM&Aの成功を全力でサポートいたします。まずは一度お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介
ベンチャーのM&A【M&A成功マニュアル】

まとめ

起業の悩みはどれも切実で、解決策への努力は一つも怠ってはいけないものです。起業してから事業が軌道に乗るまで、経営者はさまざまな問題に行き当たり、その都度悩むことになります。

しかし、問題の中には経営者1人が悩んでも解決できないことも多いでしょう。そのようなときは専門的な知識に長けた相談相手を見つけ、悩みを話してみることも解決策を見つける糸口になります。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

第三者割当増資に必要な総数引受契約書の作成方法や内容を解説【雛形あり】

総数引受契約書は、募集株式の発行の際に発行者と割当者の間で取り交わされる契約書です。第三者割当増資の手続きを簡略化する目的で活用することが多くなっています。本記事では、総数引受契約書の作成方法と...

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBの不成立/ディスカウントの代表事例10選!

TOBとは、買い手が株式の数や価格、期間などを定め、株式取引市場外で株式の公募を行う取引手法のことです。本記事では、TOBが不成立やディスカウントになる意味と、TOBが不成立になった事例やディス...

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資における総数引受契約書の作成方法・流れや注意点を解説【雛形あり】

第三者割当増資は、資本金増額や敵対的買収への対抗策として用いられます。本記事は、第三者割当増資に関する総数引受契約書の作成方法や、契約の流れ・注意点のくわしい解説を載せるほか、総数引受契約書の雛...

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトの意味とは?3つの種類や目的、手法を知って経営に役立てよう

バイアウトとは、企業の経営が悪化した時に自社内の経営者や従業員が企業の買収を行うことです。近年、日本でもバイアウトが経営戦略の1つの選択肢として知名度が上がってきました。今回はバイアウトの3つの...

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資とは?仕組みやメリット・デメリット、注意点について解説

中古マンション投資は、家賃収入や売却益を目的として、中古マンションに投資することを意味します。安定した収入を積み重ねていくために、不動産投資の仕組みも踏まえて中古マンション投資の特徴を知り、様々...

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

ザイリンクスの買収とは?事例や今後の動向などをご紹介

近年は日本でも活発化している企業間の買収ですが、海外では日本以上に積極的に買収が行われており、その事例から学べることは多くあります。ここではアメリカの半導体関連企業であるザイリンクスの事業動向を...

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる方法は?融資の種類や借りる際の注意点について解説

事業資金を借りる場合、融資を受ける方法が一般的です。融資の種類は多く、それぞれで特徴や強みは異なるので、きちんと比較検討が必要です。返済計画も含めて長期的な視点を持ち、タイミングを見極め、効率的...

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

ソニーの事業売却(M&A)とは?事例や動向をご紹介

近年活発化しているM&Aの手法の一つが、事業売却です。M&Aも含めた今後の事業戦略や業界に与える影響など、ソニーの事業展開や動向は大きく注目されています。またソニーの幅広い事業展開は、それぞれの...

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

近年、中小企業の後継者不足が深刻です。跡取りがいない会社にとっては、後継者を見つけるか、廃業するか、重要な選択を迫られることになります。昨今では、M&Aによる事業承継を行うケースも増加傾向にあり...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ご相談はこちら
(秘密厳守)